トップリーグ2006

ワールドファイティングブル-日本IBMビッグブルー

試合開始2006年12月16日12時00分
場所近鉄花園ラグビー場
気象条件くもり
レフリー石本月洋

メンバー表

ワールド IBM
後半6分 交代→17 島田啓文 1 1 田辺篤
本多貢 2 2 須田康夫
後半35分 交代→16 岡田親典 3 3 山田泰生 後半33分 交代→17
後半31分 交代→19 マナコ朗仁 4 4 南方誠支
大西亮 5 5 小嶋信哉
後半35分 交代→18 田中正純 6 6 伊藤太進 後半0分 一時退場
舛尾敬一郎 7 7 Simon Kasprowics
George Stowers 8 8 Lotu Pilipine 後半18分 交代→19
後半41分 交代→20 長田剛 9 9 山中俊幸
由良康美 10 10 阪元弘幸
織田己知範 11 11 榮田佑希
中矢健 12 12 大松真
Epeli Ruivandra 13 13 徳永伸太郎
後半6分 交代→22 内山将文 14 14 畠山健
後半6分 交代→21 大向将也 15 15 高忠伸
後半35分 交代←3 小倉正隆 16 16 作田敏哉
後半6分 交代←1 前川賢司 17 17 文原俊和 後半33分 交代←3
後半35分 交代←6 羽根田智也 18 18 大島慶
後半31分 交代←4 大内亮助 19 19 Maama Molitika 後半18分 交代←8
後半41分 交代←9 岡孝次 20 20 塩谷純司
後半6分 交代←15 佐佐木光一 21 21 中西大
後半6分 交代←14 沼田邦光 22 22 櫻井崇将

得点経過

前半

ワールド IBM
4分 T#14 畠山健 G失敗0-5
36分 T#2本多貢 G失敗5-5

後半

16分 T#12中矢健 G成功12-5
24分 T#19 Maama Molitika G成功12-12
30分 T#6田中正純 G成功19-12

合計

1912

ゲーム抄録

前半

ワールドのキックオフで試合開始。

開始0分、蹴り合いからワールドが蹴ったボールがダイレクトタッチ、しかしこれをIBM#15高がクイックスローしようとしてノッコンとミスにミスを重ねる状況から開始。ワールド、このチャンスにスクラムが低く入りすぎコラプシングを取られる。

2分、IBMがハーフウェイ付近でのラインアウト。これはきちんと取れなかったが#7カスプロウィックスがむりやりタップ。キックを転がして22mへ入り込み、相手のキックを追い詰め22mライン上でのラインアウトを得る。さらにIBMここからうまく攻めて右端を侵攻、#14畠山につないでトライ。

6分、キックオフからの蹴り合いはワールド#10由良が高精度なキックでIBM自陣5mでのラインアウトとなる。IBMここは押さえてキックに逃れたところ、ワールドが触れてしまいIBMハーフウェイに戻してのタッチとなった。さらにIBMキックで敵陣22mまで侵攻。

8分、ワールド自陣22mラインでのラインアウト、これをIBMが引き倒しワールドがハーフウェイでのラインアウトを得る。ワールド早く展開するが、IBMの堅いディフェンスにノッコン。

11分、IBMのスクラムから出たボールにワールドうまくからむ。しかしボールは取れず、蹴り合い。12分IBMが蹴ったボールにワールド対応しきれず、IBM選手の攻撃を受けアンプレに持ち込まれる。IBMスクラム。

13分、スクラムから展開したボールをIBMキックしようとしたところで、ワールドが二人でチャージ。狭い隙間に入り込んだボールはワールドがキャッチ、そのままIBMディフェンスの裏へ出る。ワールド、敵陣22mまで入り込んだところでIBMも押し返したが、22mライン上でIBM反則。ワールド敵陣でトライラインまで残り10mのラインアウトを得る。15分、ラインアウトからのモールをワールド押し込んだが、あっさり崩壊、しかもボールをこぼしてしまいノッコン。

16分、IBMトライラインまで5mのワールドボールのスクラムをワールドがプッシュ。こぼれかかったボールはインゴールへ、しかしここはIBM反応早く押さえてキャリーバック。今度はワールドボールのスクラムとなる。

