トップリーグ2006

ワールドファイティングブル-コカコーラウェストレッドスパークス

試合開始2006年10月21日12時00分
場所近鉄花園ラグビー場
気象条件晴れ。風は左から右へ
レフリー平林泰三

メンバー表

ワールド コーラ
前半19分 交代→17 前川賢司 1 1 山下克典 後半15分 交代→17
後半37分 交代→16 本田貴 2 2 蔵憲治 後半37分 交代→16
岡田親典 3 3 西浦達吉
マナコ朗仁 4 4 堀田亘
大西亮 5 5 三根秀敏
真羽闘力 6 6 Wayne Ormond
後半19分 交代→19 舛尾敬一郎 7 7 岡田佳 後半30分 交代→19
George Stowers 8 8 Clayton McMillan 後半15分 交代→18
後半23分 交代→20 中山浩司 9 9 竹内恵亮
由良康美 10 10 淵上宗志
沼田邦光 11 11 鶴丸誠
後半17分 交代→21 新山耕平 12 12 ニールソン武蓮傳 後半37分 交代→22
Epeli Ruivandra 13 13 徳住茂久
織田己知範 14 14 築城昌拓
南繁治 15 15 菅藤圭 後半15分 交代→21
後半37分 交代←2 小倉正隆 16 16 日隈慎太郎 後半37分 交代←2
前半19分 交代←1 島田啓文 17 17 松尾健 後半15分 交代←1
大内亮助 18 18 柳竜一郎 後半15分 交代←8
後半19分 交代←7 馬渕勝 19 19 水田大輔 後半30分 交代←7
後半23分 交代←9 長田剛 20 20 森原弘太郎
後半17分 交代←12 佐佐木光一 21 21 Mark Ranby 後半15分 交代←15
大向将也 22 22 福田哲也 後半37分 交代←12

得点経過

前半

ワールド コーラ
1分 T#14 築城昌拓 G成功0-7
11分 PG成功0-10
37分 T#10 淵上宗志 G成功0-17

後半

5分 T#6真羽闘力 G成功7-17
30分 T#13 徳住茂久 G失敗7-22
35分 T#6 Wayne Ormond G成功7-29
49分 T#13Epeli Ruivandra G失敗12-29

合計

1229

ゲーム抄録

前半

風下のコーラのキックオフで試合開始。

1分、ワールドのディフェンスの隙間にコーラ#10淵上がパント、これを#14築城がキャッチ。ワールドだれも追いつけずあっさりトライ。

5分、7分と#10淵上がスクラムからのキックでダイレクトタッチにしてしまう。しかしこのチャンス、ワールド2度ともノッコンでつぶす。3度目は#9竹内が蹴ってワンバウンド。

9分ワールドは相手ペナルティからタップスタートするも敵陣でノッコン。11分、コーラ相手ボールのラインアウトを奪取。ワールド攻撃を止めるもハイタックルを取られる。コーラPG成功。リードを広げる。

16分、執拗にグラウンドでのアタックを続けていたワールドがパントをあげるも長すぎ、タッチインゴールを越えてしまう。これにコーラ、キック地点でスクラムを選択。そこから#10築城がキック、これが敵陣10mまで入り込み、ワールドもタッチキックで逃れようとするもコーラがチャージ。そのままタッチでワールドのラインアウト。ここの攻めはコーラのオフサイドで終了した。

20分、ワールド#9中山?がグラバーキック、これをワールドが追うもノッコン。しかしスクラムをワールドがプッシュ、うまくボールが出せなかったコーラが自陣へキャリバック。ワールド5mスクラムとし、攻めたがノッコン連発で負け。ゲームはコーラ陣内で進行するもコーラのディフェンスのがんばりが目立つ。

26分、コーラのタッチキックに対してワールドがいいプレッシャー、コーラ陣内22m内側からのラインアウトを得る。これをモールとしたワールド、ディフェンスに粘られた挙句#15南がミスキック、ボールを取られる。コーラはここで攻めたかったがワールドのディフェンスに押し出された。

