トップリーグ2007

リコーブラックラムズ-コカコーラウエストレッドスパーク

試合開始2008年1月13日14時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件はれ。風はメインからみて左から右へ。北風。
レフリー麻生彰久

メンバー表

リコーブラックラムズ コカコーラウエストレッドスパーク
阿部祐也 1 1 西浦達吉
後半15分 交代→16 岡崎匡秀 2 2 蔵憲治 後半29分 交代→16
後半15分 交代→17 笹倉康義 3 3 松尾健
田沼広之 4 4 Luke Andrews 後半13分 一時退場
後半25分 交代→18
後半32分 交代→18 遠藤哲 5 5 三根秀敏
相亮太 6 6 Wayne Ormond
伊藤鐘史 7 7 上本茂基
後半7分 一時退場
後半32分 交代→19
Pieter Ferreira 8 8 山口智史
湯浅直孝 9 9 竹内恵亮 後半32分 交代→20
武川正敏 10 10 淵上宗志
小松大祐 11 11 鶴丸誠 後半25分 交代→21
後半20分 交代→20 Bryce Robins 12 12 吉原渉
金澤良 13 13 徳住茂久
後半20分 交代→22 池上真介 14 14 築城昌拓
小吹祐介 15 15 菅藤圭 後半20分 交代→22
後半15分 交代←2 滝澤佳之 16 16 日隈慎太郎 後半29分 交代←2
後半15分 交代←3 片岡俊介 17 17 中西光一
後半32分 交代←5 Filipo Levi 18 18 堀田亘 後半25分 交代←4
後半32分 交代←8 末永敬一朗 19 19 川下修平
後半20分 交代←12 河野好光 20 20 江浦干城 後半32分 交代←9
森嶋真人 21 21 Mark Ranby 後半25分 交代←11

得点経過

前半

リコーブラックラムズ コカコーラウエストレッドスパーク
2分 PG失敗0-0
14分 PG成功3-0
17分 DG成功6-0
37分 PG失敗6-0
39分 PG失敗6-0

後半

10分 T#9 竹内恵亮 G失敗6-5
31分 T#13 徳住茂久 G失敗6-10

合計

610

ゲーム抄録

前半

リコーが風上を取り、キックオフを蹴って試合開始。

22m外でポイント形成。キックはノータッチだったが、リコーがボール処理を誤りノッコン。コーラ自陣ハーフウェイでのスクラムとなる。コーラが崩しリコーがFK。回していったポイントでコーラが反則。リコーPGを選択。

4分、長回しのPGは外れてコーラのドロップアウト。タップした位置にリコーがいたためリコーボール。リコー逆サイドへ回し22mを脅かす。膠着したポイントからライン一杯にグラバー。これはタッチを割る。

5分、コーラ自陣残り5mでのラインアウト。モールをドライブしたリコー、コレに対しコーラがオフサイドの反則。6分、同じ位置で今度はリコーのラインアウト。モールが崩れてパイルアップ、もう一度立て直してモールを形成。ドライブするも残り5mで落下。右へ出すもボールをリリースできず。

8分、コーラ自陣22mでのラインアウト。コーラとって自陣で持ってきた。22mライン上でできたポイントでリコーが反則。

9分、コーラ自陣ハーフウェイでのラインアウト。取ってモールを形成したコーラ、しかしボールはリコーが奪取。パントは取り損ね、タッチキックものびずコーラピンチ。

10分、リコー敵陣22m奥でのラインアウト。ショートから#2に持たせるパスで残り5mまで入るもここでコーラが押さえ、ラック連取でリコーが残り5mを戦う。コーラ粘りリコーの反則をたたき出す。

11分、コーラ自陣10m-22mでのラインアウト。タップからセンターで前進、さらに近場はモール。結局蹴りあいはコーラが蹴り出す。

13分、リコー敵陣10mでのラインアウト。きっちりとったリコー、コーラのディフェンスを下げさせる。コーラが反則を犯したところでPGを選択。これを決めてリコーが先制。

15分、キックオフはダイレクトタッチ。リコーのセンタースクラムとなる。コーラが崩してしまいリコーにPG。

16分、リコー敵陣10m-22mでのラインアウト。rコー、モールにとって中へ攻める。いい速度でセンターが飛び込むが22mでの攻防となる。コーラの反則があったがDGを選択。

18分、コーラのキックオフ。蹴りあいはコーラがダイレクトで出してしまい自陣でのラインアウトに。

19分、リコー敵陣10mライン奥でのラインアウト。リコーのタップをコーラが奪取。右へまわしていくもゲインは全然切れず。逆回しへもリコーがゲインを取らせず。結局10m外へ出たところでのポイントはアンプレアブル。リコーボールの判定。

