トップリーグ2006

東芝ブレイブルーパス-トヨタ自動車ヴェルブリッツ

試合開始2006年12月23日14時00分
場所近鉄花園ラグビー場
気象条件晴れ、風はメインからバックへ
レフリー下井真介

メンバー表

東芝 トヨタ
高橋寛 1 1 高柳健一
後半35分 交代→16 猪口拓 2 2 高山勝行 後半24分 交代→16
笠井建志 3 3 山本正人 後半17分 交代→17
大野均 4 4 Daniel Quate
ルアタンギ・侍バツベイ 5 5 谷口智昭
後半36分 交代→18 渡邉泰憲 6 6 菅原大志
中居智昭 7 7 中山義孝
Nicholas Holten 8 8 Tamaiti Horua 後半24分 交代→19
後半27分 交代→20 吉田朋生 9 9 麻田一平
廣瀬俊朗 10 10 廣瀬佳司
ナタニエラ・オト 11 11 久住辰也
Scott McLeod 12 12 難波英樹
冨岡鉄平 13 13 赤沼源太
吉田大樹 14 14 内藤慎平 後半0分 交代→21
立川剛士 15 15 正面健司 後半24分 交代→22
後半35分 交代←2 塚越賢 16 16 中村嘉樹 後半24分 交代←2
久保知大 17 17 中野真二 後半17分 交代←3
後半36分 交代←6 石澤健太郎 18 18 北川俊澄
宮下哲朗 19 19 菊谷崇 後半24分 交代←8
後半27分 交代←9 伊藤護 20 20 山本剛
Sione Kepu 21 21 遠藤幸佑 後半0分 交代←14
仙波智裕 22 22 Orene Ai'i 後半24分 交代←15

得点経過

前半

東芝 トヨタ
9分 T#2 高山勝行 G成功0-7
18分 T#15立川剛士 G失敗5-7
21分 PG成功5-10
27分 T#5ルアタンギ・侍バツベイ G成功12-10
31分 T#12Scott McLeod G成功19-10

後半

9分 PG成功19-13
21分 T#5ルアタンギ・侍バツベイ G失敗24-13
33分 PG成功27-13
38分 T#13 赤沼源太 G失敗27-18
42分 T#13冨岡鉄平 G成功34-18

合計

3418

ゲーム抄録

前半

トヨタが左に陣を取ってキックオフ。

40秒、トヨタ敵陣22mでのラインアウトを東芝キャッチ。#12マクラウドなどの侵攻で敵陣22mの内側へ入り込み、タップでパスしようとするが残り1mで押さえたところ反則。22mへ戻される。

1分、トヨタ自陣22mでのラインアウト。ここはタッチキックで敵陣へ入る。2分、東芝自陣10mでラインアウト。東芝ここはボールを持って前進、敵陣10mのところでトヨタの反則を誘い出しタップスタート。しかし、トヨタの圧力がまさり10mラインまで戻されたところでノッコン。

4分、トヨタ自陣10mでスクラム。#10廣瀬はノータッチキック、東芝がキャッチ。これも東芝攻め込んで22mを突破するも、ポイントでボールを奪取されトヨタがタッチキック。

6分、東芝ハーフウェイ付近でのラインアウト。回したがポイントでトヨタがボールを奪取。そのまま攻め込んで22mの内側へ、東芝パントを取るもタッチキックにけりだす。ラインアウトは東芝がプレッシャーをかけ、すこし押し返すがボールはトヨタ。そのままトヨタが右へ回すが、右一杯でノッコン。

7分、東芝自陣22mでのスクラム。ボールは取れたが、トヨタのプレッシャーにキックは浅め。22mライン外でのトヨタ、ラインアウトからポイントを作らず早く回す。粘りつづけたトヨタ、9分#2高山が左へ飛び込んでトライ。

11分、キックオフけり返しのキックがタッチを割り、東芝ハーフウェイでのラインアウト。これをトヨタ奪取。しかし中央付近で逆サイドに回したところ#13赤沼に東芝がヒット。ノッコンを誘い出す。

13分の東芝の攻撃は、ボールがとまってしまいトヨタボールのスクラムとなる。トヨタ自陣10mでのスクラム。これに対し東芝プレッシャーをかけるが、反則を犯してしまい、しかも乱闘騒ぎに。

15分、トヨタハーフウェイでのラインアウトを東芝奪取。モールとしてさらに押し出す。そこにトヨタ回り込んでしまい反則。16分、東芝敵陣10mと22mの中間付近でのラインアウトをモールとし、ボールを確保。右へ回して一度モールとしたがこれは押し切れず、もう一度左へ展開。最後は#15立川の走力でトライ。

20分。キックオフのけり返しが浅く、トヨタ敵陣10mでのラインアウト。これに東芝引き倒しの反則、トヨタPGとする。こんなのもなんなく決める、「世界のスーパーブーツ」#10廣瀬。

