トップリーグ2008

NECグリーンロケッツ-クボタスピアーズ

試合開始2008年10月10日19時30分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件くもり時々雨、風はない
レフリー平林泰三

メンバー表

NEC クボタ
久富雄一 1 1 佐川聡 後半35分 交代→17
後半7分 交代→16 水山尚範 2 2 荻原要 後半22分 交代→16
後半11分 交代→17 猪瀬佑太 3 3 中島貴司
浅野良太 4 4 大鰐健
木下剛 5 5 前川泰慶 後半29分 交代→18
後半25分 交代→18 Semisi Saukawa 6 6 Drew Hickey 後半33分 一時退場
Glen Marsh 7 7 山口貴豊 後半22分 交代→22
後半21分 交代→19 箕内拓郎 8 8 Toutai Kefu
後半29分 交代→20 藤戸恭平 9 9 笠倉みちる 後半38分 交代→20
安藤栄次 10 10 Shane Drahm
武井敬司 11 11 根岸康弘
櫻谷勉 12 12 高野彬夫
前半39分 一時退場
後半7分 交代→21
Siupeli Lokotui 13 13 吉田英之 後半29分 退場
後半7分 交代→22 窪田幸一郎 14 14 小堀弘朝
松尾健 15 15 柴原英孝
後半7分 交代←2 山本貴治 16 16 竹野慈 後半22分 交代←2
後半11分 交代←3 斉藤展士 17 17 伊藤邦行 後半35分 交代←1
後半25分 交代←6 Nili Latu 18 18 鈴木力 後半29分 交代←5
後半21分 交代←8 権丈太郎 19 19 Shioape Holani
後半29分 交代←9 辻高志 20 20 茂木隼人 後半38分 交代←9
後半7分 交代←13 水田雄也 21 21 渡海谷保
後半7分 交代←14 Jaco van der Westhuyzen 22 22 岩上篤史 後半22分 交代←7

得点経過

前半

NEC クボタ
7分 T#11武井敬司 G失敗5-0
10分 PG成功5-3
18分 PG成功8-3
25分 PG成功8-6
29分 T#11根岸康弘 G失敗8-11
32分 PG成功11-11
40分 PG失敗11-11

後半

1分 PG失敗11-11
6分 PG成功11-14
16分 T#7Glen Marsh G成功18-14
29分 PG成功21-14

合計

21 (勝ち点: 4)14 (勝ち点: 1)

ゲーム抄録

前半

NECがメインから見て左を取る。そのNECが蹴って試合開始。

22m奥でとってキャリー、ナローを一度ついてからパント。これが自陣ハーフウェイに飛んで、クボタが取りに行くもノッコン。

38秒、ファーストスクラムはNEC敵陣ハーフウェイ。オープンからスタンドがキック。陣地内でバウンドしたものの、だれもおいつけず。内側へころがったらしくプレーが続くがタッチを割っていた。

2分半、クボタ自陣22m外でのラインアウト。回していくも逆サイドのポイントでNECがボールを奪取。そのまま22m外での攻防となる。NECフォワードで押して22m内からグラバーを出すもここはクボタの壁に当たり、転がったボールをクボタが押さえキック。これがダイレクトタッチになってしまう。

3分半、NEC敵陣22m外でのラインアウト。タップからハーフがキック、クボタ22mライン上で抑えるもノーマーク。自陣22m内からパント。これはハーフウェイ付近へ落ちて密集になり、クボタが取ってサイドを突くも敵陣に入ったところでノッコン。

4分半、NEC自陣ハーフウェイでのスクラム。エイトが持ち出してウイングが突く。NEC、数回22mラインを攻撃するも落ちず、ラインでハーフキック。これをクボタさわってしまい、さらに、タッチへ出してしまう。

5分半、NEC敵陣残り7mでのラインアウト。しかしポイントでNECノッコン、クボタボールを奪うも前進できず。

6分、クボタ自陣残り10mでのスクラムは回ってしまいホイール。

6分半、NEC敵陣残り10mでのスクラム。センターへ回し前進、残り5mでのポイントから左端一杯へロングパス。これが通り#11武井がトライラインを割る。

9分、クボタのキックオフは22mライン手前。ここでNECが落球。

9分半、クボタ敵陣10m-22mでのスクラム。エイトからセンター、ループと使って逆目へ出す。ここでNECがハイタックル。クボタあっさりショットを選択。角度はあったが成功。

