トップリーグ2006

コカ・コーラウエストレッドスパークス-リコーブラックラムズ

試合開始2006年12月23日12時00分
場所近鉄花園ラグビー場
気象条件はれ、上空はメインからバックへの風
レフリー原田隆司

メンバー表

コーラ リコー
西浦達吉 1 1 中村浩二
日隈慎太郎 2 2 滝沢佳之 前半12分 一時退場
後半7分 交代→16
松尾健 3 3 片岡俊介
三根秀敏 4 4 遠藤哲
後半44分 交代→19 柳竜一郎 5 5 田沼広之 後半21分 交代→18
Wayne Ormond 6 6 相亮太
後半37分 一時退場 岡田佳 7 7 伊藤鐘史
上本茂基 8 8 Scott Robertson 後半26分 交代→19
後半39分 交代→20 森原弘太郎 9 9 後藤崇志 後半29分 交代→20
淵上宗志 10 10 武川正敏
小柳泰貴 11 11 Dean Hall
ニールソン武蓮傳 12 12 河野好光 後半26分 交代→21
後半0分 交代→22 Mark Ranby 13 13 西村圭哉
築城昌拓 14 14 齊藤敦
後半7分 交代→21 菅藤圭 15 15 金沢良
蔵憲治 16 16 岡崎匡秀 後半7分 交代←2
中西光一 17 17 笹倉康義
桑原隆 18 18 Troy Jaques 後半21分 交代←5
後半44分 交代←5 堀田亘 19 19 川上力也 後半26分 交代←8
後半39分 交代←9 竹内恵亮 20 20 春口翼 後半29分 交代←9
後半7分 交代←15 徳住茂久 21 21 Bryce Robins 後半26分 交代←12
後半0分 交代←13 Benjamin Jones 22 22 小吹祐介

得点経過

前半

コーラ リコー
5分 T#2 滝沢佳之 G成功0-7
21分 T#9 後藤崇志 G成功0-14
26分 T#14築城昌拓 G失敗5-14
32分 PG成功8-14
34分 T#12 河野好光 G成功8-21

後半

4分 PG失敗8-21
6分 T#10淵上宗志 G成功15-21
12分 T#5柳竜一郎 G失敗20-21
15分 PG成功23-21
23分 T#6Wayne Ormond G成功30-21
25分 T#22Benjamin Jones G失敗35-21
31分 T#13 西村圭哉 G成功35-28

合計

3528

ゲーム抄録

前半

コーラのキックオフで試合開始。

開始20秒、コーラの反則で、リコー敵陣10mラインでのラインアウト。ここはリコーがモールとし、22mラインまで押したところでつぶれたため逆サイドへ展開して、一杯まで開いたところでノッコン。

3分50秒までかかったファーストスクラムは、結局コーラがコラプシングを取られる。リコー労せずして22mラインの内側でラインアウト。4分、これもモールとして、少し押したところでコーラがモールコラプシング。リコー残り7mでラインアウト、モールがつぶれたところで#10武川が左一杯に飛び込んでトライ。

7分、リコーがキックオフのボールを得てタッチキック。ハーフウェイでコーラのラインアウト。しかしここでコーラ、ボールを取ってポイントが組めず反則。リコーまたも10mラインへ進入。

9分、リコーの敵陣10mラインでのラインアウトはリコーがノッコン。しかしコーラもボールを前進させることが出来ず、ほぼ同じ位置へのタッチキック。リコーにやり直しの機会を与えてしまった。さらにラインアウトで反則。原田レフに注意を受けた。

10分、リコー、敵陣5mでのラインアウト。これもリコー取ったが、今度はコーラが押し返した。ポイントがつぶれたところでリコー展開、中ほどまで来たところでコーラがボールを奪取。22mの外側まで押し返した。12分、ここでリコー#2滝澤にイエローカード。こんどはコーラが敵陣へ進入。しかしラインアウトは取れず、リコースクラムとなる。

14分、リコーが自陣スクラムのサイドを突いて突進。しかしここでリコー反則、コーラさらに前進。22mラインでのラインアウトを得る。しかしコーラ、またもここで反則(アクシデンタルオフサイド)。リコースクラムとなる。

15分、リコースクラムを襲撃したコーラ、ボールを奪取。すぐさま左サイドへ展開するが、一杯に展開したところでリコーのナイスタックル。しかしボールは取れず、コーラがボールを確保、キックパスを出す。これはリコーが拾ってキック、タッチに出てコーラのラインアウトに。

