トップリーグ2006 マイクロソフトカップファイナル

東芝ブレイブルーパ-サントリーサンゴリアス

試合開始2007年2月4日12時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件はれ、風強し
レフリー岩下眞一

メンバー表

東芝 サントリー
高橋寛 1 1 長谷川慎 後半28分 交代→17
前半26分 交代→16 後半46分 交代←16 松尾大樹 2 2 青木佑輔
笠井建志 3 3 池谷陽輔
大野均 4 4 早野貴大
後半18分 一時退場 ルアタンギ・侍バツベイ 5 5 Simon Maling 後半39分 交代→19
渡邉泰憲 6 6 篠塚公史
後半19分 交代→19 中居智昭 7 7 元申騎
後半38分 交代→18 Nicholas Holten 8 8 佐々木隆道 前半20分 交代→18
後半5分 交代→18
後半30分 交代→20 吉田朋生 9 9 田中澄憲
廣瀬俊朗 10 10 菅藤心
後半38分 交代→21 ナタニエラ・オト 11 11 小野澤宏時
Scott McLeod 12 12 Ryan Nicholas
冨岡鉄平 13 13 平浩二 後半23分 交代→20
吉田大樹 14 14 栗原徹
立川剛士 15 15 有賀剛
後半46分 交代→2 前半26分 交代←2 猪口拓 16 16 山岡俊
久保知大 17 17 前田航平 後半28分 交代←1
後半38分 交代←8 石澤健太郎 18 18 大久保尚哉 前半20分 交代←8後半5分 交代←8
後半19分 交代←7 宮下哲朗 19 19 Brent Thompson 後半39分 交代←5
後半30分 交代←9 伊藤護 20 20 沢木敬介 後半23分 交代←13
後半38分 交代←11 Sione Kepu 21 21 野村直矢
松田努 22 22 Jack Tarrant

得点経過

前半

東芝 サントリー
3分 PG失敗0-0
25分 T#14 栗原徹 G成功0-7
31分 T#12Scott McLeod G成功7-7

後半

10分 PG成功7-10
36分 PG成功7-13
45分 T#6渡邉泰憲 G成功14-13

合計

1413

ゲーム抄録

前半

東芝が風上をとって、サントリーがキックオフを蹴って試合開始。

キックオフリターンは風に乗ってぐんぐん伸びた。最初のタッチはサントリー自陣残り20mでのラインアウト。これは長かったがサントリーがキャッチ。そこでモールができサントリー押し込む。東芝オフサイドでペナルティとなる。

1分、サントリー自陣残り30mでのラインアウト。サントリーとってモール、一度5m押し込み、回ったところで展開。すぐにキックとして、これを東芝キャッチ。東芝ラックから回したが#11オトが落球。ノッコン。

2分、サントリー敵陣残り35mくらいでのスクラム。ファーストスクラムはサントリー押し気味、左サイドを突いて侵攻するが東芝コラプシング。サントリーPGを選択、しかしこれが右にそれ東芝ドロップアウトを選択。

4分、東芝ドロップアウトから蹴りこんでサントリーが自陣でキック。蹴りあいとなったがサントリー#15有賀がタッチ際で取り損ねタッチ。

5分、東芝敵陣22mでのラインアウト。サントリーが奪取、しかしタッチへ蹴りだしてしまって風に戻される。実質やり直し。東芝敵陣残り30mでのラインアウトを今度は東芝奪取、フォワードで前進。中央でセンターがクラッシュ、右へ回してポイントを作ったところでサントリーが反則。

6分、東芝残り10mでのラインアウト。ノットストレートとなってしまいサントリーのスクラムとなる。7分、サントリー自陣スクラムを東芝反則、FKからサントリーがクイックスタート。#13平らが右端を前進、#10菅藤とつないでボールはサントリー。22mを目前にした攻防からサントリー前進。残り10mまで前進したたが、右端一杯でタッチに押し出される。

