トップリーグ2008

日本IBMビッグブルー-サントリーサンゴリアス

試合開始2008年10月13日14時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件はれ時々曇り。バックからメインへの風が吹いてきた。
レフリー麻生彰久

メンバー表

IBM サントリー
田辺篤 1 1 尾崎章 後半32分 交代→17
安江祥光 2 2 青木佑輔 後半19分 交代→16
後半24分 交代→16 山口泰生 3 3 畠山健介
小嶋信哉 4 4 篠塚公史
後半37分 交代→17 伊藤太進 5 5 大久保直弥 前半34分 交代→18
Jake Paringatai 6 6 佐合佑太
後半24分 交代→19 須田康夫 7 7 竹本隼太郎
後半10分 交代→18 佐藤拓 8 8 Tomasi Soqeta
前半38分 交代→20 塩谷純司 9 9 田中澄憲 後半0分 交代→20
後半12分 交代→21 加瀬隆之 10 10 曽我部佳憲 後半40分 一時退場
勝俣啓太 11 11 小野澤宏時
阪元弘幸 12 12 Ryan Nicholas 後半22分 交代→19
Roy Kinikinilau 13 13 平浩二 前半14分 交代→21
前半23分 交代→22 道廣祐太 14 14 長友泰憲
高忠伸 15 15 Uche Odouza 後半0分 交代→22
後半24分 交代←3 佐藤大作 16 16 伊勢田彬人 後半19分 交代←2
後半37分 交代←5 野田敬司 17 17 林仰 後半32分 交代←1
後半10分 交代←8 石田雅人 18 18 瀬川貴久 前半34分 交代←5
後半24分 交代←7 大島慶 19 19 Hale T-Pole 後半22分 交代←12
前半38分 交代←9 山中俊幸 20 20 George Gregan 後半0分 交代←9
後半12分 交代←10 Mike Hercus 21 21 野村直矢 前半14分 交代←13
前半23分 交代←14 重見彰洋 22 22 成田秀悦 後半0分 交代←15

得点経過

前半

IBM サントリー
1分 PG成功3-0
11分 T#10曽我部佳憲 G成功3-7
13分 T#4篠塚公史 G失敗3-12
21分 T#11小野澤宏時 G失敗3-17
34分 T#15Uche Odouza G成功3-24

後半

3分 T#22成田秀悦 G失敗3-29
19分 T#5伊藤太進 G成功10-29
21分 T#8Tomasi Soqeta G成功10-36
23分 T#8Tomasi Soqeta G成功10-43
39分 T#13Roy Kinikinilau G成功17-43
40分 T#4小嶋信哉 G成功24-43

合計

24 (勝ち点: 0)43 (勝ち点: 5)

ゲーム抄録

前半

IBMがメインから見て左をとった。サントリーが蹴って試合開始。

10mライン奥でIBMが取り損ねノッコン。17秒でサントリー敵陣10mライン奥でのスクラムとなる。センタークラッシュするがIBMがオーバー。右一杯へ蹴っていくがサントリーが自陣22mで押さえ、ここへIBMがプッシュ。サントリーの反則を叩き出す。IBM、さっくりショットを選択。

3分、サントリーのキックオフ。10m一杯へのキックはIBMがとってモールを形成。サイドを突いて前進、自陣ハーフウェイでの攻防となる。すぐパントを蹴って、サントリーが蹴り返しタッチ。

4分、IBMハーフウェイでのラインアウト。サントリーが入ってキャッチ。センターから右一杯で#15オドウがラン。これが残り10mでラック、さらに右へはいってトライライン#14は破れず、キックパスを試みるがタッチ。

5分、IBM自陣残り5mでのラインアウト。ラインアウト中でIBMノッコン。

5分半、サントリー敵陣残り5mでの15mスクラム。サイドを突くがここはIBM押し返す。ぎりぎり一杯を攻めるもノッコン。

6分半、IBM自陣残り5mでのスクラム。スクラムはかなり押されるがIBMタッチへ蹴る。

7分、サントリー敵陣22m内でのラインアウト。大きく展開、IBMがボールに手を出してしまいノッコン。

8分、サントリー敵陣残り15mでのスクラム。センターでクラッシュさせるもパスミスでノッコン。

9分、IBM自陣22m奥でのスクラム。サイドを突くもラックでボールが離せず。サントリーはスクラムを選択。

9分半、サントリー敵陣残り20mほどでのスクラム。サイド一杯へ展開するが詰まりすぎでIBMがプッシュ返す。ボールはサントリーがキープ、左半面での攻防となる。そこから右へ出してポイントを作り、内へ入った#10曽我部がダミー一本でIBMディフェンスを交わす。