17分、ワールドがスクラムからプッシュ。フォワードで攻撃を繰り返す。IBMが反則を犯し、今度はタップからフォワード戦を挑むが、ワールド反則。チャンスを逃す。

19分、IBM自陣22mでのラインアウト。これをIBMタップしたがキャリアがノッコン。ワールドここでボールに働きかけ奪取したが、ほぼ元の位置に展開したところでノッコン。IBMスクラムとなる。ここはIBM#15高に持たせて敵陣22mまでキック。

20分、ワールド自陣22mのラインアウト。しっかりとってハーフウェイまで来たところでポイントを作られ、IBMがボールを奪取する。しかしここでIBMノッコン。ハーフウェイでのワールドスクラムとなる。

23分、ワールドの小パントをIBMがキャッチ、展開しようとしたところでIBMがノッコン。ところがこれはワールドが妨害したとみなされ、IBM敵陣22mでのラインアウトを得る。ラインアウトはつぶされてしまいワールドボールのスクラム。

25分。IBM、ワールドが蹴ったパントをキャッチして侵攻。敵陣22mラインまで入り込むが、#10阪元が出したオフロードパスはスローフォワードの判定。26分にもワールドの蹴ったボールを持って前進、ノッコンという状況がつづいた。

27分はタッチラインぎわの蹴り合い、どちらもタッチにはださない。IBMもワールドも持ってせめてもなかなか前進できない。ここはワールドの反則で一度切れ、タップスタートしたIBMが10mほどゲインしたところでアンプレアブルとなり石本レフリーがIBMボールのスクラムをつげた。

29分、IBMがスクラムからでたボールを展開したところでパスミス、ノッコン。ワールド、敵陣10mライン上でのスクラムとなる。しかしワールドも持って攻めたところでうまく腕に絡まれてしまいノッコン。IBMがタッチキックを蹴り、ワールドハーフウェイまで下げられてのラインアウト。

32分、ワールドがタッチ際でけりこんだボールはIBM陣内22mへ。#8スタワーズがこれを取ろうとするもIBM間に合い後ろへタップ。IBMここはタッチへけり返して、またもワールドハーフウェイでのラインアウトとなる。

33分、ワールド高いタップから侵攻、IBMの22mラインへ入り込む。さらにフォワードが前進、残り5mまで来たところでIBMのディフェンスがオフサイド。ワールドがトライラインまで5mのラインアウトを得る。

35分、ワールドボールでの敵陣5mでのラインアウト。モールを組んで押し込みトライ。

37分、IBM、敵陣でのショートラインアウト。IBM必死に攻めるがワールドがボールをジャッカル。逆に前進して敵陣20mのところのタッチキックとする。IBMけり返して敵陣へ。

40分、自陣でのラインアウトをワールドが崩してしまい、残り10mのところでIBM敵陣ラインアウト。IBMモールとしたがくずれてサイド展開となる。フォワードで押したIBM、ワールドの反則を誘い出す。タップキックからスタートしたIBM、モールをまたも崩されてしまい、ハーフタイム。

後半

後半はIBMのキックオフで試合再開。

1分、IBMが敵陣22mライン上でスクラムを得るが、ワールドが襲撃、マイボールとしてキックで前進。これにIBM絡んでしまいレイトチャージ、ワールドがIBM陣22mライン外側でのラインアウトを得るが、ワールドノッコン。3分、しかしスクラムは回転、ワールドボールに。ここもワールド、フォワードで押したが攻め手切れでインゴールへのキックパスを試み、IBMが押さえてドロップアウト。

6分、ワールドが蹴り合いから敵陣10mライン上でのラインアウトを得る。しかしうまくラインアウトが取れずIBMがボールを奪取。縦をついて前進、サイド一杯まで来たところでタッチへけりだし22mラインを超えた。ワールドのラインアウトとなる。ワールドここはタッチへ蹴ってピンチを逃れる。

