トップリーグ2006

福岡サニックスブルース-ワールドファイティングブル

試合開始2006年9月9日17時00分
場所博多の森球技場
気象条件雷雨
レフリー谷口和人

メンバー表

サニックス ワールド
杉浦敬宏 1 1 前川賢司
後半0分 交代→16 松園正隆 2 2 小倉正隆 後半13分 交代→16
上田栄太 3 3 岡田親典
渡辺正善 4 4 大内亮介 後半40分 交代→18
伊達肇 5 5 大西亮
後半15分 交代→19 西端要 6 6 田中正純
大庭正裕 7 7 舛尾敬一郎 後半22分 交代→19
後半0分 交代→18 Isitolo Maka 8 8 George Stowers
後半8分 交代→20 鬼束竜太 9 9 中山浩司
後半32分 交代→17 松尾博文 10 10 佐佐木光一
堀田雄三 11 11 沼田邦光
前半45分 交代→21 菅藤友 12 12 中矢健
後半15分 交代→22 Pila Fifita 13 13 Joseph Vaka
永留健吾 14 14 大向将也 後半0分 交代→22
古賀龍二 15 15 南繁治
後半0分 交代←2 加古川雅嗣 16 16 本田貴 後半13分 交代←2
後半32分 交代←10 篠原光弘 17 17 北川公章
後半0分 交代←8 Hare Makiri 18 18 羽根田智也 後半40分 交代←4
後半15分 交代←6 西浦啓三 19 19 馬渕勝 後半22分 交代←7
後半8分 交代←9 徳永剛 20 20 長田剛
前半45分 交代←12 大庭照光 21 21 新山耕平
後半15分 交代←13 Amasio Valence 22 22 織田己知範 後半0分 交代←14

得点経過

前半

サニックス ワールド
1分 T#13Pila Fifita G成功7-0
31分 PG成功10-0
37分 PG成功13-0
45分 PG失敗13-0

後半

1分 T#13Pila Fifita G失敗18-0
5分 PG失敗18-0
9分 PG成功21-0
24分 T#10佐佐木光一 G成功21-7
31分 T#11沼田邦光 G失敗21-12
33分 T#22Amasio Valence G成功28-12
38分 DG失敗28-12
39分 T#17篠原光弘 G成功35-12
43分 T#13Joseph Vaka G成功35-19

合計

3519

ゲーム抄録

前半

ワールドのキックオフで試合開始。

サニックス開始1分、#13フィフィタがワールドディフェンスを弾き飛ばしてトライ。森が盛り上がる。その後はお互いにペナルティで得点機をつぶしあい、ワールド18分のモールもターンオーバ、しかしサニックスこれをノータッチキックとミスで返す。結局得点が動いたのは31分のサニックスPG。34分サニックスはインゴールへボールを持ち込むがタッチに出されてしまいノートライ。36分にサニックスがPGを決め、42分はPG失敗であったがサニックス攻勢のまま前半終了。13-0。

後半

評価

サニックス

ワールド

後半いきなりまた#13フィフィタが相手を弾き飛ばしてトライ。ここからもサニックスがボールの支配権を得つづける。9分にはPGでリードを広げる。ただ、決め手は無く時間ばかりが過ぎる。

24分、ワールド#10佐々木が中央を破ってトライ。反撃ののろしを上げる。ここからかなり時間がかかるも、ワールド31分#11沼田がトライ。しかし流れはサニックス、33分に#13フィフィタに代わって投入された#22ヴァレンスがパントを拾って中央突破トライ。39分のシンビンはハイタックル。そこのラインアウトを逃さず、サニックス#17篠原がトライに結びつける。これでノーサイドかと思われたが、最後にワールド#13ヴァカがど真ん中を破ってトライという豪快なプレーでノーサイド。35-19でサニックスの勝ち。\paragraph{評価: サニックス}終始ボールを握り、攻撃し続けたことが勝因。ディフェンスは正直まだまだなので、とにかく相手にボールを渡さないのが味噌であった。#13フィフィタ、#22ヴァレンスの強烈な個人プレーは印象に残った。また#15古賀のキックは、これからの見ものだと思う。

\paragraph{ワールド}四宮、大西といったプレーヤが抜けたあとのチーム構成ができていなかったように思う。ディフェンスにしてもオフェンスにしても、チームの決め事が空回りしていた。前後半開始1分の2トライは事故だとしても、その後のカウンターが抜けてないところ、重症の予感。しかし#13ヴァカは強烈だ。

\end{document}