トップリーグ2007

NECグリーンロケッツ-東芝ブレイブルーパス

試合開始2008年1月19日14時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件はれ。風はやはりメインから見て右から。北風。
レフリー平林泰三

メンバー表

NEC 東芝
久富雄一 1 1 高橋寛
水山尚範 2 2 猪口拓
後半21分 交代→17 斉藤展士 3 3 櫻井寿貴 後半14分 交代→17
浅野良太 4 4 大野均
後半37分 交代→18 木下剛 5 5 Nicholas Holten
Semisi Saukawa 6 6 渡邉泰憲
後半32分 交代→19 Glen Marsh 7 7 中居智昭 後半12分 一時退場
箕内拓郎 8 8 豊田真人
前半32分 交代→20 西田創 9 9 伊藤護 後半4分 交代→20
安藤栄次 10 10 廣瀬俊朗
首藤甲子郎 11 11 ナタニエラ・オト
後半32分 交代→21 向山昌利 12 12 Scott McLeod
櫻谷勉 13 13 冨岡鉄平
窪田幸一郎 14 14 吉田大樹 後半15分 交代→22
松尾健 15 15 立川剛士
山本貴治 16 16 塚越賢
後半21分 交代←3 猪瀬佑太 17 17 笠井建志 後半14分 交代←3
後半37分 交代←5 安田知生 18 18 Ratuvula Ratuva
後半32分 交代←7 大東毅 19 19 望月雄太
前半32分 交代←9 辻高志 20 20 吉田朋生 後半4分 交代←9
後半32分 交代←12 Keith Lowen 21 21 仙波智裕
大東功一 22 22 松田努 後半15分 交代←14

得点経過

前半

NEC 東芝
7分 T#14 吉田大樹 G成功0-7
15分 T#14窪田幸一郎 G失敗5-7
25分 T#15 立川剛士 G成功5-14
36分 T#8 豊田真人 G成功5-21

後半

13分 T#8箕内拓郎 G成功12-21
17分 T#6Semisi Saukawa G成功19-21
20分 T#6Semisi Saukawa G成功26-21
39分 T#14窪田幸一郎 G成功33-21

合計

3321

ゲーム抄録

前半

東芝が風上を取る。NECが蹴って試合開始。

10mぎりのプレーはNECがボールを奪取。#14窪田が走りこんで22mを突破。さらに残り10mほどでの攻防から#6サウカワが前進、残り10mで東芝の反則を取る。NECクイックスタートから残り8m。なおもアドバンテージをNECに取る。

1分、NEC敵陣5mでのラインアウト。ロングラインアウトからモールを作る。ラックに落ちてボールはラックサイドからもう一度モールを形成。ようやく出てきたがパスは乱れアドバンテージ。東芝反則。NECタップスタート。東芝ポイントでボールを取り返しタッチへ。

2分、NEC敵陣22mでのラインアウト。ショートを取ってNECが22mセンタークラッシュ。すこし押してサイドを突く。さらにモール気味のもみ合いから順目へ回しポイント形成するも東芝ここで取り返す。キックはよく伸びて22m手前。ここでNECが反則。とうしばチャージするもタッチへ。

4分、東芝敵陣22m手前でのスクラム。エイトに持たせてサイドを突き、順目へてなきさらに東芝ノッコン、これをNECとって逆サイドを突いて前進。、敵陣22mへ入り込むも東芝けり返す。

6分、NEC自陣クイックスローから攻撃。東芝インターセプトするもノッコン。NEC前進しつづけ残り8mで左ポイント。さらに中央へ返し連続攻撃するもポイントでスローダウン。ここからワイドに展開、の緒k李12mで東芝奪取。#14吉田がそのボールをキャリー。自陣から一気に敵陣へ。ミスマッチを突いてそのままトライ。

8分、NECキックオフ。東芝10mラインで押さえタッチへ。敵陣でタッチを割る。

9分、NEC自陣10m-22mでのラインアウト。NEC中央でパスが乱れポイントに。タッチキックはチャージされるがボールはNECがつなぐ。自陣からキャリーしてハーフウェイラインまで。ここからパントで敵陣22mへ蹴るが東芝も蹴り返す。これをNECミスキャッチ。そのままタッチへ出してしまう。