20分、リコー敵陣ハーフウェイでのスクラム。リコー攻撃するもオフサイド。

21分、コーラ自陣ハーフウェイでのスクラム。リコーの反則からコーラがタップキックスタート。逆サイドへおおきく展開、うまく前進したものの敵陣22mを目前に、ポイントへ飛び込んでしまいオフサイド。反則ポイントは5mライン上の自陣22mだったが#10武川が難しい角度へ決める。

22分、リコー敵陣10mでのラインアウト。リコーとってセンターで突破。15mげインから22mラインへ前進するもノッコン。

23分、コーラ自陣22m外でのスクラム。右へタッチキックを蹴る。

24分、リコーハーフウェイでのラインアウト。リコーとってモールを形成。リコーもパントをけり、コーラが自陣から逆サイドへ展開。パントするもタッチへダイレクト。

25分、リコー敵陣10m奥でのラインアウト。リコーがモールを形成。一度さがったためにすぐラインアウト終了する。ポイントからリコーが大きく左へ展開。パスが乱れノッコンに。

26分、コーラ自陣22m外でのスクラム。センターでラック連取。しかし攻めきれずタッチへ蹴り出す。

28分、リコー敵陣10mラインでのラインアウト。パントは22mを越えてしまいコーラがフェアキャッチ。コーラタッチへ蹴るも距離は伸びず。

29分、リコー敵陣10m-22mでのラインアウト。リコー取るもラック。モールに組みなおしてボールを展開。逆サイドでつかまり逆目へ展開。回していくもゲインがなく、結局リコーのホールディング。

30分、コーラ敵陣10m外でのラインアウト。ノットストレートでリコーのスクラムとなる。コーラがボールをとってタッチ。もう一度ラインアウトから、コーラがボールを奪取。しかしゲインはなく自陣10m奥でのポイント、ここでボールが出ず、アンプレアブル。

33分、コーラ自陣10m-22mでのスクラム。左へ展開するもタッチへパスをながしてしまう。リコー適時n22m外でのラインアウト。これはリコーがタップ、中央でラック。順目へだしてゲインなく、逆目へ回したところ今度はリコーがオフサイドの反則。

34分、コーラたっぷきっくからスタート。敵陣へ入り込むがコーラディフェンスで押し返す。すこしずつ押されるもリコーにポイントで反則。

36分、コーラ敵陣10m-22mでのラインアウト。ロングラインアウトからpasu ,#12ロビンスがいい速度で入っていったがここは止められる。さらにパスが乱れた隙を突かれ下げられる。37分コーラの反則にリコーはPGを選択。

38分、コーラのドロップアウト。ハーフウェイからリコーがキャリー。左でいい速度を見せるが10mラインでラック、ここでコーラが反則。リコーここもPGを選択。ホーンが鳴ってからのキックはハズレたところでハーフタイム。

後半

コーラが蹴って試合再開。

ラックからパント。コーラがボールを取るも、敵陣ハーフウェイで利己ーが奪取。リコー逆サイドへてんかいするもコーラが奪取、敵陣22m目前でラックを形成。中央で突破を図るがここは止まる。右でうまく攻め上がり22mを突破。逆サイドへ振ったがラックでボールが離せず。

2分、リコーの自陣10m-22mでのラインアウト。リコーとってモールを形成。ハーフキックはパント、リコーがタップするも押し出される。

3分、コーラハーフウェイでのラインアウト。中央でパントするもリコーがボールをキープ。リコーが回してパントを上げるもコーラがチャージ。おsこから残り10mまで入り込むもリコーがボールを奪取。リコー#12ロビンスが抜けいっきに敵陣。残り5mでリコーが捕まえ、そこからボールを奪ったのはコーラ、タッチへ逃れた。

5分、リコー敵陣10m-22mでのラインアウト。リコータップするもラック。ラックの近場をリコーが攻めるがパスが乱れる。自陣でコーラがボールを奪いとり、さらにリコーがオフサイド反則。#8フェレラがシンビン。

7分、コーラ敵陣残り5mでのラインアウト。コーラがモールを作るもリコーが崩す。もう一度組みなおしたコーラ、こんどは押される。さらに中へ寄せていくもゲインなし、コーラにPG。コーラスクラムを選択。

8分、コーラ敵陣残り5mでのスクラム。ナローを突いた#9竹内がトライラインを割る。

11分、リコーのキックオフ。コーラが蹴り返してタッチ。

12分、リコーハーフウェイでのラインアウト。モールに組み上げてドライブ。リコーが前進するも10mほどいったところでレフリーが笛。#6オーモンドが故意の反則でイエロー。

13分、リコーのPKはノータッチ。コーラ蹴り返してリコーが敵陣10mでラック形成。左へ回すもまたラック、ナローを攻める。左端から近場を攻め手10mラインを割るもコーラがボールを奪取、左へ大きく蹴っていく。22mライン手前でリコーがボール処理に対しノッコンの判定。

