第44回日本選手権 決勝

東芝ブレイブルーパス-トヨタ自動車ヴェルブリッツ

試合開始2007年2月25日14時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件晴れ、風はほとんどなし
レフリー相田真治

メンバー表

東芝 トヨタ
後半34分 交代→17 高橋寛 1 1 高柳健一
後半22分 交代→16 猪口拓 2 2 高山勝行 後半19分 交代→16
笠井建志 3 3 豊山昌彦 後半35分 交代→17
大野均 4 4 Daniel Quate 後半33分 交代→19
後半26分 交代→18 石澤健太郎 5 5 谷口智昭
渡邉泰憲 6 6 菅原大志
宮下哲朗 7 7 中山義孝
Nicholas Holten 8 8 菊谷崇 後半39分 交代→18
後半22分 交代→20 吉田朋生 9 9 麻田一平
廣瀬俊朗 10 10 Orene Ai'i 後半39分 交代→22
ナタニエラ・オト 11 11 久住辰也
Scott McLeod 12 12 難波英樹
冨岡鉄平 13 13 赤沼源太
吉田大樹 14 14 遠藤幸佑 後半19分 交代→20
立川剛士 15 15 正面健司
後半22分 交代←2 松尾大樹 16 16 中村嘉樹 後半19分 交代←2
後半34分 交代←1 大室歩 17 17 中野真二 後半35分 交代←3
後半26分 交代←5 ルアタンギ・侍バツベイ 18 18 北川俊澄 後半39分 交代←8
望月雄太 19 19 Tamaiti Horua 後半33分 交代←4
後半22分 交代←9 伊藤護 20 20 山本剛 後半19分 交代←14
仙波智裕 21 21 廣瀬佳司
松田努 22 22 Sekove Leawere 後半39分 交代←10

得点経過

前半

東芝 トヨタ
3分 PG失敗0-0
5分 DG失敗0-0
6分 PG成功0-3
8分 T#5石澤健太郎 G失敗5-3
18分 T#5石澤健太郎 G成功12-3
29分 PG失敗12-3

後半

11分 T#13 赤沼源太 G成功12-10
21分 PG失敗12-10
38分 T#15立川剛士 G成功19-10

合計

1910

ゲーム抄録

前半

東芝が風上(メインからみて左から右)を取り、トヨタがキックオフを蹴って試合開始。

キックオフの蹴り返しはよく伸びた。トヨタ自陣10mでのラインアウト。トヨタとってモールにするが東芝こらえる。外が余っていたトヨタ、端一杯に遠藤を走らせるが#15立川が止める。逆サイドへ振ったトヨタ、しかしここは押し返される。10mから攻めたがボールを落下。しかし相田さんこれを取らずプレー継続。

トヨタ22mへ進入、東芝もこらえるがトヨタ中央からキックパス。これは通らず東芝押さえるが相田さんは東芝のオフサイドを取る。トヨタ、3分PGとしたが#10アイイが失敗。

4分、東芝ドロップアウト。深いキックはトヨタ自陣から。中央を押して22mラインまで侵攻、ここで東芝にオフサイド。さらに左へ回してモール。そこからドロップゴールを狙ったが失敗、相田さんは東芝のコラプシングを取る。トヨタこのペナルティをPGとする。これを決めてトヨタ先行。

7分、東芝キックオフを逆サイド蹴り。これを取った東芝、22mへ入り込む。さらに右残り5mで取ったポイントから逆サイドへワイドに展開。#5石澤が左のディフェンスを破りトライ。

9分、キックオフは東芝けり返して地域をゲイン。トヨタ自陣10mライン付近のラインアウトとなる。トヨタとってモールとして押し返し、10mを越えたがそこで崩壊、千切れた残りが東芝にタッチへ押し出される。

10分、東芝敵陣10mでのラインアウト。ラインアウト中で東芝ノッコン、ゲインはさせずポイントを形成。トヨタ逆サイドへ振ったがタッチへ出される。

11分、東芝敵陣10mラインでのラインアウト。ここは東芝とって15mのサイドを当たる。さらに右へ踏んで東芝敵陣22mを突破。細かいパスをつなぎ残り1mまで来たがパイルでノッコン。

12分、トヨタ自陣5mでのスクラム。トヨタがサイドを攻めたが止め、タッチに逃れようとするがノタッチ。東芝逆サイドへ振り、左でポイントを形成。敵陣での東芝侵攻。中央でクラッシュ、さらに右へ出してモールを形成する。ここは押し切れずアンプレ。

