トップリーグ2006

東芝ブレイブルーパス-福岡サニックスブルース

試合開始2006年12月9日14時00分
場所近鉄花園ラグビー場
気象条件曇り、ときどき雨。生駒山は煙の向こう。
レフリー石本月洋

メンバー表

東芝 サニックス
高橋寛 1 1 杉浦敬宏
後半30分 交代→16 猪口拓 2 2 松園正隆 後半26分 交代→16
笠井建志 3 3 上田栄太
大野均 4 4 渡邉正善 後半6分 交代→19
ルアタンギ・侍バツベイ 5 5 伊達肇
前半12分 交代→18 渡邉泰憲 6 6 菅藤友 前半28分 一時退場
中居智昭 7 7 大庭正裕
Nicholas Holten 8 8 Dion Mur 後半6分 交代→18
後半16分 交代→18
後半17分 交代→20 吉田朋生 9 9 鬼束竜太 後半30分 交代→20
後半20分 交代→21 島崎正吾 10 10 沼田一樹 後半30分 交代→21
後半42分 一時退場 ナタニエラ・オト 11 11 永留健吾
後半20分 交代→19 Scott McLeod 12 12 松尾博文
冨岡鉄平 13 13 Pila Fifita 後半13分 一時退場
後半23分 交代→22
廣瀬俊朗 14 14 大庭照光
後半36分 交代→22 立川剛士 15 15 古賀龍二
後半30分 交代←2 塚越賢 16 16 加古川雅嗣 後半26分 交代←2
久保知大 17 17 篠原光弘
前半12分 交代←6 石澤健太郎 18 18 Hare Makiri 後半6分 交代←8後半16分 交代←8
後半20分 交代←12 Sione Kepu 19 19 西端要 後半6分 交代←4
後半17分 交代←9 伊藤護 20 20 徳永剛 後半30分 交代←9
後半20分 交代←10 仙波智裕 21 21 堀田雄三 後半30分 交代←10
後半36分 交代←15 松田努 22 22 Amasio Valence 後半23分 交代←13

得点経過

前半

東芝 サニックス
2分 T#9吉田朋生 G成功7-0
4分 T#6渡邉泰憲 G成功14-0
15分 T#5 伊達肇 G成功14-7
22分 T#11ナタニエラ・オト G失敗19-7
29分 T#8Nicholas Holten G成功26-7
36分 T#11ナタニエラ・オト G成功33-7

後半

24分 T#8Nicholas Holten G成功40-7
29分 T#19Sione Kepu G失敗45-7
33分 T#14 大庭照光 G成功45-14
36分 T#13冨岡鉄平 G失敗50-14

合計

5014

ゲーム抄録

前半

右に陣をとったサニックスのキックオフで試合開始。

開始0分、サニックスが反則。東芝タッチキックで前進、ラインアウトから攻撃。22mライン上でモールを組むとこれをドライブ。くずれたところに#9吉田朋生が割って入ったら前方にディフェンスなし。さっくりトライ。

3分、サニックスのキックオフはグラバーだったが、東芝がプレーしたためプレーオン。#13冨岡のいい前進があり敵陣22mラインまで持ち込んだ。ここからさらに前進。ボールをこぼしたところでサニックスが足にひっかけたがサニックスこのボールをチェイスできず、東芝拾いなおす。東芝#6渡邉が左のライン際を走りこんでトライ。

6分、キックオフのボールを東芝後逸。サニックスの選手が走りこんでキャッチ、サイドへ展開。残り5mのところで東芝が反則、サニックス#8ミュアがタップキックでスタートしようとしたところ、なんとボールをこぼしてしまいノッコンの判定。東芝拾い物でファーストスクラムとなる。東芝ここはモールにして押し返し、#10島崎のキックで地域を取り返す。

8分、サニックス、敵陣でのラインアウトをとるが展開したところで東芝がボールを奪取。しかしハーフウェイ付近でノッコン、サニックスボールのスクラムに。ここからサニックスが東芝陣内でゲームを進める。

11分、東芝が自陣22mライン上で反則。#6渡邉が負傷、\#18石澤に交代。サニックスは5mラインアウトをキャッチしてモールにするがこれは前進できず、しかし東芝も反則を連発。サニックス#5伊達がタップキックから飛び込んでトライ。

17分、東芝のハーフウェイでのラインアウト、#8ホルテンが中央付近で出したパスをサニックスがインターセプト。しかしポイントになったところでターンオーバ、東芝ボールに。

18分、東芝、敵陣22mでのラインアウトから展開。ゲインはなかったがサニックスがディフェンスで反則、残り10m位のところでのラインアウトとする。ここもサニックス粘るが反則。オフサイドの連発によりゼブラカードが出される。東芝5mからタップスタート、モールを回しつつ押し込んでトライ。