15分、コーラ敵陣22m外側でのスクラム。ナローで22mを割って進行、そこからうまく展開。さらにグラバーを蹴っていくもインゴールを割ってしまいアウト。

16分、リコードロップアウト。コーラが自陣でパスするも乱れ気味。左へ蹴って行ってタッチへ。

17分、リコーハーフウェイでのラインアウト。リコーとってくずれる。コーラに反則を取る。

18分、リコー敵陣22m外でのラインアウト。リコーとってモールを形成。22mを破りなおも進行。そこで#9がサイドをついて右へ。ラックからナローへだす。タッチラインぎりぎりの攻防からリコーが連取。連続攻撃から左へパント、これはなんとかリコーがキャッチ。さらにリコーが攻めていくが22mラインでできたポイントでコーラがボールを奪取。しかしパスは乱れコーラに押し出される。

20分、リコー敵陣残り10mでのラインアウト。ノットストレートでコーラのスクラムとなる。持って攻めたがすぐにラック。アンプレアブルとなりリコーボールに。

22分、リコー敵陣残り10mでのスクラム。近場でのラックを連取するリコー、残り3mまで入り込むがコーラに反則。

23分、コーラ自陣残り5mでのスクラム。右へのキックはタッチへ出ず、リコーが蹴り返す。コーラ自陣でキャリーするもノッコン。

24分、リコー敵陣10mでのスクラム。#22ロコツイにもたせ22mまで入り込むがリコーがノッコン。

25分、コーラ自陣22mラインでのスクラム。ナローをコーラが攻めるもキックへ。しかも距離は伸びず。

26分、リコー敵陣10m奥でのラインアウト。リコーが取ってモールを形成。少しおして展開。#22ロコツイがまたも逆サイドへ走るがノッコン。

27分、コーラ自陣22mラインでのスクラム。コーラ自陣から逆サイドへ蹴っていくもリコーも蹴り返す。コーラ自陣から蹴り返して敵陣でタッチを割る。

29分、リコー自陣10mラインでのラインアウト。リコーとってモールを形成。モールから出たボールをパンとするもコーラがチャージ。リコーが抑えるもダイレクトタッチに。

30分、コーラ敵陣22m外でのラインアウト。大きく展開したコーラ、#13徳住が22mラインから左はし一杯を走り抜けていった。

33分、リコーのキックオフ。コーラが10mでとって蹴り返す。リコー自陣22mから蹴ったところノータッチ。#22が進行、うまく入り込むがパントをリコーがキャッチ。フェアキャッチから蹴り飛ばしコーラが持ってキックするもリコーがもう一度キャッチ。敵陣へキャリー、リコーがハーフウェイでラックを形成。リコーが敵陣へキャリー。#11小松が10mを割る。さらに中央へ回すがノッコン。

35分、コーラ自陣10m奥でのスクラム。タップはリコーがワンタッチしたがリコーが自陣で抑える、も押し出される。

36分、コーラ敵陣10m奥でのラインアウト。タップからラインアウトの真ん中をプッシュ。ラックでリコーがボールを奪取、左で展開するもコーラが反則。さらにリコーが自陣10mでポイント形成。そこから押し返されるもコーラの反則を取る。

37分、リコーのPKはノータッチ。蹴り返したコーラのほうがよっぽど距離を出してしまう。

38分、リコー自陣残り11mでのラインアウト。リコーが取ってモール。リコー自陣から回すもノッコン。コーラボールを取るも蹴ってしまいアドバンテージを取る。

39分、コーラ敵陣残り11mでのスクラム。ハーフが落球、ノッコンを取られる。リコー自陣残り15mでのスクラムと変わる。ホーンが鳴ってリコーがボールを左へ。リコー必死の攻撃もオープンへ展開、逆サイドでコーラが首にタックルの反則。

ホーンが鳴っているが、ここでコーラの反則なのでリコーはタップからスタートできる。コーラ自陣からキャリとラック連取で展開するも、左のポイントでコーラがボールを奪取。あっさりタッチへ蹴ってノーサイド。

評価

リコーブラックラムズ

ディフェンスは中級クラス、キックディフェンスのよさはリコーらしいが、オフェンスの手のなさもリコーらしくなっていた。ゴールラインに近寄るたびにばかすかと蹴っていったのだが、チェイスが足りなければトライにはならないのだ。

コーラを自陣に寄せない作戦自体は比較的よくできていたのだが、今日は伊藤鐘もロビンスも攻め手なし。ということは、フォワードで負けていたか。

コカコーラウエストレッドスパーク

前半はコーラも風下、蹴っても蹴っても前進しないんでオフェンスで苦労した。結局報われず、リコーのキックに蹴り負け。とはいえ、最終ラインを割らせないディフェンスでゲームを崩さなかった。

後半早い時間帯にトライがとれたことで、チームとしては勢いが出た。風に迷わされるのは後半も同じだったが、地域がある程度とれたことで、攻撃権を確保できたのは大きい。

ポイントでの取って取られては、両方とも安定しないプレーだった。ここは研究のしどころではないか?