10分、東芝敵陣22mでのラインアウト。東芝モールを形成するも位置は動かず。もう一度おして左へ展開。キックパスは長すぎ。

11分NECドロップアウト。ロングキックを東芝自陣22mで蹴り返す。

12分、NEC自陣10m-22mでのラインアウト。モールを形成してドライブ、自陣10mで東芝がつぶす。タップからスタート、一気に敵陣10mでライン展開。さらに22mへ入り込んだがここでボールが東芝側に。#11オトが取るも自陣で抑えられ、さらにノッコン。

14分、NEC敵陣残り14mでのスクラム。東芝アーリエンゲージでNECにFK。NECタップから攻撃するもすこし下げられ、しかも東芝キャッチ。蹴り返しもNEC#14窪田がキャッチから小さなパント。自ら抑えてトライ。

16分、東芝キックオフ。10mライン奥でNECさうかわがキャッチ。そのまま手看イン10mを突破。sらにNECつないでいくが#10安藤がサイドでキック。これは東芝がタッチへ蹴り出す。

17分、NEC敵陣22m奥でのラインアウト。NEC取ってモールを形成。これをドライブしていく。しかし押されて崩壊。ラックをさらに東芝が押していくもぼーるはNEC。サイドでボールキープを続けたがポイントで東芝がボールを奪取。アンプレを宣告される。このポイントでNECに反則があったらしい。

19分、東芝自陣22mでのPK。敵陣ハーフウェイでのラインアウトとなる。タップからボールを取れず、NECがパイルでボールを奪う。パントはNECがこぼし東芝が前進。NEC自陣10mで反則、東芝タップからスタート。22mでの攻防となる。#12マクラウドが前進して残7m。さらにポイントを連取からモールを形成。これはNECが足元に入ってつぶし、東芝の反則をたたき出す。

21分、NEC自陣10mラインでのラインアウト。ノットストレート。

22分、東芝敵陣10mラインでのスクラム。逆サイドへ展開から中央へパスするもノッコン、NECが抑えて前進しようとするも自陣でポイント形成。NECが今度は自陣10m-22mでノッコン、ここは東芝取り返すが笛。

24分、東芝敵陣10mでのスクラム。ダイレクトアウトから#8豊田が持ち出し、右ラインへ。最後は#15立川が右サイドを破り、中央へ。ボールを高々とあげた。トライ。

26分、NECキックオフ。10mを左へ蹴って行って東芝キャッチ。モールを形成してすこし押す。さらに敵陣まではいり、ここで展開。敵陣10mで左ポイントポイントの連続形成から中央へ。ここで自陣へ戻されパスが乱れる。ボールはキープ。ここも大野から#1高橋が敵陣へ。ここでNECが反則、東芝は逆サイドへ展開。左のポイントでNECボールを奪うも反則。

29分、東芝敵陣22mでのラインアウト。短いスローから東芝取ったが後ろの選手。オフサイドとなりNECの自陣22mでのスクラム。これは蹴ってタッチとする。

30分、東芝自陣10m手前のラインアウト。東芝とって中央から左へキック。NEC自陣22mへ持ち込んでタッチへ蹴る。

31分、東芝自陣ハーフウェイでのラインアウト。東芝キャッチからNECが奪取。ラックからNEC自陣でボールを展開。パスが乱れるも右一杯で#14窪田が抑える。ポイントからNECが展開。NECのパスに東芝インターセプトを狙うもノッコン。