7分、ハーフウェイでのIBMラインアウトはノットストレート。ワールドのスクラムとなる。ワールドここもいい展開を見せるが、22mライン上でつかまってしまい反則。IBM意外としぶとい。IBM敵陣10mライン付近でのラインアウトとなる。

10分、ラインアウトをIBM速く展開。中央まで持っていったがポイントがパイルアップ。IBMボールとなるが、反則でワールドにもっていかれる。

12分、ワールド敵陣22mでのラインアウト。フォワードが縦をつき、ポイントから早くボールが出る展開だがスピードが足りない。IBM反則を連発。14分にもワールドが敵陣5mでのラインアウトを得てモールとしたがIBMが2m前でつぶす。ワールド、フォワードで連続攻撃。ふと出たところで#12中矢が中央をガツンと突破。IBMわずかに追いつけずトライ。

17分、蹴り合いからIBM敵陣10mでのラインアウトを得る。展開したところでワールドが反則、IBM敵陣残り7mのところでのラインアウトとなる。IBMモールとするも前進できず、しかしワールドも反則を犯してしまいやり直し状態となる。2回目はワールドがボールを奪取、タッチキックで地域を取り返す。

20分、敵陣22mラインでのIBMラインアウト。ここはIBM早く回してチャンスメイク。しかし#15高がにぎってしまい止められる。IBMもう一度攻めなおし、今度は\#6伊藤が前進して残り5mまで来たところでフォワード戦を挑んだがアンプレ。

22分、IBMボールで、敵陣残り5mのところでスクラム。IBMダイレクトフッキングで速く展開、縦に#19モリティカが2度も突進。最後もラック下をうまく滑り込み、トライ。

26分、ハーフウェイでのワールドのラインアウト。ワールド展開プレーでボールを大きくうごかしたがIBMも競り合い、#7カスプロウィックスが入り込んだがこれはノッコン。ワールドパントとしたが22mをわずかに越えてしまいマークされる。

28分、マークからのキックをIBMタッチキックとしたためワールドボールのラインアウト。サイドライン際をゲイン、22mまで入り込むと、サイドラインへ振って人数を稼ぎ、もう一度同じポイントから攻め、最後はフォワードで押さえてトライ。

31分、ワールドがキックオフボールのキャッチに失敗。ここにIBM#19モリティカがうまく突進、さらにサイドラインへ回して縦を突き、敵陣残り5mまで侵攻したところでワールドが反則。IBMが5mラインアウトを得る。しかしIBMノットストレート、ワールドはタッチキックをけって22mの向こうへ出す。さらに攻撃するが反則。

34分、IBM敵陣5mでのラインアウト、これにワールド働きかけるもノッコン、IBMのスクラムとなる。IBMサイドを突くが前進できず、展開するもノッコン、ワールドが蹴り返す。IBMしっかり戻っていてハーフウェイから侵攻したが22mライン付近まで来たところでIBMもノッコン、ターンオーバ。こんどはワールドが進行したが自陣10mラインで反則。

40分、IBM敵陣残り10mでのラインアウト。ここはモールとしてじっくり前進。41分一度アンプレとなるがIBMボール継続。さらにワールド、ほぼ中央での反則、IBMはタップスタート。ほぼ2mまで来たが飛び込みきれず、サイドに展開したがまたも#15高がボールを握って横走り、ノッコンを取られる。

42分、スクラムが乱れたがワールドがボールをキープ、タッチへけりだすがこれは5mしか進行できず。しかしラインアウトはワールドが奪取。もう一度サイドへけりだしてノーサイド。

評価

ワールド

フォワードは十分戦っていた。重さもある。ポイントでのプレッシャの重さは、軽量IBMが相手ならば十分通用する。ただ、バックスに回したところで攻め手に欠いたキックばかりが目立つ。接触をさけようとしているようにも見えるが、IBM といえどもトップリーグ、簡単には抜けない。

IBM

やっぱりフォワード戦で軽さを露呈。あんまり重くないワールドに対しても全然押せない。しかしディフェンスはなかなか、特にのこり5mでの防戦は堅さを見せ付けた。ラインアウトの精度もなく、フォワードの整備はやはり永遠の課題か。

バックスは速いが、つかまってしまうとやはり軽さが目立つ。