トップリーグ2007

NECグリーンロケッツ-トヨタ自動車ヴェルブリッツ

試合開始2008年1月6日12時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件晴れ、風はほとんどなし
レフリーGeorge Ayoub (AUS)

メンバー表

NEC トヨタ
久富雄一 1 1 山本正人 後半33分 交代→16
水山尚範 2 2 中村嘉樹
後半11分 交代→17 斉藤展士 3 3 中野真二
浅野良太 4 4 Daniel Quate
佐藤平 5 5 谷口智昭
後半26分 交代→19 Semisi Saukawa 6 6 中山義孝
後半33分 交代→18 大東毅 7 7 遠藤正俊 後半28分 交代→19
箕内拓郎 8 8 菊谷崇 後半40分 交代→18
後半10分 交代→20 辻高志 9 9 麻田一平
Jaco van der Westhuyzen 10 10 正面健司
首藤甲子郎 11 11 水野弘貴 後半27分 交代→22
安藤栄次 12 12 難波英樹
後半33分 交代→21 向山昌利 13 13 赤沼源太
前半27分 交代→22 山本秀文 14 14 岩本健一朗
松尾健 15 15 内藤慎平 後半10分 交代→21
山本貴治 16 16 高柳健一 後半33分 交代←1
後半11分 交代←3 猪瀬雄太 17 17 志村知宏
後半33分 交代←7 安田知生 18 18 平塚純司 後半40分 交代←8
後半26分 交代←6 Nili Latu 19 19 阿部亮太 後半28分 交代←7
後半10分 交代←9 藤戸恭平 20 20 黒宮裕介
後半33分 交代←13 櫻谷勉 21 21 遠藤幸佑 後半10分 交代←15
前半27分 交代←14 大東功一 22 22 William Ryder 後半27分 交代←11

得点経過

前半

NEC トヨタ
6分 T#8箕内拓郎 G成功7-0
13分 T#11 水野弘貴 G成功7-7
19分 PG成功7-10
22分 PG成功10-10
26分 T#12 難波英樹 G成功10-17
39分 DG成功10-20

後半

2分 PG成功13-20
4分 PG成功13-23
9分 PG成功16-23
19分 PG成功19-23
22分 T#22大東功一 G失敗24-23
31分 T#14 岩本健一朗 G成功24-30
34分 T#22 William Ryder G成功24-37
35分 DG成功24-40

合計

2440

ゲーム抄録

前半

NECがメインからみて左をとった。少し風が出てきて風下、キックオフを蹴る。

22m奥へのキックオフをいきなり蹴り返す。NEC持って敵陣10mでポイント形成。すぐに展開からオープンサイドへ振るが逆サイドでゲインなし。もう一度左で回すがパント、トヨタの蹴ったボールは22mを越えてタッチへ。

1分、NEC自陣5mでのラインアウト。ショートだったが誰も取らず、NECがリカバーしてタッチへ逃れる。トヨタ敵陣10mラインでのラインアウトにかわる。ノットストレートでNECスクラムとなる。

2分、NEC自陣10mでのスクラム。パントは敵陣10m、トヨタとってグラウンド攻撃。左へ振って10mラインをゲイン、さらに近場を攻める。中へ入れてグラバーの蹴りあいからトヨタもう一度ハンドリング。中へ中へと振るが押し戻され、アンプレアブルの判定はNECボール。

4分、NEC自陣10mラインでのスクラム。中へ入ったポイントでトヨタがオフサイド。NECのPKはハイパントになってしまうが、トヨタのパスワークが乱れタッチへ逃れるのが一杯。

5分、NEC敵陣10m-22mでのラインアウト。スローが長すぎてトヨタ押さえ、けり飛ばす。NECハイパントをトヨタ自陣で抑えるが自陣10mでポイント形成。外へのキックをチャージしたNEC#8箕内がボールを追っかけ、インゴールで抑える。

7分、トヨタのキックオフ。浅めのキックオフはNECがキープ、ラックからまっすぐ前へ。トヨタ自陣から持って、右へグラバー。パントの蹴りあいが続いたあとNEC#10ヤコからつながりNECが敵陣へ。センターでキックパスを試みるがNECオフサイド。

