トップリーグ2007

東芝ブレイブルーパス-クボタスピアーズ

試合開始2008年1月6日14時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件とても晴れ
レフリー藤実

メンバー表

東芝ブレイブルーパス クボタスピアーズ
高橋寛 1 1 手塚洋成 後半24分 交代→17
猪口拓 2 2 荻原要
後半16分 交代→17 櫻井寿貴 3 3 中島貴司
大野均 4 4 Marty Veale 後半16分 交代→18
Nicholas Holten 5 5 赤塚隆
後半37分 交代→19 渡辺泰憲 6 6 鈴木力
中居智昭 7 7 岩上篤史
豊田真人 8 8 Toutai Kefu 後半24分 交代→19
後半16分 交代→20 伊藤護 9 9 茂木隼人 後半28分 交代→20
廣瀬俊朗 10 10 伊藤宏明
後半34分 一時退場 ナタニエラ・オト 11 11 大津留邦宏
Scott McLeod 12 12 吉田英之 後半36分 交代→21
冨岡鉄平 13 13 高野彬夫
吉田大樹 14 14 小堀弘朝
立川剛士 15 15 柴原英孝 後半16分 交代→22
塚越賢 16 16 竹野慈
後半16分 交代←3 笠井建志 17 17 伊藤邦行 後半24分 交代←1
藤井航介 18 18 清野護 後半16分 交代←4
後半37分 交代←6 望月雄太 19 19 Sioape Horani 後半24分 交代←8
後半16分 交代←9 吉田朋生 20 20 笠倉みちる 後半28分 交代←9
藤井亮太 21 21 渡海谷保 後半36分 交代←12
松田努 22 22 Damian McInally 後半16分 交代←15

得点経過

前半

東芝ブレイブルーパス クボタスピアーズ
24分 T#11ナタニエラ・オト G成功7-0
30分 T#13冨岡鉄平 G失敗12-0
35分 T#7中居智昭 G成功19-0
37分 PG成功19-3

後半

4分 T#8豊田真人 G成功26-3
8分 T#8 Toutai Kefu G成功26-10
14分 T#2 荻原要 G成功26-17
18分 T#11ナタニエラ・オト G成功33-17

合計

3317

ゲーム抄録

前半

東芝がメインから左を取ってキックオフを蹴る。わずかに風下。

キックオフは22mライン手前。クボタとってタッチへキック。東芝敵陣10mラインでのラインアウトとなる。ロングをとって早く展開。センタークラッシュから右へ22mラインで右ポイント形成、さらに左へ展開。左のポイントからナローへパスするも届かずタッチ。

1分、クボタ自陣22mラインでのラインアウト。クボタとってモール。キックはタッチへ出ず。東芝センターからプッシュしてパント、クボタがとって蹴りこむも東芝けり返しタッチ。

2分、クボタ敵陣ハーフウェイでのラインアウト。クボタタップするも東芝がうまく入り込んで奪取。ハーフウェイらいんでの攻防は右へ展開。右敵陣10mラインで東芝がラックを形成するも押し返されクボタがボールを奪取。またもパントは22mを越えるが東芝押さえ蹴り返す。窪田自陣で取ってグラウンドで攻撃、敵陣ハーフウェイから右へ展開。敵陣10mラインでパイル、そこで激しい攻防の連続。そこから逆サイドへ早く展開。10mラインを割る。ナローを攻めてパイルからパント。22m手前でクボタが取ってラック、ここはクボタ再度パント。これを東芝見逃してタッチ。

5分、東芝自陣5mでのラインアウト。ショートで東芝とってラックを形成。タッチへ逃れる。

6分、クボタ敵陣22mラインでのラインアウト。クボタとってモールを形成。パスはかなり下げられ敵陣、10mライン。ここで東芝がボールを奪取、#15立川が敵陣10mへ入る。しかし東芝さげられ自陣ハーフウェイライン。ここでもう一度#15立川がボールを出して敵陣で侵攻、\#6渡辺が22mラインを見るもパスは相手に。クボタとってタッチへ。