16分のコーラのラインアウトも、コーラ必死の攻撃をリコー防御。ポイントは作らないようにしていたが、結局つぶされて反則。リコーここは自陣22mまで押し返してマイボールのラインアウトとする。

18分、リコー自陣22mでのラインアウト、リコーはまたもモールから#10武川のタッチキック。敵陣10mラインまで入り込む。19分、コーラ自陣ハーフウェイ付近でのラインアウト。これはコーラも取ってモールとして深めのパント。リコーのけり返しはコーラ22mラインへ。コーラここから発進したが10mライン付近でキック合戦となってしまい、コーラがフェアキャッチを取る。

21分、ハーフウェイ付近でのリコーのラインアウト。リコーこれを取って、コーラが襲撃するがボールは取りきれず。逆にディフェンスラインを上げすぎたコーラ、リコー#8ロバートソンにディフェンスを裂かれ、コーラ\#14築城のタックルをかわした#9後藤崇がトライ。

23分、キックオフのけり返しをコーラがノッコン。ハーフウェイ付近でスクラムとなる。リコーここからボールを持って攻めるが22mを目前に反則。コーラ、ハーフウェイでのラインアウトを得る。

25分、コーラのハーフウェイでのラインアウト、ボールが手につかないコーラだったがなんとか押さえてタッチキック。敵陣22mまで入り込む。26分、リコー自陣でのラインアウト。ロングラインアウトとなってしまい、これをこーらがキャッチ。すぐさま逆サイドへ展開。リコーのディフェンスラインが上がってきたがコーラ#14築城が間に合ってトライ。

28分、リコーのキックオフをコーラがキャッチミス。ここを見逃さなかったリコー、ボールを拾って逆襲。リコー#6相がゴールライン1mまで来たが、反則でコーラに逃げられた、と思ったラインアウトはコーラ自陣残り10m。ラインアウトもリコーに襲撃されてしまい、リコースクラムに。

29分、しかしこのスクラムをコーラが奪取。押し返したがポイントで逆襲されリコーのボール。しかしポイントからボールが出せず、コーラがタッチキックへ逃げる。ピンチは脱出といったところ。

31分、リコーのハーフウェイでのラインアウト、リコーが押されてしまい自陣10mでノッコン。スクラムとなるが、なんとスクラム中でリコーが反則。コーラPGを選択。40mはあるキックを成功させる。

34分、キックオフを取ったコーラ#6オーモンドのパスをリコー\#8ロバートソンがインターセプト。さすがにすぐタックルを受けるが、ボールはつながり逆サイドへ。#12河野がディフェンスラインをついてトライ。

36分、コーラのキックオフに対しリコーのけり返しは敵陣10mへ。コーラ自陣でのラインアウトから展開しようとするがスローフォワードで、リコーが敵陣でのスクラムを得る。37分、リコーのスクラムをまたもコーラがプッシュ。ボールを奪取、スクラムを取り返す。

38分、コーラ自陣でのスクラムから#10淵上がタッチへ。敵陣22m近くまで持ち出す。リコー自陣22mでのラインアウトは、リコーがキャッチしてモールを組むが、コーラがモールを回してしまいオフサイド。リコーしかしタッチキックが短く、自陣でのラインアウトになってしまう。

39分、ほぼハーフウェイでのリコーのラインアウト、コーラがこれに上からかぶさってしまいバージング。今度は#10武川も長いキックで敵陣22mラインへ。

40分、リコーの敵陣22mでのラインアウト。これがノットストレートだったところでハーフタイム。

後半

後半はリコーのキックオフで試合開始。

いきなりコーラの長いタッチでリコーが敵陣へ進入。リコー自陣でのラインアウトからタッチキックとし、コーラがハーフウェイでのラインアウトを得る。2分、コーラここから攻めたが敵陣22mラインでノッコン。

3分、リコーの自陣22mでのスクラム。コーラここもスクラムプッシュ、リコーの反則にしてしまう。コーラPGを選択。失敗したのでリコーはドロップアウトを選択。

ドロップアウトの蹴り合いはコーラがもって攻撃を選択するがハーフウェイ付近でノッコン。5分、リコーがスクラムから出したボールをコーラ#10淵上がインターセプト。浅くなっていたリコーのラインの裏に抜けそのまま独走トライ。

8分、コーラが持ち込んでパント、リコーがけり返すの繰り返しからタッチ。コーラが敵陣10mラインでのラインアウトから展開。コーラまたもキックパスを狙い、こんどは#21徳住がキャッチ。うまく中央へ飛び込んだ、と思ったら原田さんがノッコンのコール。しかしスクラムから出たボールにコーラ#12武蓮傳がナイスプレッシャー。コーラ敵陣5mでのラインアウトを得る。

