トップリーグ2007

東芝ブレイブルーパス-サントリーサンゴリアス

試合開始2007年10月26日19時30分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件雨ときどき小止み
レフリー相田真治

メンバー表

東芝 サントリー
猪口拓 1 1 林仰 後半35分 交代→17
後半21分 交代→16 後半37分 交代←16 塚越賢 2 2 山岡俊 後半27分 交代→16
笠井建志 3 3 池谷陽輔
大野均 4 4 Simon Maling
Nicholas Holten 5 5 大久保直弥
後半22分 交代→19 渡邉泰憲 6 6 元申騎
中居智昭 7 7 竹本隼太郎 後半7分 交代→18
豊田真人 8 8 大久保尚哉
後半35分 交代→20 伊藤護 9 9 田中澄憲
廣瀬俊朗 10 10 野村直矢
ナタニエラ・オト 11 11 小野澤宏時
前半33分 交代→21 Scott McLeod 12 12 Ryan Nicholas
冨岡鉄平 13 13 平浩二
仙波智裕 14 14 北條純一
吉田大樹 15 15 有賀剛
後半37分 交代→2 後半21分 交代←2 久保知大 16 16 坂田正彰 後半27分 交代←2
櫻井寿貴 17 17 尾崎章 後半35分 交代←1
後半35分 交代←21 Ratuvula Ratuva 18 18 早野貴大 後半7分 交代←7
後半22分 交代←6 石澤健太郎 19 19 Brent Thompson
後半35分 交代←9 藤井淳 20 20 成田秀悦
後半35分 交代→18 前半33分 交代←12 吉田良平 21 21 菅藤心
松田努 22 22 栗原徹

得点経過

前半

東芝 サントリー
20分 PG成功0-3
38分 PG失敗0-3

後半

19分 T#15 有賀剛 G成功0-10
25分 PG成功3-10

合計

310

ゲーム抄録

前半

雨中のキックオフは東芝。

深めのキックオフをサントリーがキャッチしてモールを押し込む。スタンドオフの蹴りはノータッチ。東芝蹴り返すもまたサントリーがモールで攻めるが、接点で東芝がボールを奪取。敵陣10mでもむが前進できず、パイルからハイパント。これを22内側でサントリーが取り損ねマーク失敗。パイルからはサントリーが取って蹴る。東芝もフォワードで取れず低めな蹴り、サントリーがタッチへけりだす。ここまでノーホイッスルで進んだ。

2分、東芝敵陣10m付近でのラインアウト。東芝キャッチしてモールで組み押し込む。22mライン付近で崩れオープンサイドへ回し、左側タッチ際22m内側でパイル。東芝近場での攻めを継続するが崩壊の連続。センターがオープンへ蹴るが浅すぎてサントリーが取りにくる。ここは手につかず4分、東芝がキープするも接点でまったく押せず、逆に押し返される。フォワードのがんばりがどちらにも動かない膠着した状況を続ける。#9伊藤が右へタッチを狙うがダイレクトに。

6分、サントリー自陣22m付近でのラインアウト。サントリーなんとかキャッチ、モールに組むがここは崩壊。ハーフキックは東芝が取るがサントリーの激しいタックル、しかし東芝ボールをキープ。いったん中へ寄せてポイントを形成、その近くでモールを作って前進するもハーフがこぼしノッコン。

8分、サントリー自陣10mラインでのスクラム。ファーストスクラムはサントリー。けりあいからサントリーが仕掛け、#11小野澤が左タッチライン一杯を走り敵陣22mまで進むが、ここでポイント形成。東芝がターンオーバしてタッチへ蹴り出す。

10分、サントリー敵陣10mでのラインアウト。取り損ねたサントリー、東芝がボールをキープするもキックで上げる。けりあいは東芝#15大樹が深く蹴り、これを#12ニコラスがけり返してタッチ。

11分、東芝ハーフウェイ付近でのラインアウト。大きく展開するが#12ストーミーがつぶされホールディングの反則。12分、サントリー敵陣10m-22mの中間でのラインアウトとなる。このラインアウトをサントリーがキープしてモールを形成、しかしここで#4大野がモールから千切れてしまいオフサイド。13分、サントリー敵陣残り10mほどでのラインアウトとなる。しかしモールは押し返される。さらに東芝ボールを奪取、インゴールから蹴り返す。