7分、東芝自陣10mでのラインアウト。クボタが手を出して奪取。中でモールができるもあっさり崩壊アンプレアブル。

8分、東芝自陣10mでのスクラム。右へ出してパンと、22mラインでクボタが蹴り返す。東芝蹴り返しはタッチ。

9分、クボタ敵陣ハーフウェイでのラインアウト。ノット1mで東芝の反則。クボタFKとなるが、ここでスクラムを選択。スクラム崩壊で東芝の反則を取る。

10分、クボタ敵陣22m奥でのラインアウト。東芝タップするもボールはクボタ。モールを形成してクボタが押す。残り7mで崩壊したところで東芝の反則。

11分、クボタ残り5mでのラインアウト。タップから入り込んだがラック。残り5mでの攻防をクボタラック連取で押し出す。長い攻防、2分以上かかったが、結局中央で出てきたところを東芝が押さえホールディング。

14分、東芝自陣10m-22mでのラインアウト。東芝とってモールを形成。クボタのオフサイドからクイックスタート。さらにクボタがノット10m。

15分、東芝敵陣10m-22mでのラインアウト。クボタタップするも東芝がボールを奪取。近いところでのラックから順目へ攻め、左一杯で#15立川が取り、直後にモール。22mラインでモールがバラけてしまいオフサイド。

16分、クボタ自陣22mでのスクラム。クボタ早く出したがパスが乱れる。なんとか蹴り返したところでタッチ。

17分、東芝敵陣10mでのラインアウト。短めのサインプレーからセンターへ回したところでオフサイド。東芝敵陣残り5mでのラインアウトとなる。18分、ラインアウトをとうしばタップした。ボールはおさえたが押し戻される。ラックからモールを作ってあと15mの位置、ここで東芝に反則。

19分、クボタ自陣10m-22mでのラインアウト。やりなおしスローは窪田が取ってモールを形成。ハーフキックは東芝が自陣でキャッチ。自陣から回していくが横はしり。蹴りあいになるも、東芝が自陣22mから蹴ってタッチ。

20分、クボタ自陣ハーフウェイでのラインアウト。東芝競るもクボタが取ってモール。ハーフキックを東芝#15立川がとってパス。インターセプトをしようとしたクボタの頭の上を越すパスで東芝が侵攻。右ラインで東芝が前進。敵陣22mを割るも落球。

22分、クボタ自陣残り8mほどでのスクラム。組みなおしはクボタがボールを出すも投げすぎでデッドボールを割る、しかし藤レフはクボタの反則を取る。

24分、東芝敵陣5mでのラインアウト。東芝とってモールを組み上げる。今度は押し切ってモールトライ。

26分、キックオフはほとんどインゴール。東芝、自陣で持ち出して自陣22mラインを割るがそこですべる。東芝さらに持ち込んでいってハーフウェイラインを割る。ハーフウェイラインでかなりすべるようで転倒多数。しかしボールは東芝がつなぐ。クボタハーフウェイで反則、東芝クイックスタート。そこもクボタディフェンスをさげさせ、ずるずると攻撃。敵陣22mをも割り、残り17mほどでクボタが反則。ここでいったんプレーが止まる。

27分、東芝敵陣残り7mでのラインアウト。クボタとってタッチへ蹴るがノータッチ、東芝またも右ラインを走る。左へ回して#15立川がパントするもボールはどちらも抑えられず、ゴールライン上のパイルで東芝が反則。PKはクボタがミスキック。

29分、クボタ自陣22mでのラインアウト。モールを形成したクボタ、押し返されたところで崩壊。アンプレアブルとなる。

30分、東芝敵陣22m奥でのスクラム。近場攻撃を連続するもクボタがディフェンス。しかし大きく展開したところで今度はクボタのディフェンスが薄く、#13冨岡がゴールラインを切った。

32分、クボタキックオフ。22m奥から持ち出したが22mラインは割れず、タッチへ蹴り出す。クボタ敵陣10m-22mでのラインアウト。クボタとって中央でクラッシュ、さらにモールとなるが崩壊。東芝が奪取して蹴り返すが窪田がハーフウェイで取る。このパントを東芝とって22mライン、ポイント脇を東芝突いて自陣10mライン。さらに、クボタディフェンスをついて東芝自陣ハーフウェイラインまで来た。オフサイドのアドバンテージをずっと見ていた藤レフ、ここで笛を吹いてクボタに注意を与えた。

34分、東芝敵陣22m奥でのラインアウト。タップから東芝奪取。センターが突いていったところ窪田が残り1mまで許してしまう。中央でできたポイントから左へ出し、#7中居がクボタディフェンスをひきずりつつもライン上にトライ。

36分、クボタのキックオフ。10mぎりぎりを狙い窪田が奪取。22mをも突破してポイント形成するもパスが乱れる。クボタ逆サイドへ振り、中央でポイント形成するも東芝が反則。クボタPGを選択。

