トップリーグ2007

東芝ブレイブルーパス-リコーブラックラムズ

試合開始2007年11月4日14時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件晴れ
レフリー新野好之

メンバー表

東芝 リコー
高橋寛 1 1 阿部祐也
猪口拓 2 2 滝澤佳之
笠井建志 3 3 片岡俊介 後半19分 交代→17
大野均 4 4 磯岡和則
Nicholas Holten 5 5 遠藤哲 後半28分 交代→18
後半20分 交代→18 Ratuvula Ratuva 6 6 赤羽根拓也
中居智昭 7 7 伊藤鐘史
豊田真人 8 8 Pieter Ferreira 後半0分 交代→19
伊藤護 9 9 春口翼 後半0分 交代→20
廣瀬俊朗 10 10 河野好光
仙波智裕 11 11 小松大祐 後半0分 交代→22
前半35分 一時退場 ナタニエラ・オト 12 12 Bryce Robins
冨岡鉄平 13 13 金澤良
吉田大樹 14 14 池上真介
松田努 15 15 小吹祐介
塚越賢 16 16 蓼内博喜
櫻井寿貴 17 17 笹倉康義 後半19分 交代←3
後半20分 交代←6 石澤健太郎 18 18 井上隆行 後半28分 交代←5
宮下哲朗 19 19 相亮太 後半0分 交代←8
藤井淳 20 20 湯浅直孝 後半0分 交代←9
吉田良平 21 21 森嶋正人
鄭晃彰 22 22 Siupeli Lokotui 後半0分 交代←11

森嶋の「しま」は山冠。

得点経過

前半

東芝 リコー
10分 T#6Ratuvula Ratuva G失敗5-0
17分 PG成功5-3
20分 T#9伊藤護 G成功12-3
22分 T#6 赤羽根拓也 G成功12-10
26分 T#3笠井建志 G成功19-10
39分 T#12ナタニエラ・オト G成功26-10

後半

4分 T#7中居智昭 G成功33-10
8分 T#15 小吹祐介 G成功33-17
18分 T#13冨岡鉄平 G成功40-17
28分 T#13 金澤良 G成功40-24

合計

4024

ゲーム抄録

前半

リコーは世田谷ジュニア、東芝はルーパスジュニアを連れて入場。まずは写真撮影となる。

リコーのキックオフで試合開始。東芝キャッチからナローを突き上げるもタッチ。リコー敵陣10mラインでのラインアウトとなる。しかしこれを東芝が奪取、逆サイドへ蹴り出す。

1分、リコー自陣10mでのラインアウト。リコーここは奪取、センターでクラッシュ。ここからラックが動かず、スクラムでリセットとなる。

2分、リコー自陣10mでのスクラム。ここからリコー蹴り返すがダイレクト。3分、東芝敵陣10m-22mのラインアウト。これを東芝長いところでとってモールとし、と見るや中央へパスするもボールが取りきれずノッコン。

4分、リコー自陣10mラインでのスクラム。リコーここはハーフキックとし、東芝が自陣で押さえる。中央でクラッシュするも東芝が反則(アクシデンタルオフサイド)。

6分、リコー敵陣10mライン付近でのスクラム。サイドを攻めたが東芝がオーバー、リコーの反則を誘い出す。東芝敵陣10m-22mの間でのラインアウト。リコーが崩したらしくアド名テー時、東芝が中央で作ったポイントから突破、残り10mへ持ち出すもパスが乱れ、さらに下げられたポイントでリコーが蹴ったところで新野さんの笛。ノッコンの反則を取る。

8分、リコー自陣22mラインでのスクラム。#10河野がこぼし反則に。東芝残り15mでのラインアウト、東芝とって攻める。ここはリコーが良く粘ったが、#6ラトゥヴァの怪しい動きにリコーのディフェンスが惑わされる。ラック際へトライ。ゴールは入らず。

11分、リコーのキックオフ。これがダイレクトでタッチを割る。東芝はセンタースクラムを選択。#9伊藤が逆サイドへ10mゲイン。東芝ラックを連取するも#12オトが孤立、反則を取られる。

13分、リコー敵陣ハーフウェイ付近でのラインアウト。東芝のプレッシャーにかなりラインを下げられ、さらにボールを奪取される。東芝敵陣10mライン付近で近場の展開、さらに大きくライン際へ投げるもこれはゲインできず。中央付近でもう一度ポイントを作ったところで反則してしまう。