15分、東芝残り5mでのスクラム。サイドを突いたがここは押し返される。さらにサイドを横へ入るがノッコン。トヨタスクラムとなる。トヨタもサイド攻撃からワイド、22mを突破したところで東芝がポイントを作る。トヨタさらに押し返して22mと10mの中間付近で東芝に反則。

17分、トヨタ敵陣ハーフウェイ付近でのラインアウト。東芝がボールを奪ったところでトヨタのディフェンスが早すぎオフサイドに。

17分、東芝敵陣22mでのラインアウト。中央で#12ストーミーからボールがつながり#15立川へ。さらに逆サイドへ振った東芝、中央でのミスマッチから左へ。あまっていた東芝#5石澤がまたも抜けてトライ。今度はゴールも成功。

20分、キックオフを東芝#8ニックが押して蹴り返したがノータッチ。トヨタ#15遠藤がサイドへ走り敵陣へ入るがここで東芝押さえる。トヨタさらに逆サイドへ振るがここでボールをこぼしパイルアップ。しかしここもトヨタがボールを奪取右へ。左サイドを押すトヨタ、中央でできたパイルからモールに組む。サイドを突いて残り8mまで前進。パイルからトヨタがボールを出したところに東芝押し返す。長い攻防になる。

22分、トヨタのゴール前モールが中央へとびこむが東芝#12ストーミーが押さえる。さらにトヨタ右一杯へ振り#14遠藤がサイドラインを走るが東芝#13冨岡がタッチへ押し出した。

23分、東芝自陣5mでのラインアウト。モールに組んで東芝が押す。割れたところで突破を試みたがトヨタに反則。

24分、東芝敵陣ハーフウェイでのラインアウト。ここは取ったが東芝ワイドに展開、しかしパスが右端でつながらずこぼれる。これをトヨタ奪ったのだが反則となる。

25分、東芝敵陣22mでのラインアウト。トヨタこれをうまく手を伸ばし奪取。これをモールに組んだが22mへ返してタッチへ蹴りだす。

27分、東芝敵陣10mでのラインアウト。こんどは東芝キャッチからセンターへ。しかしここで#8ニックが落球、ノッコン。トヨタ自陣10mでのスクラムとなる。トヨタワイドに撤回、左ラインぎわを走って22mまで達する。パイルから右へ出して中央でポイント、さらに右を#14遠藤が走るが22mライン付近でとまる。さらにトヨタがサイドへ振るが東芝に反則。ハイタックルを取られる。トヨタ22mライン上でのPGを選択。しかしアイイなんとはずす。

30分、東芝ドロップアウト。自陣10mからトヨタが回す。敵陣ハーフウェイ中央でポイントができたところで東芝がつぶしたがこんども右へトヨタが回す。しかしハーフウェイライン上右でトヨタがボールを放せず反則。

31分、東芝敵陣22mでのラインアウト。モールにとって東芝が押して22mへ入る。、中央で#12ストーミーが待っていたがこれは#14遠藤が止める。パイルから中央、さらに右へつなぎながら東芝がボールキープ。右端から左へ回して右側でポイントができたがサイド攻撃。結局ボールが放せず反則に。

33分、トヨタ自陣残り30mくらいでのラインアウト。トヨタキャッチしてモールに組む。若干ドライブするが崩れ、千切れた残りがまたもパイルに。さらにノット10mも取られトヨタかなり下げられる。

35分、東芝敵陣残り7mでのラインアウト。モールに組んで中央へ押したがパイル。さらにトヨタボールとなるが22mでトヨタ落球。東芝が拾って左へ振ったが#15立川が止められる。ここでトヨタが無理なタックルをした結果? もみ合いに。相田さんの判定は注意だけで、ずいぶんとポイントを戻して東芝スクラムに。トヨタノッコンを取る。

38分、東芝22mラインでのスクラム。東芝回したがハーフが囲まれてしまい押し下げられる。しかし東芝、そこでもモールを形成、押して22mラインから左へ。右へ返したパスをトヨタがインターセプト。左ラインを走りぬけ敵陣へ入るキックを蹴る。東芝これを取って自陣から回したが中央でポイント、しかもこれがトヨタボールとなりトヨタがタッチへ。うまくボールが転がりタッチが認められる。

