トップリーグ2006

サントリーサンゴリアス-日本IBMビッグブルー

試合開始2006年9月16日15時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件曇りときどき雨、グラウンド状態は悪い
レフリー相田真治

メンバー表

サントリー IBM
後半17分 交代→17 長谷川慎 1 1 田辺篤
後半24分 交代→16 青木佑輔 2 2 高聡伸 前半20分 一時退場
池谷陽輔 3 3 文原俊和 後半29分 交代→17
田原太一 4 4 小嶋信哉 後半21分 交代→18
後半0分 交代→19 Simon Maring 5 5 Maama Molitika 後半15分 交代→19
篠塚公史 6 6 伊藤太進
前半18分 交代→18 上村康太 7 7 鄭智弘 後半10分 交代→21
佐々木隆道 8 8 Simon Kasprowicz 後半19分 一時退場
後半0分 交代→20 澤木智之 9 9 塩谷純司
菅藤心 10 10 加瀬隆之
小野澤宏時 11 11 川合毅
後半24分 交代→21 野村直矢 12 12 神名茂樹 後半21分 交代→22
Ryan Nicholas 13 13 徳永伸太郎
森岡恵二 14 14 畠山健
後半0分 交代→22 栗原徹 15 15 高忠伸
後半24分 交代←2 山岡俊 16 16 須田康夫
後半17分 交代←1 東野憲照 17 17 山口泰生 後半29分 交代←3
前半18分 交代←7 元申騎 18 18 南方誠支 後半21分 交代←4
後半0分 交代←5 高野貴司 19 19 Lotu Pilipine 後半15分 交代←5
後半0分 交代←9 田中澄憲 20 20 山中俊幸
後半24分 交代←12 沢木敬介 21 21 阪元弘幸 後半10分 交代←7
後半0分 交代←15 Jack Tarrant 22 22 大松真 後半21分 交代←12

得点経過

前半

サントリー IBM
20分 T#13Ryan Nicholas G成功7-0
28分 PG失敗7-0
30分 PG成功7-3
38分 T#8佐々木隆道 G成功14-3

後半

1分 T#8Simon Kasprowicz G失敗14-8
4分 T#14森岡恵二 G成功21-8
8分 T#13Ryan Nicholas G成功28-8
16分 T#13Ryan Nicholas G成功35-8
21分 T#8佐々木隆道 G成功42-8
33分 T#11小野澤宏時 G成功49-8
36分 T#10 加瀬隆之 G成功49-15
39分 T#13Ryan Nicholas G成功56-15

合計

5615

ゲーム抄録

前半

IBM風上を取り、サントリーのキックオフで試合開始。

ボールはサントリーが保持。タックルを受けてもそこでポイントにせず、立ったままパスをつなぐプレーで波状攻撃を見せるも、IBMが反則の山を築きつつ防戦。サントリーは敵陣のPKをスクラムに変え、ごーりごりと押しまくる(伏線)。とにかく辛抱したのだが20分、サントリーがポイントから速く出したボールを#10菅藤がゴール直前まで持ち込み、#13ニコラスが最終ラインを突破してトライ。この直前、IBM#2高聡伸がシンビンをうけ、サントリーは#7上村が脳震盪でアウト。

27分IBMが40mくらいのPGをもらうがこれをポールに当ててしまう。しかしフォローが良かったIBM、29分にもう一度PGを得てこれを決める。ここでトライには至らないあたりはサントリーディフェンスのよさであろう。37分、サントリーは敵陣での5mラインアウトをプッシュ、#8佐々木が最後は抑えてトライ。そろそろ足が止まって来たIBMだが、サントリーもスローフォワードでチャンスをつぶし、前半は14-3で終了。

後半

サントリーは3人入れ替えてきた。IBMのキックオフで後半開始。

開始1分、IBMがペナルティからタップキックでスタート、チャネル0を破った#8カスプロウィックスが左隅へトライ。しかし直後4分、サントリー#14森岡が右隅へトライを返すと、ここからは4分間隔でサントリーがトライを量産。IBM、まったくタックルで止められず、8分(#13ニコラス)、16分(#13)、21分(#8)、33分、39分とミスタックルからのトライを次々と許してしまう。IBMは36分に#10加瀬がトライするも焼け石に水、56-15でサントリーの勝ち。

評価

サントリー

立ってつなぐプレーでボールが良く動いていたし、前半のスクラムプッシュでIBMの足を止める作戦も当たった。格の違いを見せ付けたと言っていいだろう。中盤でゲームがとまったときもあわてずにプレーできた。

そのうえ、点差が開いたのを見て、自陣から果敢にボールを回す(蹴らない)方針に切り替えてきた。もはや練習試合同然だったようだ。

IBM

反則反則また反則で下げられた上に、スクラムでごりごりやられて足が止まった。またタックルが甘くて、サントリーBK陣をまるで止められなかった。格の違いはいかんともしがたかったのか。

負けても反省する内容の無いゲームはつらい。