9分、トヨタ敵陣ハーフウェイでのラインアウト。早く投げてポイント形成、10mラインを突破する。ラック連スから回したが中央で早いタックルにつぶされ、

10分、NECのPKをトヨタ自陣でキャッチ。蹴りあいはトヨタが自陣から持ち出し、22mラインを突破。さらに近場を攻めて残り5m。さらに近場を攻めたトヨタだったがアドバンテージ切れ。NECディフェンスのオフサイドを取る。

11分、トヨタ敵陣残り5mでのラインアウト。ロングを投げてモールを形成。さらにトヨタ押す。NEC必死に守るが残り2mの攻防、さらに必死の攻撃もヘルド・イン・インゴール。

13分、トヨタ敵陣残り5mでのスクラム。NEC強襲をかけて下げさせたが外へ振った。#11水野につながってトライ。

14分、NECキックオフ。深めのキックはトヨタまっすぐ返す。NEC自陣で蹴るがトヨタは自陣で持ち越す。NEC攻めたがポイントでトヨタが取り返し、逆サイドで展開。しかし右サイドでつかまり押し返される。22mまで下げたところでタッチへ蹴り出す。

16分、NEC敵陣10mでのラインアウト。モールを形成してドライブしようとするが、ボールがいったんモールを出てしまいオブストラクション。

17分、トヨタ自陣10mラインでのスクラム。トヨタるーぷをつないで左で大きくキック。蹴りあいからNEC自陣で持つ。左のポイントからNECなんとか出すがキックはタッチへ。

18分、トヨタハーフウェイでのラインアウト。長すぎたボールをNEC奪取する。さらにラックをつないだが左でつかまる。NEC下がったところでボールが出ず、NECに反則の判定。トヨタPGを選択。#11水野が蹴って成功。

19分、NECキックオフ。22m奥からトヨタが持ってポイント形成。タッチ方向へのキックをNECが敵陣で抑えてポイント形成。敵陣10mラインからパント、これに#11水野が追いつくがノッコン。

21分、トヨタ自陣22mでのスクラム。出たところでトヨタが落球。NECこのボールを押さえてラック連取。残り8mまできたところでトヨタに反則。NEC、PGを選択。

23分、トヨタのキックオフ。22mライン上で抑えてラック形成、タッチへ蹴る。

24分、トヨタ敵陣ハーフウェイでのラインアウト。モールから蹴っていったが22mへ入ってしまいフェアキャッチ。FKをすぐにスタート。左へ攻めていったがセンターラインでパント。これをこんどはトヨタがマーク、FKを得てすぐにスタート。今度はお返しとばかりに左へ攻めたところで22mを突破。前係のNECディフェンスをおいていったが残り15mほどでつかまる。そこからラック連取、結局#12難波が押さえトライ。

27分、NECキックオフはトヨタ自陣22mへ。トヨタ抑えてタッチへ蹴り出す。

28分、NEC敵陣ハーフウェイでのラインアウト。NECタップから中へ攻めてクラッシュからラックを連発するも少し下げられたところで、トヨタ#5谷口が高いタックルで反則。

29分、NEC敵陣残り10mでのラインアウト。NECなんとか抑えてポイント形成。15mライン付近でのもみ合いポイントは、NECがオブストラクションを取られた。

31分、トヨタ自陣残り6mでのスクラム。ハーフ気空はNECが押さえ敵陣で侵攻。22mライン付近から攻めたが10mラインまで戻されてノッコン。トヨタ大きくパントしてNECが22m陣内で抑えるが蹴らずにグラウンドで回してきた。ここでトヨタにノッコンの反則。

32分、NEC自陣22m奥でのスクラム。パントはトヨタがハーフウェイ付近で抑える。ポイントでトヨタがオフサイドの反則。

33分、NEC敵陣10mでのラインアウト。早く回してセンタークラッシュ、さらにラックを連取するもトヨタに押し下げられる。ハーフパントは22mラインで#10ヤコが押さえにかかるが、トヨタが触れてタッチへ出てしまう。

34分、NEC敵陣22m奥でのラインアウト。NEC取ってモールを形成。トヨタが崩して反則の判定。今度は残り7mでのラインアウトに変える。NEC取ってモールを形成、ドライブかからず、ラック連取からトヨタがターンオーバー。キックで逃れる。キックはタッチに出ず、NEC自陣まで戻ってけり倒すがトヨタがボールを取り逆サイドへ蹴り倒す。こんどはNECも追いつけず、トヨタが必死におい残り5mでアンプレアブル。

