トップリーグ2007

三菱重工相模原ダイナボアーズ-東芝ブレイブルーパス

試合開始2007年12月8日14時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件くもり、風は東風
レフリー麻生彰久

メンバー表

重工相模原 東芝
後半30分 交代→21 中村雄一郎 1 1 高橋寛 後半24分 交代→17
後半0分 交代→16 児玉智繁 2 2 猪口拓
後半0分 交代→17 山口篤史 3 3 櫻井俊貴 後半37分 交代→19
和田俊介 4 4 大野均 後半15分 交代→18
村上崇 5 5 Nicholas Holten
佐藤喬輔 6 6 渡邉泰憲
後半33分 交代→18 中川ゴフ・アレキサンダアキラ 7 7 中居智昭
後半10分 交代→19 Simon Kasprowikz 8 8 豊田真人
後半10分 交代→20 柴本裕吏 9 9 伊藤護
安井慎太郎 10 10 廣瀬俊朗 前半21分 交代→22
後半34分 交代→22 山崎智之 11 11 高山国哲
豊山寛 12 12 Scott McLeod 後半27分 交代→20
Nick Collins 13 13 冨岡鉄平
三須城太郎 14 14 平田倫大
新田和昭 15 15 吉田大樹
後半0分 交代←2 杉本剛章 16 16 塚越賢
後半0分 交代←3 藤田幸仁 17 17 久保知大 後半24分 交代←1
後半33分 交代←7 高橋昌徳 18 18 藤意航介 後半15分 交代←4
後半10分 交代←8 Blair Urlich 19 19 宮下哲朗 後半37分 交代←3
後半10分 交代←9 正田勝彦 20 20 藤井淳 後半27分 交代←12
後半30分 交代←1 阿部拓生 21 21 ナタニエラ・オト
後半34分 交代←11 岩倉大志 22 22 松田努 前半21分 交代←10

得点経過

前半

重工相模原 東芝
4分 T#8 豊田真人 G成功0-7
14分 T#6 渡邉泰憲 G成功0-14
17分 T#13Nick Collins G成功7-14
20分 T#2 猪口拓 G成功7-21
29分 T#6佐藤喬輔 G成功14-21
33分 T#19Blair Urlich G失敗19-21
38分 T#22岩倉大志 G成功26-21

後半

2分 T#8 豊田真人 G成功26-28
6分 T#8 豊田真人 G失敗26-33
9分 T#11山崎智之 G失敗31-33
15分 T#12 Scott McLeod G成功31-40
25分 T#7 中居智昭 G成功31-47
31分 T#15 吉田大樹 G成功31-54

合計

3154

ゲーム抄録

前半

サイド交換で東芝が北サイドを取る。そのままキックオフを蹴って試合開始。

深いキックオフは重工同士の選手がぶつかってしまい落球。ファーストスクラムとなる。東芝敵陣残り10mほどでのスクラム。エイトがもって中央へ、さらに右へ展開するもパスが乱れタッチ。

1分、重工自陣残り15mでのラインアウト。モールを形成してじっくり押す。ほぼゴールラインから蹴ってタッチ。

2分、東芝敵陣10m-22mでのラインアウト。東芝タップして中央へ回す。22mを割ってもういちど展開、右でラックを形成。逆目へ回して22mで前進突破、近場を攻め上げ#8豊田がディフェンスラインを突破。そのまま回り込んでトライ。

4分、キックオフはかなり深め。東芝持って22mライン上でクラッシュ、タッチへ蹴るが浅め。重工敵陣10m-22mでのラインアウト。重工とって展開、右端から#13コリンズがすばらしいラン。しかし右22mを割ったところでタッチを出てしまう。

5分、東芝自陣残り15mでのラインアウト。東芝とってモールを形成。22mラインで崩れてサイドを突破。ハーフウェイまで進入、ここで一度倒されるもボールはキープ。東芝細かいつなぎでディフェンスラインの裏を割るが東芝がこぼしたボールを重工ノッコン。