38分、東芝キックオフ。深めからクボタが持ち出す22mで抑えられ、タッチキック。

39分、東芝敵陣ハーフウェイでのラインアウト。ショートから東芝とってモールを形成。#4ヴィールが取りに来るがこれは早すぎでオフサイド。

40分、東芝敵陣22m外でのラインアウト。タップから東芝も回して攻撃。センターがボールを落とすもノックバック、さらに東芝がボールを回すもクボタが手を出しノッコン。ハーフタイム。

後半

後半はクボタがキックオフを蹴る。

深いキックオフを東芝自陣深くで押さえてタッチへ蹴り出す。タッチは浅め。クボタ敵陣22mライン外でのラインアウト。クボタとって早く回し、逆サイドを走る。残り22mでの攻防となる。中央でのポイントから逆目に出して右でポイント形成、これが残り15m。しかしここで東芝が押して22mラインまで下げさせる。クボタ大きく回して残り7mまで左で取るが中央へ回したポイントは東芝が奪取。東芝けり返して大きくゲイン。右ラインを転がったボールは、クボタがようやく蹴りだしてタッチ。

2分、東芝敵陣22m外でのラインアウト。東芝取るがパスが乱れる。中央でできたポイントから右へ出すも窪田につかまり、東芝モールの形に。ここで東芝一度ドライブ、22mへ入る。さらに逆目へパスして左でポイント形成。さらに右へ回してキックパスを試みるが#13冨岡は追いつけず。

4分、クボタ自陣残り7mでのラインアウト。クボタタップするも東芝ボールを奪取。#8豊田がインゴールへ飛び込んだ。

5分、クボタのキックオフ。オンサイド気味のキックはクボタがとって左へ展開。10m-22mでのポイントができて逆サイドへ回してセンターでらっく。左であまって22を突破んこり5mまで入るがつかまる。中央へ回して左へ戻すも残り5m。中央から右へ回すもゲインできず、そこで前進を仕掛けるも残り5m。東芝ディフェンスにクボタ回しテイクもゲインできない時間帯が続いていたが、#8ケフが中央を突破。センタートライとなる。

9分、東芝のキックオフは22m少し奥。らっくからの蹴り返しはノータッチ、東芝のパントはクボタが取ってラック。東芝の反則となる。

10分、クボタ敵陣22m外でのラインアウト。取り損ねになったがボールはクボタが早く展開。いい速度で入ったが残り7mで落としてしまい、しかもラックは東芝。タッチへ蹴りだされる。

11分、クボタ敵陣10m-22mでのラインアウト。クボタとってモールを形成。若干ドライブしたところでいったん停止、そこからオープンに展開。クボタパスでの早い攻撃を展開するもゲインは取れてない。22mラインでの攻防は、#10伊藤が22mを割っていったが東芝にボールを奪われる。東芝キックで逃れようとするがノータッチ、クボタまたも敵陣で展開。22mラインを割る。そこからさらに連続攻撃おでつないでいくが残り5mでポイント形成、その時点では東芝ディフェンスが整っていなかったがすぐに展開されてしまいラインが下がる。クボタまたもキープからこんどは右へ展開、#2荻原がディフェンスラインを切ってトライラインを割る。14分。かなり長い攻防だったが、クボタが制した。

15分、東芝キックオフ。22mライン上へのキックは東芝がディフェンスしそこね、クボタがタッチへ。東芝敵陣ハーフウェイラインでのラインアウト。パスが乱れてラインが下がる。自陣10mでの攻防から左で展開。ようやく敵陣へ入る。敵陣10mラインでクボタが反則。

17分、東芝敵陣22mラインでのラインアウト。東芝とってモールを形成。じりじりとドライブ、ロングドライブは12-3mでバラける。ここらで外へ出たボールは、#12マクラウドから\#11オトへ内ループ。クボタディフェンスこれにおいつけず、#11オトがトライラインを割る。

20分、クボタの浅めのキックオフを東芝とって22m外からキック。クボタ自陣22mから蹴り返したが、東芝ボールを抑えきれずノッコン。

21分、クボタ敵陣10m-22mでのスクラム。右端のスクラムから左へ展開するも中央で東芝が捕まえる。さらにできたポイントから東芝がキック。クボタとってボールを持ち出すもパントはタッチへ。

