トップリーグ2007

コカコーラウエストレッドスパークス-東芝ブレイブルーパス

試合開始2007年11月18日12時00分
場所宮崎市生目の杜競技場
気象条件晴れ、強風がメインからバックへ
レフリー麻生彰久

メンバー表

コーラ 東芝
西浦達吉 1 1 高橋寛 後半28分 交代→17
日隈慎太郎 2 2 猪口拓 後半18分 交代→16
松尾健 3 3 櫻井寿貴
堀田亘 4 4 大野均
三根秀敏 5 5 Nicholas Holten
後半0分 交代→18 Wayne Ormond 6 6 渡邉泰憲 後半21分 交代→19
岡田佳 7 7 中居智昭
山口智史 8 8 豊田真人
後半0分 交代→20 竹内恵亮 9 9 伊藤護 後半31分 交代→20
淵上宗志 10 10 廣瀬俊朗
小柳泰貴 11 11 仙波智裕
ニールソン武蓮傳 12 12 ナタニエラ・オト
後半0分 交代→21 Mark Ranby 13 13 冨岡鉄平 後半28分 交代→21
築城昌拓 14 14 吉田大樹
後半0分 交代→22 原留大祐 15 15 松田努 後半31分 交代→21
山下大輔 16 16 塚越賢 後半18分 交代←2
中西光一 17 17 久保知大 後半28分 交代←1
後半0分 交代←6 Luke Andrews 18 18 Ratuvula Ratuva
上本茂基 19 19 石澤健太郎 後半21分 交代←6
後半0分 交代←9 江浦干城 20 20 藤井淳 後半31分 交代←9
後半0分 交代←13 徳住茂久 21 21 吉田良平 後半28分 交代←13後半31分 交代←15
後半0分 交代←15 Benjamin Jones 22 22 鄭晃彰

得点経過

前半

コーラ 東芝
4分 PG失敗0-0
6分 PG成功3-0
11分 PG失敗3-0
20分 T#12 ナタニエラ・オト G失敗3-5
27分 T#5 Nicholas Holten G成功3-12
34分 PG成功6-12

後半

5分 T#12 ナタニエラ・オト G失敗6-17
8分 T#15 松田努 G成功6-24
14分 T#18Luke Andrews G失敗11-24
17分 T#15 松田努 G成功11-31
20分 T#9 伊藤護 G成功11-38
26分 T#5 Nicholas Holten G失敗11-43
31分 T#22Benjamin Jones G失敗16-43

合計

1643

ゲーム抄録

前半

東芝が風下でキックオフ。

キックオフはコーラが蹴り返すがノータッチ。東芝持って#14吉田大が小パントを上げるがタッチ。コーラ自陣10m付近でのラインアウト。

コーラこのラインアウトをモールとしてドライブ、そこからサイドを突くが突破できず、スタンドが蹴って地域を取ろうとするがダイレクトタッチ。

1分、東芝敵陣10mでのラインアウト。これをコーラが奪取、今度もコーラ蹴って陣地を獲得。東芝グラウンドで持とうとするが、回しているあいだにノッコン。

2分、コーラ敵陣22mライン目前でのファーストスクラム。パスダミーでゲインして22mを割る。もう一度逆サイドへ回したがここは東芝が押し返す。グラウンドでの攻防は長いパスを左に出すが、東芝の圧力に敵陣10mラインまで下げられる。このポイントで東芝に反則。コーラここでPGを選択。キッカーは#15原留。ここは失敗して東芝のドロップアウトとなる。

5分、東芝ドロップアウト。これをコーラが10m付近で抑える。フォワードが押して10m-22mの中間付近へ来たところで東芝が再度反則。コーラ連続してPGを選択。やや難しい角度のこれは成功。コーラが先制する。

7分、東芝キックオフをコーラはじいてしまい東芝にボールが出る。東芝#15松田がパントを上げたがタッチ・インゴールを割る。コーラは蹴った地点でのスクラムを選択。コーラ、スクラムからタッチへ蹴り出す。

9分、東芝自陣10mでのラインアウト。中央でできたポイントで#9伊藤が迷う。そのために東芝下げられるが、ボールは確保。さらにフォワードでもんだが、結局タッチへ蹴り出す。

