トップリーグ2007

福岡サニックスブルース-神戸製鋼コベルコスティーラーズ

試合開始2008年1月27日12時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件はれ。風はメインから見て左からの北風。いつもより少し強い。
レフリー大槻卓

メンバー表

サニックス 神戸
杉浦敬宏 1 1 平島久照 前半34分 交代→16
前半19分 交代→16 松園正隆 2 2 村上正幸
前半3分 交代→17 上田栄太 3 3 清水秀司
渡辺正善 4 4 小泉和也 前半34分 交代→18
前半10分 交代→18 鄭智弘(Chong Chi Hong) 5 5 吉田永昊
西端要 6 6 林慶鎬
菅藤友 7 7 Josh Blackie
前半4分 交代→19 Deon Muir 8 8 伊藤剛臣 前半12分 交代→19
前半8分 交代→20 天本俊輔 9 9 後藤翔太
Amasio Valence 10 10 Pierre Hola 前半12分 交代→22
永留健吾 11 11 大橋由和
松尾博文 12 12 高倉和起
崔基俊 (Choi Kijoon) 13 13 今村雄太 前半4分 交代→21
大庭照光 14 14 小笠原仁
古賀龍二 15 15 八ツ橋修身
前半19分 交代←2 加古川雅嗣 16 16 南條健太 前半34分 交代←1
前半3分 交代←3 山際明信 17 17 山本翼
前半10分 交代←5 伊達肇 18 18 鈴木敬弘 前半34分 交代←4
前半4分 交代←8 大庭正裕 19 19 Ron Clibb 前半12分 交代←8 前半36分 一時退場
前半8分 交代←9 籔本貴久 20 20 今村友基
前半24分 交代→22 Pila Fifita 21 21 山本大介 前半4分 交代←13
前半24分 交代←21 堀田雄三 22 22 大石嶺 前半12分 交代←10

得点経過

前半

サニックス 神戸
4分 T#13 今村雄太 G成功0-7
4分 T#2 村上正幸 G成功0-14
8分 T#12 高倉和起 G失敗0-19
17分 T#19 Ron Clibb G成功0-26
20分 T#7菅藤友 G失敗5-26
25分 T#22 大石嶺 G成功5-33
27分 T#10Amasio Valence G成功12-33
33分 T#14 小笠原仁 G成功12-40
33分 T#6 林慶鎬 G失敗12-45
35分 PG失敗12-45
40分 T#15 八ツ橋修身 G成功12-52

合計

1252

ゲーム抄録

前半

後半

神戸が風上をとって、サニックスがキックオフを蹴って試合開始。

22m奥で神戸キャッチ。蹴り返しのキックはタッチへ出ず、蹴りあいから神戸がキックを伸ばす。サニックス自陣10m奥でのラインアウト。キャッチをサニックス落球、神戸が敵陣で展開。右ポイントから左へ展開する#10がパントでキャッチ、そこで22mラインへ潜入。さらにモールを押して前進。残り8m。もみ合いがゴール下で続き、残り2m。右へ粘ってサニックスの反則をたたき出す。

3分。神戸敵陣残り5mでのラインアウト。モールを形成、停滞から内側へ。さらにラインが長く伸びたところで#13今村にパスが通りトライ。

5分、サニックスのキックオフは22m手前。さっくりタッチへ蹴り、サニックス敵陣ハーフウェイでのラインアウトとなる。神戸がロングで奪い取る。ハーフウェイラインでの攻防から右へ展開。ポイントでサニックスがオフサイド。

6分、神戸敵陣22m外でのラインアウト。タップから中央へ展開。逆目へ回して22m上の攻防。ポイントを押してから中央で22mを割り、さらに左へ。ここでできたポイントで神戸がボールを離せず。

