トップリーグ2006

神戸製鋼コベルコスティーラーズ-リコーブラックラムズ

試合開始2006年9月17日17時00分
場所西京極陸上競技場兼球技場(京都)
気象条件雨、風はバックからメインへ
レフリー石本月洋

メンバー表

神戸 リコー
後半23分 交代→16 平島久照 1 1 友利玲臣 後半12分 交代→17
村上正幸 2 2 滝沢佳之 後半24分 交代→16
後半28分 交代→17 清水秀司 3 3 片岡俊介
小泉和也 4 4 磯岡和則
Royce Willis 5 5 Troy Jaques
後半21分 交代→19 高森雅和 6 6 Wayne McEntee 後半8分 交代→19
林慶鎬 7 7 伊藤鐘史
後半34分 交代→18 Ron Cribb 8 8 相亮太
後藤翔太 9 9 春口翼 後半17分 交代→20
森田恭平 10 10 乗本賢吾
瓜生靖治 11 11 西辻勤
山本大介 12 12 森嶌正人 後半21分 交代→21
後半34分 交代→22 高倉和起 13 13 河野好光
小笠原仁 14 14 西村圭哉
八ツ橋修身 15 15 小吹祐介
後半23分 交代←1 南條健太 16 16 岡崎匡秀 後半24分 交代←2
後半28分 交代←3 山本翼 17 17 笹倉康義 後半12分 交代←1
後半34分 交代←8 松井祥寛 18 18 田沼広之
後半21分 交代←6 伊藤剛臣 19 19 Scott Robertson 後半8分 交代←6
苑田右二 20 20 月田伸一 後半17分 交代←9
竹下敬介 21 21 田中洋平 後半21分 交代←12
後半34分 交代←13 Pierre Hola 22 22 小森允紘

得点経過

前半

神戸 リコー
3分 T#8Ron Cribb G失敗5-0
17分 PG成功5-3
30分 T#8Ron Cribb G成功12-3
33分 PG失敗12-3
40分 PG失敗12-3

後半

40分 T#9後藤翔太 G成功19-3
44分 T#14 西村圭哉 G失敗19-8

合計

198

ゲーム抄録

前半

コベルコのキックオフで試合開始。激しい雨がたたきつける。

開始3分、リコーがペナルティ連発で下げられ、5mラインアウトをコベルコがモールで押し込みそのままトライ。これでコベルコのっていけるかと思ったが、5分スクラムコラプシング、10分スクラムオフサイドなどスクラムのミス連発で自陣に入られる。その後もコベルコがペナルティを連発するも、リコーは17分にPGを得たにとどまる。

20分以降リコー陣内でゲームが進む。お互いキックで陣地を取りラインアウトで取り合いを演じるが、10分リコーがラインアウトを崩してしまい、その次のラインアウトからモールをドライブしたコベルコがそのまま押し込んでトライ。

33分、リコーのキックオフにコベルコが妨害行為をとられた。リコーこれをPGで狙うもハズレ。時間がなくなってきたがコベルコ、ボールを回し続けて40分PGを得てこれもハズレ。外れたところでハーフタイム。

後半

後半はリコーのキックオフ。

リコーがペナルティを連発。敵陣でのチャンスにコベルコ、ペナルティをスクラムに変えて押していくも押し切れず得点にはならず。逆にリコーは7分のペナルティキックをノータッチにするというミスを犯すがここもコベルコノッコンでチャンスを逃す。湿った重い芝が選手の足を止め、リコーが11分から19分までオフサイドを連発するもコベルコ、ラインアウトを失って得点ならず。

コベルコ、リコーとも動きの悪い展開が続き、33分にはコベルコにオブストラクションに対するゼブラカードが出されるもリコーこのボールをターンオーバされ得点ならず。得点が動いたのはロスタイム、リコーのゴールライン15mほどのところからコベルコがモールを形成、これをワイドに回して#9後藤が左側へトライ。長いロスタイムの中、リコーはコベルコのペナルティをすばやくスタートに変え、センターからウィングへのパスをつなぎ#14西村がトライ。ゴールはならなかったところでノーサイド。

評価

神戸

前節あまり内容の良くない試合をしたが、今節もちょっとひきずった。#8クリブ、#11瓜生の突破が不発、モールドライブがもっとも効果的だった。

ラインアウトを連発で失う場面があったり、スクラムからのターンオーバがあったりとハンドリングミスでもう1トライ失ったかもしれない。

リコー

調子が良くないわりにはコベルコの攻撃に耐えた。しかし敵陣でのラインアウトからの攻撃を得点に結び付けられなかったのが敗因といえば敗因である。

ラインアウトからのフォワード戦はほとんど突破できなかったが、後半ロスタイムでのボール回しを見ていると、立ってつなぐほうが向いているかもしれない。