10分、コーラ敵陣10mでのラインアウト。コーラがタップ、早く攻めたかったが自陣まで下げられる。ここでハーフ#9竹内がちょっと足を取られるがなんとかボールを確保、さらに一度右から中央へ回し、東芝ディフェンスを突破。敵陣10mへ入り込む。ここでできたポイントで東芝がボールを奪取するが、ノッコンオフサイドの反則を犯してしまう。コーラ三度PGを選択。これは失敗。

12分、東芝ドロップアウト。ハイパントで上げて東芝が確保。自陣から回してくるが最初のポイントでコーラに反則。風下でキックは伸びず。

13分、東芝敵陣ハーフウェイ付近でのラインアウト。コーラが奪取してスタンドが敵陣22mまで蹴りこむ。東芝蹴り返してタッチ。

14分、コーラ敵陣10m-22mの間でのラインアウト。タップして、若干下がったところでモールを形成。ここで東芝がボールを奪取、中央へ回してポイントを形成。東芝なおもグラウンドで攻める。左側にできたポイントでコーラに反則があるもボールが出せず、#9伊藤が故意落球でアドバンテージを切る。

15分、東芝のPKはノータッチ、コーラ自陣からけり返す。これがタッチを割り、東芝自陣ハーフウェイ付近でのラインアウトとなる。これも東芝取れず、いい速度でコーラが進行。22m付近で東芝にハイタックルの反則、コーラにアドバンテージとなるがコーラ前進できず。

16分、コーラ敵陣残り5mでのラインアウト。東芝取るが、すぐにタッチを割ってしまう。17分、コーラ敵陣残り18mほどでのラインアウト。バックスへ回してセンターでクラッシュ。右へ回して前進、早い捌きでボールが動くが、敵陣22mライン上で東芝がインターセプト。東芝がポイントを形成する。そのポイントでコーラがボールを奪うもノッコン。

19分、東芝自陣22mライン付近でのスクラム。ハーフキックで前進を試みるが自陣10mでのポイントはボールがコーラに出る。コーラがハーフキックを蹴るがこれは22mを越えてしまい東芝フェアキャッチ。東芝FKからグラウンドで持ち出し、コーラのディフェンスが薄い左サイドへ展開。フォワードが大きく前進、コーラが自陣10mラインで反則。さらに#14吉田大、#9伊藤とつながり残り5m。ここも東芝ボールをキープ、左サイドでモールを形成。崩れそうになるモールを5m押し込みモールトライ。コンバージョンでは、風が強く、ボールがうまく立たない。キックはポールに当たり失敗。

22分、コーラのキックオフは左へ。東芝自陣22mでボールを確保、タッチへ蹴り出す。23分、コーラ敵陣ハーフウェイ付近でのラインアウト。これは東芝側にボールが曲がってしまい東芝がボールキープ。東芝ここもグラウンドで展開、左へ右へとボールを回しつつ敵陣22mライン上での攻防となるがコーラにオフサイドの反則。

25分、東芝敵陣残り13mでのラインアウト。手前でコーラがカット、ポイントからコーラが蹴り出す。26分、東芝敵陣22mラインでのラインアウト。ここは東芝取ってモールを形成するがすぐに崩壊。左へずらしてグラウンドで展開するもコーラに反則。残り15mほどでPK。東芝タップキックでスタート、残り5mでモール、右へ回して#5ニックがモールサイドを突いてトライ。

28分、コーラキックオフを東芝蹴り返すがノータッチ。敵陣へ入ってパントするが22mを割っていて東芝がフェアキャッチ。東芝タップキックからけりだしてコーラボールのラインアウトとする。

30分、コーラ敵陣ハーフウェイ付近でのラインアウト。オープンへのいいパスからうまく前進、敵陣グラウンド上でプレーを継続。左へ展開したが、パスにおいつけずノッコン。

31分、東芝自陣10mでのスクラム。ここからけり出そうとしたが東芝スタンドが足を取られキックミス。コーラ#14築城がボールをキープ、逆サイドへ一気に残り5mまで前進する。ここからコーラがフォワードで近場を攻めるがまったく前進できず、逆に出たボールを東芝が奪取。

33分、コーラハーフウェイ付近でのラインアウト。コーラここは大きく展開するが中央では前進できず、右で10m前進。そのポイントで東芝がボールを奪取、東芝がグラウンドで前進するも中央のポイントでボールが離せず。コーラ4度目のPG選択。コレを成功させて6点差。