22分、キックオフのボールを#15正面がナイスラン。自陣10mまで押し出したが、なんと#10廣瀬がノッコン。東芝スクラム。東芝ここから攻め、22mへ入ったところでトヨタに反則。東芝5mラインアウトを得る。24分、東芝ラインアウトからモールを押したが崩れ、#6渡邉がトライラインを破るもトヨタが手に絡んでいてノッコン。25分、しかしこのスクラムに東芝からんでいったんボールをとめ、トヨタのタッチキックを#14吉田大樹がタッチにださせず、逆に攻撃。トヨタの反則を誘い出す。

26分、敵陣22m付近での東芝ラインアウト。モールとして押し続け、トヨタのモールでの反則を誘い出し、もう一度5mラインアウトとする。モールが一度切れるが組みなおしたモールはこんどこそ立ち上げ、#5ルアタンギを飛び出させる。そのままルアが飛び込むかと思いきや、たったまま中央方向へ移動。トヨタ#10廣瀬をふっ飛ばしたりして左側へトライ。

30分、キックオフのボールを東芝タッチを狙うがこれはトヨタがキャッチ。トヨタ#15正面がもらって前進、モールの核になるが、この中で東芝がターンオーバー。東芝#5ルアタンギがディフェンスを突き破り、あとのフォローから#12ストーミーが左サイドを抜け出してトライ。

32分、キックオフをとった東芝#15立川が誰に当たったかわからないようなキックをしてしまい、自らとって再度タッチ。これは浅すぎで、トヨタに自陣22mへの進入を許す。33分、トヨタ自動車の敵陣でのラインアウト、これがノットストレートになり東芝スクラムに。ここは東芝キックでピンチを逃れるが、トヨタも逆襲。しかし攻め手がなくパント、東芝再逆襲でハーフウェイまできたところで東芝ノッコン。

35分、トヨタのハーフウェイでのスクラム。すばやく展開、東芝の反則を誘い出す。#13赤沼のキックは敵陣残り10m位のところでのラインアウト。36分、トヨタはこのラインアウトを取ってモールとする。これは押し切れず左へ展開、中央付近でもう一度ポイントとする。なおもトヨタボールを持って展開を試みるが、ポイントからこぼれだしたボールに東芝プレッシャー。しかしトヨタの左端が機能、残り5mへ進入したが、タッチへ押し出される。東芝もトヨタも激しいプレーで足がつる選手が少し出てきた。

38分、東芝自陣5mでのラインアウト。ラインアウトモールとした東芝、インゴールからタッチキックとするが22mを出られずピンチ継続。39分、トヨタのラインアウトモールから外へ振り、逆サイドまで持ってきたところでポイントを作るがまたも東芝のプレッシャーで22mラインへ下がる。しかしこぼれたボールに東芝触れてしまったところでタッチ。

40分、トヨタ敵陣5mでのラインアウト。ボールが拾えずつぶれたが、トヨタうまく持ち出してインゴールへ。しかしこれを東芝抑えてキャリバック。ドロップアウトとする。

41分、東芝ドロップアウトはハーフウェイを越えてけりこみ、トヨタが抱えて前進したが、ハーフウェイまで戻したところでノッコン。ハーフタイムとなる。

後半

後半は東芝のキックオフで試合再開。

0分、トヨタがキックオフのボールをうまくキャリー。10mラインまで来たがここでノッコン、しかし東芝スクラムで反則。トヨタ敵陣へ進入。

1分、トヨタ敵陣10m付近でラインアウト。すばやく回す。センター付近でポイントを作ったがこれを東芝がターンオーバー。東芝ボールのスクラムとなる。左へ回すと#13冨岡が取り損ねたが#15立川がカバー。トヨタにけりださせてラインアウト。

3分、東芝敵陣10mでラインアウト。回していったが逆サイドでモールが組まれてしまい、さらにコラプシングを取られペナルティ。

4分。トヨタ敵陣10mと22mの間でのラインアウト。東芝これをタップで奪取。ラックとなったところでトヨタが反則。

5分、東芝敵陣10mライン上でラインアウト。中央へ展開してポイントが出来たが、ボールが出せずトヨタボールのスクラムに変えられる。トヨタここはボールを持って攻め、ハーフウェイまで来たがここもとめられ東芝ボールに。互いにプレッシャーの掛け合いが続く。7分もラック崩壊で東芝。7分、自陣10mライン上で東芝スローフォワード。通っていてもつかまっていた。

8分、トヨタ敵陣10mでのスクラム。トヨタ22mへ入り込んだところで、東芝#5ルアタンギの腕に当てて落とすという高等戦術でスクラムを奪取、東芝しかもこれをつぶしてしまいペナルティ。トヨタこの距離ならPGという選択、成功。

