トップリーグ2007

三洋電機ワイルドナイツ-九州電力キューデンヴォルテクス

試合開始2008年1月14日14時00分
場所近鉄花園ラグビー場
気象条件はれ。風はやはりメインからみて左から右へ。冬の風。
レフリー戸田京介

メンバー表

サンヨー 九電
前半0分 交代→16
前半17分 交代→17
木川隼吾 1 1 小柳和幸 前半28分 交代→16
水間良武 2 2 谷口大督 前半34分 交代→16
相馬朋和 3 3 松尾健一
福永昇三 4 4 吉上耕平 前半28分 交代→18
飯島陽一 5 5 浦真人
前半0分 交代→18 堺田純 6 6 松本允
若松大志 7 7 山本英児 前半34分 交代→20
前半27分 交代→19 ホラニ・龍コリニアシ 8 8 川嵜拓生
前半27分 交代→20 田中史朗 9 9 村上龍寛
Tony Brown 10 10 齊藤玄樹 前半34分 交代→20
角濱嘉彦 11 11 . 前田健介
入江順和 12 12 Nathan Grey 前半31分 交代→21
霜村誠一 13 13 黒木孝太 前半6分 交代→22
前半16分 交代→22 北川智規 14 14 吉永将宏
田邉淳 15 15 Peter Miller
前半0分 交代←1 山本貢 16 16 佐藤孝樹 前半28分 交代←1前半34分 交代←2
前半17分 交代←1 金光模 (Kim Kuangmo) 17 17 田中宗法
前半0分 交代←6 Epeli Taione 18 18 山元宗一郎 前半28分 交代←4
前半27分 交代←8 米元勇一郎 19 19 端迫雅俊
前半27分 交代←9 高安厚史 20 20 松添健吉 前半34分 交代←7前半34分 交代←10
榎本淳平 21 21 Tim Atkinson 前半31分 交代←12
前半16分 交代←14 三宅敬 22 22 山口雄一 前半6分 交代←13

得点経過

前半

サンヨー 九電
1分 PG成功3-0
8分 DG成功6-0
28分 PG成功9-0
41分 T#14 吉永将宏 G成功9-7

後半

1分 T#11角濱嘉彦 G失敗14-7
4分 T#8ホラニ・龍コリニアシ G失敗19-7
11分 T#16山本貢 G失敗24-7
25分 T#11角濱嘉彦 G成功31-7
31分 T#4福永昇三 G成功38-7
34分 T#11角濱嘉彦 G成功45-7
39分 T#18Epeli Taione G成功52-7

合計

527

ゲーム抄録

前半

サンヨーが風上を取った。九電がキックオフを蹴って試合開始。

キックオフは右へ。浅めのキックはサンヨーがキープ蹴り返しは九電にレイトチャージ。サンヨーいきなりPGを選択。位置は九電10m-22m。

1分、九電のキックオフ。こんどは少し深めだがラックの位置は10mより、蹴り返しのキックは九電チャージにいったが九電ボールとなる。

2分、九電ハーフウェイでのラインアウト。モールからパントは22mへ飛ぶがサンヨーが押さえ、逆目へパント。ライン上をうまくはねてタッチ。

3分、九電自陣ハーフウェイラインでのラインアウト。ラインアウトを九電がモールにしてハーフパント。取りに行ったところでポイントはサンヨーが上回る。22外でのキックはダイレクト。

5分、九電敵陣22m外でのラインアウト。取るがラック、さらにサンヨーにボールを奪われる。キックで返すが九電がチャージ。サンヨーインゴールで押さえてドロップアウト。サンヨーすぐに蹴りこんで九電がキャリ、パントしたところでサンヨーを押し出してマイボールに。

6分、九電敵陣22m外でのラインアウト。ラックを連取して順目で展開、ゲインはなく中央で突破22mを越えるもポイントでまたもサンヨーが取る。サンヨー蹴り返しを九電も蹴り返し、センターでのポイントでサンヨーが蹴って敵陣7m、そこに#10ブラウンが入るも踏んでしまいタッチ。