6分、東芝敵陣10m-22mでのスクラム。左に出たボールを#8豊田が持って突破。重工おいつけずあっさり真ん中へトライ。

8分、キックオフは22mライン上。東芝とってモールを形成。ドライブして22mをすぎたが崩壊。東芝タッチへ蹴る。重工敵陣10mのラインアウト。タップから逆サイドへ展開してボールを継続。中央でポイントから順目、もう一度押していく。これで22mラインへ押し出し、さらに前進。左ライン際で#11山崎が抜けてトライ。角度のあるゴールを#13コリンズが決めた。

11分、キックオフを壁を使って重工がキャッチ。タッチへ蹴り出す。

12分、東芝敵陣10mラインでのラインアウト。タップから東芝が中央でクラッシュ、順目へつなぎ22mを突破。ポイントから逆目へ展開、22mライン中尾うでポイントから右近くをゴー。いったんは残り10mまできたが押し返され、モールが止まったところで笛。

13分、東芝敵陣22mでのスクラム。左へ回して#12マクラウドに持たせたがノッコン。

14分、重工自陣残り13mでのスクラム。重工に反則、FKから東芝が前進。逆サイドでポイントができたが、二度三度と重工も防ぐ。しかし最後は#5ホルテンが押し切ってトライとなった。

16分、キックオフはダイレクトで出てしまい東芝センタースクラムを選択。東芝8-9で攻撃、ハーフウェイを過ぎたところでパント。重工がボールをとる。ハーフウェイを越えたところでのパントを東芝が取り左でポイント形成。自陣から東芝回して攻撃。ハーフウェイで東芝も蹴りこみ22mを越え、重工フェアキャッチ。

19分、重工FK。サイドへ蹴ってタッチをわり、東芝敵陣10m-22mでのラインアウトとなる。東芝とって近場で突破、22mでポイントを作るも反則。

20分、重工敵陣ハーフウェイ付近でのラインアウト。重工が取ってパイルになるも東芝がボールを奪取。そのままアンプレアブルになり東芝ボールに。東芝ハーフウェイラインでのスクラムとなる。

東芝センタークラッシュから順目、逆目の近場を使い展開。しかし右ラインで重工が取ってパント。東芝けり返すも距離が出ず。

22分、重工敵陣10m-22mでのラインアウト。東芝が取ってモールを形成しなおす。逆サイドへオープンキック。これを#14平田がキャッチするも押し出される。

23分重工ハーフウェイでのラインアウト。パントにするが22mライン上、東芝FKから回してするすると敵陣へ進入。敵陣22mラインからうまくドライブして残り10mでパイル。ここで東芝ボールをこぼしてしまい重工がボールを奪取、ゲインがなく東芝のノッコンを取る。

24分、重工自陣残り10mでのスクラム。ラックになってしまうが重工がボールをキープ。重工バックへ回してタッチを狙うも東芝がチャージ。#7中居が自らチャージボールをうまく押さえトライ。

26分、キックオフを東芝取るもラック。オブストラクションの反則から重工が早く回して順目で展開。#14三須がゴロパンを蹴ってインゴールへ入れるも東芝抑える。

27分、東芝ドロップアウト。タッチ方向へ狙うも重工がキープ、しかしそこで止まってしまい反則。東芝一度Pから10mほどまっすぐ進み、左へ展開。しかし中央でノッコン、重工がうまくゴロをタッチへ出す。

29分、東芝自陣22m内側でのラインアウト、モールを形成してプッシュからパント。重工とってハーフウェイ付近まで進むが東芝のタックルでノッコン。

30分、東芝ハーフウェイラインでのスクラム。早く展開して左サイドでポイント形成するもボールが離せず。重工敵陣22mラインでのラインアウトとなる。重工このラインアウトを短いスローで取るがラック。そこから中央でクラッシュするも押し返され、ポイントで東芝が取る。#12マクラウドのポップパスを\#10廣瀬から\#15吉田へ東芝がつなげてしまいトライ。

32分、キックオフを東芝見逃しタッチ。

33分、東芝自陣10m-22mでのラインアウト。長いラインアウトからモールを形成、ここも押していく。10m目前からナローへ攻撃、ハーフウェイ付近でモールを作ってドライブ、さらに敵陣10mまで入ったがノッコンを取られる。

