トップリーグ2006

コカ・コーラウエストレッドスパークス-東芝ブレイブルーパス

試合開始2006年9月9日19時00分
場所博多の森球技場
気象条件豪雨
レフリー戸田京介

メンバー表

コーラ 東芝
山下克典 1 1 高橋寛
後半10分 交代→16 蔵憲治 2 2 松尾大樹 後半21分 交代→16
前半27分 一時退場 西浦達吉 3 3 桜井寿貴 後半11分 交代→17
後半10分 交代→18 堀田亘 4 4 石澤健太郎 後半37分 交代→21
三根秀敏 5 5 ルアタンギ侍バツベイ
前半32分 一時退場 Wayne Ormond 6 6 渡邉泰憲 後半30分 交代→19
山口智史 7 7 中居智昭
後半10分 交代→19 Clayton McMillan 8 8 Nicholas Holten
竹内恵亮 9 9 伊藤護 後半19分 交代→20
淵上宗志 10 10 吉田大樹
小柳泰貴 11 11 ナタニエラ・オト
ニールソン・武蓮傳 12 12 Scott McLeod
徳住茂久 13 13 冨岡鉄平
築城昌拓 14 14 廣瀬俊朗
鶴丸誠 15 15 立川剛士
後半10分 交代←2 日隈慎太郎 16 16 猪口拓 後半21分 交代←2
中西光一 17 17 笠井建志 後半11分 交代←3
後半10分 交代←4 柳竜一郎 18 18 横山恒雄
後半10分 交代←8 岡田佳 19 19 宮下哲郎 後半30分 交代←6
森原弘太郎 20 20 吉田朋生 後半19分 交代←9
Mark Ranby 21 21 望月雄太 後半37分 交代←4
福田哲也 22 22 松田努

得点経過

前半

コーラ 東芝
2分 PG成功3-0
9分 PG成功6-0
18分 T#11ナタニエラ・オト G成功6-7
30分 T#5ルアタンギ侍バツベイ G成功6-14
37分 T#12Scott McLeod G成功6-21

後半

1分 T#15立川剛士 G失敗6-26
28分 T#14築城昌拓 G成功13-26
39分 T#16猪口拓 G失敗13-31

合計

1331

ゲーム抄録

前半

コーラのキックオフで試合開始。

2分、コーラPGを成功させてコーラが3点リード。4分のコーラPKはタッチを切れず東芝ボールとなるが、これをインターセプト。コーラなんども攻撃するがタッチをきるのが一杯、9分にはもう一度PGで6-0とする。16分コーラにオフサイドの繰り返しでゼブラカード。そこで足が止まったコーラ、18分に東芝#11オトのモールドライブからのトライを許す。21分コーラはマイボールラインアウトを取られるも東芝ノッコンでピンチを脱出。27分、コーラ#3西浦がアフタータックルでシンビン。(フロントローがシンビンのため、コーラ、#4堀田を#17中西に一時交代。)30分には東芝#5侍バツベイがラックの上を飛びこえコーラ選手をなぎ倒してトライ。その直後の32分にはコーラ#6オーモンドがラフプレーでシンビン、コーラ13人に。そこを東芝逃さず37分、#12マクラウドがトライ。前半は6-21で東芝リードして折り返す。

後半

開始早々1分、東芝#15立川がスクラムサイドから抜けてトライ。復調を印象付ける。しかしここからゲームはコーラペース、東芝が連続して反則を取られる。10分にはコーラがパントをあげるが、オフェンスがおいつけずドロップアウト。そこでコーラ一気に4人を投入。その後もコーラ5mラインまで東芝を追い詰めるも、そこからの東芝ディフェンスの前にゴールはなかなか割れない。結局28分、コーラ#14築城がステップを切ってトライ。

これで東芝少しは火がついたか、コーラからボールを取り返し、38分にはスクラムを押し込んで#16猪口がトライ。13-31で東芝の勝ち。

評価

コーラ

東芝のディフェンスの前に、最終ラインを突破することはかなわなかったものの、内容はかなり押していたと言っていい。#12武蓮傳にボールを持たせて突破を図っていたらば、もしかすると逆転もあったかも。#14築城は前評判に負けない、いいプレーをしていた。

しかし2枚のシンビン、しかも重なり合う時間帯があったとあっては、7人スクラムをしなければならない状況になる。これではオフェンスもディフェンスもままならないのは仕方ない。

東芝

「今期最低の出来」(薫田監督)。#15立川の復調は好材料だが、あとはモールとか個人技(#5侍バツベイの突破)とかで得点を取っただけで、とくに後半中盤の時間帯はまったくコーラにしてやられた。グラウンドがつるつるであったことを割り引いても、プレーに安定性を欠いた。

シンビン2枚のところをしっかりトライに結びつけたあたりはいい精神力だと思う。こういうところで点が取れないことも良くあることなので。