トップリーグ

NECグリーンロケッツ-リコーブラックラムズ

試合開始2006年9月30日13時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件曇り
レフリー渡辺敏行

メンバー表

NEC リコー
久富雄一 1 1 中村浩二
網野正大 2 2 岡崎匡秀
斉藤展士 3 3 片岡俊介
浅野良太 4 4 磯岡和則
熊谷皇紀 5 5 Troy Jaques
横山洋人 6 6 相亮太
Glenn Marsh 7 7 伊藤鐘史
箕内拓郎 8 8 Scott Robertson
辻高志 9 9 月田伸一 前半34分 交代→20
後半23分 一時退場 Jaco van der Westhuyzen 10 10 乗本賢吾
百村彰二郎 11 11 西辻勤 前半0分 一時退場
向山昌利 12 12 河野好光
水田雄也 13 13 田中洋平
窪田幸一郎 14 14 西村圭哉
大東功一 15 15 小吹祐介
山本貴治 16 16 滝澤佳之
東考三 17 17 笹倉康義
安田知生 18 18 遠藤哲
大東毅 19 19 Wayne McEntee
藤戸恭平 20 20 春口翼 前半34分 交代←9
松尾健 21 21 森嶌正人
瀬崎隼人 22 22 小森允紘

得点経過

前半

NEC リコー
1分 T#15大東功一 G成功7-0
3分 T#11百村彰二郎 G成功14-0
20分 T#ペナルティトライ G成功21-0
37分 T#14 西村圭哉 G成功21-7

後半

3分 T#11 西辻勤 G失敗21-12
6分 T#14窪田幸一郎 G成功28-12
16分 T#16 滝澤佳之 G失敗28-17
28分 T#7Glenn Marsh G失敗33-17

合計

3317

ゲーム抄録

前半

前半はリコーのキックオフで開始。

そのキックオフ、NEC#8箕内がキャッチ。これにリコー\#11西辻がタックルにいったところ、タックルが低すぎ、西辻の上を箕内が転がった。これが危険なプレーとみなされ、#11西辻にシンビン。これでケチのついたリコー、そのまま押し込められ NEC#15大東のトライを許す。NECは、3分にもペナルティのクイックスタートからドライブ、あっさりとトライをとり試合を優位に進める。

その後もリコー陣内でゲームが進む。リコー西辻が帰ってきた直後の11分にもNEC#8箕内がポスト真下へ飛び込むがこれはノッコン。リコーDF、NEC を止めるもペナルティを連発。20分にはスクラム崩壊のとがでNECにペナルティトライが与えられた(これは良くない判定だと思う)。

その後も押したのはNEC。そこでリコー、34分に#9月田に代え\#20春口をスクラムハーフに投入。NECがミスしたボールをその春口が奪い、36分、#14西村が中央を突破、そのままトライ。

前半はこのままハーフタイム。

後半

後半はNECキックオフ。

1分、NECのロングラインアウトからのモールが動かず、リコーのスクラムに変わる。そこからキックでドライブしたリコー、NEC陣5mでのNECのペナルティからクイックスタート、良いランがつながり、#20春口の良いタックルさばきもあってロングゲイン、トライを奪う。

しかしNEC、その直後のキックオフからうまくボールを取り、パスでつないで最後は右端まで送ってトライ。そのキックオフからリコー、じっくりドライブ。NECがスクラムを落としてしまい、そこからリコーがうまくドライブ、16分のトライにつなげた。

21分、NEC#10ヤコが「ペナルティのため笛が吹かれたあとに」リコー#20春口の襟首をつかんで振り回す。これを見たリコー\#15小吹がヤコとつかみ合い。ヤコが見事な体落としを見せるがそれでは飽きたらず乱戦に。結局、ヤコが「やらなくていいラフプレー」でシンビン、その報復に出たリコーにペナルティという裁定に(テレビで見直して、これは納得。現地ではよくわからなかった)。

NEC、14人になってもそのまま押し続け、リコーがペナルティも辞さず止めようとするも、5mラインアウトからモールを押してトライ。

33分、リコーは敵陣でのペナルティをスクラムに変える。ここまではNECが14人なのを見ての判断だと思われるが、ちょうどこのスクラムの直前にヤコが戻ってしまい、NEC耐え切る。

残りの試合は一進一退。どちらのアタックも功を奏さずといった感のプレーが続き、結局リコーのラックが止められたところでノーサイド。

評価

NEC

14人の相手にばっちり得点を取るなど、抜け目のなさはさすがNEC。接点の強さも定評どおり、#10ヤコのキックの精度もNECプレーヤを鼓舞する。モールのドライブもいつもどおり(1回止められたが)。

ただ、速さとパスの精度ではリコーを圧倒できず、そこが大量得点につながらなかったところだと思う。

リコー

堅いプレーが出来ていたとは思うが、NECのパワーに押し切られた格好。#20春口の怪しいパスにNECが迷っていた気がしないでもない。プレーをかき回すことには成功し、NECの大量得点という事態にはさせなかったが、やはりパワーでは上回れず。

シンプルなラグビーはもっと力が要りそう。