32分、NEC自陣ハーフウェイでのスクラム。右へ出すがポイントで東芝がボールを奪取。パスはセンターへ流されるがここでNECが取り返しアンプレアブル。

33分、NEC敵陣ハーフウェイでのスクラム。NECここでハーフを変える。#14窪田に持たせるが東芝がとびかかって落球。タッチへ。

34分、東芝自陣10m-22mでのスクラム。ワイドに展開してロングキックを狙うもダイレクト。

35分、NEC敵陣10m-22mでのラインアウト。短いスローからラックを作るも東芝がボールを奪取。タッチへ蹴り出すもタッチ。NECほぼ同じ位置からのラインアウト。こんどはNECボールを下げてキープ。一度右へ回してから左で前進、さらにセンターでクラッシュさせる。左へ出したボールを東芝#8豊田がインターセプト! そのまま60m走りぬけトライ。

38分、NECキックオフ。10m奥で東芝キャッチ、モールを少し押す。さらに右でゲインして敵陣、10mラインを割っていく。さらに逆目へ回して前進、22m手前でノッコン。

39分、NEC自陣22m外でのスクラム。22m奥へ返しキック。ノータッチから東芝キャリー、10mへ持ち込むさらに近場を押して攻撃、しかし22mライン手前で反則。NECタップキックから進行、10mラインを返す。さらにNECがハーフウェイラインでの攻防に持ち込む。#14窪田が10mを割り前進、さらに左で突破を試み、NECが敵陣でプレー継続。敵陣22mを割るも一度タックルされた選手がもう一度ボールを持ったまま立ち上がる。これは反則なので、ここでハーフタイム。

後半

東芝が蹴って試合再開。

ダイレクトタッチでNECのセンタースクラムとなる。NECスクラムでオフサイド。早くボールを出したものの笛を吹かれる。

1分、東芝敵陣22m外でのラインアウト。東芝とってモールを形成。少し押されて解消は早め。22mを押を割るも崩壊。東芝ボールキープから近場を攻め手ラック。逆目へ出してみるも東芝の反則。

2分、NEC自陣ハーフウェイでのラインアウト。NECとってモールを形成。こんどはNECがハーフウェイを超えてドライブ。そこから中央へ展開するも笛。スローフォワードの判定。

4分、東芝自陣10mでのスクラム。東芝自陣から持ち出して敵陣10m-22mまでもっていくもボールを奪われる。NECパントで敵陣、タッチへ出る。ここで#9伊藤が肩から落ちてアウト。

5分、東芝自陣22m外でのラインアウト。モールを形成してプッシュするも崩落。ボールは東芝のまま、10m-22mでのスクラムとなる。東芝センタークラッシュから展開するもNECが押し返す。東芝NECディフェンスラインを切ってハーフウェイまで持ち出し、#11オトに持たせる。しかしこんどもNECのディフェンスに下げさせられる。東芝ボールはキープ、さらに22mを突破。じりじりと前進。22mでのらっくからセンター、右へ回すも結局ノッコン。

8分、NEC自陣22mでのスクラム。NECタッチへ蹴り出す。東芝敵陣10mラインでのラインアウト。タップしそこねでNECが取る。自陣からNEC展開、

#13にも耐えsるもラック。そこで東芝がジャッカル、#14吉田大がキックするもダイレクトタッチ。

9分、NEC自陣10mでのラインアウト。NECとるがラック。ハーフキックは東芝自陣で蹴り返すがチャージ。ボールはタッチを出ず、NECがキープ。さらに逆サイドへ展開、パスが乱れるも東芝もとれず。NEC逆サイドへ展開、敵陣22mラインまで持ち込むもパスをノッコン。

10分、東芝自陣10m-22mでのスクラム。ボールが出るも東芝オブの反則。

11分、NEC敵陣残り10mでのラインアウト。NECとってモールを形成。ドライブして前進、残り5m。さらにサイドを突いて東芝に崩させる。#7中居が反則の繰り返しでシンビン。

12分、NEC敵陣残り5mでのPK。ラインアウトからモールを形成。そのまま押し込んでNECがトライ。最後に持っていたのは#8箕内。

14分、東芝キックオフは10m-22m。NEC蹴り返すもノータッチ。東芝#15立川が怪しいステップで敵陣22mへ入る。さらに東芝パスをつなぎ、22m外での攻防となる。しかしNECのナイスタックルにノッコン。