14分、ノータッチからサントリー#11小野澤がボールを持って前進するが、敵陣10m-22mの中間でパイル。アンプレアブルとなる。

15分、サントリー敵陣10m-22mでのスクラム。大きく右へ展開、#13平からポイントを形成するもスローフォワード。

16分、東芝自陣10m-22mでのスクラム。このスクラムが回転してまい、サントリーボールになる。ポイントからサントリーが大きくゲイン、残り5mまで来たところでポイント、これで逆サイドへ一気に展開。近場でバックスが飛び込むがゴール下でパイル、そこから立ち上げたところで東芝がオフサイドの反則。残り7mのところで#12ニコラスがPGを選択、これを決めてサントリーが初手を取る。

20分、東芝のキックオフはサントリーがけり返す。これを#15大樹が取るが、サントリーに絡まれ落球。21分、サントリー敵陣10mライン付近でのスクラムとなる。このスクラムもサントリーが押しこむが、右サイドで東芝#6渡邉をサントリーの選手が捕まえてしまいオブストラクションを取られる。

22分、東芝敵陣10mラインでのラインアウト。しかし東芝これが取れない。パイルからサントリー#12ニコラスが22mの内側からキック。これはプレッシャーを受けてあまりゲインできず。22mすこし外側での東芝ラインアウトは、東芝モールを作るもボールを取りきれずサントリーが奪取。こんどは#10野村がタッチを蹴る。

24分、東芝ハーフウェイライン付近でのラインアウト。東芝これをモールにして少し押し、サイドをごりごりと突いて敵陣10mでハーフキック。これが22mライン上に到達したためサントリー#11小野澤がフェアキャッチ。クイックキックで前進しようとするも半分失敗。サントリーがボールキープするも逆サイドへタッチとする。

26分、東芝敵陣10mライン付近でのラインアウト。しかしノットストレートの反則でサントリーの15mスクラムとなる。サントリー自陣10mでラックを形成、そこから深いキックを蹴り、東芝#15大樹がけり返すがこれがダイレクトに。

26分、サントリー敵陣10mライン付近でのラインアウト。サントリーがキャッチしてモールに組む。ここはサントリーがじっくり押して前進。しかしボールがモールから跳ねてしまいハーフが抑え損ねる。そこに東芝の選手がボールを足に掛けようとし、ころがったボールに東芝とサントリーの選手が両方蹴りに入り激突。ボールはサントリー側へ、#15有賀がようやく押さえて深く蹴り込み、東芝#15大樹が蹴り返してサントリーがタッチとする。

28分、東芝敵陣ハーフウェイ付近でのラインアウト。これも東芝とりきれずサントリーが敵陣へ前進。パイルで東芝がオフサイドの反則。

29分、サントリー敵陣10m-22mの中間でのラインアウト。東芝競るがサントリーが押さえる、がサントリーのノックオンの判定。東芝スクラムとなる。

30分、東芝自陣10mラインでのスクラム。東芝タッチへ蹴るもダイレクトタッチ。サントリー敵陣22mライン直前でのラインアウトとなる。一気に右展開していくも、#12ニコラスに東芝#13冨岡が強烈なタックル。思わず落球。

31分、東芝自陣22mライン付近でのスクラム。逆サイドへタッチを蹴り出す。サントリー陣内22m-10mの中間でのラインアウトとなる。サントリーこれもキープ、切れたモールに東芝がオフサイドの反則。ボールが東芝側へ転がったためアドバンテージを見るも東芝ボールを押さえる。

32分、サントリー敵陣10mライン付近すこし内側でのラインアウト。ロングをほうったサントリーが逆サイドへ展開して攻撃。右一杯のところでサントリーが落球、東芝がボールをキープするも結局キックでタッチに出すしかなくなってしまう。東芝#12ストーミーが#21良平に交代。