36分トヨタ敵陣残り5mでのスクラム。センタークラッシュでNECがボールを奪取。#10ヤコが右で抜けたがこれは15mでつかまり、NECパントをタッチへ出す。

37分、トヨタ敵陣22m外でのラインアウト。22mへ引きずったトヨタ、NECディフェンスを切って残り15m。さらに内へ回したがこれはNECが富め、トヨタさらに回したが22m奥でボールが離しきれず。

38分、NEC自陣10mライン奥でのラインアウト。NECタップするがトヨタに下げさせられる。さらにポイントでトヨタがボールを奪取。トヨタ速度に勝って相手を22mまで下げさせ、そこで#10正面がDG。これが成功となる。

決まったところでホーンが鳴ってハーフタイム。

後半

トヨタが蹴って試合再開。

22mへ飛んだキックをNECがタッチへ。トヨタ敵陣ハーフウェイでのラインアウトとなる。長いラインアウトをトヨタ抑えて右へ展開、右端でパスが乱れるがキックで内へ返す。NEC取ったがパント。トヨタ自陣で抑えて回してくるがNECがポイントでボールを奪取。トヨタの反則をたたきだす。NEC、PGを選択。45mはあるかというキックを決めてきた。

3分、トヨタのキックオフをトヨタが奪取。センター右を押して22mラインを突破。さらにトヨタがラックを連取したところでNECに反則。トヨタもすかさずPGを選択。

4分、NECキックオフは22m。トヨタ22mを出たところでラック、タッチへ蹴るが浅め。

5分、NEC敵陣10m-22mでのラインアウト。NECなんとかタップしたがラックは下げられる。センタークラッシュから左へ展開、ゲインは取れてない。さらにパスで下がったところでトヨタのタックル連発で自陣まで下げられ、#10ヤコのタッチキックはダイレクトに。

7分、トヨタ敵陣ハーフウェイでのラインアウト。NECが奪取して敵陣10mを突破。さらに短いパスで22mラインへ進入するが、キックパスは長すぎダイレクト。

8分、トヨタ自陣22mでのラインアウト。トヨタ取ってモールを形成。ボールを出したところでハーフが落球。NEC敵陣22mでのスクラムとなる。エイトから出したがここは抑えられる。NECさらに左で攻めるが#10ヤコが蹴ったところでアドバンテージ終了。NECまたもPGを選択。

10分、トヨタキックオフ。キックオフは22mあたりでNECが押さえてけるがノータッチ。さらにトヨタがラック連取、センターでクラッシュ。ここで2m3mと進むのがトヨタの強みだが、トヨタの反則となる。

11分、NEC敵陣10m-22mでのラインアウト。NECとって22m外でパント。マークしたところからクイックスタート。右に左にと振って左ラインで#21遠藤こーすけが侵攻。ハーフウェイラインでの強烈な攻防となる。結果アンプレ。ここまで押していたトヨタボールの判定。

13分、トヨタハーフウェイでのスクラム。#10正面がうまいキック、これをNECがおもわず見逃してタッチへ。

14分、NEC自陣残り7mでのラインアウト。ロングをNECがキャッチ。またも蹴り出すがこれもノータッチ、トヨタが取るが敵陣でノッコン。NEC逃さず取る。キックパスを試みるが#11首藤は追いつけずタッチ。

15分、トヨタ自陣22mライン外でのラインアウト。ラインアウト中で反則があった。

16分、トヨタハーフウェイでのラインアウト。タップから回したが10mラインでポイント形成。さらに左へ回すがここは下げられる。蹴ってNECがパントで返す。トヨタ自陣で取ったがラック、パントを試みたがほとんどゲインなし。トヨタボールはキープ、パントでNECキャッチ。右へ持ち出したがNEC敵陣10mで落球。トヨタ蹴ったが今度はNECが左サイドで攻撃。ラック近くをじりじりと押して10m-22mへ、さらに右サイドへ回したが#22大東功一が店頭。22mラインでの攻防となる。ラックを取っているのはNEC。トヨタが早く出すぎ反則、さらにNECがラックを取る。パスが乱れノッコンしたところでアドバンテージを取る。19分、NECがPGを選択。