24分、キックオフのボールを東芝つないで敵陣22mまで入り込んだところで#12マクラウドがノッコン。サニックスボールのスクラムとなる。しかしサニックス攻め手が無くキック、東芝がボールを取ってゲイン。密集になったが東芝に反則。サニックスのスクラムとなり、22mラインまで盛り返す。

27分、22mラインアウトを得た東芝、22mと10mの間、中央付近で密集となったところでサニックスにオフサイド。#6菅藤がシンビンを食らってしまう。東芝はもちろん5mラインアウトを選択。こんどこそモールをしっかりドライブして勝ち点1をゲット。

31分、サニックスのキックオフは低め。東芝スタンディングパスでつないで敵陣22mへ進入したところでターンオーバ。サニックスの攻撃となるが人数不足でキックに。サニックスの敵陣10mでのラインアウトとなる。これを取ったサニックスだったが、ゲインライン上でまたもオフサイド。東芝にゲインを許す。ここは東芝パスが不明確でハーフウェイ付近まで戻され、パント。サニックスは22mへ下げてキックしたがこれはノータッチ。

35分、東芝が自陣10mライン上でノッコン。スクラムは崩壊するがサニックスがボールキープ。しかし少し前進したところでノッコン。東芝ボールに、東芝も前進、敵陣に入ったところでノッコンと互いにミスが続く。

36分、東芝のノッコンからハーフウェイ付近でのスクラム。スクラムサイドを突いたところでボールを落としてしまい、東芝に取られる。最後は#11オトがうまく足に引っ掛け、インゴールでサニックスの選手と競争になるがなんとか抑えてトライ。

39分、キックオフから東芝ゲイン。敵陣22mまで進むがここでまたもノッコン。サニックスも攻め手がなくタッチキック。東芝ボールを持って攻撃したがノッコンでハーフタイム。

後半

東芝のキックオフで試合再開。

3分ほど、東芝が前進するがサニックスがけり返す、という攻撃が続く。しかし東芝は反則でロス。逆にサニックスが敵陣22mライン上でのラインアウトをとった。サニックス押し返される。

6分、サニックスほぼ中央で反則。東芝が敵陣22mライン内側でのラインアウトを得る。東芝これが取れず、サニックスのキックとなる。東芝キャッチしたがタッチに押し出され、サニックス陣内10mラインから攻撃、敵陣10mへ入り込む。

8分、東芝の攻撃。10分、ラインアウトでサニックスがスローミス。東芝ボールのスクラムとなる。これを東芝押し込み中央付近へ展開。東芝ゲイン、ハーフウェイまでゲインしたところでサニックス#13フィフィタのタックルが危険だったという判定がありシンビン。東芝22mラインへ。

13分、東芝22mラインアウトのモールを少し押し込んだところでモールが崩壊。サニックス止めるが反則、タップ攻撃で残り5mまでゲインし、モールを組みまたもサニックスのオフサイドを誘い出す。東芝ここはスクラムを選択。サイドをついてゴールライン上の攻防とするが東芝アクシデンタル・オフサイド。サニックススクラム。

19分、東芝ハーフウェイ付近から攻め22mの内側へ入るがタッチに押しだされる。このラインアウトで東芝反則、サニックスハーフウェイまで押し返し、中央方向へ展開するがホールディングの反則。

22分、東芝、敵陣10mラインでのラインアウトから展開。サニックスの反則を誘い出し、残り10mでのラインアウトへ。東芝得意のモールでトライ。

26分、東芝の攻撃。サニックスまたも反則で東芝5mラインアウト。サニックスここで反則、東芝はスクラムを選択。スクラムサイドから出たボールに#19ケプが反応、ひどいパスだったがトライラインを突破した。

31分、サニックスのキックオフをサニックスがキャッチ。東芝防戦するがサニックスがうまくキック。東芝スライディングでタッチに出す。サニックスさらにボールキープするがなかなかゲインできない。

33分、東芝の反則が自陣22mで発生。そこからサニックスがサインプレー、うまく縦について東芝ディフェンスを突き破りトライ。

36分、サニックスの攻撃に東芝反則。しかしここでサニックスがラフプレー。反則の向きが逆に。ラインアウトはモールにしたが押し込めず、展開してみたところサニックスのディフェンスが薄く#13冨岡が斜め走行でトライ。

39分、キックオフを東芝展開。しかしハーフウェイでノッコン、サニックスボールに。東芝陣内でゲームが進行する。

41分、東芝#11オトにシンビン。サニックス展開するが東芝に抑えられ、ノッコンしたところでノーサイド。

評価

東芝

前半ぽんぽんと得点をとったところはきちんとドライブできていたが、前半の後半からちょっとゲインができなかったときの修正に問題があった。フォワードでは十分勝てていたが、バックスはイーブン。

後半、得点が取れないところでの集中力は、シーズン前半からの課題でもある。

サニックス

前半は東芝に合わせてしまったが、後半は健闘した。ただ、突破される場面はしかたないところであったか。2トライはまあそんなものか、というところ。