34分、サントリーハーフウェイでのラインアウト。ラックから出したボールをまっすぐ蹴り出すが東芝グラウンドラグビーを展開。必死にボールキープするも結局キック、しかしこれがサントリーの選手に当たり東芝がノッコン。サントリー#11小野澤、東芝#6渡邉が痛む。がプレー続行。

36分、サントリー敵陣10mライン付近でのスクラム。スクラム崩壊が続き、サントリーのFK。サントリークイックキックから一気に展開、22mライン上で東芝が反則。さらにディレイで10m下げさせられる。サントリー#12ニコラスPGを狙うがこれはポールに当たり東芝ボールをキープ。タッチへ蹴りだしてピンチ脱出となる。

39分、サントリー敵陣10m-22mの中間でのラインアウト。サントリーこれをモールにとってもみ合うがほとんど前進できず崩壊。東芝がボールを奪取して展開するもポイントでノッコン、そこでホーンがなり前半終了。

後半

後半はサントリーのキックオフで開始。

キックオフのボールでポイントを作るが東芝がノッコン。サントリー敵陣10m-22mの中間でのスクラムとなる。ここでサントリーが激しくプッシュ。かなり深いところで崩れてしまいアゲインとなる。

1分、アゲインのスクラムからサントリー#9田中がボールを出すもそのまま押し出されタッチ。

2分、東芝自陣10m-22mの中間でのラインアウト。これは東芝キープしてモールを形成する。縦長のモールからボールを22m内側へ出してキックするもタッチへ出ず、サントリーが蹴り返す。これを東芝#9廣瀬が抑えながらタッチへすべり出てしまう、ように見えたがすべり出たほうが先とみなされ東芝ボールに。

3分、東芝自陣22mでのラインアウト。ここのモールもほとんど前進せずに崩壊、#9廣瀬のキックもタッチへ出ずサントリーが右へ展開。#13平がパントで前進を試みるがここはダイレクト。

4分、東芝自陣10mラインでのラインアウト。サントリーが競って東芝取りきれずラック。サントリーのオフサイドに東芝すぐにPからGO。ハーフウェイまで戻して形成したポイントから右へ展開、中央でサントリーの反則を誘い出しつつ必死の展開も#4大野がボールを落下。しかしハイタックルの反則がサントリーにあり、東芝のペナルティキックとなる。

6分、東芝敵陣10m-22mの中間のラインアウト。東芝ここはキープするもあっさり崩壊、近場での攻撃を続けるも落球。これをサントリー逃さずタッチへ蹴り出す。

7分、東芝自陣10mラインでのラインアウト。モールを形成して少しプッシュするが崩壊。ここでサントリーが崩したとの判定でペナルティとなる。

8分、東芝敵陣10m-22mでのラインアウト。このラインアウトをサントリーが奪取。左でサントリーがボールを継続。細かいランでハーフウェイラインnところで#14北條が持ち出すがボールはタッチへ。痛む選手が多い。

9分、東芝自陣ハーフウェイでのスクラム。すぐにボールを出すも#9伊藤はすぐつかまる。東芝近場を攻めるもサントリーのディフェンスは堅い。#10廣瀬がグラバーを蹴って前進。サントリーこのボールを取りにいくも東芝のプレッシャーにタッチに蹴りださざるを得なくなる。

11分、東芝敵陣残り8mでのラインアウト。これをサントリーが競り、奪取。パイルからハーフキックでサントリーがタッチへ蹴り出す。東芝敵陣22mラインでのラインアウト。ここは東芝キープするがパイルでサントリー#4メイリングがボールを奪取。そして左サイドを突く。サントリー、一気に10mラインより奥へ進入、22mライン付近で近場攻撃を繰り返す。こんどは右へ左へと大きく展開したが、22mラインでゲインできないままノッコンを取られる。

13分、東芝自陣22mラインでのスクラム。逆サイドへの#14仙波のキックはロングタッチとなる。

16分、サントリー自陣10m-22mの中間でのラインアウト。東芝オブストラクションの反則でサントリーがペナルティを蹴るがタッチを出ず、東芝#15大樹に蹴り返される。サントリー、敵陣ハーフウェイ付近でのラインアウトとなり、モールとなるがモールを形成。崩れたところからのキックは22mを越えてしまい、#14仙波がフェアキャッチからタッチキックとする。

