トップリーグ2006

クボタスピアーズ-東芝ブレイブルーパス

試合開始2006年10月14日14時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件晴れ
レフリー平林泰三

メンバー表

クボタ 東芝
伊藤邦之 1 1 高橋寛
荻原要 2 2 猪口拓 後半39分 交代→16
後半25分 交代→17 中島貴司 3 3 桜井寿貴
Marty Veale 4 4 ルアタンギ・侍バツベイ
後半25分 交代→18 赤塚隆 5 5 横山恒雄
岩上篤史 6 6 渡邉泰憲 後半25分 交代→19
鈴木力 7 7 中居智昭 後半39分 交代→19
Toutai Kefu 8 8 Nicholas Holten
後半28分 交代→20 笠倉みちる 9 9 伊藤護
伊藤宏明 10 10 吉田大樹
本吉将吾 11 11 ナタニエラ・オト
後半30分 交代→21 渡海谷保 12 12 Scott McLeod 後半0分 交代→21
吉田英之 13 13  仙波智裕
柴原英之 14 14 大野均 前半34分 一時退場
河津健太郎 15 15 廣瀬俊朗 後半25分 交代→22
竹野慈 16 16 塚越賢 後半39分 交代←2
後半25分 交代←3 佐川聡 17 17 笠井建志
後半25分 交代←5 鈴木康太 18 18 石澤健太郎
山口貴豊 19 19 望月雄太 後半25分 交代←6後半39分 交代←7
後半28分 交代←9 井上碩彩 20 20 吉田朋生
後半30分 交代←12 松隈孝三 21 21 Sione Kepu 後半0分 交代←12
Damian McInally 22 22 鄭晃彰 後半25分 交代←15

得点経過

前半

クボタ 東芝
2分 PG成功3-0
4分 T#8 Nicholas Holten G成功3-7
13分 PG失敗3-7
22分 PG成功6-7
25分 PG成功9-7
31分 T#11本吉将吾 G成功16-7
40分 T#15 廣瀬俊朗 G成功16-14

後半

5分 T#6 渡邉泰憲 G成功16-21
10分 PG成功19-21
12分 T#11 ナタニエラ・オト G失敗19-26
23分 T#6 渡邉泰憲 G成功19-33
42分 T#8Toutai Kefu G失敗24-33

合計

2433

ゲーム抄録

前半

風下のクボタがキックオフで試合開始。

クボタ、ラインアウトを取ってモールをドライブ。東芝相手に10m以上押し込み、さらに攻撃を進め#10伊藤のPGで(2分)先制。

その直後、東芝マイボールラインアウトを奪取されるもクボタ#10伊藤が痛恨のラインアウトオフサイド。東芝はラインアウトを取ってモールを押してトライ。東芝これでノるかと思われたがミス連発、むしろクボタが敵陣でゲームを進める。しかしクボタも押し込むところまでは至らない。

13分、クボタ#10伊藤が正面のPGをはずす。

17分ごろは東芝が攻めるが、21分には逆転。またもクボタPGを選択、成功。さらに24分もクボタ攻めて PG。東芝は攻めてもミスで前進できず、しかしクボタもボールを得てもそうそう進めない。

31分、クボタがポイントから大きく展開、これに東芝おいつけず#11本吉トライ。クボタが本日最大のリード(7-16)。

33分、東芝#14大野に対し、オフサイドの繰り返しによりシンビン。チームに出されていたゼブラに対し、オフザゲートの反則。

39分、クボタ自陣22mでペナルティ。これも東芝モールに組みあげるがクボタ防戦。そこで東芝バックスへ展開、#10吉田に回すと吉田がパント。これを\#13仙波と#15廣瀬が追い、#15廣瀬がインゴールで押さえトライ。ゴール成功したところでハーフタイム。

後半

クボタのキックオフで後半開始。東芝#14大野はシンビンボックスの中でハーフタイムをすごした。また、#12マクラウドが腰を痛め交代、\#21ケプを投入。

2分、東芝#11オトがクボタのパスをインターセプト。ここから東芝大きくゲイン、さらにボールを大きく動かしながら継続。結局クボタのペナルティをさそい、PKからモールを押し込んでトライ(4分)。

10分、クボタがPGを得て成功。40mはあるすごいキックであった。しかし直後の12分、クボタがポイントでこぼしたボールを東芝ターンオーバ、そこから#21ケプ→\#11オトとつないでトライ。バックスの反応が勝った。

東芝、15分にはラインアウトを取られるもクボタのノッコン、17分は通れば大ゲインなところでスローフォワードなどミスが目立つ。クボタは19分ゴールライン前に迫るも東芝#21ケプにインターセプト。逆にクボタ陣5mに迫るも今度はクボタ#10伊藤の足へのタックルで止められる。東芝ここから5mで攻め続け、最後は#6渡邉がゴールライン上にボールを置いてトライ(ノッコンちゃうかとの声あり)。

32分までクボタが攻め続けるも点は取れず。32分、東芝がクボタ5mまで持ち込むもこれも点にならず。34分クボタ、東芝陣内22mでのラインアウトを押し込めないなどどちらも決定機にかける。

38分東芝、敵陣ゴールまで10mのところでラインアウトを得るもボールが抑えきれずチャンスを逃す。40分にも同じようなシチュエーションでこんどはノッコン、クボタが逆転。最後は#22マクイナリ→\#8ケフとつなぎトライ。ゴールをはずしたところでノーサイド。

評価

クボタ

パワフルな東芝相手にこれだけ押し込んだのは評価できるのではないかと思う。また伊藤の判断は妥当な線だと考えられる。

ただ、攻め手はパターンが少ないのか、東芝ディフェンスの術中にはまっていたところが多かった。クボタ・マクイナリの特異な攻めでトライをあげたところはその証左かも。

東芝

セットプレーでミスが目立った。特にラインアウトの精度が悪く、かなり自陣でのピンチにつながっていた。前半とくにペナルティが多かった。しかしディフェンスのピントはしっかり合っていて、できることをきちんとやっていた。

マクラウドの怪我が心配。