7分、PKはまっすぐ伸びたが神戸がキックで逃れる。サニックス敵陣22m外でのラインアウトはラック、逆目へ展開してパントするもダイレクト。

8分、神戸自陣22m外でのラインアウト。モールを形成してプッシュ。神戸のキックは斜めに伸び、サニックスが蹴り返してタッチ。

9分、神戸敵陣22m外でのラインアウト。22mラインでポイント形成。右へ展開#12が抜け、さらに右ラインへ展開するもタッチを踏む。

10分、サニックス自陣5mでのラインアウト。神戸が手を出してコラプシング。

11分、サニックス自陣10m-22mでのラインアウト。サニックスとってモールを形成。10mでパント、逆サイドで神戸キャッチ、パントの処理をサニックス誤る。ボールは確保したが絡まれた。ポイントで神戸ノッコン。

12分、サニックス自陣22m奥でのスクラム。パスで中央へ回したが落球、神戸が右側へ思い切って展開するもつかまり、ここで笛。

13分、神戸敵陣22mでのスクラム。#8にもとあせてるっこみ、右へ展開。ポイントから近場を攻撃。ポイントからまたも左へ大きく展開、しかし神戸はノッコンでチャンネルロス。

15分、サニックス自陣残り5mでのスクラム。サニックス蹴り出す。

15分、神戸敵陣22mでのラインアウト。神戸とってモールを形成。右へ展開するもパイルは崩壊、アンプレアブル。

16分、サニックス自陣22mラインでのスクラム。エイトに持たせて前進、神戸の反則を自陣ながらたたき出す。

17分、サニックス敵陣10m-22mでのラインアウト。パスで左へ展開、22mラインを突破。さらに逆へ展開するがノッコンしたボールを神戸が奪取。神戸回していくもキック、サニックスの蹴り返しを#9後藤が落球、タッチ。

18分、サニックス敵陣22m外でのラインアウト。右へ展開するもポイントで神戸が簿0るを奪取。これをサニックス取り返し、#15古賀が10m前進。左へ展開してプレーを継続。#7菅藤が神戸ディフェンスの隙間をうまくついてトライ。

21分、神戸キックオフは22mライン外。自陣からまっすぐけり、神戸自陣10mで回す。#14小笠原が敵陣へ入りこむ。うまい展開から左でプレーを進めるも、残り1mでサニックスが捕まえ、ボールを奪取。タッチへ逃れる。

22分、神戸敵陣7m出のラインアウト。15mへ投げてモールを形成。ドライブから右へ出すもノッコン。

23分、サニックス自陣22m内側でのスクラム。ボールの出が遅く絡まれる。キックは神戸が落球、しかしプレーオンからポイント形成するもサニックスに反則。PKがタッチインゴールを出たためサニックスのスクラムに。

25分、サニックス自陣10m内でのスクラム。サニックス、まっすぐけって神戸に蹴りかえさせる。サニックス自陣10mでのラインアウト。まわしていったがアンプレ。

26分、サニックス自陣ハーフウェイでのスクラム。神戸プッシュするもサニックスがうまく蹴り返して敵陣へ。

27分、神戸自陣22m外でのラインアウト。神戸とってモールw形成。22mへ返してタッチへ蹴り返す。サニックス自陣10mでのラインアウト。中央から右へキック、神戸蹴り返して、サニックスの22mラインでキャッチ。サニックス左へ蹴ると神戸が右でアタック。敵陣10mライン付近での細かい攻防となる。29分までかかった攻防は神戸がボールを離せず、さらに10mバックも取られる。

29分、サニックス敵陣10m-22mでのラインアウト。タップからまっすぐ攻める。ポイントからダミーでポイントを再形成。もう一度ラインを作ったところでのラックで、しかしボールを離せず。

31分、神戸のPKはまっすぐ伸び、サニックスが蹴り返してこうべハーフウェイ敵陣でのラインアウトとなる。神戸タップから展開するも近場での攻防、ナローを走りぬけようとするもタッチを踏む。