7分、九電自陣5mでのラインアウト。九電自陣からパント、22m外でのラックとなる。サンヨー近場をまっすぐ入りラックを形成、その後ろで#12入江がDGを決める。

9分、九電キックオフ。九電タップからボールをキープするも中央でノッコン。サンヨー自陣10m奥でのスクラム。左へもっていって敵陣へ新入。さらに逆目をついてドライブ。敵陣でのポイントからサンヨー抜けるも残り1mでつかまる。ポイントでハイタックルは九電の反則。

11分、サンヨー敵陣残り5mでのラインアウト。取ってモールを形成してドライブ。しかし#10ブラウンに相手の手が伸び、落下。ノッコンを取られる。

12分、九電自陣残り5mでのスクラム。パントで返すもサンヨーが22mでの攻防を制す。残り10mから左へ持ち込みこれは止められる。右へ出して近場を攻撃。残り5mへ出したがボールを落としてしまう。

15分、九電自陣残り10mほどでのスクラム。九電の蹴り返しはまたもノータッチ。中央残り15でのサンヨーポイントから連続攻撃も、またもサンヨーがノッコン。

16分、九電自陣残り11mでのスクラム。ようやくここでタッチを切る。

17分、サンヨー敵陣10m-22mでのラインアウト。タップから中緒うでプッシュしてクラッシュ。さらに地派場を攻め続ける。短いパスで左へ展開、さらに右へつながる。、右端へ回したところでパスが乱れノッコン。

19分、九電自陣10m-22mでのスクラム。タッチへ蹴り出す。20分、サンヨー敵陣ハーフウェイでのラインアウト。モールにしてサンヨーがドライブ。10mラインを越えて押しパント。22mを越えてしまいFK、九電ここからショウパントで持ち出すも自陣10mラインでつぶされノッコン。

21分、サンヨー敵陣10mでのスクラム。ナローを突いて10mゲイン。さらに短いパスで継続、しかし短いパスを九電がインターセプト。後ろへ転がったボールは九電がキープ。タッチへ蹴り出す。

22分、サンヨー敵陣10m奥でのラインアウト。きゃsちから早く展開。ゲインラインを切って22mで倒される。ここでノッコン。

23分、九電自陣22mでのスクラム。サンヨーが早く入りすぎ、さらに崩してしまい反則を取られる。

25分、九電自陣ハーフウェイでのラインアウト。タップから九電ラックを形成。サンヨーに反則があり15mでのPKとなる。九電敵陣10m-22mでのラインアウト。九電サンヨーのプレッシャーにかなり下げられる。自陣からのキックは22m手前でサンヨーが押さえ蹴り返す。

26分、九電敵陣ハーフウェイでのラインアウト。キャッチから抑えられポイント形成。ここで九電が出したのだが、パスが遅すぎ九電のオフサイド。サンヨーPGを選択。残り45mのPGを成功させる。

28分、九電キックオフ。10m飛ばなかったがサンヨーがプレーしたので継続。蹴り返しは中央でサンヨーが奪取。さらに#12入江がゲインするもノッコン。

29分、九電自陣10m-22mでのスクラム。九電蹴り返してタッチへ逃れる。

30分、サンヨー敵陣ハーフウェイでのラインアウト。パスはスローフォワードを取られる。九電自陣ハーフウェイでのスクラム。九電蹴ってサンヨーも蹴り返し。九電のパントはサンヨーがハーフウェイで抑えるも、九電敵陣で取り返して22mからグラバー。残り5mでサンヨーがセーブしてポイント形成、タッチへ蹴り出す。

31分、九電敵陣10m奥でのラインアウト。九電タップから展開。センター右へ飛ばしクラッシュ、さらに右へ出してポイント形成。長いラインを短いパスでつなぐもゲインはなし。中央からナローへ出してゲイン、さらに逆目へロングスロー。これが通るが、逆目へのパスはノッコン。

33分、サンヨー自陣ハーフウェイでのスクラム。ワイドでキックをあげていったがサンヨーが早く出すぎオフサイドを取られる。キッカーはグレイ。すごいキックを見せた。

35分、九電敵陣残り15mへのキック。九電タップから中央へ展開するもノッコン。

36分、サンヨー自陣22m奥でのスクラム。サンヨーも蹴り返してタッチへ逃れる。

37分、九電自陣ハーフウェイでのラインアウト。九電とってモールを形成。サンヨーが低くかまえてラックになるがハーフパント。九電取りに行ってワンタッチのあとボールはタッチへ。