35分、キックオフはコーラ自陣深くに入り込んでしまい、コーラけり返してタッチ。東芝敵陣10mでのラインアウトとなる。中央付近でできたポイントから出たパスが乱れるが東芝ボールをキープ。ハーフウェイ付近での攻防と変わるが東芝中央付近でノッコン。

36分、コーラ自陣10mラインでのスクラム。すぐに蹴り出すがダイレクトタッチ。

37分、東芝敵陣10m-22mの間でのラインアウト。東芝とってすぐモールを形成、22mでポイントを崩す。近場をフォワードで攻めて中央で#12オトを突っ込ませる。残り2mまで前進するも、ポイントでコーラがボールを奪取。#10淵上が蹴り出してピンチ脱出。

38分、東芝敵陣ハーフウェイ付近でのラインアウト。東芝とってモールを形成。5m押してバックスへ回すもコーラが奪取、コーラここも蹴るが東芝がチャージ。陣地はほとんど動かないままポイントを再形成。ここはコーラがボールを確保、ホーンが鳴ったためタッチへ蹴り出してハーフタイム。

ハーフタイムショウは宮崎西高校のダンス部が実施。

後半

コーラがハーフを入れ替えての後半キックオフとなった。(竹内-江浦は両方とも東芝府中OBである)

キックオフはあっさりけり返してタッチ。コーラ自陣22mライン外側でのラインアウト。コーラとって蹴るがまたもチャージ。ここも東芝ボールは取れずタッチ・インゴールを割る。

1分、コーラドロップアウト。浅いキックでマイボールを確保しようとしたがタッチへ出されてしまう。東芝、敵陣10m-22mの間でのラインアウト。ロングラインアウトを東芝が確保、逆サイドでモール気味の密集をつくりコーラの反則をたたき出す。

2分、東芝残り7mでのラインアウト、かなりコーラが競ってきたが東芝がなんとかタップ。相当下げられてのポイント形成となり、そこから出たボールに東芝ノッコン。

3分、コーラ自陣残り10mほどでのスクラム。東芝全力でプッシュ、スクラムでボールを奪取。そのまま前進して残り7m、左へ展開してポイントをつくり、最後は#12オトが相手ディフェンスを押し切ってトライ。

6分、キックオフは東芝が確保。タッチへ蹴るが、一度ボールが内側へバウンド。コーラここでボールを確保できず、ボールはもう一度逆方向へバウンド。タッチを割る。

7分、コーラ自陣22mラインでのラインアウト。東芝がタップして少し下がったところでポイントを形成。ハーフ#9伊藤がサイドを突いて22mラインを突破。そこから#9廣瀬、#15松田と繋がりトライ。

9分、キックオフをコーラが確保。ポイントで東芝が押したが反則、逆サイドへコーラが展開して22mラインを割る。しかしポイントでまたも東芝がボールを確保、さっくり蹴る。コーラ自陣#22ジョーンズが持って前進。ハーフウェイ付近でボールが止まってしまいアンプレアブル。

11分、コーラ敵陣ハーフウェイ付近でのスクラム。右サイドを突くがタッチへ押し出される。ボールは東芝が取った模様。

12分、コーラ敵陣10m-22mの間でのラインアウト。コーラ、オープンで中央を突く。これが功を奏し22m目前、そこから左へ展開。ポイント連取して22mライン上の攻防となる。コーラがロングパスでつなぐ。しかし孤立すれば東芝ディフェンスが追いつく。長い攻防は東芝が中央で反則。

13分、コーラがPKをタップスタート。残り7mまで来たが中央で東芝が押し返す。22m付近での攻防から左サイド、#18アンドリュースがラックサイドを突いてトライ。ここからは強風のため、#22ジョーンズのゴールキックにはプレーサがつく。それでもなお、ゴールキックは相当まがり失敗。

16分、キックオフをコーラが抑え、自陣5mから低い弾道のキックを蹴る。東芝このボールを押さえ、パントを上げる。風に乗って伸びたパントは、あっさり敵陣前へ転がり、#15松田がまっすぐ飛び込む。本日2本目。東芝もキックはプレーサを使う。