15分、NEC自陣22m外でのスクラム。キックはタッチへ出る。東芝がタッチで抑えるが、これは東芝ボールの扱い。

16分、東芝ハーフウェイラインでのラインアウト。NECが奪取から展開。敵陣ハーフウェイから#6サウカワが抜け、そのまま走り抜ける。

18分、東芝キックオフ。10m-22mでNECがとってポイント形成。キックで返すがパントを自陣で上げNECがハーフウェイでキャッチ。NECがそのまま攻めあがる。#6サウカワがまたもポイントから持ち込み、小さいパント。インゴールまで上がって自ら抑える。

21分、東芝キックオフ。22m奥へのキックはNECすぐに蹴り返す。東芝敵陣10m-22mでのラインアウト。早いスローからモールを形成、くずれたところでNECにオフサイド反則。

23分、東芝敵陣22m奥でのラインアウト。ここで#7中居がシンビンから復帰。短いスローからまたもモールを形成。ドライブで残り10mまでくるが一度ストップ。そこで中央へ展開、残り8mでポイントを形成。右へ展開するも飛び込めず、右でポイントを形成、モールを作るが崩壊。アンプレアブル。

25分、NEC自陣残り7mでのスクラム。NEC右でラック形成。しかし東芝がここでボールを奪取、ラックを連取する。出てきたボールはルースボール、東芝が何とかキープするも下げられる。ワイドに展開するもこれは下げられて、さらにパスでつなぐが22mラインを超えられない。長い攻防は27分、NECがインターセプトを試みるもノッコン。その位置でのラックで東芝がボールを奪取、残り22mでの攻防が続く。結局東芝も22m外でボールがリリースできず反則。ところが、#7マーシュのパンチングの反則を取る。

28分、東芝敵陣残り5mでのラインアウト。モールを形成してドライブ。インゴールまで入るがこれはヘルド。

29分、東芝残り5mでのスクラム。スクラムは回転してしまいNECボール。30分、NEC自陣5mでのスクラム。たっちキックは出ずに東芝22m外からキャリーするもラック。さらに回していくもノッコン。

31分、NEC自陣10m内でのスクラム。タッチへ蹴り出す。東芝自陣ハーフウェイでのラインアウト。東芝取るも回していったところでノッコン。

32分、NEC敵陣10mでのスクラム。エイトが持ち出してラックを形成。さらにラックを取るが5m下がる。ここでスローダウン、右へ攻撃。逆目へ出すがこれでラック、東芝ボールを奪取。左へ出すがスローダウン、ラックから前進。敵陣へ入る。ラックを連取して右サイドを使う。ナローへ攻めるところから#12マクラウドからつなぎ、#22松田が入る。ようやく敵陣22m。さらに東芝ラック連取。前進はなかなか取れなかったが、結局34分にNECの反則をたたき出す。

35分、東芝敵陣残り7mでのラインアウト。東芝取り損ねてNECがタッチへ。

36分、東芝敵陣ハーフウェイでのラインアウト。東芝とてすぐに回す。中央から右へ回し#22松田が10mを突破するもそこでラック連取。結局アンプレにされる。

37分、東芝敵陣10mラインでのスクラム。ハーフがもって前進。22m目前だったが落球。NEC自陣22m外でのスクラムとなる。NECタッチへ。

38分、東芝敵陣10m-22mでのラインアウト。モールを形成するもすぐくずれる。中央でクラッシュから右へ。22mラインで松田が突破、さらに逆サイドへ展開するも#4浅野がインターセプト。そのまま敵陣22mへ。さらにNEC#14窪田がフォロー継続で中央へトライ。ゴールが成功したところでノーサイド。

評価

NEC

後半ポイントを制したところで勝ちが見えてきた。#14窪田が走る場面が多かったし、ここをうまく走らせた#6サウカワ、#7マーシュのプレーが光った。

フォワードはパワーで押し切られなかった。

東芝

前半押し切るべきところで押せなかったところが負けの原因。バックスの力は足りないのだから、フォワードで前に出なければ取れないというゲームだった。

東芝後半もう少しプレーヤーを入れてもよかったのでは?