第44回日本選手権2回戦

ヤマハ発動機ジュビロ-関東学院大学

試合開始2007年2月11日14時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件はれ、風強し(メインから見て左から右へ)
レフリー谷口和人

メンバー表

ヤマハ カントー
後半11分 交代→17 高木重保 1 1 西垣友博
後半30分 交代→16 中林正一 2 2 田中貴士
山村亮 3 3 原田豪
坂本一哉 4 4 西直紀 後半14分 交代→19
後半34分 交代→18 勝又貴光 5 5 北川勇次
後半20分 交代→19 Jeoffery Maka 6 6 清水佑
本間俊治 7 7 竹山浩史 後半0分 交代→20
澤田昇 8 8 草下怜 後半0分 交代→18
後半29分 交代→20 佐藤貴志 9 9 吉田正明
大田尾竜彦 10 10 藤井亮太 後半24分 交代→21
冨岡耕児 11 11 中園真司
後半20分 交代→21 大西将太郎 12 12 高山国哲
後半5分 交代→22 守屋篤 13 13 櫻谷勉
永本宗秀 14 14 朝見力弥
Nathan Williams 15 15 山下祐史
後半30分 交代←2 加藤圭太 16 16 設楽哲也
後半11分 交代←1 北川喬之 17 17 高坂平
後半34分 交代←5 石神勝 18 18 佐伯悠 後半0分 交代←8
後半20分 交代←6 串田義和 19 19 石田雅人 後半14分 交代←4
後半29分 交代←9 村田亙 20 20 安藤泰洋 後半0分 交代←7
後半20分 交代←12 Marika Vunibaka 21 21 重見彰洋 後半24分 交代←10
後半5分 交代←13 今利貞政 22 22 山口哲生

得点経過

前半

ヤマハ カントー
9分 T#13 櫻谷勉 G成功0-7
15分 T#6 清水佑 G成功0-14
32分 T#6Jeoffery Maka G失敗5-14
42分 T#2中林正一 G成功12-14

後半

8分 T#11冨岡耕児 G失敗17-14
19分 T#14永本宗秀 G失敗22-14
23分 T#15Nathan Williams G失敗27-14
28分 T#21Marika Vunibaka G成功34-14
33分 T#22今利貞政 G成功41-14
38分 T#14永本宗秀 G成功48-14
46分 T#22今利貞政 G失敗53-14

合計

5314

ゲーム抄録

前半

ファーストジャージの色がほぼ同じなので、セカンドを着たのはヤマハ。ヤマハのセカンドは白系統。

カントーが風上を取り、キックオフを蹴って試合開始。

キックオフの蹴り返しタッチはあまり飛ばず。カントー敵陣10mでのラインアウト。これは短くとってもーる、しかしボールをヤマハが奪取、逆サイドで#11冨岡が左サイドへパントするがダイレクトタッチ。

1分、カントー敵陣10mでのラインアウト。これもカントー取ったがヤマハが前進。しかもカントーにオフサイドの反則。ボールを失ってしまう。#15ネイサンのやわらかいキックはよく伸びた。

2分、ヤマハ敵陣22m付近でのラインアウト。ラックから右サイドへ。そこで#15ネイサンにボールがわたるが、カントーの選手が手に絡みボールを落下。ノッコンとなる。

3分、カントー自陣残り20mでのスクラム。カントーとってサイドをつき、右サイドへ深いキック。タッチを割る。ヤマハ自陣22m付近でのラインアウト、ヤマハがキャッチしてモールにする。内側へスライドしていってボールを出したがカントーがいいプレッシャー。ボールが出ずストップ。

4分、ヤマハ自陣22mラインでのスクラム。ヤマハそこからキックしたがノータッチ、カントーがボールをもって攻める。ヤマハに反則ができたがアドバンテージは生かせず。

6分、カントー敵陣22mライン付近でのラインアウト。ヤマハ競ったがノッコン、カントーボールとなる。

7分、カントー敵陣22m、15mでのスクラム。押されて崩壊、ボールはしかしカントーがキープ。右サイド#13櫻谷が右サイドラインを突破、トライ。直前のパスがノッコンじゃないか? という判定だったが、タッチジャッジの判定はセーフ。

9分、キックオフからカントーがタッチに蹴りだす。ヤマハ敵陣10mライン付近でのラインアウト、しかしこれはノットストレート。カントースクラムとなる。カントー左サイドへ回すが、ヤマハナイスタックル。しかしボールは取れず、カントーもタッチへ蹴る。うまくグラウンドにはねてタッチ。