11分半、NECキックオフ。22m内へのキックは22mを出ずラック。すこし下げてキック、これがノータッチとなりNEC自陣からパント。クボタこれを10m-22mで後ろに見逃してしまい、すこし下げられてのラックとなる。クボタも一度キック、NECけり返しはクボタ自陣10mで抑える。ラックからサイドを突いてパント、これにクボタがうまく反応してグラバー。NEC自陣22mラインで押さえラック、またもパント。クボタ自陣10mからけり返し、敵陣でボールを奪うもノッコン。

13分半、NEC自陣22m外でのスクラム。22mへさげオープンへキック。クボタ自陣からキャリー、ハーフウェイラインでラック。さらに中央へ出してラック、順目へ攻撃するもパスを乱す。自陣でつかまりラック。クボタまだ回すが前進なくパント、これがうまくオープンへ伸び、NEC追いかけきれずタッチ。

15分、NEC自陣残り10mでのラインアウト。ショートへ投げすぐラック。スタンドが蹴ってタッチとなる。

15分半、クボタ敵陣ハーフウェイでのラインアウト。タップするもノットストレート。

16分、NEC自陣ハーフウェイでの15mスクラム。ボールを出し損ねる。スタンドがパントして窪田が10mラインで押さえラック、そこから右一杯へ。ラックを作り回してくるもノッコン、NECがとって大きく右へ出すがパスをクボタが取り返す。クボタ、そこからハーフウェイの攻防とするが、オフェンスで前に出すぎてオブストラクションを取られ、さらに10m下げさせられる。

18分、NEC敵陣22m奥のラインアウト。ショートをタップしたNECが中央へ回しクラッシュ、このポイントでクボタがノットロールアウェイの反則。NECショットを選択する。これは正面でのキック、あっさり決めてくる。

20分、クボタのキックオフ、22m奥へ伸びNECとってラック、ここから出たパスが少し伸びすぎNEC抑えられず。クボタがラッシュし、NECインゴールでなんとかボールを確保。

21分、クボタ敵陣残り5mでのスクラム。クボタ残り5mで回してくるもセンターでアンプレアブル。

21分半、NEC自陣残り5mでのスクラム。タッチへ逃れる。

22分、クボタ敵陣10mラインでのラインアウト。ミドルへ投げるが合わず手前に落下。NECこれを見逃さず襲撃するも、今度は落球。

22分半、クボタ敵陣10m外でのスクラム。大きく展開して右端でゲイン、敵陣22mへ入り込む。センターへ回すも22mラインで落球。NECすかさず攻撃するもクボタにつかまりアドバンテージの適用となる。

23分半、NEC自陣22m外でのスクラム。中央付近のスクラムから右へ出しキック。クボタ自陣10mへ持ってきてパント。敵陣10mへ落ち、これはNECがとってラックからパントするがダイレクトタッチ。

24分半、クボタ敵陣10m-22mでのラインアウト。ロングをとって早く回す。センターでのループから左へ出して22mラインまでゲイン。さらに中央でラック、左へ回したところでポイントを形成。ここでNECがオフサイド、クボタまたもあっさりPGを選択。これを決めてクボタが点差を詰める。

26分半、NECキックオフ。10m奥へのキックはクボタがとってラック。センターが蹴ってチェイス、NECがハーフウェイで押さえラックとするもパスがうまく出ずパント。クボタ自陣22mの位置から蹴ったボールはNEC自陣22m外で取ろうとするも痛恨の落球。

28分、クボタ敵陣22m外でのスクラム。センターがオープンへキック、これを #11根岸がキャッチ。NECのディフェンスの裏を抜けてトライラインを割った。

29分半、NECキックオフ。22m外でキャッチするも落ち方がやばかった。スタンドが蹴ってNECけり返す。クボタこれも自陣22mでとってキック。ロングキックが認められた。

30分半、NEC自陣10m-22mでのラインアウト。ミドルでとってラック。ハーフがパント、クボタ自陣10mで蹴る。NEC自陣22mで押さえキック、これをクボタ22m外のタッチ一杯でキャッチするも体勢が無理。そのまま転がり出てしまう。

31分半、NEC敵陣22m外でのラインアウト。タップからNECが回してくる。順目への展開でクボタが強力なタックルを見せ下げさせるも、ラックでダイビング。NECの選択はショット。

33分半、クボタのキックオフ。22m外でNECが取るもタッチへ出してしまう。

34分、クボタ敵陣22m外でのラインアウト。センターでクラッシュしてラックを作るも、クボタがハンドの反則。

35分、NEC敵陣10m奥でのラインアウト。速い展開から一杯へ回す。NECがショートパスでの回しで前進、22mを割ってラックを連取。しかしクボタも粘って22m内でいったりきたり。結局残り13mほどでプレーが止まったときは、クボタのノッコンを取った。