40分、東芝自陣残り7mでのラインアウト。東芝とってモールを押し、タッチキックを蹴ってハーフタイムとなる。

後半

REPl A 33min 11 21後半は東芝がキックオフを蹴って試合再開。

トヨタキックオフをモールにしたが崩壊してしまい東芝スクラムに。30秒、東芝敵陣10m-22mの中間でのスクラム。サイドを突いて前進、22mを突破したところでポイントができ中央へ、さらに東芝ラック連取でボールを持つ。22mラインに出たところでモールを組んでドライブ。右に左にとゆさぶりながら残り8mまで前進、中央へ突進したが5mでとまる。さらに右へ振ったが#8ニックが誰もいないところへパス、タッチへ出てしまう。

2分、トヨタ自陣5mでのラインアウト。ここはトヨタ蹴って返したがノータッチ。東芝左サイドで突進、22mでパイルとなる。そこからモールとしたが崩壊、トヨタのディフェンスの前に反則を取られる。トヨタここは敵陣へのキックでピンチ脱出。

3分、トヨタ敵陣10mでのラインアウト。トヨタとってモールに組む。さらに中央でパス、左へ回して攻撃。22mラインまで来たがボールをこぼす。東芝陣地へころがったボールを#15立川がタッチにしてしまう。

5分、トヨタ敵陣22mでのラインアウト。残り5mで来たがパスが大きく振られる。逆サイドでトヨタ#14遠藤を東芝#15立川が押さえターンオーバ。東芝タッチに蹴りだす。

6分、トヨタ敵陣22mでのラインアウト。ラックに崩壊したボールを東芝奪取してタッチへ。ほとんど同じところでのラインアウトとなる。

7分、トヨタ敵陣22mでのラインアウト。トヨタとって中央で#8菊谷がクラッシュ。さらに左へ振ったがゲインなしでポイント形成。このポイントで東芝がボールを奪取、またもタッチへ。粘る。

8分、トヨタ敵陣10m-22mでのラインアウト。トヨタモールに組んで前進。中央方向へ押し出す。22mが見えたところでトヨタ左へ展開。22mへ入り込んで中央へ、左へと回し続けるが前進はできず。トヨタがオフサイドとなってしまう。

9分、東芝自陣10m-22mの中間でのラインアウト。東芝ボールをこぼしてしまいトヨタに押し返される。さらにボールを取られトヨタが攻撃。#15正面がキックしたボールに東芝選手が当たってタッチに。

10分、トヨタ敵陣22mと5mの中間でのラインアウト。トヨタこれも取ってモール、ここはしかし東芝も必死のディフェンス。トヨタ#12難波、#13赤沼が連続クラッシュ。さらに#15正面にボールが渡り、#13赤沼に渡ったボールはトライラインぎりぎりへ。難しい角度のゴールも決まり2点差に。

12分、キックオフはトヨタ#4ケートがとって22mを越える。さらにタッチキックは東芝陣内へ入り込む。

13分、東芝自陣10m付近でのラインアウト。取って中央へ回し、#8ホルテンがクラッシュ。さらに右へ回したが#11オトがノッコン。

14分、トヨタ敵陣ハーフウェイ付近でのスクラム。右中央をいい速度でトヨタが走る。さらに右一杯を走ったが東芝ここもなんとか押し切り、タッチへ押し出す。しかし東芝にハイタックルの反則を取りトヨタボールに。

15分、トヨタ残り5mでスクラムに変える。組みなおし3度、ようやく出たボールをトヨタ中央へラッシュ。さらにラックを連取したトヨタ、モールに汲んで東芝にプレッシャーをかけ、インゴールへ入るがグラウンディングできず。トヨタ#14遠藤がタンカで運び出され#2-#16, #14-#20と交代。

20分、トヨタ敵陣残り5mでのスクラム。サイドを突いたがここは東芝粘る。ラックでターンオーバ、タッチへ蹴りだす。

21分、トヨタ敵陣10mライン付近でのラインアウト。トヨタこれもとって今度は早く回す。中央へきたところで東芝に反則。トヨタ45mくらいのPGとしたがハズレ。

22分、東芝ドロップアウト。東芝ここで#2-#16 #9-#20と入れ替える。少キックで出ようとした東芝、ここは囲まれる。さらにタッチを狙ったキックはノータッチ。トヨタ敵陣で攻撃するが左へ回したパスをノッコン。

24分、東芝自陣10mでのスクラム。東芝回して中央でポイント形成、さらに自陣からも回して攻撃を続ける。トヨタここでオフサイドを取られる。

25分、東芝敵陣10mでのラインアウト。長いラインアウトを東芝キャッチ。逆サイドへ攻撃をひろげたところでトヨタがノッコン、これがインテンショナルと判定されペナルティに。