11分、ヤマハ自陣22m付近でのラインアウト、モールで固まってしまいヤマハにペナルティ。カントー敵陣残り10mでのラインアウト。長いラインアウトはヤマハが奪取、しかしカントーもボールを取って中央へ。さらに右へパントしたがここはヤマハがチャージ。しかし追いきれずボールはタッチへ転がる。

12分、カントー敵陣22mラインでのラインアウト。モールをドライブしたカントー、ヤマハの反則を誘い出す。

13不、カントー敵陣残り10mでのラインアウト。カントー、ヤマハのプレッシャーをうけノッコン。ヤマハ自陣22mでのスクラムからタッチへキック、ヤマハここはしのぐ。

14分、カントー敵陣10m-22mの中間でのラインアウト。カントーキャッチするが逆サイドへ回してサイドラインをつき、ヤマハディフェンスを破る。さらに中央でうまく#6清水がフォロー。ヤマハのディフェンスの裏へ入りトライ。

16分、キックオフからのキックは浅め。ヤマハ敵陣10m-22m中間でのラインアウト。カントーがプレッシャーをかけ、ヤマハなんとかボールをキープするもノッコン。

17分、カントー自陣10mでのスクラム。逆サイドへ展開、キックするがダイレクト。ヤマハが10m-22mの中間でのラインアウトを得る。ヤマハがボールをキープするが崩壊してラック、中央へ出したがカントー止める。ヤマハも内へ攻めるがカントーのディフェンスも堅い。外へ外へ振ったが、右へのパスはノッコン。

19分、カントーハーフウェイ付近でのスクラム。ヤマハからんだがボールはカントー、しかしアクシデンタルオフサイドでストップ。ヤマハハーフウェイでのスクラムとなる。ヤマハ早く展開、しかしノッコンとしてしまう。

20分、カントー敵陣ハーフウェイ付近でのスクラム。ここはヤマハいいプレッシャーをかけ、こぼれたボールを蹴って敵陣へ。しかしボールはカントーが押さえ左でプッシュ。右側でタッチを蹴る。

21分、ヤマハ敵陣10mでのラインアウト。おもいきって右へ展開したがタッチを踏んでしまう。

22分、カントー自陣10m付近でのラインアウトカントーとってプッシュ。パントでタッチへ蹴りだす。ヤマハ、自陣22mでのラインアウトとなる。

23分、ヤマハラインアウトをキャッチ。しかしカントーも押させず。大きく展開したヤマハ、右ラインを突破。ハーフウェイまで持ち込んでプレッシャーをかけ、中央でプッシュ、さらに右へ出したがカントーがインターセプト。しかしカントーがノッコン。

25分、ヤマハ自陣10mでのスクラム。逆サイドへ思い切って展開、カントーのディフェンスを振り切るつもりだったがノッコン。カントー敵陣10mでのスクラムとなる。中央へ展開して飛び込み、ヤマハの反則を誘い出す。しかしカントーのタッチキックはミス。

26分、カントー敵陣10m-22mでのラインアウト。これをヤマハが奪取するが押したのはカントー、さらにボールをカントーが奪取。#11中園がヒトリで22mへ入る。さらに出たボールを右へ。カントープッシュを続け、パントをあげたがヤマハがダウンボール。

28分、ヤマハのドロップアウト。敵陣10mでカントーがポイント形成。そこから左へ展開する。ボールを取ったヤマハ、タッチを狙うがノータッチ。カントーがグラウンドで攻める。人数はヤマハのほうが多いが、カントーがプッシュを続けた。カントー逆サイドへ思い切ったキック、インゴール直前でヤマハがとってタッチとしてゲームをきる。

30分、カントー敵陣10m-22mの中間でのラインアウト。ヤマハがボールを奪取、ポイントでの押しもあり中央でクラッシュ。ヤマハ左での連続攻撃。パントをあげて取る作戦に出るがここはカントーが取る。カントーがホールディングで反則となる。

32分、ヤマハ敵陣残り5mでのラインアウト。モールとしてここはプッシュ。回り込んでモールトライ。角度のあるゴールはネイサンもはずす。

34分、キックオフは中央が空いていてヤマハ前進。しかし左へ出したパスはつながりが悪く、ヤマハあわてる。しかしなんとかボールは継続。ヤマハごりごり敵陣へ入り込む。ポイントで連取しつづけ、アンプレとなったがヤマハボール。