36分18秒、NEC敵陣残り13mほどでのスクラム。スタンドへのパスが乱れ、クボタラッシュ。22m外へ追い出しアンプレアブルとし、ボールを奪い取る。

37分、クボタ自陣10m-22mでのスクラム。タッチへのキックはNECにワンタッチ。

38分、クボタ敵陣10mでのラインアウト。クボタ回すがパスを落球、NECがボールを奪い取る。NEC左へ回し、クボタがそこへラッシュ。ポイントの判定はクボタの落球。

39分、NEC敵陣ハーフウェイでのスクラム。スタンドがパント、クボタ自陣22m外で取りに行ったところにNECが真下に入り込んでしまい、アーリータックルを取られる。#13ロコツイ、一発シンビンを食らう。

39分半、クボタ敵陣ハーフウェイでのラインアウト。ここでNECが襲撃するもアーリーの反則を取られる。ホーンがなったところでクボタがPGを選択。ほぼハーフウェイでのペナルティはちょっと短かった。

後半

後半はクボタが蹴って試合再開。

22mライン上でNECが押さえラック。センターがけってノータッチ、クボタ自陣で押さえパント。敵陣10mへ落ちる。NECこれをノッコン。

30分半、クボタ敵陣10mラインでのスクラム。ナローへ出して回すもNECにつかまる。しかしポイントでNECが反則。早い展開を見せるもパスがつながらずアドバンテージの適用。クボタ、40mほどのPGを選択。これは短すぎ、NECが自陣でタッチダウン。

2分半、NECドロップアウト。クボタ自陣でとってセンターでクラッシュ。さらに左へ展開、ハーフウェイ付近での攻防とするがパスミス。センターでノッコンを取られる。

3分半、NEC自陣ハーフウェイでのスクラム。右へ出してパント。クボタ自陣22mからけり返し、NEC自陣10m外で押さえブラインドへ回すもゲインなし。右へ回しパントを蹴る。これをクボタ自陣10m-22mで抑えるも、NECまたもアーリータックル。

4分、クボタ敵陣22m外でのラインアウト。早いキャッチから早く回し、左一杯へキックパスを試み成功。しかし22mを割ったところでノッコン、少しNECが下げたところでアドバンテージの適用となる。

5分、NEC自陣22m奥でのスクラムはスタンドがキック。しかし距離が伸びず。

5分半、クボタ敵陣22m外でのラインアウト。早く回したところですぐポイント形成。NECが反則を犯してしまい、クボタの選択はPG。これは十分決めてくる距離であった。クボタ逆転。

7分、NECのキックオフ。10mへ落ちてクボタがキープするもパスを乱しノッコン。

8分半、NEC敵陣ハーフウェイでのスクラム。左へ出すがポイントでクボタがオーバー。クボタが前進して敵陣へ入り込むも、10mラインでボールを離せず。

10分、NEC敵陣10m-22mでのラインアウト。タップから速い展開、センター右hでラックを作りさらに右へ出すもここはクボタが押し返す。ラック上でクボタがオーバー、逆に前進してハーフウェイへ出し、中央から右へキック。オープンキックはNECが自陣10m奥で取る。クボタがラッシュしてラック、さらにNEC、ラックサイドを突く。判定はクボタがノッコン。

12分、NEC自陣10m奥でのスクラム。キックでゲイン、クボタ見逃してタッチ。

12分半、クボタ自陣22m奥でのラインアウト。スタンドへ回してキック。さっくりタッチを割る。

13分、NEC敵陣10mラインでのラインアウト。ロングをタップしてサイドを突く。若干前進から大きなパスで回してくる。#11武井がうなぎばりのステップで前進、22mを割る。さらにパスをつないでくるがクボタここは押し返す。22mライン奥でラックの連取となる。長い攻防になってきたが、左一杯でNECがノッコン。

15分、クボタ自陣22m奥でのスクラム。つぶされたところでクボタが反則。16分、クイックスタートからNECがボールをつなぎトライラインを割る。

17分半、クボタのキックオフ。10mライン一杯でクボタ取りに行くもNECがボールを奪取。キックからクボタ蹴り返し、これがよく伸びた。

18分、NEC自陣22mラインでのラインアウト。スローミスでクボタがボールを奪取。ラックを作るがスローダウン、なんとか左へ出してきた。そこでキックパスを通し左でラックを形成。左へ回したがNECが抑える。無理なパスを出してクボタノッコン。

