トップリーグ2006

ワールドファイティングブル-東芝ブレイブルーパス

試合開始2006年9月17日19時00分
場所西京極陸上競技場兼球技場
気象条件雨、風強し
レフリー岩下眞一

メンバー表

ワールド 東芝
前川賢司 1 1 高橋寛 後半20分 交代→16
後半22分 交代→16 本多貴 2 2 松尾大樹
後半22分 交代→17 岡田親典 3 3 笠井建志 後半0分 交代→17
後半10分 交代→19 マナコ朗仁 4 4 石澤健太郎 後半17分 交代→18
前半33分 一時退場 大西亮 5 5 ルアタンギ・侍バツベイ
大内亮助 6 6 渡邉泰憲 後半22分 交代→29
田中正純 7 7 中居智昭
後半0分 交代→18 馬渕勝 8 8 Nicholas Holten
後半22分 交代→20 中山浩司 9 9 伊藤護 後半22分 交代→20
佐佐木光一 10 10 吉田大樹 後半20分 交代→21
沼田邦光 11 11 ナタニエラ・オト
中矢健 12 12 Scott McLeod
前半35分 一時退場 Joseph Vaka 13 13 冨岡鉄平 後半29分 交代→21
後半17分 交代→22 大向将也 14 14 廣瀬俊朗
南繁治 15 15 立川剛士
後半22分 交代←2 小倉正隆 16 16 猪口拓 後半20分 交代←1
後半22分 交代←3 北川公章 17 17 櫻井寿貴 後半0分 交代←3
後半0分 交代←8 羽根田智也 18 18 横山恒雄 後半17分 交代←4
後半10分 交代←4 George Stowers 19 19 望月雄太
後半22分 交代←9 長田剛 20 20 吉田朋生 後半22分 交代←9
新山耕平 21 21 仙波智裕 後半20分 交代←10後半29分 交代←13
後半17分 交代←14 内山将文 22 22 松田努

得点経過

前半

ワールド 東芝
2分 PG成功3-0
10分 T#2 松尾大樹 G失敗3-5
14分 T#7 中居智昭 G成功3-12
32分 T#4 石澤健太郎 G失敗3-17
43分 PG失敗3-17

後半

3分 T#11 ナタニエラ・オト G失敗3-22
19分 T#8 Nicholas Holten G成功3-29
21分 T#14 廣瀬俊朗 G失敗3-34
37分 T#20 吉田朋生 G成功3-41
43分 T#11 ナタニエラ・オト G成功3-48

合計

348

ゲーム抄録

前半

ワールド陣をメインから右にとってキックオフ。(通常と逆)

開始早々東芝ペナルティ連発、すかさずワールドPGを決め3点リード。その後もワールド9分ごろまで敵陣で試合を進めるも、ペナルティ一発でラインアウトを自陣5mまで戻される。東芝これをきっちりモールトライ、5点を返す。13分ワールドにハイタックル、これも東芝がモールで押し込みトライ。

ワールドなおも敵陣でゲームを進め、残り5mで東芝ペナルティを連発してゼブラまでひきだすも、ノッコンで東芝ボールに。スクラムはまったく安定せず、45度きっちし回っていた。30分、ワールド自陣のラインアウトからキック、これを東芝がリターン。#14廣瀬が右隅へ飛び込んでトライ。

33分ワールドのキックオフを空中で東芝がキャッチ、その真下にワールド#5大西が飛び込んでしまいシンビン。その直後にこんどはワールド#13ヴァカが首タックル、これもシンビンとなり前半の残りをワールド13人で戦うことに。敵陣22mでのラインアウトを得た東芝、しかしここはラックでのハンドをとられ得点ならず。ロスタイム、ワールドが長めのパントを蹴り、これをチェイスしたワールドの選手に東芝オブストラクション。ワールドPGを得るも失敗、ここでハーフタイム。

後半

ワールドはエイトを、東芝は1列を入れ替えて、東芝のキックオフで後半開始。

開始1分、東芝が敵陣でラインアウトのチャンスもスローフォワードで得点ならず。しかし敵陣でゲームを進めつづけ3分、ワールドのペナルティをすばやくスタートして右隅へ#11オトが飛び込みトライ。

その後も10分ぐらいまで敵陣でラインアウトからモールを作る東芝、しかしここはワールドが抑えきった。10分には敵陣でのラインアウトを得ると、東芝が自陣でのペナルティを連発、ゴールライン10mでの攻防を繰り広げる。しかしワールドここで押し切れなかった。15分、東芝が敵陣でのスクラムをもらうと、ワールドがボールを取りに行こうとしたかペナルティ。敵陣での5mラインアウトを得た東芝、これもモールを押し込んで#8ホルテンが左へトライ。

21分、今度はほぼ中央からのラインアウトを東芝モールで押して展開、#14廣瀬がトライ。東芝少ないチャンスをきっちり押し込む。その後東芝陣内でゲームが進み、東芝ペナルティを連発するも残り10mが遠いワールド。逆に37分、東芝がドライブしたモールが崩れたところで岩下レフが東芝ボールの判定(押していたのを評価)、これを#20吉田朋生が持ち込んでトライ。

オーバタイムには、東芝が敵陣でのラインアウトをモールにし、これを#11オトが持ち込んでトライ。ワールド後半得点が取れず、3-48で東芝の勝ち。

評価

ワールド

敵陣での5mラインアウトから得点が取れなかったケースもあったが、自陣でのチャンスを得点に結び付けてみたり、ボールが動かしにくい雨の状況でモールトライを連発するなど、まずまずの結果。#10吉田大樹のタッチキックはさえていたが、ゴールキックは難しいところばかりで結果はよくなかった。アレを決められるのはトヨタの廣瀬かサントリーのニコラスか。

#12ストーミーのゲームコントロールが今日はうまくいったというところか。

東芝

積極的な攻めはあったが相手が悪かった。相手の薄いところにキックをかましてみる(がデッドボールラインを割ってみる)、ボールをワイドに動かしてみる(がつかまる)など、やりたいことはよくわかった。

結局トライは1つも取れなかったが、技量の差だと思う。少なくとも精神力の差ではない。

おまけ