35分、ヤマハ敵陣10m-22mでのスクラム。サイドをついていい前進。さらに縦を突いたがここはカントーが押し返す。ヤマハ順目をフォワードで突いて前進、中央を#13守屋がついた。さらに右サイドが余っていたが、カントーなんとか止め、ピンチを防いだ。ヤマハが反則を犯してしまう。

37分、カントー自陣ハーフウェイ付近でのラインアウト。浮いたボールにヤマハがプレッシャー。カントーの反則を誘い出す。ヤマハおもいきってクイック攻撃、敵陣22mへ入り込む。さらに内へ入り込んだがカントーがディフェンス。ヤマハの反則となる。

39分、カントーのペナルティキックがかなり伸び敵陣22m付近でのラインアウト。タップはヤマハが取り、中央を突破。右へ振って、人数を余らせる。右ライン一杯を走り抜けたが、タッチラインを踏んでしまいタッチ。

40分、カントー自陣残り10m位のところでラインアウト。カントーなんとかボールをキープ、プレッシャーはヤマハがかけたがカントーうえから入ってしまう。さらにノット10mで残り5mでのヤマハペナルティキック、タップスタートからモールを組んで押す。モールは届かなかったが、サイドを突いてヤマハトライ。ゴールが決まったところでハーフタイム。

後半

後半は風上のヤマハがキックオフ。カントーもすぐ蹴り返してタッチ。ラインアウトは10m付近、ヤマハ左へ振ってから右へ。ヤマハ右へ蹴りこんで見たがインゴールへ入ってしまい、カントーがおいついてタッチダウン。

1分、カントーのドロップアウト。しかしダイレクトタッチになってしまい22mスクラムをヤマハが選択する。ヤマハ右でポイント形成、さらにサイドを突いて前進。しかしカントーもそう簡単にはそうすすまない。モールを前進させたヤマハ、残り5mまで押し切ったが停止。

3分、ヤマハ残り5mでのスクラム。#14長本が中央へクラッシュするが押し切れずボール停止。

4分、ヤマハまたも5mでのスクラム。ひだりへ展開するがカントーがタックルでとめる。しかしハンドの反則を犯したのはカントー。

5分、ヤマハ敵陣残り5mでのラインアウト。ここでヤマハ#13守屋が足を痛めてしまいアウト。ラインアウトからヤマハがワイドに展開するが中央でカントーが止める。ヤマハボールを奪取、さらに左へ右へと振ってみるが、カントーこれにもついていく。左のポイントでヤマハがモールを形成しようとするがカントーが防ぐ。しかし右へ振って#11冨岡が前進。ぎりぎり冨岡の手がトライラインを越えた。

9分、キックオフはヤマハキープ。モールとして前進するがあまりゲインできず。ウイリアムズのキックをカントーが直接キャッチ。カウンターで攻め、左サイドを走りこんだがノッコンとなってしまった。

10分、ヤマハ自陣残り15mでのスクラム。これをカントー#2田中が落としたとして、カントーにペナルティ。

11分、ヤマハハーフウェイ付近でのラインアウト。中央で#22今利がクラッシュ、カントーをひきずって前進する。さらに左サイドをついて前進、ここでアンプレになる。

12分、ヤマハ敵陣10m-22mの中間でのスクラム。2人目でカントーがとめるがヤマハも止めない。ポイントを押しての攻防はカントーがボールを奪取。すこし前進したがアンプレに。

14分、カントー自陣10m-22mの中間でのスクラム。カントー左に展開、パントはヤマハがチャージしたがそのままダイレクトにタッチを割る。

15分、カントー自陣22mライン付近でのラインアウト。カントー早めに展開したがヤマハに絡まれアンプレ。22mライン上でのカントーボールのスクラムとなる。カントーの攻撃はサイドを突いて、ヤマハのタックルが1回ハズレ。ハーフウェイで左へ展開、さらに22mまで入ってきてパント。しかしこれはヤマハがデッドボールへ蹴って出してしまう。

17分、カントー敵陣残り5mでのスクラム。スクラムが壊れてしまいボールはヤマハ。ヤマハ自陣ながら10mはゲイン、タッチへ蹴りだす。

18分、カントー敵陣10mライン内側でのラインアウト。短めからモールにするが崩壊、なんとかボールを回すがカントーボールを取られる。ヤマハも高いパントとしたがカントーがボールをキープ、したと思っていたポイントでヤマハが奪取。逆サイドを突いてカントーのディフェンスを裂く。#14永本がトライ。ゴールはあまりよくない。