14分、リコー敵陣22m近くでのラインアウト。リコーが中央クラッシュからラックを連取。ゲインは取れないところで#6ラトゥヴァが首へのハイタックル。リコーPGを選択。

18分、東芝のキックオフ。22mへ蹴りこんだボールを#7伊藤が取るがここに東芝がいいタックル。東芝がボールを奪取。ラック連取から#10廣瀬がラインブレイク、#9伊藤までつながってトライ。

21分、リコーのキックオフはオンサイド気味、これを東芝がノッコン。リコーがボールをつなぎ、#14池上が右端を走る。ポイントから#9春口が右へ出し、最後は#6赤羽根がディフェンスを抜いてトライ。

23分、東芝のキックオフ。深いキックに東芝プレッシャを掛けるも東芝敵陣22mでのラインアウト。これをリコーが奪取、左へ展開したが自陣でターンオーバ。東芝敵陣での攻めと代わる。#10廣瀬の細かいパスもあるが中央でノッコン、リコーが蹴ったため東芝自陣からの攻めなおしとなる。

25分、東芝右でリコーのディフェンスを破る。22mライン上でドライブ、#5大野が3度のタックルを交わして残り5m、ここから大盛りのパスを通して#3笠井がキャッチ。トライとなる。

27分、リコーのキックオフを東芝が取ってモール。こっからタッチへ蹴りだしたがハーフウェイは越えず。28分、リコー敵陣ハーフウェイ付近でのラインアウト。東芝これをタップで奪取、リコーのプレッシャを受けて中央へパス。ここでできたパイルからボールが出ず。判定はリコーボール。

29分、リコー敵陣ハーフウェイ付近でのスクラム。リコーが出たボールを取りきれずノッコン。東芝ハーフウェイ上でのスクラムと代わる。東芝パスをこぼしてしまいノッコン、リコーもアドバンテージから攻めようとしたがストップ。

30分、リコー敵陣ハーフウェイ上でのスクラム。リコーが持ったが中央で#6赤羽根に東芝がぎっちりタックル。ボールが東芝に転がるも、両方とも手につかずノッコン。

31分、東芝敵陣ハーフウェイでのスクラム。東芝ボールをキープから中央でパイル、そこを右へ出してタッチ方向へ。これをリコーが蹴りだしてタッチ。

32分、東芝敵陣22mライン付近でのラインアウト。リコーがこれを奪取。タッチへ逃れる。

33分、東芝敵陣10m-22m中間でのラインアウト。東芝ナガイパスを取って中央でクラッシュするも東芝#6ラトゥヴァがけりを入れてしまいシンビン。

35分、リコー敵陣10mでのラインアウト。リコーこれを取るがかなり下げられてしまい自陣でノッコン。

36分、東芝敵陣ハーフウェイでのスクラム。中央から攻めたがノッコン。リコーの自陣ハーフウェイ付近でのスクラムとなる。組み合いが悪くリコーにオブストラクションの反則となる。

38分、東芝敵陣22mライン付近でのラインアウト。モールを形成して中央側へプッシュ。ボールを取られるがリコーにオフサイドの反則。

39分、東芝敵陣残り7mでのペナルティキック。すぐにラックを形成、フォワードでドライブする。そのまま中央へ寄ってトライを決める。ゴールが決まったところでハーフタイム。

後半

後半は東芝のキックオフ。22mラインでのポイントからリコーが蹴り返しタッチ。東芝敵陣10mライン付近でのラインアウトとなる。これを東芝キャッチからすばやく中央でクラッシュ。リコーここは守ってゲインを出せないが、ボールはキープし続ける。ゲインが切れるか切れないかという激しく長い攻防、結局リコーがポイントで反則。

3分、東芝残り7mでのラインアウト。これをモールに形成した東芝、しかしリコーも傷氏て守る。オープンへ展開したあと、右ポスト下でもう一度ラック。ここを#7中居がパワーで突破。トライとなる。

ここでラトゥヴァが復帰。

5分、リコーのキックオフ。逆サイドキックだったが東芝が対応。タッチへ蹴り出す。リコーの自陣ハーフウェイ付近でのラインアウトとなる。このラインアウトはリコーが奪取。そこから#12ロビンス、#15小吹とつながり、ひと転がりした小吹がトライ。