28分、コーラのパントをワールドが抑え、そこから#11沼田がいいラン。敵陣22mまで持ち込むもノッコン。30分にはコーラのタッチを狙ったキックをキャッチするもラックでターンオーバ。

32分、ワールド#6のハイタックルでコーラようやく敵陣に入る。モールから展開するもワールドがパスカット(でもノッコン)。22mスクラムからの攻めは#10築城? のパントを\#12ニールソンらが抑えたがトライ認定にはならずコーラの5mスクラム。右へ左へとふり、最後はパスと見せかけた#10淵上のフェイクにワールドだまされトライを許す(37分)。

40分、ワールドはペナルティを得てタップスタート。22mでのコーラディフェンスが続き、ワールドもなかなか前進できない。41分、コーラにオフサイドの反則。ワールドが敵陣ゴールまで5mでの位置でラインアウトを得る。これをワールドキャッチできず、コーラがタッチへけりだしハーフタイム。

後半

REPl H 37min 5 18後半はワールドのキックオフで試合再開。

キックオフのキャッチャーにたいするナイスタックルでワールドがペナルティをもらい、5mラインアウトからモールにするもこれはコーラ押し返す。ワールドほぼ中央から展開するも人数が少ない展開、押し切れない。ここでコーラの反則に対しゼブラカードが提示される。

4分、コーラのオフサイドに対しワールドがタップスタート、コーラディフェンスをかいくぐって#6真羽がトライ。後半にはいってようやくワールドが得点。

6分、ワールド#15南がパント処理を誤り、自陣22m内側で相手ボールのラインアウトにしてしまうも、ここはワールドのディフェンスが勝りコーラのペナルティを誘う。しかしワールド、このラインアウトを奪取される。

10分、コーラがグラバーを蹴るもこれはインゴールへ。ワールドがドロップアウトを小さなキックでスタート、敵陣10mまで入り込むがノッコン。

13分、コーラのペナルティで敵陣に入り込んだワールド、ラインアウトを取るも密集でターンオーバされ自陣に押し戻される。ここでコーラ3人入れ替え。

20分、ワールドのスクラムからボールが出るがここで乱闘発生。平林レフ、これに対し注意を与えただけだが、頭を冷やさせるため一度円陣を組ませた。

24分、コーラのキックはダイレクトタッチ。ようやくワールドに敵陣でのラインアウトがめぐってくる。この攻めはワールドのタップをコーラがフェアキャッチ、敵陣へのタッチキックでコーラが逃げ切る。

28分、ワールドが自陣でのラインアウトから得たボールをミスキック。自陣10mのところでコーラボールのラインアウト。これをモールにしたコーラ、結局は左へ展開して#13徳住まで回りトライ(30分)。

35分、コーラがワールドのパスをインターセプト。そのまま敵陣へ進み、結局は#6オーモンドが左ライン際を走りきってトライ。勝ち点1をゲット。難しい角度のゴールも成功。

ロスタイムは6分。互いに何度かチャンスをノッコンでつぶす。40分コーラ、41分ワールド、43分ワールド。44分にはコーラがノット10mを犯したのにワールドがノッコン。45分、ワールドのスクラムをおしてコーラがボールを取るも反則。ワールド時間がなくタップスタート、敵陣10mラインまで入るがここでノッコン! これに対しコーラがタッチを蹴るも、これもタッチを割らない失敗キック。ワールドが拾って右へ展開、#13ルイヴァンドラが押さえトライ。

評価

ワールド

敵陣でゲームを進めるもノッコンやキックミスでチャンスを自らつぶした。パントチェイスがいないのはどうしたわけだ?

スクラムはほぼ互角。由良のキックはかなり読まれており、コーラがやすやすとキャッチする場面を何度も目にした。ポイントでの攻め、あるいは密集ではコーラのほうがパワフルだったか。

コーラ

自陣に釘付けになる時間のほうが長くても、辛抱し続けた。後半は逆にワールドを自陣に釘付けにする時間もあったが、チャンスと呼べるチャンスはなく、むしろカウンターをきっちりものにする場面が目だった。

こちらも最後の精度を欠く感じは目立ったが、パワフルなところでワールドを上回った。