トップリーグ2007

リコーブラックラムズ-サントリーサンゴリアス

試合開始2007年11月17日14時00分
場所三ツ沢球技場
気象条件くもり、わずかにメインから見て左から
レフリーGeorge Ayoub (AUS)

メンバー表

リコー サントリー
阿部祐也 1 1 東野憲照 後半15分 一時退場
後半33分 交代→16 滝澤佳之 2 2 山岡俊 後半9分 交代→16
後半12分 交代→17 片岡俊介 3 3 池谷陽輔 後半31分 交代→17
後半9分 交代→18 Filipo Levi 4 4 Simon Maring 後半9分 交代→18
遠藤哲 5 5 早野貴大 後半18分 交代→20
磯岡和則 6 6 大久保直弥
前半18分 一時退場
後半0分 交代→19
Pieter Ferreira 7 7 上村康太 後半18分 交代→19
相亮太 8 8 大久保尚哉
後半26分 交代→20 月田伸一 9 9 田中澄憲
河野好光 10 10 野村直矢 後半14分 交代→21
小松大祐 11 11 小野澤宏時
金澤良 12 12 Jack Tarrant
後半0分 交代→22 田中洋平 13 13 北條純一
後半14分 交代→21 渋谷嘉宏 14 14 成田秀悦 後半42分 交代→22
小吹祐介 15 15 有賀剛
後半33分 交代←2 蓼内博樹 16 16 青木佑輔 後半9分 交代←2
後半12分 交代←3 笹倉康義 17 17 長谷川圭太 後半31分 交代←3
後半9分 交代←4 Emosi Kauhenga 18 18 Brent Thompson 後半9分 交代←4
後半0分 交代←7 川上力也 19 19 高野貴司 後半18分 交代←7
後半26分 交代←9 春口翼 20 20 元申騎 後半18分 交代←5
後半14分 交代←14 武川正敏 21 21 曽我部佳憲 後半14分 交代←10
後半0分 交代←13 Bryce Robins 22 22 栗原徹 後半42分 交代←14

得点経過

前半

リコー サントリー
2分 T#13 北條純一 G失敗0-5
15分 T#11 小野澤宏時 G成功0-12
19分 T#6 大久保直弥 G成功0-19
25分 T#9 田中澄憲 G成功0-26
37分 T#15小吹祐介 G失敗5-26
40分 T#5 早野貴大 G失敗5-31

後半

18分 T#15小吹祐介 G失敗10-31
28分 T#18Emosi Kauhenga G失敗15-31
34分 T#13 北條純一 G成功15-38
41分 T#13田中洋平 G成功22-38
44分 T#13 北條純一 G成功22-45

合計

2245

ゲーム抄録

前半

サントリーが風上を取り、リコーが蹴って試合開始。

キックオフはリコーがセーブしたもののタッチをわり、サントリー自陣10m-22mでラインアウトとなる。ロングスローを取ったサントリー、自陣からキックで敵陣22mへ入れる。リコーが蹴り返してタッチ。

1分、サントリー敵陣ハーフウェイでのラインアウト。モールに組んでうちへ大きく押す。#12ジャックがディフェンスラインを抜け、リコー誰も捕まえられず。最後に#13北條が抑えて左隅にトライ。

3分、リコーのキックオフをまたもキープ。そこからサントリーのディフェンスに下げられるが、そのポイントでサントリーがハンドの反則。

5分、リコー敵陣22mライン内側でのラインアウト。リコーがキャッチするもサントリーがうけずモール崩れ。ボールはリコーがキープしたがノッコン。

6分、サントリー自陣残り15mほどでのスクラム。リコー#5遠藤が出血のため一時退場、#19川上が入る。リコーが押されてしまい、早く出すぎた#9月田が#9田中を抑えるもオフサイド。

7分、サントリー敵陣ハーフウェイでのラインアウト。サントリーここは取ってモール、しっかり組み上げられ10m押す。そこから一度展開するがすぐにポイント形成。このポイントからなかなかボールが出ず、リコーに反則。サントリーここからすばやくタップ、右にスイープ。22mを目前にするがリコーディフェンスにつかまり、ノッコン。

9分、リコー自陣22m付近でのスクラム。バックへまわして蹴らせるが、ノータッチ。サントリーはハイパントで応じてリコーが持って攻撃するも、展開したところで滑ってノッコン。

11分、サントリー敵陣10mでのスクラム。リコーが崩しFK。またも#12ジャックが左ラインを走るが、今度は22mを割ってノッコン。

12分、リコー自陣残り13mほどでのスクラム。こんどは耐えたリコー、タッチへ蹴り出す。13分、サントリー敵陣10m-22mでのラインアウト。ロングラインアウトをリコーがキャッチ。ここからパントでうまく進んだが敵陣22mでオーバー。サントリー#15有賀が交わそうとするもリコーに捕まり、10mもでないうちにノッコン。

14分、リコー敵陣22m外側でのスクラム。うまく展開できたリコー、残り7mでセンター#12が入ったがターンオーバー。#12タラント、#11小野澤とつながりトライ。自陣残り数メートルからのカウンタートライとなった。リコー#7フェレラのチャージがかなり早かったが、#12タラントが落ち着いて決めた。