17分、サントリー自陣10mラインでのラインアウト。#15有賀のパスから#11小野澤が左タッチラインぎりぎりをラン。3人のタックルを交わし#15有賀にパス、左一杯にトライ。#12ニコラスがきめ0-10。

20分、キックオフのボールをサントリーが蹴るがタッチに出ず、東芝#15大樹がラン。敵陣でパイルを作り東芝が近場を攻撃するもノッコン。

21分、サントリー自陣10mでのスクラム。ここで#6渡邉から#18石澤に交代。サントリーこんどは近場を攻めるもノッコン。

22分、東芝敵陣ハーフウェイでのスクラム。東芝、中央へ持ち出すが右でパスが乱れる。自陣へ押し返されるが東芝#11オトが奪取。一気に前進、#15有賀がいたところでオトがパント。これに有賀、チャージにいくが空中で交錯。有賀のオブストラクションという判定となる。東芝PGを選択して成功、3-10。

26分、キックオフから東芝パイルを作りタッチへ蹴り出す。サントリー敵陣10mラインでのラインアウト。ここはサントリーが取り損ね東芝ボールとなるが東芝ハーフウェイでパイルを形成。そこから近場を攻めるが迷いからスローフォワード。

27分、サントリー自陣10mライン付近でのスクラム。サントリー、大ベテラン#16坂田を投入。スクラムからワイドに展開、ラックから近場へ来たが東芝が押し返し、#15有賀のところで東芝が奪取、これをサントリーが手ではたいてしまいペナルティ。

29分、東芝残り8mでのラインアウト。これも東芝とれずノッコン、#10野村が蹴り返して大きくゲイン。もう一度ラインアウトとなるがこれは東芝がキープ。センターでポイントを作るがサントリーがボールを奪取、大きく蹴り返す。東芝#15大樹が蹴り返してタッチ。

30分、サントリー自陣10mラインでのラインアウト。サントリーこれをキープして展開するも#10野村がノッコン。かなりボールがすべるようだ。

31分、東芝敵陣10m-22mでのスクラム。近場を強引にゲイン、しかし22mが遠く迷いが見られたところで一気に下げられる。東芝バックスへの展開ができず近場近場の長い攻めを続ける。長いポイントをめくられたところで東芝がようやくボールを出す。しかし東芝やはり近場を攻め続ける。22mライン上でようやく展開ラグビーを試みるも落球。4分以上の攻めとなった。

36分、サントリー自陣22mラインでのスクラム。東芝、#16久保が痛んでしまい#2塚越が戻る。スクラムを崩してしまいサントリーのFK。ここあたりからサントリーのプレーがゆっくりになってくる。

37分、東芝自陣10mライン付近でのラインアウト。ロングラインアウトに東芝合わずサントリーが奪取。逆サイド一杯でポイントをつくるまで前進、近場を攻めて時間を使い続ける。モールでの攻防が続いたが、サントリーがボールを落とす。

39分、ラストプレー。東芝自陣でのスクラム。バックスも近場から連続攻撃を試みるが、ホーンが鳴った。オトが迷い、サントリーがディフェンスし切る。ハーフウェイでのもみ合いはサントリーがターンオーバ。タッチへ蹴りだしてノーサイド。

評価

東芝

フォワード戦で完敗。そうなるとバックスはフツーな東芝、点が取れる形が取れなかった。スクラムで押されるわ、ラインアウトは失うわで、よく1トライで押さえたともいえなくはない。

近場での攻撃で、サントリーのディフェンスを切れなかったところで負け。簡単なところでのミスが多かったところが非常に残念。

しかしまー、ストーミー・マクラウドと立川がいないと勝てないというジンクスはまたも立証されてしまった感じ。とほほ。

サントリー

あんまりよくなかったところもあるが、どうもかたさが抜けない感じが残るゲームだった。トライは#11小野澤の個人技に近いものがある。

ディフェンスがつかんだ勝利。ここはすばらしいとしかいいようがない。