9分、東芝のキックオフ。22m上でのパイルからリコーがタッチへ蹴り出す。東芝ハーフウェイ上でのラインアウトとなる。リコーがこれを奪取。リコーが持って攻撃を継続。近場でのクラッシュから#19相に出たパスはフォワードパス。

11分、東芝自陣ハーフウェイ付近でのスクラム。スクラムが回ってしまいリコーボールに変わる。さらに東芝がアーリプッシュでリコーがFKを得てすぐスタート。一気に右へ展開して残り5mまでくるがここは東芝止める。さらに東芝22mまで下げさせるが反則。

12分、リコー敵陣残り7mほどでのラインアウト。リコーとってモールを形成。これを中央側へ押すリコーと東芝のせめぎあいは、結局タッチへ押し出す。

14分、東芝自陣5mでのラインアウト。東芝とってここからもグラウンドでまわす。自陣10mで#14池上がインターセプト。しかしタッチへ出てしまう。東芝ここからクイックスタート、ポイントを連取するも中央で落球。

16分、リコーハーフウェイライン上でのスクラム。東芝プッシュするもボールはリコー。さらに左を攻めるが落球。東芝アドバンテージで攻められずスクラムとなる。

17分、東芝自陣ハーフウェイでのスクラム。右サイドへ回した東芝、#12オトが強引に突破、#7-#13とつながりトライ。

19分、リコーのキックオフ。東芝キャッチするもリコー側にボールが出る。しかし逆サイドでリコーが落球、それに続いてポイントで反則。

20分、東芝敵陣10mでのラインアウト。東芝キャッチからボールを継続。ラック連取して前進するも22mを割ったところでパスが乱れ落球。

22分、リコー自陣22mの内側でのスクラム。リコーがタッチへ逃れようとするもノータッチ、東芝またもここから攻める。

24分、東芝敵陣22m付近でのラインアウト。東芝これも取って攻撃。左一杯のパスでインゴール上へボールを持ち込むがここはヘルド・イン・インゴール。

25分、東芝残り5mでのスクラム。ここも攻めたがリコーがターンオーバ、タッチへ蹴る。

26分、東芝10m-22mでのラインアウト。東芝さらに攻撃。22mライン上でのパイルから#15小吹がタッチへ蹴る。これがうまく転がり敵陣10mより少し奥でタッチとなるが東芝クイックスタート。自陣10mへ戻す。ここでリコーに反則。

27分、東芝敵陣22mライン付近でのラインアウト。東芝大きく展開するが#13金澤がパスカット。これをそのまま独走、ロングランでのトライ。

29分、東芝キックオフ。リコーが持ってポイントを作るがタッチへ蹴り出す。

30分、東芝敵陣ハーフウェイ付近でのラインアウト。ノットストレートでリコーのスクラムとなる。リコー下げられてしまいタッチを狙う。東芝これをキャッチするがリコーにキックオフサイドの反則。

31分、東芝敵陣10m-22mでのラインアウト。モールを形成して22mラインを割る。リコーにモールでのオフサイドの反則。

32分、東芝敵陣残り7mでのラインアウト。東芝これもキャッチしてモールを形成。ここはりこーも必死にこらえたが崩してしまいまたも反則。ペナルティから東芝攻めてこんどはラックを形成。東芝グラバーをインゴールに蹴るもリコーが取る。がリコーに反則あり。

35分、東芝敵陣残り5mでのラインアウト。またも東芝モールを形成。しかしポイントでリコーがボールを奪取。リコーが空いているスペースに展開、東芝バックスがなんとかキープ。リコー22mの外側へ持ち出したあたりで落球。

36分、東芝敵陣10mライン付近でのスクラム。つぶれたスクラムは、東芝にペナルティとなる。

37分、リコーのキックはノータッチ。ここから蹴り返したボールはリコーも蹴り返し。自陣10mから東芝がボールを持って攻撃。敵陣10mから東芝が近場を攻撃。22mライン上でモールを作るが外へ広がったところで落球。

39分、リコー自陣22mライン上でのスクラム。右へまわしたがノッコン。東芝がボールを奪取。右へ攻めたが22mライン上でノッコン。ノーサイド。

評価

東芝

攻め手がちょっとなかったか。ディフェンスはさすがで、失トライはラインのインターセプトからの2本。事故に近いものと思う。

リコー

#8ロビンスの嗅覚、#15小吹のランがやはりリコーらしい感じのゲーム。力の差はしかたないが、よいプレーをしたと思う。

おまけ