32分、サニックス自陣10m奥でのラインアウト。#2村上の突進から神戸がチャンス。#15八つ橋が奥へ入り込む。右への思い切ったパントを神戸とって、#6林が最後は抑えた。

34分、サニックスのキックオフ。低いキックオフは10mを少しわったところで#7武ラッキーが取る。神戸が10mでポイントを形成するも反則、サニックスがボールを奪うも攻めきれず笛。サニックスPGを選択。40mほど、正面。これはハズレ。

35分、神戸ドロップアウト。ロングきっくはサニックス10m。パントでサニックス拾いにいくが神戸ボール。神戸細かいパスつなぎと前進22mラインまで前進してポイント形成。ここでサニックスに反則。

37分、神戸敵陣残り15mでのラインアウト。モールを形成する。一度は止めるもサニックスがオフサイド。

38分、神戸敵陣残り5mでのラインアウト。短いスローからモーrを形成、さらにチャネル0を攻撃しつづけ、ゴール下まで持ち込むもヘルド。

40分、神戸敵陣5mでのスクラム。ホーンはなるがワンプレーあり。右へ展開してつぶしたが、#15八つ橋が右ラインを抜けた。

ゴールが決まったところでハーフタイム。後半は神戸が蹴って試合再開。

キックは22mライン上。ポイントからまっすぐけって敵陣10m奥。神戸ここから逆サイドへ大きく展開、ポイントから右へ蹴りこんでくる。サニックス自陣10m-22mでのラインアウト。

1分、ラインアウトをサニックスモールを形成。またもまっすぐ蹴りこんで#15八つ橋がボールを取りきれず。神戸自陣でのパイルは22mライン。そこから神戸展開で敵陣10mライン、左へ蹴ってサニックスが自陣22mでセーブ。ポイントからまっすぐ蹴りこみ、神戸自陣から展開。22mラインでポイントを形成、右のポイントから左へゆっくり展開。さらに右へ流していったがパスが乱れサニックスが取る。しかしこのポイントでボールを奪った神戸#2村上がゴールラインを割る。

5分、サニックスのキックオフ。神戸の蹴り返しは22mラインを越えず、サニックス敵陣22m奥でのラインアウト。ラインアウトはサニックスがラックとするが、近場への攻撃で神戸がボールを奪う。連続から残り5mまで持ち込む。右へ左への連続攻撃から、#12高倉が長く延びたパスをキャッチ。トライラインを割る。

8分、サニックスのキックオフ。22mラインで神戸キャッチ。蹴り返しはノータッチ、サニックスが自陣からキャリー。しかしポイントで取り返した神戸、敵陣10m-22mでのポイントから展開。10mへ下がる。さらにハーフウェイ近くからのポイントからセンタークラッシュ、左で10mラインを割る。ここでサニックスが奪取してキック、敵陣でタッチを割る。

10分、サニックス敵陣残り15mでのラインアウト。ロングを取ってモールを形成。崩壊から左へ出すもノッコン、神戸が取ったが攻めきれず笛。

11分、神戸自陣22mでのスクラム。タッチへ蹴り出す。

12分、サニックスハーフウェイでのラインアウト。ラインアウトはこうべがキャッチ、中央でモールを作るもノッコン。エイトに持たせるも神戸が襲撃。ポイントで神戸が反則。

13分、キックは自陣ハーフウェイからタップ、逆サイドへ展開するも#20籔本が落球。

14分、神戸ハーフウェイでのスクラム。チャネル0の連続だがボールが離せなくなり反則。

15分、サニックスのキックは神戸自陣22mからキャリー。逆目へ展開してキックは22mラインを割ってタッチ。サニックス自陣22mでのラインアウト。ショートラインアウトはラックを形成、キックはまっすぐからタッチを割る。

16分、神戸ハーフウェイでのラインアウト。ロングをとってすぐに展開。中央でのパントは戻るもサニックス落球。もういっかいのパントはこうべ雅自陣で取る。蹴りあいのポイントから神戸は右へ展開。#19クリブが自陣ハーフウェイから抜けてしまいトライ。