12分、コーラ敵陣5mでのラインアウト。コーラ迷わずモールをプッシュ。ついに5mを越えて押し込みトライ。

14分、リコーがけり返し合戦からタッチを狙うがこれがダイレクト。コーラ敵陣10m付近でラインアウトを得る。ここからコーラが展開したところ、リコーが反則。またもコーラ、40mくらいはあろうかというPGを選択。これを成功させ、この試合初のリードを取る。

17分、ハーフウェイ付近でのリコーのラインアウトはノットストレート。コーラのスクラムとなる。コーラすぐ展開したが、ノッコンを取られリコーのスクラムに。18分、リコーは、ハーフウェイ付近でのスクラムから展開するもコーラにボールを奪われる。しかしコーラはコーラでノッコン。さらにスクラムが潰れコーラボールに変わるなど、へたり気味のプレーが連続。

20分、コーラのスクラムからいったんナローサイド、逆サイドと広く展開。リコーがハイタックルの反則をおかしてしまい、コーラ敵陣7m位でのラインアウトとなる。21分ラインアウトからコーラがモール。これはリコー受けずつぶすが、コーラもう一度モールを建て直し、そのサイドを突いて#6オーモンドが突進。リコー2人のディフェンスもオーモンドを止められずトライ。

25分。リコーの反則でコーラ敵陣10mでのラインアウトから一気に展開。リコーディフェンスをよせつけず左隅へ#22ジョーンズがトライ。これは速かった。

27分、キックオフのボールを取ったコーラ、タッチは浅く自陣どまり。28分、リコー敵陣10mでのラインアウト。リコーこれをモールとし、コーラの反則を誘い出す。

30分、リコー敵陣残り10mくらいのラインアウト。リコーこれをモールとし、激しいドライブでコーラのコラプシングを誘い出す。リコーさらに奥でのラインアウト。今度はコーラが押したがリコーも攻撃。ボールがなんとかつながり、中央へ展開したところでリコー#13西村が突破、トライ。

33分、リコーのハイパントをコーラキャッチ。プレッシャーをかけるがリコーがポイントでボールを奪取。ハーフ(#20春口)タッチライン一杯へキック、敵陣22mラインへ入り込む。

34分、コーラ自陣22mでのラインアウト。リコーが反則を犯してしまいコーラのラインアウトとなるが、これがコーラ取れず。リコーが逆襲、さらにタッチへ押し出そうとしたコーラ、自分がタッチに出してしまいリコーのラインアウトに。

36分、リコー敵陣残り7mでのラインアウト。これをリコーがモールとして激しくプッシュ。コーラの反則を誘い出す。この反則がプロフェッショナルとみなされコーラ#7岡田がシンビン。

38分、リコー、敵陣5mラインアウト。ここもリコーがモールとし、巧妙に回したところで崩壊。リコー右へ左へとボールを回すが、コーラのディフェンスが押し下げる。結局中央付近でリコーがノッコン。コーラ、タッチへ逃れる。

40分、リコー敵陣22mライン上でのラインアウト。ここもリコーはボールを持って攻めるしかなく、またもコーラディフェンスの前にノッコン。さらにコーラ、ライン際をあがってリコーのゴール前まで侵入。リコーなんとインゴールでボールを回さざるを得ない事態になり、結局デッドボールラインを割ってコーラのスクラムに。

43分、コーラの5mスクラム。すぐにラックとなり、ラックサイドを突くがここはコーラがノッコン。スクラムからリコーも攻めるが、コーラが中央で逆襲。ボールを奪取。敵陣22mからコーラがボールを持って攻める格好になったが、またもゴールライン直前でノッコン。これでノーサイドとなる。

評価

コーラ

オフェンスでもぎ取った試合。ディフェンスという面では、モールのプレッシャーに負ける場面もあったが、結果的にはオフェンスがすべてをカバーした。

しかしそのオフェンスもオプションは少なめ、モールをドライブしたのは1回きり、キックパスからのオプションのパターンばかり。これは読まれるとつらいぞ? 淵上の才能はすばらしいと思うが。

リコー

負けは負けだが、勝っていてもおかしくなかった試合。とくに前半の勢いをうまく生かせていれば、逃げ切りも十分あっただろう。こちらもディフェンスがちょっとおかしかったかな。

オフェンスがザルだったのは明らかに敗因ではある。バックスの速度には定評があるが、速いだけではダメで、やはり立ってプレーできるようにならないとトップでは通用しないようだ。