18分、キックオフは両方ともボールが抑えられなかったが、東芝に転がり東芝が自陣22mラインで確保。タッチへ蹴り出す。

19分、コーラ敵陣10mラインでのラインアウト。風でボールが曲がりノットストレート、15mスクラムとなる。

20分、東芝自陣10mでのスクラム。一度オトが当たり、ハーフウェイまで前進。#11仙波がうまい突破でディフェンスをひきつけ、#14吉田大がパスを受けて前進。#9伊藤に繋がり中央へトライ。これはバックスでつながったきれいなトライだった。

22分、キックオフを東芝が確保。キックでタッチへ蹴り出す。コーラ、ハーフウェイでのラインアウトとなる。これはモールにとってみたがコーラ下げられる。さらにそのまま崩壊してしまい相手ボールのスクラムに。

23分、東芝敵陣ハーフウェイ付近でのスクラム。近場をフォワードで攻めて10mラインまで前進。そこでコーラの反則を誘い出す。

24分、東芝敵陣22mラインでのラインアウト。東芝とってモールを形成。コーラ受けきれず東芝が大きく前進。残り1mでなんとかとめるが東芝がそのままポイントを継続。コーラも近場のディフェンスで粘り、インゴールへ持ち込まれるもヘルド・イン・インゴールでトライは阻止。

26分、東芝敵陣5mでのスクラム。崩壊からモールを再形成。これも崩れたりしながらコーラが必死にディフェンスするも、左ナローサイドを突いて#5ニックが今日2本目。

29分、キックオフにコーラが強烈なプレッシャー。東芝パスが乱れるがボールは確保、と思ったら左サイドでスローフォワード。

30分、コーラ敵陣残り15mほどでのスクラム。サイドを突くもここはラックに、さらにダミーを使って突破。中央で残り5mから左サイドを突いて残り5m、しかし東芝の圧力に22mラインまで下げられる。もう一度左で、今度は#22ジョーンズが22mライン上でグラバーキック。これを自分で拾ってトライ。これはレベルが違うプレーを見せてもらった。

32分、キックオフはコーラが抑える。ナローサイドを突破、#22ジョーンズがパントで突破を試みるもダイレクトタッチ。

33分、東芝敵陣ハーフウェイ付近でのラインアウト。これをコーラが奪取、左サイドでポイントを形成。そこからのパスを東芝がインターセプト、コーラディフェンスの隙を突いて前進するも敵陣でノッコン。

34分、コーラ自陣10m-22mの間でのスクラム。スクラムが回転するとボールは東芝。しかし中央へ回したボールはスローフォワードの判定。

35分、コーラ自陣22m外側でのスクラム。ボールが出たとたんに激しい東芝のプレッシャー。しかしアンプレアブルでの判定はコーラボール。

36分、コーラ自陣22mラインでのスクラム。逆サイドへ展開して前進。人数を掛けて#8山口が敵陣へ。敵陣10mへ入り込むがポイントで東芝がボール奪取、しかし前進したところで東芝ノッコン。

37分、コーラ敵陣10m付近でのスクラム。見事なオフロードパスから22mを割り、中央へもってきたが東芝が押し返す。もう一度右でポイント形成したところで東芝に反則、38分コーラがPKからクイックスタート。左一杯へ展開したところで東芝が押し出した。

39分、東芝自陣残り5mでのラインアウト。これは東芝が押さえてモールを形成。これにコーラが圧力を掛けられず10mほど東芝が前進、しかし反則は東芝。コーラPKからクイックスタート、逆サイドへ展開。ポイントを連取したコーラ、中央へ行ったところで東芝がオフサイド。コーラここもPKからクイックで前進するも残り7mで落球。東芝ボールのスクラムとなる。ここでホーンが鳴り東芝ボールを出すもノッコン。ノーサイドとなる。

評価

コーラ

フォワードの圧力負けなところはある。バックスはイーブンだと思った、いや、#22ジョーンズはちょっと一人「違うぞ」というところを見せたか。十分中位レベルの実力はある。

ボールが取られた場面がかなり多かったように思われる。ディフェンスがおいついてないかなあ、という気もする。

東芝

コーラの圧力には負けてなかった上、2つのチャージがあった辺り、本日は前へ出るディフェンスができていたように思う。相手が誰であっても、同じプレーができるという強みはさすがといえよう。

本日の2失点は、外国人選手の個人プレー2本で、これを防げるようになったらNPCレベルかも。