20分、トヨタのキックオフは浅め、NEC落球。

21分、トヨタ敵陣10mライン奥でのスクラム。右へ出してセンタークラッシュ、さらに近場から攻めたが落球。NEC取ってパント。この処理をトヨタが誤り、さらにNECが蹴飛ばす。インゴール手前で#10正面がボール処理を誤り、そのこぼれだまを#22大東功一が押さえトライ。

24分、トヨタキックオフ。トヨタ落球からNECが蹴って敵陣へ。これはトヨタが取ってけりパント。トヨタが取って敵陣でポイント形成。さらにナローへつないでトヨタが回したが左で落球。NEC今度はまっすぐ蹴るもインゴールへ転がりトヨタが抑えた。

25分、トヨタのドロップアウトバウンドの処理を誤ったがNECがタッチへ蹴り出す。

26分、トヨタ自陣22m外でのラインアウト。NEC長いラインアウトを取って22mを突破。さらに左で蹴ったがボールは混戦。NECがポイントで反則してしまいチャンスを逃す。

27分、トヨタ自陣22m外でのラインアウト。トヨタとって22mへ下げたところでタッチキックを蹴る。#10正面が直撃を食らったが流される。NECハーフウェイラインでのラインアウト。NEC取ってモールを形成するが動かず。スタンドが蹴ったが22mをわずかにこえてマーク。トヨタ左へ展開して自陣でプレー。さらに右へ展開して侵攻したがノッコン。

28分、NEC自陣10mライン奥でのスクラム。エイトが持ち出して攻撃するもパント。トヨタが自陣で押し出していったが敵陣へ入ったところでパント。これをNECとってフェアキャッチ。

30分、FKをまっすぐ蹴ってトヨタが取る。さらに逆サイドへ展開、#21遠藤コースケが右ラインを破る。さらに#14岩本が左ラインを破り、NECディフェンスを振り切ってトライラインを破る。そのまま中へ入っていってトライ。

32分、NECのキックオフ。蹴り返しはNEC自陣でとって逆サイドへ展開。左サイドでポイント形成、そこで右へ展開。センタークラッシュを続けたがボールはトヨタに。トヨタ左へ蹴っていったがインゴールへ入り、これはNECが抑えた。

33分、NECドロップアウト。トヨタとってモールを形成。敵陣10m-22mでのモールは内側へずれていくが前進なく崩壊。ラックからトヨタが右へ展開。#22ラトゥが奇妙なステップでNECディフェンスを破った。そのままインゴールへ走り抜ける。

35分、NECキックオフ。トヨタとってモール気味の密集をゲイン。自陣ハーフウェイから中央へ展開、#10正面が地力で押し出し22mへ。さらに22mを右へ展開、ラックを連取するところから#10正面がDG! 決まった。

36分、NECキックオフ。ラックでNECがボールを奪取。10mラインでトヨタが反則、NECクイックスタート。10m-22mでポイント形成、左へ攻めるがラックで止まる。さらにNECパスするもずるずると下げられ、センターハーフウェイでトヨタのタックルを受けるがコレがトヨタのノッコンの判定。#10ヤコがキックをしたところでアドバンテージ・オーバ。

38分、NECハーフウェイラインでのスクラム。右へ展開したがノーゲイン。逆目へ振っても下げさせられるが、#11首藤がトヨタディフェンスの隙間をついて全身! 残り7mとなるがトヨタ落球。ここでホーン。

40分、NEC敵陣残り7mでスクラム。オープンに展開するも、ポイントでトヨタがボールを奪取。すぐにタッチへ蹴ってノーサイド。

評価

NEC

ディフェンスで崩れてしまうと打つ手がない印象。もう少し攻めのオプションがほしいところだろうか。

フォワードのパワーで負けてしまうと、NECはけっこうつらい。#10ヤコのキックがさえれば、それなりに戦えるのだが、本日はチェイスが弱かったか。

トヨタ

フォワードでがんばった結果が、バックスでのよいトライに結びついた。きょうはいいゲームをしたといえよう。

できにむらがあるといわれるトヨタだが、本日は厚みのあるプレーが目立った。