19分、差ニックsのキックオフは22m奥。蹴り返しはハーフウェイ目前で出ず、サニックスが22mを越えて走りこむ。ポイントから左へ出すも#21フィフィタがノッコン。

20分、神戸自陣10m-22mでのスクラム。ナローへ出すもノッコン。

21分、サニックス敵陣10m-22mでのスクラム。スクラムホイールとなり神戸ボールに。エイトに持たせるがタッチキック。

22分、サニックス敵陣ハーフウェイでのラインアウト。ショートでのラインアウトからすぐにスロー、センターでポイント形成。しかしそこからのパスでポイントを作られる。神戸に反則。

22分、サニックスタップからスタート。ハーフウェイでポイント形成、左へ出すもまたも#21フィフィタがノッコン。

23分、神戸敵陣10m外でのスクラム。中央付近でサニックスがボールを奪うもノッコン。サニックスけり飛ばして笛。

24分、神戸敵陣ハーフウェイでのスクラム。右へ展開するがここは絡まれる。左へ回したところで#22大石がサニックスディフェンスを潜り抜ける。

26分、サニックスのキックオフは22mライン奥。蹴り返しは敵陣でタッチを割るが、サニックスがクイックスロー。22mラインでポイント形成。神戸がここで反則。

26分、サニックスがタップからスタート。右へ展開して行って残り20m。左へ回したところで#10ヴァレンスがトライラインを破った。

27分、神戸キックオフは22mラインでサニックスがキャッチするも神戸が襲撃。サニックス自陣から回すがオブストラクションを取られる。

29分、神戸敵陣22m奥でのラインアウト。神戸とって展開。中央で#22大石が飛び込む。ポイントは22mライン、さらに左へ展開。まっすぐ突っ込むが今度は神戸がオブストラクション。

サニックス自陣からキャリー、ポイントは22m外で回すがぼーるがとりきれない。さらに15mまで下げられる。もう一度左へ回して22mライン、神戸がオフサイド。

21分、サニックスまたもタップからスタート。自陣22mでのポイントは神戸がノッコン。

31分、サニックス自陣22m外でのスクラム。フランカーから自陣10ライン、さらに#22が敵陣へ。ポイントを形成して中央へ回すがゲインなし。右へ回していい速度で入ったが22m外側でぽいんと逆目へ回すがおこはつかまり、またも右サイドでの攻撃に。ポイントで落球したところでサニックスセーブできず、神戸がボールをキープ。#14小笠原がサニックスディフェンスを突っ切りトライ。

35分、サニックスのキックオフ。22mライン上で神戸キャッチ、ポイントからタッチキックは低め。22m外での神戸のラインアウトとなる。神戸モールを形成。こんどはまっすぐけりサニックス自陣からキャリー。ポイントは自陣5m、ここで神戸が反則。サニックスタップからスタート、敵陣ハーフウェイで神戸#19クリブがシンビン。

37分、サニックス敵陣ハーフウェイでのタップキック。右へ攻めるが退場のはずのクリブがじゃましまくり、スクラムとなる。

37分、サニックス敵陣ハーフウェイでのスクラム。左へ展開して22mラインを割る。さらに右へ展開しなおして残り10mでポイント形成。ここで押し倒したこうべだったオフサイド。サニックスはタップからスタート残り7m。左で残り2mまで迫るもボールを奪われタッチへ逃げられる。

39分、サニックス残り8mでのラインアウト。長すぎは神戸がキャッチ。神戸もじじんで展開、22m奥から蹴る。サニックスはハーフウェイから22mへランで持ち込みポイント形成、しかしここで神戸がボールを奪取。タッチへ蹴ってノーサイド。

評価

サニックス

神戸のランを止められなかったところがすべてだろう。ポイントでの速度は最初は負けてなかったが、止められなくなるとフォワードが走れなくなる。

神戸