38分、サンヨー自陣10m-22mでのラインアウト。モールを形成してドライブ、自陣10m近くまで押すが#10ブラウンはパント。#15ミラーがパントをみずから取りにいき、さらにボールを取った九電が右へキックパスを試みるもサンヨーが蹴り返す。タッチ。

40分、九電自陣10mライン外でのラインアウト。モールを形成して九電がドライブ、自陣から#1グレイ井がパント。自ら取るも落球、しかしボールは九電が押さえパント。これをサンヨー自陣22mで取り、タッチへ逃れる。

41分、九電自陣10mラインでのラインアウト。短いスローからモールを形成。若干おしてハーフキック。コレをサンヨーが自陣でキャッチ。ロールしながら10mラインへ。サンヨーのキックに九電がチャージ! これにおいついていった#14吉永がボールをうまくキャッチ。そのままインゴールへ走りこんでいった。

42分、サンヨーのキックオフ。22mで九電がキャッチ、すぐにラックを形成。タッチへ蹴り出す。サンヨー敵陣10mラインでのラインアウト。ノットストレートを取られ九電の15mスクラムとなる。43分、九電自陣10mでのスクラムはタッチへ蹴りだしてハーフタイム。

後半

後半はサンヨーがキックオフを蹴って試合再開。

22mで九電がぼーるを抑えるが、パスが乱れインゴールで九電が抑える。サンヨーが5mスクラムとなるが、これを左へ押し込んで#11角濱へつなぎ左隅へトライ。

2分、九電のキックオフ。22m手前へのキックはサンヨーが取ってラック。タッチへ蹴り出す。

3分、九電敵陣ハーフウェイでのラインアウト。ラインアウトは九電がとってすぐ展開。センターでクラッシュするもじゅんめへ。#10ブラウンのジャッカルでサンヨーがボールを奪取。中央で残り30m、#10ブラウンが中央でオフロード、これを#8ホラニにまでつなぎトライ。

5分、九電のキックオフ。ライン際で九電がキャッチ。ポイントから右へ展開、センターでクラッシュから順目へ。#8川嵜をひっくり返されるもボールはキープ。右へ回すがポイントでサンヨーの激しいプレッシャー、あえなくノッコン。

6分、サンヨー敵陣ハーフウェイでのスクラム。パスがつながり敵陣ハーフウェイでの攻防となるがサンヨーがボールをキープ。さらに敵陣22mラインを突破したところでパイル、アンプレアブルとなる。

8分、九電自陣22m奥でのスクラム。回していったがサンヨーがオフサイドを取られる。九電自陣10m-22mでのラインアウトとなる。九電とってモールを形成。ロングキックはタッチに出ず、サンヨー自陣22mからパントで敵陣10m。これをうまくキャッチ、さらに左へ展開して#11角濱が残り8mまで突いたがここでつかまる。さらにkサンヨー欄族攻撃、近場へのパスを連発するもゲインが切れず。九電にオフサイドをとる。

10分、サンヨー敵陣残り5mでのラインアウト。モールを形成するがクラッシュ。ラックからなかなかボールが出ず、長い攻撃になる。残り2mでまたモールを形成、ナローを突っついてトライ。

13分、九電のキックオフはダイレクトタッチ。サンヨーはセンタースクラムを選択。サンヨーは右シフトのラインを敷いてスクラムを組む。ボールは左へ。パントは九電がとって自陣ハーフウェイでポイント形成。そこからグレイが22mへ蹴飛ばす。サンヨーボールを抑えるもパックされ、そこでポイント形成するもボールはサンヨー。右ラインをうまくつないだサンヨー、敵陣10mでノッコン。

15分、九電自陣10mでのスクラム。さっくり蹴ってタッチへ。

16分、サンヨー自陣10m−22mでのラインアウト。サンヨーとってモール。モールサイドを突いて全身、敵陣ハーフウェイで#4福永がうまく前進。さらに逆サイドへ展開してパスをつなぐが残り10mでつかまる。ラックはサンヨが取る。逆サイドへ展開、センターが22mを割る。ポイントで九電に反則。