26分、東芝残り10mでのラインアウト。#5石澤にかえ#18ルアを投入してのラインアウトとなる。これも取って東芝がプッシュ。しかしここはトヨタがターンオーバ。取ってタッチへ蹴りだす。

27分、東芝敵陣22mでのラインアウト。こんどもモールに組んでプッシュ。トヨタもこらえるが崩れるところを東芝さらにプッシュ。しかし出たところでノッコンしてしまい、トヨタがボールを奪取。タッチへ逃れる。

28分、東芝敵陣10m-22mの中間でのラインアウト。東芝とってモールとするがここはあまり押し切れない。割れたモールはラックになり、トヨタがハンドの反則となる。

30分、東芝敵陣残り5mでのラインアウト。近いサイドでのラインアウトだったが、オブストラクションの反則を取られ失敗。

31分、トヨタ自陣ハーフウェイでのラインアウト。短いラインアウトをトヨタとってモールにする。ここはどちらもおしたがトヨタ左へ展開。敵陣10mでポイント、さらに右へ回し中尾うでポイント。拾いあげたボールをトヨタがモールに組みドライブ。10mライン付近から22m近くへ。右へ出して攻撃したが東芝がタッチへ押し出した。

32分、トヨタ#4-#19、#9-#22と入れ替え、ラインアウトは東芝自陣22m。モールから蹴ったところでトヨタに反則、オブストラクションとなる。

34分、東芝自陣ハーフウェイでのラインアウト。ロングラインアウトを東芝取って前進。東芝#1-#16と入れ替え、敵陣まで進入。トヨタに反則となる。

35分、東芝敵陣22mでのラインアウト。トヨタここで#3-#17と入れ替え。東芝モールに組んでドライブ。じっくりとおして残り10mで崩壊。さらに崩れたモールを押しなおしてみたがアンプレ。東芝プッシュでボールを奪取。

36分、東芝敵陣残り7mほどでスクラム。パスが乱れ右側でボールを奪われるがトヨタがノッコン。

37分、東芝敵陣10m-22mの中間でのスクラム。チャネル2くらいを突いたがトヨタ押さえる。東芝さらに中央へ回し、ポイントで時間を書ける。さらに左へ回し、今度はあまった#15立川がトライ。角度のあったゴールだったが成功。

トヨタ#8-#18、#10-#22と入れ替え。ロスタイムは4分。

39分、トヨタキックオフを東芝モールに取る。22mの外側へ押し出してハーフキック。ほぼハーフウェイでトヨタキャッチするが東芝囲む。さらに東芝がターンオーバ、しかしトヨタが手を出してタッチ。

41分、東芝自陣10mでのラインアウト。トヨタこれを奪取。ディフェンスの隙を突いて前進、右隅で突進したが、インゴール直前で東芝が押し出した。

42分、東芝自陣5mでのラインアウト。ここは東芝が押さえたがトヨタも押し返す。ノッコンがあったのはトヨタ。

43分、東芝自陣わずかでのスクラム。サイド攻撃で東芝が反則を取られる。

43分、トヨタPGからタップスタート。東芝ラックを作るがハンド。さらにトヨタが攻撃するがパイル。アンプレとなるがまだトヨタの攻撃が続く。

44分、トヨタ敵陣残り5mでのスクラム。スクラムサイド、ラックサイドをトヨタが必死に攻撃。中央から左一杯へ回したがポイント形成。ラックで#22レアウェレが暴れたりもしたが、トヨタのラストパスは#16中村へ。その中村を東芝#10廣瀬と#12ストーミーが左タッチへ押し出しノーサイド。

評価

東芝

本日はディフェンスの日であった。野人#7宮下の効くタックルが、毎回ながらいいところで効いて、東芝の残り5mを守った。それだけでなく、各所にピンチがあったが、どこも守ったことが勝利につながった。

オフェンスでは#5石澤がいいところにいてラストパスを受けたりしたが、そのパスは#11オトのオフロードパス。オトが非常にいい働きをしたと思う。9人目のフォワードである。

ただ今日はとにかくディフェンスの日であったこともあり反則が山盛り。来季に向けての反省材料にもなるだろう。

トヨタ

今期は強いがもろい印象の強かったトヨタだが、最終戦はディフェンスにも意識の高いプレーができていたように思われる。1トライしか取れなかったのは、東芝ディフェンスも同様にしっかりしていたためだ。

ディフェンスでもいつものトヨタよりかなりしっかりしたものがあったが、#10アイイのキックがいつもより精度が悪く、のりきれなかった。