9分、東芝自陣7mでのラインアウト。東芝キャッチしてモールに組み上げるが崩壊。ここは東芝タッチに逃れる。

10分、サントリー敵陣ハーフウェイでのラインアウト。サントリーきっちりとって左へ。しかしスローフォワードで失敗となる。

11分、東芝自陣10mでのスクラム。これもサントリーが押し気味だが東芝がバックスへ回す。センタークラッシュでサントリーが飛び込んでしまい反則。

12分、東芝敵陣残り35mでのラインアウト。長めのラインアウトを東芝#8ニックがノッコン。ラインアウト中なので15mスクラムとなる。サントリー自陣35mでのスクラム、ボールはサントリーだがタッチへ。

13分、東芝敵陣35mでのラインアウト。一度中央へ、さらに左へと振るが、ポイントでサントリーがボールを奪取。サントリー敵陣へ進入、10mラインでの攻防をナローサイドへ振ったがここはパイルとなる。さらにサントリーがつくったポイントで今度は東芝奪取。中央へ転がしたところで東芝#11オトがキックパス。これにチャージしたサントリー#10菅藤とともに転がってしまう。ボールはタッチへ。

16分、サントリーハーフウェイラインでのラインアウト。ほぼ中央でのポイントからモールを形成、サントリーがドライブする。しかし前に出すぎてちぎれてしまいオブストラクションを取られる。

17分、東芝敵陣22mでのラインアウト。キャッチから速いスイープ、中央でのクラッシュから東芝ボールを回して前進するがゲインはなかなか取れない。あせりからか、22m上で結局ボールをこぼしてしまう。

18分、サントリー自陣22mラインでのスクラム。これから出たボールに岩下さんが触れてしまい20分、スクラムアゲイン。サントリータッチへ逃れる。

20分、東芝敵陣ハーフウェイでのラインアウト。サントリー#8佐々木がここで足を痛めて交代。ボールは東芝が奪取、前進したところでサントリーがハンドの反則。

22分、東芝敵陣20mでのラインアウト。これはサントリーがタップ、ポイントを形成するがパントはノータッチ、東芝これを22mラインでキャッチ。これにサントリーが襲い掛かったが反則を犯してしまう。

23分、東芝敵陣5mでのラインアウト。またもサントリーが取ってタッチへ蹴りだす。

24分、東芝敵陣22mでのラインアウト。これは東芝キャッチ。モールとするが左タッチラインぎりぎりに振られる。さらに東芝ボールを左へ展開するが、サントリー#14栗原がインターセプト。東芝ディフェンスだれもおいつけず、80m独走トライ。

26分、キックオフを取ったサントリーに東芝ラッシュ。ボールを奪い取る。できたポイントでストップするが東芝ボールに。さらに右側で展開したところでサントリーに反則、岩下さんが注意を与えた。

28分、東芝敵陣残り15mでのラインアウト。長いラインアウトはノットストレート、これも東芝とれなかった。サントリーのスクラムと変わり、サントリーはタッチキックを蹴る。

29分、東芝敵陣10mでのラインアウト、東芝キャッチ、中央でクラッシュするがこれはサントリーが奪取、サントリーが蹴り返すが東芝も蹴り返し、蹴りあいはサントリーがタッチへ。

30分、東芝敵陣22mでのラインアウト。これもノットストレートになりサントリーのスクラムとなる。ここはサントリー蹴ってきたがノータッチ、東芝が右へ振る。ここで継続できた東芝、最後は#12ストーミーが中央を突破、トライ。

33分、キックオフはワンバウンドでタッチ、東芝自陣22mでのラインアウトとなる。せったところでサントリーがボールを奪取。しかしすぐ崩壊してしまいボールはサントリーに。

34分、サントリー敵陣22mでのスクラム。右へ1枚で突破、22mを突破する。早めに出た東芝、しかし反則となり下げられる。さらにサントリー#11小野澤のランに東芝ポイントで反則、サントリーこれにスクラム選択。

35分、サントリー敵陣7mでのスクラム。サイドをついたがここは東芝止める。サントリー中央へ回すがここも止めサントリーのノッコンを誘い出す。

37分、東芝自陣5mでのスクラム。東芝逆サイドへキック、これがロングタッチとなる。ピンチ脱出。

38分、サントリー自陣10mでのラインアウト。これはサントリーがキャッチ、中央で#12ニコラスがクラッシュ。#6篠塚がこぼしたボールに#15有賀が追いつく。有賀のハイパントは東芝が取り22mへ。さらに中央で#12ストーミーがキックパスを出すがこれに#15立川がおいつきポイントを形成。ここで東芝ボールを出せずペナルティに。立川ラフプレーで注意を受ける。