19分半、NEC自陣22m内側でのスクラム。パントで返すがノータッチ。クボタ自陣10mでパント、これをNEC自陣10mでとってラック。まっすぐ後ろへのパスをキャリー攻めるがラック、左へ蹴り出す。

20分半、クボタ自陣22m外でのラインアウト。ラインアウト中でNECオフサイド。

21分半、クボタのPKはノータッチ。NEC自陣でけり返す。

21分50秒、クボタ敵陣10mでのラインラインアウト。左へ大きくけってパスを通したが22mでつかまる。ここでNECが取り返しキャリーを試みるも失敗。NECもう一度下げてキック、これをクボタがノッコン。

23分、NEC自陣10mでのスクラム。崩壊してラックになるがハーフキック。これが伸びすぎダイレクトタッチに。

23分半、クボタ敵陣10mでのラインアウト。クボタ大きな展開で敵陣22mラインの攻防。クボタも速度が出ずラック連取となるが、22mを割ったポイントでクボタの反則。ボールが離せず。

25分、NEC自陣10mラインでのラインアウト。クボタタップするもアゲイン。もう一度のスローはクボタがとって展開するも大きく下げさせられ、さらにポイントでNECがボールを奪取。敵陣10mラインでの攻防となるもノッコン。

26分、クボタ自陣10mラインでのスクラム。クボタにアーリエンゲージがあったがNECスクラムを再選択。スタンドがけってクボタが落としてしまう。NECボールを取って残り5mでラックを形成。近場攻撃でNECが粘る。パスを乱して少し下げられ、しかもクボタがボールを奪取。あっさり蹴りロングゲイン、と思ったらクボタに反則。ひざを落としてしまったらしい。#13吉田に一発レッド。

30分、クボタのキックオフ。22m奥でNECとってキャリー。22mライン外でラック、さらに下げてタッチ。これがダイレクトになってしまう。

30分半、クボタ敵陣残り10mでのラインアウト。右一杯へ展開するもパスが届かずノッコン。

31分半、NEC自陣22m奥でのスクラム。キックでタッチへ逃れる。

32分半、クボタ敵陣10mラインでのラインアウト。ミドルへ投げたがノットストレート。

33分、NEC自陣10mラインでの15mスクラム。パントはクボタが自陣でとってキャリー。自陣10mでNECの反則を叩き出す。ここでフラッグイン、平林さんの判断は、クボタ#6のパンチングにより反則逆転。

33分半、NEC敵陣22m外でのラインアウト。ミドルから早く展開して右でラック。さらに近場を攻撃して22mラインを割る。左へのキックパスはタッチを割る。

35分、クボタ自陣残り7mでのラインアウト。クボタ自陣から蹴るがノータッチ。NEC敵陣10mで蹴ってチェイスするも22mライン上でノッコン。

35分半、クボタ自陣22mラインでのスクラムは回転。NECボールとなる。36分半、NEC敵陣残り20mでのスクラムは左へ展開して前進。残り10mでポイント形成となる。中央へ回しキックパスを試みるがこれはクボタが抑えた。

37分半、クボタのドロップアウト。ロングキックはNECが自陣10mからタッチへ蹴り出す。

38分、クボタ自陣22m内側でのラインアウト。自陣から回してパント、これをクボタ奪取して前進。自陣10mへ持ち込むもNECが取り返す。NEC敵陣10mラインの攻防から右へ回し前進。22mラインへ持ち込みラック。NEC狭いラインからポイントを作るもクボタがボールを奪取。クボタ回してきたがつかまったところでNECのノッコンを取る。

39分45秒、クボタ自陣22mライン上でのスクラム。スクラムが回ったところでホーン。まっすぐ蹴ってNECが10mラインでキャッチ。ここでNEC反則、クボタ自陣からまたもまっすぐ蹴るが、今度はNECさっくりタッチへ蹴ってノーサイド。

評価

NEC

ディフェンスで試合を作った。クボタのアタック、とくにフォワードが押し切れないことはわかっているが、そこでオーバーはできなかったものの、前進を食い止めることは実にうまい。

オフェンスで見るべきものは無かった。むしろ時間の使い方がうまいように思われた。

クボタ

フォワードで負けてはいたものの、なんとか崩壊にまではいたらなかった、というところだろうか。もっと前に出たかったがNECのディフェンスにはやはり勝てず。また、試合の作り方があんまりうまくない。もっと強いところを押していかないと、点数を取れないと思う。

しかし粘った。あのNECを相手に一歩も引かず、とは、たいしたものだ。勝ち点1の価値は十分にある。

おまけ

MotM: NEC#10安藤。ちょっと? のつく選考。