トップリーグ2006

セコムラガッツ-東芝ブレイブルーパス

試合開始2006年9月30日15時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件曇り
レフリー谷口和人

メンバー表

セコム 東芝
山賀敦之 1 1 高橋寛
後半19分 交代→16 安藤敬介 2 2 松尾大樹 後半34分 交代→16
後半29分 交代→17 千巌和彦 3 3 櫻井寿貴 後半21分 交代→17
後半36分 交代→18 沢口高正 4 4 石澤健太郎 前半35分 交代→19
鈴木学 5 5 ルアタンギ・侍バツベイ
渡邉庸介 6 6 渡邉泰憲
Scott Couch 7 7 中居智昭
後半19分 交代→19 堀越健介 8 8 Nicholas Holten 後半0分 交代→18
小池善行 9 9 伊藤護
後半34分 交代→22 Richard Apanui 10 10 吉田大樹
鈴木貴士 11 11 ナタニエラ・オト
升本草原 12 12 Scott McLeod
後半15分 交代→21 及川英典 13 13 冨岡鉄平
石橋秀基 14 14 廣瀬俊朗
長井達哉 15 15 立川剛士 前半10分 交代→22
後半19分 交代←2 上野進 16 16 猪口拓 後半34分 交代←2
後半29分 交代←3 石塚陽介 17 17 笠井建志 後半21分 交代←3
後半36分 交代←4 生沼知裕 18 18 横山恒雄 後半0分 交代←8
後半19分 交代←8 川口和晃 19 19 大野均 前半35分 交代←4
大野達也 20 20 吉田朋生
後半15分 交代←13 今井通 21 21 Sione Kepu 後半0分 交代←22
後半34分 交代←10 James Richards 22 22 鄭晃彰 前半10分 交代←15 後半0分 交代→21

得点経過

前半

セコム 東芝
14分 T#10 吉田大樹 G成功0-7
28分 PG成功3-7
37分 T#5 ルアタンギ・侍バツベイ G失敗3-12

後半

2分 T#11 ナタニエラ・オト G成功3-19
10分 T#14 廣瀬俊朗 G成功3-26
14分 T#14 廣瀬俊朗 G成功3-33
19分 T#11鈴木貴士 G成功10-33
25分 T#11鈴木貴士 G成功17-33
34分 T#21 Sione Kepu G失敗17-38
40分 T#12 Scott McLeod G成功17-45

合計

1745

ゲーム抄録

前半

前半はセコムのキックオフで開始。

2分、セコム#10アパヌイのパントが東芝ゴールの5mラインまで上がるが、セコムノッコン。4分セコム#14、東芝ゴール右隅に飛び込むもこれはノッコン。東芝自陣に釘付け。その後もセコムがグラウンドでボールを持ち続け、セコムのノッコンに東芝がタッチキックで逃げる展開が続く。

7分、東芝が攻めるがセコム#5鈴木がパスをインターセプト。これを回していくが、#6渡辺に回ったところで東芝#5ルアタンギに衝突。渡辺のほうがすっ飛ぶ。これは東芝ノッコンの判定。

9分東芝#12マクラウドがセコム裏に抜けるも#15立川が半ステップ遅れてしまいノッコン。立川はそのまま退場(肉離れ)、#22鄭に入れ替え。

12分の東芝の攻撃、パントを蹴ってセコムがゴールライン直前でセーブするもそのまま抑えられてしまい東芝ボールの5mスクラム。ここから#9伊藤が攻めるがこれはノッコン、セコムスクラム。しかしこのスクラムが崩れてしまい、セコムにアクシデンタル・オフサイド、東芝ボールに。14分、東芝#10吉田(大)がパスダミーを使って裏に抜け、トライ。

セコムは東芝陣内でゲームを進めるが、どうも手詰まり感がある。東芝はセコムのミスでボールをもらうが、こちらもミスでゲインが取れない。

26分、セコムのペナルティから東芝が5mラインアウトを得、ここから#8ホルテンが飛び込むもこれはインゴールノッコン、さらにスクラムからセコムがペナルティを得てここは逃げ切る。28分セコム、東芝陣内(ハーフウェイから5m、つまりゴールまで45m)でペナルティゴールを成功させる。

35分、東芝#4石澤にかえ#18大野を投入、その直後のセコム陣内での東芝ラインアウトから東芝攻撃。セコム、ペナルティ連発で止めるも37分、そのペナルティからモールを組んだ東芝がそのままドライブ、トライ。

40分、セコムが東芝のミスからこぼれたボールを拾い、東芝ゴールライン5m手前まで攻め込むもターンオーバされてハーフタイム。

後半

評価

セコム

東芝

東芝のキックオフで後半開始。

1分、東芝ボールを奪って#5ルアタンギが抜けるも、セコムあと1mで止める。しかしセコムはペナルティ覚悟で止めるしかなく、結局2分東芝がモールをドライブしてトライ。

7分セコム攻め込むが#9鈴木(貴)がスローフォア、9分にもスローフォアで機会をつぶす。これに対して#21ケプのゲインで陣地を取った東芝、ラインアウトから逆サイドへ一杯に振ってトライ。

14分、セコム#10アパヌイがパント、これを自ら取ろうとしたところで東芝#14廣瀬にかっさらわれ、うまくボールを隠した廣瀬がそのまま中央突破、どういうわけかセコムだれも追いつけずトライ。

19分、東芝セコム陣内22mまで攻めたところでターンオーバからセコムがパント、この処理を東芝#14廣瀬が誤り結果的にペナルティとなり、セコムがこれをクイックスタート、右端から左端へ思い切った展開でトライ。

23分、東芝がボールをつないで5mまで迫るがセコムがターンオーバ、これを#9小池がインゴールからキックせずドライブ、ハーフウェイまで返す。これに対し東芝ビッグヒット、さらにセコムがターンオーバ、パントキックを上げ、これを拾った#11鈴木(貴)が連続トライ。マッチアップ相手がルアではおいつけない。

27分、30分と東芝攻めるもノッコン。セコムのタックルが刺さり続けるが、ただ低すぎるタックルは倒れこみでもあり、ペナルティにもなる。

34分セコム、ターンオーバからのボールを自陣から回して攻めるもうまく腕に絡まれてボールを落下。これをターンオーバした東芝、右に展開、最後は#21ケプがしとめる。

39分、セコム敵陣22mでスローフォワード。さらにつないだ東芝、セコム#11鈴木(貴)がインターセプトしそこねて跳ねたボールを拾い、最後は#12マクラウドがトライ、ノーサイド。やろうとしていることが実に良くわかる、わかりやすい、シンプルで力強いラグビーだった。見てて楽しい。全然といっていいほど蹴り上げないそのスタイルは、ボールを生かす努力が感じられる。スローフォワードなどのミスで自滅した感はなきにしもあらず。

#10アパヌイのプレーは、やはりすごい。45mペナルティはもちろん、タックル、パス、キックともすごい。これで「いつの間にかいた」能力があったら敵にとってはいやな相手になると思う。対NECで鍛えられたディフェンスラインは、セコムのドライブをも跳ね返した。ピンチにもあわてずしっかりフォローする能力では、ほかのチームには負けない。

ただ、ボールをグラウンドでつなぐラグビーへの進化途上であることはわかる。\end{document}