17分、リコーのキックオフをサントリーがキャッチ。モールに組んで押せず蹴ってまっすぐ。しかしこれをリコー押さえ切れず蹴り返し、グラバーをサントリーがキャッチ。サントリーここもフォワードが抑えられずキック、リコーも蹴り返す。蹴り返しからサントリーが前進してできたポイントでリコーに反則。#7フェレラにイエロー。

18分、サントリー敵陣22m内側でのラインアウト。サントリーとってモール、できたラインから一杯に振り#15有賀が飛び込むもこれはつかまり、つないだサントリー#6直弥がようやくリコーディフェンスを破った。

21分、リコーがキックオフのボールをタップ。マイボールとするがゲインなし。大きなパスにサントリーがインターセプトを試みるがノッコン。22分リコーハーフウェイライン上でのスクラムとなる。サントリーここも回してボールを奪取、展開して中央でポイントを作る。しかしここでうまくボールをつなげられず、ラックからこぼれたボールをノッコン。

23分、リコー自陣10mでのスクラム。パントをあげるもサントリーが奪取。#9田中が左ディフェンスを抜け、中央まで走りこんでトライ。

26分、キックオフをサントリーが取ってモール。オープンに攻めたところでボールをこぼしてしまいリコーがポイントでオーバー。サントリーも触れるがノッコン、アドバンテージからリコーが攻めようとするもパイルで下げられるばかり。結局ラックでボールをこぼしてしまいノッコン。

27分、サントリー自陣10mでのスクラム。#10野村が蹴りこむ。ここからリコーが持って攻め、うまく攻め込んだ。敵陣へボールを持ち出し、サントリーの反則を誘い出す。

30分、リコー敵陣残り13mほどでのラインアウト。タップしたがボールが落ちてしまいラック。近場を攻めようとしたが、前の選手に当たってしまいオブストラクション。

31分、サントリー自陣22mライン内側でのスクラム。このスクラムは力が入ったようで2度崩壊。キックは敵陣へ伸びた。リコーがハーフウェイでのポイントから#12金澤から#11小松とつながりもう一度敵陣へ。パイルからボールが出ずリコーボール。

33分、リコー敵陣22m内側でのスクラム。ここから一度下げられるが、#2滝澤がよくつないで残り2mでポイント形成。サントリーのオフ気味のディフェンスにリコーが当たり続けたが抜けず。またもリコーボール。

36分、リコー敵陣残り5mでのスクラム。エイトが持ち出すが残り2m。近場のパイルから一杯に左へ展開、なんとか#15小吹につなぎ左隅にトライ。

39分、キックオフはリコーが取り損ねノッコン。サントリーの敵陣22mラインでのスクラムとなる。サントリーまたもこのスクラムから攻め込み#5早野が左を抜けた。

42分、キックオフのパイルからサントリーはタッチキックを選択。リコー敵陣10m内側でのラインアウトとなる。タップしたのはサントリー、ゲインラインからパイルを作る、サントリーが蹴りこんだところでホーン。リコー自陣でキャッチするも反則を犯してしまい、さらにサントリーがそのポイントででボールを確保。22mを割ったところでサントリーが落球、ハーフタイムとなる。

後半

後半はサントリーのキックオフで試合再開。

ボールはリコーが確保、タッチを狙わず蹴るがサントリーが自陣で確保。ここでできたポイントでリコーが逆襲、ボールを確保した。そこから展開するもサントリーに押し返される。少なすぎた人数からキックせざるを得ず、しかしできたポイントでまたもリコーがボールを奪取。左へ回したがノッコン。

2分、サントリー自陣22mでのスクラム。サントリーのロングキックにリコーけり返すもハーフウェイライン。サントリーハーフウェイラインでのラインアウト。これをロングラインアウトとして確保。早く回して#13北條が前進、ポイント形成したところでリコーに反則。

3分、サントリー敵陣残り13mほどでのラインアウト。タップからしっかり押さえラック形成、近場を攻めて#4が前進。しかしそこで近場ラックが続く。結果リコーがボールを奪取。蹴りにサントリーがハーフウェイから走る。ここで小パントにリコーが反応、チャージでボールをキャッチ。左サイドを走るも、こんどはサントリーがボールを奪取。自陣から攻めて敵陣でリコーの反則をたたき出す。

6分、サントリー敵陣13mほどでのラインアウト。こんどは長いラインアウトからすぐ間w最多が中央でノッコン。ここにリコーがオールを奪取、もう一度けりこんで敵陣へ入る。サントリーがボールを奪取してパント、リコーが自陣10mで抑えてラック。もう一度逆サイドへけりだしサントリーにキャッチさせ、ラックを形成。サントリーここはボールを取って回すが少し下げられ、そのポイントでボールがリリースできず。

8分、リコー敵陣残り10mほどでのラインアウト。ここでリコーラインアウトを取るが一気に10m以上下げられる。そこから少ない人数で展開するもゲインは切れず、サントリーがボールを奪取。しかしこれがノッコン。