40分、サントリー自陣22mでのラインアウト。モールとなってサントリー押す。ここはサントリータッチへ逃れるがキックは短め。

41分、東芝敵陣10mラインでのラインアウト。東芝右一杯へ振ったが22mラインでパスがつながらずノッコン。

42分、サントリー自陣22mでのスクラム。ここはサントリー、タッチへ蹴りだす。東芝残り30mのラインアウト、東芝右サイドでクラッシュ。東芝ボールをキープ、ポイントでの工房となる。#6ルアタンギが上から突破するがオフサイドとなる。サントリーがタッチに蹴りだしてハーフタイム。

後半

後半は東芝のキックオフで試合再開。しかしダイレクトタッチでセンタースクラムとなる。サントリーの突進で東芝ブレイクされるも、逆サイドへ振ったところでノッコン。

1分、東芝自陣10mラインでのスクラム。パスが乱れポイントとなったところでノッコンを取られる。サントリー敵陣残り35mでのスクラム、右ナローをサントリーが突いて全身。22mでのポイント奪取からサントリー押すが残り10mでスローフォワード。

2分、東芝自陣残り10mでのスクラム。スクラム再度を突くがこれはラック、東芝ボールを何とかキープからタッチへ逃れる。

4分、サントリー敵陣22mでのラインアウト。#14栗原がここでアウト。モールを形成して押し切るが東芝オフサイド。さらに左サイドへ展開して東芝が押し出したがオフサイドを取る。

6分、サントリー残り5mでのラインアウト。サントリーとってモールとするが東芝こらえる。サントリー、ラックにだしたがこれも東芝押さえ、ボールが停止。サントリースクラムとなる。

7分、サントリー残り5mでのスクラム。右でクラッシュ、さらに左いっぱいへ。そこでできたポイントで東芝オーバー。しかしタッチキックは浅めになってしまう。

9分、サントリー敵陣残り10mでラインアウト。モールをなんとか押そうとするがここも東芝こらえる。中央へパス、クラッシュでできたポイントで東芝がボールをターンオーバ、と見えたところで岩下さんの笛。判定は東芝のオブストラクション、サントリーPGに変えて成功させる。

11分、キックオフに東芝ラッシュ。サントリーのノッコンを誘い出す。12分、東芝敵陣22mでのスクラム。センターが逆サイドでクラッシュ、さらに順目で前進するがノッコン。

12分、サントリー自陣残り30mでのスクラム。キックにたいして#15立川が前進するがここはとめられる。東芝ボール。

13分、東芝自陣10mでのスクラム。うまく東芝がクラッシュで前進、サントリーの反則を誘い出す。ここでサントリー、何人か足がつってしまい時間がとられる。

15分、東芝敵陣残り30mでのラインアウト。東芝このラインアウトはとった。サントリーがオブストラクションの反則を犯す。東芝敵陣残り15mでのラインアウト。とってモールとする。中央でいったんクラッシュ、順目でパス。しかしこぼれたボールにサントリーが反応。いっきに敵陣へ入り込む。

18分、東芝#15立川にサントリーが襲い掛かる。ここでターンオーバしたサントリー、左サイドへ攻めたところで東芝にハイタックルの反則。#5ルアタンギがシンビンとなる。さらに#7中居がアウト。

20分、サントリーこの反則をスクラムにする。敵陣5mでのスクラム、ここもなかなかうまく組めない。21分、ここもサントリーが展開攻撃するがなんとか押さえる。サントリーの突破もなんとか東芝がとめた。

22分、サントリー敵陣残り5mでのスクラムアゲイン。サントリー#13平アウト、#20沢木を投入。

スクラムからでたボールを必死に守りつづけたサントリー、しかし東芝も、ゴールライン一杯でのタックルで守り続けた。さらに東芝がインターセプト、サントリーの反則を誘い出す。