22分、東芝ハーフウェイラインでのラインアウト。東芝押し返され自陣10mでポイント形成。さらに東芝ボールをつなぐもクボタディフェンスに押されノッコン。

23分、クボタ敵陣10m-22mでのスクラム。中央へ出してクラッシュポイントを形成。さらに順目左へ出し、右へ出してボールをつなぐ。しかし右でのポイントでボールを奪われる、も東芝ノッコン。

24分、クボタ敵陣10m-22mでのスクラム。少し奥の位置でのスクラム。クボタ、ナロー攻撃で22mを突破するもタッチ。

25分、東芝自陣22m奥でのラインアウト。東芝とってモールを形成。ハーフキックは自陣10mで落下、東芝が取った。ポイントから出てきたボールをもう一度パント、クボタが取って自陣10mへ持ち出す。さらに大きく展開した窪田、自陣ハーフウェイまで持ち出す。左から右へ回してきた窪田、もういちど回してくるもラック。ワイドでの展開を繰り返す。ポイント形成からパント、これに#11、\#13がかぶってしまう。東芝ボールを取ったところでポイント形成、クボタが反則。

28分、東芝自陣10mラインでのラインアウト。東芝とってモールを形成。自陣でもモールをドライブする東芝、ハーフウェイラインでようやく一度停止。ここから東芝がボールを左へ展開。#8豊田、\#12マクラウドとつなぎ#14吉田ひろがインゴールへ持ち込むもヘルド・イン・インゴール。

29分、東芝敵陣残り5mでのスクラム。コラプシングの反則を東芝にとってクボタがピンチを脱出。

30分、クボタ自陣10m-22mでのラインアウト。東芝とって右へ展開、センターでクラッシュ。さらに右へ出して22mライン上の攻防となる。左で人数を増やした東芝、敵陣深く進攻、残り5mで東芝ポイントを形成するもクボタが奪取。キックしたボールに#15立川がセーブするも押し出されタッチ。

32分、クボタ敵陣10m-22mでのラインアウト。タップからクボタが展開。センタークラッシュから逆目、左ラインを大きくゲイン。#2荻原のゲインもあり、残り7mで東芝が反則。

33分、クボタ残り5mでのラインアウト。モールが崩れ反則のアドバンテージ、クボタが連続攻撃で東芝ディフェンスラインを押し込む。クボタ残り3mで東芝が反則。ここで#11オトがポイントからボールを蹴りシンビン。PKを得るがクボタはスクラムを選択。

34分、クボタ敵陣残り5mでのスクラム。サイドを突くがクラッシュ、さらにどんどんと回していくが残り7mで落球。

35分、東芝自陣残り7mほどでのスクラム。拾ったボールにプレーがあつまりモールに。東芝これを押し出していってクボタの反則を誘い出す。

36分、東芝自陣ハーフウェイでのラインアウト。クボタがボールを奪取、さらに展開していく。残り5mで左ラインがあまるが、東芝のタックルに落球。東芝がボールを蹴り返す。

37分、クボタ残り15mでのラインアウト。クボタとって展開。22mラインまで下げさせられるがボールはキープ。そこから左へ出すもボールはタッチへ。

38分、東芝自陣22mライン外でのラインアウト。東芝とってモールを形成。モールサイドをつくもラック、東芝も自陣から蹴っていく。クボタ自陣でパントするも東芝キャッチ、ハーフウェイラインでの攻防となる。パスが乱れて東芝少し下がるもボールはキープ。左ラインでとうしばオフェンスが抜けて残り8mでラックを形成するもボールが乱れ外へ。22mまで下がったところでもう一度ポイント形成。そこから左へ回してうまくゲイン、残り4mから左へ回すもインゴールでノッコン。ノーサイド。

評価

東芝ブレイブルーパス

モールをドライブする場面がいくつかあったが、絶対的なものでないことはあきらかだった。ディフェンス面でがんばったのもあるが、得点能力の高さを今回は見せ付けた格好か。

重要なところ、特に後半36分あたりでのピンチをきっちり守りきったことは、次節にもつながるだろうか。

クボタスピアーズ

4本とりきれなかったことがなによりも悔やまれよう。しかしクボタらしく、いいところをきっちり突いてきた。すばらしいチームに成長していると思う。

ただし、上位4チームとかにはまだかなわない感じ。中位力の持ち主のひとりか。ブレーカーを中心にもっていって、プレーを進めるともっと面白いだろうが、それもクボタらしくないかも。伊藤がいい仕事してた。