34分、重工自陣ハーフウェイでのスクラム。スタンドへ回したがそのスタンドが落球してしまいノッコン。

35分、東芝敵陣10m-22mでのスクラム。今度はパスを東芝が落としてしまいノッコン。

36分、重工自陣10m-22mでのスクラム。東芝押してプレッシャーをかけ、混戦から東芝がボールを奪取。しかし押していたのは重工。東芝逆サイドへ展開して前進するもボールは安定してキープできず。重工が取りタッチへけるもダイレクト。

37分、東芝敵陣22mラインでのラインアウト。重工がキャッチしてモールを形成、蹴っていったが東芝がキープ。自陣から東芝が回しハーフウェイラインでモール。さらに逆サイドへ蹴ってバウンドが東芝側、東芝が取りに行ったところで重工とぶつかりノーボールタックルに。

38分、重工敵陣ハーフウェイ付近でのラインアウト。短めをキャッチしてモールを形成。若干おしてハーフキック。パントは東芝がキャッチ、自陣でラックを形成してここからなかなかボールが出ない。出たところでタッチへ蹴り出す。

39分、重工敵陣ハーフウェイ付近でのラインアウト。ほぼやり直しのいち。重工こんどは近場からまっすぐ、敵陣22mでポイント形成。そこで東芝がプレッシャをかけてボールを下げさせ、パスが乱れたところを東芝が蹴り飛ばす。重工陣に転がったボールは重工が抑えるものの東芝がタックル。しかしボールは転々、誰も追いつけずタッチを割る。ハーフタイム。

後半

重工が蹴って試合再開。

蹴りあいの展開は東芝が左へタッチキック。重工自陣10mラインでのラインアウトとなる。ハーフキックから東芝が自陣でキャッチ、ラックは東芝が取りそこから逆サイドへ蹴り飛ばす。そのままタッチ。

1分、重工自陣10m-22mでのラインアウト。東芝がボールを奪取、ラック近場を攻める。広く飛ばして逆サイドへ出し、中央でプッシュ。うまく引いて残り10mほどまできた。そこから左へ展開するもインゴールでアンプレアブル。

2分、東芝敵陣残り5mでのスクラム。じっくりおした東芝、そのまま押し切ったもののノッコン。

3分、重工自陣残り5mのスクラム。東芝これもプッシュ、重工を下げさせる。ボールまで奪取してしまい#8ホルテンがボールを抑えた。逆スクラムトライという格好に。

5分、浅めのキックオフに重工が空中タックルをやってしまい反則に。東芝敵陣10mラインでのラインアウト。東芝タップから展開、センターで入るもノッコン。

6分、重工自陣10mラインでのスクラム。東芝これもプッシュ、崩壊してボールは重工が出す。左で蹴るもまっすぐで、22mラインから蹴ったが重工がキャッチ。さらにパントをうまく抑えた重工、そのまま前進するも前の選手にぶつかってしまいオブストラクション。

7分、東芝自陣22m手前でのスクラム。22m内側から蹴って陣地を回復。

8分、重工自陣ハーフウェイでのラインアウト。これがノット1mで重工がFK。中央のポイントでボールをつなぐがゲインが出ず。しかし東芝がポイントでオフサイド。

9分、重工敵陣22mラインでのラインアウト。重工とって近場攻撃するがモール、さらにそれが崩れラックに。重工一杯に展開、右サイドを突破するも22mを突破したところでノッコン。

10分、東芝自陣22m内側でのスクラム。タッチへ蹴り出す。重工敵陣10m-22mでのラインアウトとなる。銃口早く回して逆サイドで22mラインまで攻撃。そこから逆目へ回したところでノッコン。東芝アドバンテージでボールを奪取、ポイントができたがなかなかボールを出せずタッチへ蹴り出す。

12分、重工敵陣22m-10mでのラインアウト。重工早い回しから展開するも右一杯でボールをこぼす。ノッコンではなくボールは重工がキープ、できたモールで重工がオフサイドの反則。

13分、東芝敵陣22m奥でのラインアウト。15mでのモールを形成、うちへドライブ。切れかけるモールをパワーで押して押してトライ。

15分、キックオフは浅め。重工がとってそのままドライブ。モールが切れる間に22mを突破、ラックは残り10mのポイントにできる。ここから左へ展開した重工、押し返され残り20m。しかしここから重工、必死に右へ展開。東芝必死にタックルするも右一杯で#13コリンズが飛び込む。