20分、キックオフはラインより。#21ヴニバカの前進にカントーびっくり。ヤマハしかしパントとし、カントーが自陣から思い切りボールを持って攻める。カントーのパントからヤマハがグラウンドで前進。しかしとまったところでパント、カントーも蹴り返すしかなくタッチ。

22分、ヤマハハーフウェイでのラインアウト。ヤマハこれもとって#21ヴニバカに回す。カントーも必死に止めるが22mラインへ。さらにヤマハ、左へ振って走りこんだがカントー1回止めるのが精一杯。ウイリアムズのいいフォローによりトライとなる。しかしゴールが入りません。

24分、キックオフをカントーがキープ。さらにモールを形成してそこから中央へボールを出す。ポイントでヤマハのほうが絡んでいきボールを奪取。左へボールを出してから右展開するが、右一杯でカントーがボールを奪取するもノッコン。

25分、ヤマハ自陣10mラインでのスクラム。ヤマハも内側へのプッシュを試みるがカントーもしっかり止める。ボールがこぼれてカントーに、さらに左に空いていたところへ展開。しかしポイントでヤマハがボール奪取。ヤマハがようやく前進、敵陣22mまで前進。ここで#21ヴニバカにボールが回ったがタッチに押し出される。

27分、カントー自陣22mでのラインアウト。これもヤマハ競るがカントーがキープ、ノータッチとなりヤマハ逆襲。左サイドへヤマハ展開。#21ヴニバカが速い展開でカントーのディフェンスを突破、中央へあっさりトライ。

29分、キックオフのキャッチャーに対しカントーがチャージ。反則を取られる。

30分、ヤマハ敵陣10m-22mの中間でのラインアウト。しかしヤマハがノットストレートと反則してしまいカントーの15mスクラムとなる。カントーサイドをつくがヤマハディフェンスに守られる。カントーがポイントを連取、グラバーを蹴るがこれはヤマハ取る。しかし前進はできず、ヤマハもパント。パントは長すぎてインゴール、カントーが押さえた。

32分、カントーのドロップアウト。ほぼ中央へのキックをヤマハが中央でクラッシュ、左へ展開する。カントーおいつけずヤマハ#22今利のトライ。

34分、キックオフからヤマハがモール。すごい勢いで押し切り敵陣へ。さらに10mラインでサイドをついたがこれはスローフォワード。

35分、カントー自陣10mでのスクラム。速いパスからカントーが攻めたがボールはヤマハ。しかしスローフォワードでボールを取りきれず、カントー自陣10mラインでのスクラム。そこからカントーも攻めるがほぼ同じ位置でのポイント形成、大きく左へ振るがヤマハの反則。

36分、カントーがペナルティをパント。取りに行ったがヤマハがキャッチ、しかしまたもスローフォワードしてしまう。

37分、カントー敵陣10m付近でのスクラム。一杯に右へ展開してみたが、ヤマハがボールを奪取。出たボールを#14永本が奪取。カントーも必死に追ったがわずかに永本のほうが速かった。トライ。

39分、キックオフはパイルアップしてしまいヤマハボール。スクラムから出たボールはキック、カントーが自陣から持って攻撃する。なかなか自陣でくぎづけになってしまい、ボールをヤマハが奪取する。ヤマハ左へ蹴ってカントーが押さえるもそのまま押し出されてしまう。#21ヴニバカが倒れたまま動かない。ヤマハ14人でのプレーとなる。

40分、ヤマハ敵陣残り10mくらいでのラインアウト。ヤマハこれもモールにするが崩壊、しかもノッコンとしてしまう。

41分、カントー自陣残り10mでのスクラム。ここで谷口さんが時間を止める(ヴニバカの処置)。ヤマハは全員投入済みで、やはり14人でのプレーということになる。スクラムはカントーが抑えたが思い切って展開。しかしパスをインターセプトしたのはヤマハ#22今利。右へ飛び込んでトライ。ゴールは入らなかったがノーサイド。

評価

ヤマハ

前半はよく止めた。ヤマハ相手によく戦ったが、後半はさすがに足が止まった。あたりの強さは負けてなかったといえるものがある。

学生のレベルとしては、これはよくやったほうであろう。

カントー

前半リードされる展開となってしまったが、キックの関係もあっただろう。グラウンドでのカントーの強さにも戸惑いがあったのかもしれない。

後半は風を生かしてのキック戦術がよくはまった。さらに足の止まってきたカントーに思い切った攻撃で攻め、よい感じでのトライを量産した。けが人がやたら出ているのが気になるところだが、来週も期待である。