10分。キックオフから蹴り合い、パントの繰り返しで東芝が蹴ったボールがタッチ。ハーフウェイでトヨタのラインアウトとなる。ショートラインアウトからトヨタ侵攻、10m付近でポイントが出来たが、その直後ノッコン。

13分、東芝自陣10mラインでのスクラム。トヨタがアーリエンゲージで東芝にフリーキックとなる。東芝タップスタートするが逆サイドでノッコン、15分、トヨタの敵陣10mラインでのスクラムとなる。トヨタも逆サイドへ振ったが、なんとトヨタもノッコンとおたがいつきあいのいい状態に。

16分、東芝敵陣10mライン上でのスクラム。左へ振って中央でポイントをつくって回していたらトヨタが反則。東芝タッチへ蹴って、敵陣でのラインアウトを得る。東芝早く回して攻めたが残り5mでノッコン。トヨタこれをタッチキック、しかも敵陣まで蹴ってピンチ脱出。

18分、東芝自陣10mラインでのラインアウト。これはしっかりキャッチしてモールとした東芝、ナローサイドを突いたがこれはとめられ、逆サイドへ展開。ここから前進した東芝、バックスもフォワードも前進し続け、残り2mまで来たところで少し戻ったところのトヨタのペナルティを取られた。

20分、東芝敵陣残り8mくらいのところでのラインアウト。モールに組むがトヨタなかなか受けきれず崩壊、したところでモールトライ。

23分、トヨタ浅いキックオフ。10mラインを超えたところでトヨタがラッシュするもノッコン、10mライン付近での東芝スクラムとなる。

25分、東芝ポイントから攻めて前進。トヨタのノッコンを誘い出し、敵陣でのセットプレーとなる。そこから回して攻撃するも攻め手切れ、タッチへけり出した。

26分、トヨタ自陣残り10m位のところでラインアウト。トヨタ、パントをうまくキャッチして前進。ハーフウェイまで出たところで、東芝がパントしてしまいタッチ。トヨタにボールを譲ってしまう。トヨタ、ラインアウトから前進、またもパントをあげる。

28分、東芝パントがタッチ、トヨタこれをクイックスロー。さらに東芝の反則から前進、敵陣22mへ入り込む。東芝もここでディフェンスするが29分、トヨタが反則を取られストップ。

30分、東芝自陣10mでのラインアウト。モールに組んだが前進はほとんどない。サイドを突いて前進、22mライン上で#13冨岡がパント。これはトヨタとって、一度センターでつかまるものの前進した。しかし22mまで返したところでトヨタ反則。

32分、東芝敵陣残り15mでのラインアウト。東芝やっぱりモールに組むがこれは前進できず、こぼれたところでポイントに。しかしトヨタここも反則を犯してしまい今度は東芝PGとして成功させる。

35分、東芝、キックオフからタッチへ蹴ったボールがダイレクト。トヨタ敵陣10mでのラインアウトを得る。トヨタ回して前進。ラインの速さを見せる。ここで東芝ペナルティを犯してしまうが、トヨタこれをスクラムに変える。

37分、トヨタ敵陣22mでのスクラム。早く回したところで5mまで前進、東芝ペナルティとなる。さらに東芝ペナルティを重ねてしまい、トヨタが左側へ#11久住を飛び込ませてトライ。#10廣瀬ここでG失敗。

39分、キックオフの競り合いをトヨタがボール奪取。グラウンドを広く使って回し、ハーフウェイまで来たがトヨタに反則。

40分、東芝敵陣22mでのラインアウト。キャッチしてすぐモールを組もうとするがどうも崩れてしまいうまく押し切れない。ゆっくりと出したボールは中央付近で一度ポイントとなり、東芝押さえたがパントがタッチを割る。

42分、トヨタ自陣からクイックスロー。しかしこれを東芝奪取。逆サイドで待っていた#13冨岡につながり、なぜか下井レフを巻き込んで中央へトライ。トヨタに引導を渡してノーサイドとなった。

評価

東芝

殴り合いなら負けない東芝。本日はディフェンスをがんばった勝利であろう。オフェンスでは前半取れそうなところで取れなかったところもあったが、そのあとのトヨタチャンスを我慢したのが勝ちにつながった。

本日はキックが比較的良かった。パントのひろい方ひとつでうまくいく例であろう。

トヨタ

こういう殴り合いには意外と弱いトヨタ。NECとは違って、ディフェンスにやや弱点があるようで、ボールが支配できないと得点が取りきれない。

被タックルという点で、#15正面は新人とは思えない強さを見せた。#13赤沼はキックがいいがあんまりタックルに強くなかったようで、ところどころポイントになっていた。#22アイイの投入は遅かったかも。

最後の被トライは、かなり不用意な状態から始めてしまったのが災いしたもので、チャンスを考えたら仕方ないかもしれないが、やっぱり落ち着いたほうがよかった、という結論になりそうである。