18分、キックオフを重工とってモールを形成。すぐ出してタッチへ蹴り出す。

19分、東芝敵陣22m外側でのラインアウト。東芝とってモールを形成。22mラインを割ったところで中央が相手残り5m。さらにできたポイントで近場を攻撃、残り3mまで押し出す。東芝中央へ出したボールがモールになり、そのモールを押し込んだが残り1m。近場を攻め続けた東芝結局押し切りトライ。

22分、キックオフを東芝競って取る。タッチへ蹴る。重工ハーフウェイでのラインアウトとなる。ラインアウトに東芝攻め手ボールを奪取、モールとなる。左へ展開するも左サイドで重工がタックル、ボールをこぼしてしまう。

23分、重工ハーフウェイでのスクラム。これも東芝が押したがボールは銃口。左で展開してモールをプッシュしてハーフウェイまでくるが東芝がボールを取る。東芝自陣で回すも逆に重工が取り返す。敵陣10mでのモールになったが笛。

24分、東芝自陣10mでのスクラム。東芝回して攻撃、右でモールができた。これを押して銃口がオフサイド、東芝ここもPからタップで攻撃開始。しかし重工のプレッシャに前進が取れない。ようやく10mを突破、さらに近いところから展開、逆サイドへ出すもパスが乱れる。ナローで前進して残り30mほどのラックで時間がかかる。このラックで重工が取り、前進していた東芝のディフェンスを破る。ハーフウェイ付近で東芝がようやく捕まえる。重工中央へ回したところでノッコン。

27分、東芝ハーフウェイでのスクラム。近場を攻める東芝、モールを形成して押す。出たボールを銃口がインターセプト。さらに左サイドから回したがこんどは重工が落球、東芝が奪取。残り22mでこんどは東芝が落とし銃口がボールを取る。自陣10mから敵陣10mを割り、ポイントを形成。センターを抜けたのは#6佐藤。東芝追いつけずトライ。

30分、キックオフを重工がキープ。自陣からでも回していく。左でゴロパン、これは東芝が取ってハーフウェイでポイント形成。しかし東芝反則。

31分、重工敵陣22mでのラインアウト。タップしたのは東芝。重工が押していてアンプレアブル。

32分、重工敵陣残り13mでのスクラム。東芝反則から重工がタップスタート。近場攻撃を重工が繰り返す。残り2m。東芝ディフェンス押し切られる。

33分、キックオフを重工が取りラックを形成。重工回すがパスが乱れる。自陣でのモールが崩れたところで東芝がボールを奪取。センターでクラッシュからポイントを形成、残り10mほど。そこを右へ出すも右一杯でノッコン。

36分、重工自陣残り10mでのスクラム。重工ここも回してくる。パスが乱れたところでノッコン、東芝ボールを奪うも前進できず。

37分、東芝敵陣残り15mでのスクラム。スイッチで落球。重工自陣18mでのスクラムとなる。そのスクラムを東芝がプッシュ。ボールは重工が持って左へ展開するもパスが乱れる。転がったボールは東芝#22松田が抑えてゴールラインを割る。

39分、キックオフを東芝がキャッチ。右サイドラインを割って敵陣22mを陥れたのは東芝#22松田。そこから左へ展開、一度は落球も重工にオフサイド。東芝ペナルティからタップしたものの左サイドでノッコン。ノーサイド。

評価

重工相模原

スクラムやモールで押されまくっていた。ラックは重工のほうが上手だったところもあるようだ(笠井選手による)。

バックスはかなり早く、しかもパスが長くて速い。東芝をうまく振り回したのは、このバックスのプレーにつきるように思う。

東芝

フォワード戦では、セットはキチンと取れていた。このへんはかなり改善されているが、攻撃のオプション、とくにバックスはストーミーがいないと全然ダメ状態。ディフェンスにも影響するようで、ストーミーが退場してからかなり点を取られていることがわかる。

スピードがないバックスであることは、すでにわかっている問題なのだから、そこへボールを出させない工夫が必要なのだろう。

中居のチャージトライはご馳走様でした。