18分、サンヨー敵陣残り5mでのラインアウト。モールを形成してドライブ。しかし止まってしまいアンプレアブルの判定。

19分、九電自陣残り5mでのスクラム。インゴールから蹴るもパントはサンヨーがキャッチ。22m外からサンヨーが攻撃、22mを割る。ポイントから右へパス、さらにクラッシュするもサンヨーがノッコン。

20分、九電自陣22m奥でのスクラム。タッチへ蹴るもこれもノータッチ。サンヨーが自陣からキャリー、ハーフウェイでのポイントからナローを突く。さらにボールがつなっがるも中央でクラッシュが続き、じわりじわりと前進するもサンヨーに反則。

22分、九電敵陣10m-22mでのラインアウト。ショーとスローからパスで展開。逆サイドまで来たところでパイルアップ、センターへ返してドライブ。今度はじわりじわりと前進したのは九電。#12グレイが倒れてレフリーが笛をふいた。

23分、九電敵陣22mでのスクラム。回してセンターでクラッシュ、そこからラックをドライブ。さらに右で前進した九電、右端でなおも#12グレイが前進。九電ぱわーで残り5mまで押し、サンヨーの反則をたたき出す。

24分、九電敵陣残り5mでのラインアウト。九電モールを形成するもサンヨーが押し返し、ラックに。ボールは九電がキープ#10が自ら攻撃、さらに順目へつないできむも残り10mでつぶれる。カウンター攻撃はサンヨーが自陣から#11角濱が走りきりトライ。

26分、九電のキックオフは10m届かず、サンヨーがプレーするもノッコン。センタースクラムとする。サンヨー左で展開。センターへ返してなおも押し続ける。左へ回してあまったところで右へ展開。揺さぶる展開から22mラインへ。さらに奥へ入るもノッコン。九電持って攻撃するもノッコン。

28分、九電自陣残り18mでのスクラム。逆サイドへ展開してキック。サンヨー自陣でおさえてキャリー、自陣10mでの攻防となる。左へ出して20m前進、さらに逆目へだして危ないオフロードをつなぎ、左から密集気味でもおしつづけたサンヨー、少し押し返されたところでポイント形成。長い攻撃は30分を経過。さらに左へだしてつなぎ、右であまっておらず左へ皮膚と。#22タイオネが立ち続け、最後は#4福永が拾って左隅にトライ。

31分のキックオフはサンヨーとってパント。九電自陣からも回していったがインターセプト、22mを越えた#22タイオネに九電体を当てるもボールをつながれる。#11角濱へつないでトライ。

35分のキックオフは蹴りあいから九電自陣で回す。敵陣22mを目前につぶれるもサンヨーにオフサイド、九電タップから試合開始。パントはサンヨーが自陣で押さえマーク、FKを九電が取るがポイントでサンヨーが取り返す。左へ展開して右へキックパスするも22mを越えたところでノッコン。

37分、九電自陣22m奥でのスクラム。サンヨーにスクラムでの反則。#15ミラーのキックは失敗。

38分、九電自陣10mラインおくでのラインアウト。右へ展開ていくもサンヨーがうまく妨害。ボールを奪って前進するもパスが乱れノッコン。

39分、九電自陣残り15mでのスクラム。すぐに出たボールは九電がキープ。タッチへ蹴るがノータッチ。サンヨー#22三宅が走りこんで22mライン、そこでの攻防からパント。これは宮殿が取るが、ポイントで取り返される。サンヨー#16タイオネが飛び込んでトライ。

ゴール直後にホーンがなってノーサイド。

評価

サンヨー

前半は九電のディフェンスの前に前進できず、PGを狙うしかないという展開だったのだが、後半は九電オフェンスの崩壊にやりほうだいの展開。敵陣でプレーしつづけたにもかかわらずこの点はなぞ。

#11角濱のランがきょうは冴えた。#14北川へはさほど回ってこなかったが、しょうがないところか。#10ブラウンはきょうもタックルにキックにと大忙し。これはもう止められない?

九電

前半の健闘は光るが、後半足が止まった。ディフェンスに戻れる選手がいなくなれば、ボールも取れないしゲインもできない。

後半、キラーと呼べる選手をフレッシュで投入できるサンヨーのほうが厚さで上かな。得意の猛然たる攻撃は、サンヨーディフェンスの前に残り22mで止まるようなそんなゲームだった。

負けて反省点がないのはつらいところ。