25分、東芝自陣10mでのラインアウト。これはかなり長かったが東芝キャッチ。左サイドへ出たボールを東芝ポイントにしたが#15立川がキック。ロングボールとなり敵陣でタッチとなる。

26分、サントリー自陣残り30mでのラインアウト。サントリーこれは取ってモール。押し込んでドライブ、22mでキックをタッチにする。今度は東芝の敵陣10mラインでのラインアウト、東芝タップですこし前に走る。さらに中央で#12ストーミーが囲まれてしまい山なりのパス。これを#15立川がノッコンしてしまう。

28分、サントリー自陣残り30mでのスクラム。これをサントリーがキックにするがノータッチ、東芝もパントで返すが、サントリーがキャッチするもタッチへ蹴る。しかしこれがノータッチになり東芝ハイパント、サントリーがうばいにいくが反則。アドバンテージで東芝前進、しかしまたもハーフウェイでサントリーの襲撃にあいノッコン。

30分、サントリーハーフウェイでのスクラム、サントリーがキックするがダイレクトタッチ。ラインアウトはサントリー陣内10mラインとなる。しかしポイントでサントリーがプッシュ、かなり下げられる。前がかりのサントリーに東芝も逆襲、#12ストーミーなどが残り10mまで前進するがノッコン。

32分、サントリー自陣残り10mでのスクラム。ここで東芝#20伊藤がオフサイド。33分、サントリー自陣残り30mでのラインアウトとなる。サントリーこれもキャッチ、モールに組んで押し出す。しかしサントリー、攻め手に欠けタッチへ蹴る。

34分、東芝ハーフウェイでのラインアウト。サントリーこれも奪取、キックで前進。東芝#15立川の蹴り返しはノータッチでサントリーが持って前進。バックラインで中央クラッシュ、これに東芝がオフサイド、反則となる。サントリーこれをPGにする。

37分、キックオフをサントリーがモールにして前進。蹴り返しはしかしノータッチ、東芝持って攻めるが#21ケプがタックルを受ける。しかしサントリーがノッコン。

39分、東芝ハーフウェイでのスクラム。もってうまく前進、敵陣22mまで入り込む。サントリーここでオフサイド。東芝タップキックでスタート。中央へラックを作る。ナローへできたラインにサントリーも形成、ラックとなる。さらに東芝ボールをキープ、モールにするがここはサントリー組んできた。さらに東芝パイルから右へ振り残り5mへ持ち込む。サントリー反則覚悟でとめた。タップから東芝再スタート、しかし何度おしてもサントリーの壁はやぶれずターンオーバ。サントリーがタッチへ蹴りだす。

44分、東芝敵陣22mでのラインアウト。中央へポイント形成、さらに東芝とにかくつなぎ続けるがサントリーの壁は厚い。ここはサントリーが反則を犯し、まだ東芝つながる。

46分、東芝敵陣残り10mでのタップキックスタート。フォワードが集結、モールをおしこんで残り2m。パイルからモールを組み、人数を集めた。ラックサイドを#6ルアタンギが突いてトライ。ここで時間切れ、ゴールが決まって東芝逆転勝利。

評価

東芝

#2松尾のスローがノットストレートと評価されるなど、風に悩まされたゲームであったが、サントリーの強烈なディフェンスに切れることなくゲームへ意識を高められていた。

ミスが多かったのは、サントリーの圧力が高かった面が大きかったと評価する。しかし、このレベルでもボールを落とさないのがS14のレベル、まだまだ精進の余地はあるだろう。

本日はディフェンスもよく粘った。バックにもたれると弱い面はあるが、前がかりのディフェンスである裏面。しかしキッカーに不安がある面はいまだ克服できず、またFBのFB位置でのディフェンスにはやはり問題が残りつづけるような気がする。

サントリー

ほぼ互角の試合、フォワード戦では若干押していたところもある。また、バックスに持たせるとかなりの速度をもっていたが、東芝ディフェンスにがっちり押さえられた。

#12ニコラスのPGが1本失敗していたのだが、もしこれが入っていたら逆転していたという、実にシビアなゲーム。よく粘ったと思う。