10分、リコー敵陣22mでのスクラム。中央へ回しクラッシュ。左へ展開してゲインを奪取。んこり10mほどからボールをキープし続けるも残り8mで奪取される。サントリー、タッチへ逃れる。

11分、リコー敵陣10mライン内側でのラインアウト。ここでリコー#3片岡が怪我で入れ替え。右へあっさりと展開するも、うちへ切れ込んでみたところでつかまる。結局パイルからボールが出ず、リコーボール。

13分、リコー敵陣22m外側でのスクラム。リコー展開するも押し返される。ポイントでの圧力にハーフウェイ付近からの攻めなおしとなり。左隅にできたポイントでターンオーバ。サントリーがボールを持つもここでレフリーの笛。タッチを割っていたらしい。

16分、サントリー自陣10m内側からのラインアウト。モールを組んだが崩壊。少し下げられたところでリコーがボールを奪取。右にできたポイントでサントリーにオフサイドの反則があった。

17分、リコー敵陣残り7mほどでのラインアウト。リコーが奪取して中央でクラッシュ。ここでボールをつないだリコー、最後は左隅に#15小吹が飛び込んだ。

20分、キックオフをリコーがモールに取る。#15小吹が蹴って内側、サントリーが取るがハーフウェイラインでクラッシュ。ぱんと。

パントはリコーが確保。グラウンドで攻めるがサントリーのディフェンスにじりじりと止められる。結局敵陣でノッコンしたところでサントリーもノッコン。

22分、サントリー自陣10mラインでのスクラム。リコーが崩しFK、さらに深くけりこむがけりあいからリコーが持ち出し敵陣へ。パスが乱れたところでサントリーがボールを確保。展開して速く攻め上がり、敵陣でリコーのハイタックルを誘い出す。

25分、サントリー敵陣残り17mほどでのラインアウト。サントリー取ってモールとして内側へ移動。さらにじりじり押して残り7m、壊れたところでラックとなるが、ここでボールが離せず反則となる。

27分、リコー自陣10m内側でのラインアウト。キャッチするもサントリーがうけずラック。#15小吹が一気に敵陣22mを割ったがここで止められる。逆サイドへ展開したリコー、#18カウヘンガが左ラインを走り抜けてトライ。

29分、キックオフのけり返しを取ったサントリー、#14成田のいいランで一気に敵陣。さらに#20元につないで残り5mまで迫ったが、またもパイルでノッコン。リコーがけり返した。このけり返しを#11小野澤が抜けたがタッチを踏んでしまう。

32分、リコー敵陣ハーフウェイでラインアウト。ここでノッコンがありサントリーのスクラムとなる。パイルから左へ展開するもノッコン。ボールが出ず笛を吹かれる。

33分、リコー敵陣ハーフウェイ付近でのスクラム。サントリーが崩し笛。さらにノット10mを取られる。リコーここも早く攻め、逆サイドで展開するもサントリーがインターセプト。サントリーがこんどは敵陣でのプレーとなる。人数で右を制したサントリー、#13北條が右一杯を抜けてトライ。難しい角度となったトライが成功。

37分、キックオフをリコーがタップ。ここはボールをサントリーが取りタッチへ蹴り出すもミスキック。リコー敵陣22m外側でのラインアウトとなる。このラインアウト、サントリーが奪取。もう一度タッチへけりだし、こドこどはハーフウェイライン付近でのリコーのラインアウトとなる。このラインアウトはノットストレート。

38分、サントリー自陣ハーフウェイ付近でのスクラム。サントリーが押してしまいリコーFK。リコーここもタップで攻める。#15小吹がつかまりポイントとなるがボールはキープ。逆サイドへ展開して、左でポイントを作る。しかしここで人数をかけてしまい、みぎへ出しても攻めきれず、強引に#18カウヘンガが残り3mへ持ち出す。ここでサントリーに反則。リコーここも強引に攻めるがノッコンともったいない反則。

41分、サントリーが自陣5mでのスクラムに手間取りリコーにFK。リコー強引に攻めて右へ展開。サントリーもインターセプトを狙うが、リコー押しきりトライ。

42分、キックオフからリコーがグラウンドで攻める。ホーンが鳴ってラストプレー、しかしリコーは切れず攻める。人数は少ないが、サントリーのハイタックルからもリコーがタップで継続、ボールを回し続ける。しかし、サントリー#21曽我部がリコーのパスをインターセプト。そのまま走りこんだ#21曽我部がトライ。ゴールが決まったところでノーサイド。

評価

リコー

ディフェンスが淡白すぎ。あっさりと点を取られている印象が強い。とくにラストラインのディフェンスは、集散の差を見せ付けられた。

終盤のトライは、リコーのバックラインの速さより、フォワードの速さを見せ付けた気がしないでもない。#15小吹、#22ロビンスの速さはやはりすばらしい。

サントリー

ディフェンスで前半を勝ち取った。オフェンスも非常に良かったが、後半はオフェンスのリズムがおかしくなってしまい、ディフェンスに影響が出た。