トップリーグ2006

東芝ブレイブルーパス-ヤマハ発動機ジュビロ

試合開始2006年10月21日14時00分
場所近鉄花園ラグビー場
気象条件晴れ、風は左から右へ
レフリー岸川剛之

メンバー表

東芝 ヤマハ
高橋寛 1 1 中越将道 後半11分 交代→17
前半23分 交代→16 松尾大樹 2 2 中林正一
後半33分 交代→17 笠井建志 3 3 山村亮
大野均 4 4 久保晃一 前半35分 一時退場
ルアタンギ・侍バツベイ 5 5 勝又貴光
渡邉泰憲 6 6 八木鉄兵 後半17分 交代→19
後半33分 交代→19 中居智昭 7 7 本間俊治 後半33分 交代→18
Nicholas Holten 8 8 木曽一
後半33分 交代→20 伊藤護 9 9 佐藤貴志 後半33分 交代→20
吉田大樹 10 10 大西将太郎
後半24分 一時退場 ナタニエラ・オト 11 11 辻井厚之
仙波智裕 12 12 大田尾竜彦
冨岡鉄平 13 13 Nathan Williams
Sione Kepu 14 14 冨岡耕児
廣瀬俊朗 15 15 Blendan Laney 後半33分 交代→22
前半23分 交代←2 塚越賢 16 16 古川新一
後半33分 交代←3 桜井寿貴 17 17 北川喬之 後半11分 交代←1
横山恒雄 18 18 Ipolito Fenukitau 後半33分 交代←7
後半33分 交代←7 望月雄太 19 19 石神勝 後半17分 交代←6
後半33分 交代←9 吉田朋生 20 20 村田亙 後半33分 交代←9
佐古育也 21 21 三角公志
松田努 22 22 中垣裕介 後半33分 交代←15

得点経過

前半

東芝 ヤマハ
5分 T#5ルアタンギ・侍バツベイ G失敗5-0
7分 T#14 冨岡耕児 G成功5-7
14分 T#13 Nathan Williams G失敗5-12
17分 T#2松尾大樹 G成功12-12
21分 T#5ルアタンギ・侍バツベイ G失敗17-12
28分 T#8 木曽一 G失敗17-17

後半

2分 DG失敗17-17
5分 T#5ルアタンギ・侍バツベイ G成功24-17
28分 T#15 Blendan Laney G失敗24-22
33分 T#15 Blendan Laney G成功24-29
37分 T#14Sione Kepu G成功31-29
40分 PG成功31-32
41分 PG成功34-32
45分 PG成功34-35

合計

3435

ゲーム抄録

前半

ヤマハのキックオフで試合開始。

2分、ヤマハの反則から東芝がラインアウトを敵陣ゴールまで15mくらいんところで得る。ここでのモールにヤマハたまらずオーバーザトップ。東芝ここからはタップスタートして密集形成、押し込んでトライ(5分)。

7分、ヤマハキックオフからマイボールとし、#14冨岡が飛び込んでトライ。

東芝攻めてもヤマハのディフェンスにはばまれ進めない。11分にはノットリリースでチャンスをつぶす。ヤマハラインアウトを取られるも、逆にラインアウトを取り返す。そこからヤマハ攻め#13ネイサンが右隅へ飛び込んでトライ(14分)。

17分、敵陣15mくらいのマイボールラインアウトを東芝モールにくみ上げ、そのまま中央方向へドライブ。#2松尾が押さえトライ。

20分、東芝の連続攻撃にヤマハがノットロールアウェイ。すぐスタートした東芝、#5ルアタンギが押し込んでトライ、逆転に成功。

26分、ヤマハ#10大西のタップに東芝飛び込むがこれがオフサイド。ヤマハここから展開、さらに右へ左へと展開。#8木曽が左隅へトライ(28分)。同点とする。

30分、ヤマハ、東芝の連続反則で敵陣に入るも、ヤマハがラインアウトでバージング。中央付近まで戻される。しかし東芝反則でチャンスをつぶす。

35分、ヤマハ敵陣5mでの敵ボールラインアウトでバージング。#4久保がシンビン。しかし東芝これを蹴り合いに持ち込まれドライブできず。

37分、東芝が拾ったボールを敵陣5mまで持ち込むがノッコン。スクラムもつぶしてしまいペナルティ、チャンスロス。ロスタイム1分、41分も東芝残り5mでダイビング。ハーフタイム。

後半

後半は東芝のキックオフで試合再開。

0分、東芝敵陣10mラインでのラインアウトで反則、自陣22mまで戻される。ヤマハこのラインアウトを取って展開するも東芝がつぶし、マイボールスクラムに。東芝しかしこのキックがタッチを割らず、結局22mでの相手ボールラインアウト。しかしこれは守りきる。

4分、東芝敵陣でペナルティから敵陣10mほどの位置でラインアウトを得、これを押し込んでトライ(5分)。ヤマハのパワーの前に簡単には押せなかったが、なんとか持ち込んだ。

8分、ヤマハがラインアウトから攻めるが東芝がターンオーバ、しかし直後にノッコン。さらにヤマハ、ここからボールを得るも押し出され東芝ラインアウトに。ゲームは東芝陣内で進む。

12分、東芝がワイドに展開、左側へ持ち込むも#14ケプがホールディング。ヤマハ、ロングタッチで一気に敵陣へ、ラインアウトも取るがモールが押せず東芝ボールスクラムに。しかしゲームはまだ東芝陣内。

16分、東芝の反則からヤマハ敵陣5mでのラインアウト。ヤマハ猛攻撃を見せるが、残り1mで東芝が反則覚悟のディフェンス。さらに20分にもラインアウトからモール、これもつぶしてヤマハボールのスクラム。もう一回22分にもラインアウトからドライブ。東芝#11のシンビンを引き出す(24分)。しかし東芝粘りきり、ヤマハホールディングの反則。キックは伸びず、ゲームはまだ東芝陣内。28分、東芝ノッコンからのスクラムサイドをヤマハ攻撃。東芝誰も抑えられず#15レーニーが右へトライ(28分)。ゴールは失敗で同点には追いつけず。

30分、東芝敵陣でのラインアウトを奪われ、ヤマハがロングタッチ。自陣5mの東芝ラインアウト、これをノッコン。ヤマハここで展開、東芝の反則を引き出し、#15レーニーが飛び込んでトライ(33分)。これで逆転。

37分、東芝自陣から#14ケプがいいランでハーフウェイまで持ち出し、ここから小さなパスをつなぎまくってトライ。ゴール成功でおいつく。

ロスタイム3分、40分に東芝が自陣でダイビングの反則。ヤマハPGを決め再逆転。

41分、今度はヤマハにオフサイド。PG成功で再逆転。

43分、ヤマハが敵陣でのラインアウトを展開。

44分に東芝の反則を引き出しPG成功。ノーサイド。

評価

東芝

最後はキックの精度がものを言った。ディフェンスが切り裂かれた結果の敗戦。自陣でのゲームが多かった分、守りにつく時間が長すぎた。

残り5mでミスによるチャンス喪失があったが、これはヤマハディフェンスのよさもあったと思う。しかしノッコンは自滅だわな。

ヤマハ

ゲームの進め方にうまさがあった。必要なところで#15レーニーに持たせるなど、突破のキーを考えた戦術であったが、かならずしもうまくはいかない。力は確実に身に着けてきた。もう村田のプレーはなくてもなんとかなりそう。