12分、IBMキックオフ。逆目へのキックはサントリーが22mラインで取ってモール。IBM崩してサントリーがパント。サントリー取りに行くがとりきれず。IBM逆襲するもタッチ。

12分50秒、サントリーハーフウェイでのラインアウト。逆目へ大きく展開。敵陣22mへ入り込む。そこから逆へ展開、#14篠塚がタッチ一杯でボールを受けトライラインを破る。ゴールはポールに当てて失敗。

15分、IBMキックオフ。逆目へのキックは22m奥でサントリーがキャッチ。ラックからハーフパント、IBMハーフウェイで取るがタッチを踏んでいた。

15分半、サントリーハーフウェイでのラインアウト。IBMがタップしてボールを奪取、ラックサイドを突いた#9塩谷が前進。残り10mでパスしてラックを形成。さらにフォワードで押して前進、残り5mほどの攻防となる。サントリーがオフサイドの反則を犯しておりアドバンテージを取る。

17分、IBM敵陣残り5mでのラインアウトはIBMがタップしたがノッコン。

18分、サントリー自陣残り5mでのスクラム。ハーフパントするもIBMがスクラムで肩をはずし反則。PKがロングキックとなる。

18分半、サントリー敵陣ハーフウェでのラインアウト。パスを乱すがセンターでを突っ込ませラック、さらに順目でラックを作る。右でキックしたボールはIBMが自陣でとってタッチ。ここで給水。

19分半、サントリー敵陣22mラインでのラインアウト。センターが蹴ったように見えたがノッコン。

20分半、IBM自陣22m外でのスクラム。スクラムが回りパスを乱し、サントリーがボールを確保。リカバーした#11うなぎが外一杯から内へ回りトライラインを破る。

22分、IBMキックオフ。サントリーキャッチするもタッチを踏んでいた。

23分、IBM敵陣22m内側でのラインアウト。ショートから速い展開を見せるがパスミス。ラックを形成する。近場でラックを作るがIBMノッコン。

23分半、サントリー自陣22m内でのスクラム。エイトに持たせて前進、ここでIBMがオフサイド。サントリーさらにボールをキャリーからスタンドがキック。IBM自陣10m奥でキャリーするもノット。25分半、サントリーがクイックスタートするも若干センター方向へ入ったところでパスミス、ノッコン。

26分半、IBM自陣22m外でのスクラム。速く出すもサントリーが襲撃、かなり押し返す。IBM自陣からタッチへ蹴るがノータッチ。サントリーがタッチライン一杯でとって早く展開。残り10mへ持ち込み逆へ展開。中央でプッシュするもパスミス。IBMがキックで返し、サントリーが自陣10mで取るがIBMががっちりタックル。サントリーがパントし、ハーフウェイラインで押さえラック。左へ回しラック、近場攻撃でIBMディフェンスを瀬がさせる。さらに右一杯で#14長友にパスするもタッチ。

28分50秒、IBM自陣22m外でのラインアウト。キャッチするもサントリーが捕まえラック。センターがまっすぐ蹴るがサントリー後逸、#15オドウがもって前進。ハーフウェイからキック合戦。左一杯でサントリーが蹴るもタッチ。ダイレクト。

30分、IBM敵陣22mラインでのラインアウト。ロングスローをとってラックを形成。さらに一杯へ展開、#13キニキニラウがひとりかっわす。さらにIBM粘ったがモールアンプレアブル。

31分、サントリー自陣残り15mでのスクラム。ハーフパントはあっさりタッチ。

32分、IBM敵陣10m奥でのラインアウト。ショートから速く展開。センターを#13キニキニラウが破る。しかしポイントでボールが前に出てしまいサントリーがオーバー。サントリー自陣から展開、IBM敵陣10mラインで止めるもサントリーが逆方向へ大きく展開。こうなると止めようがなく#11オドゥがトライラインを駆け抜ける。

35分、IBMキックオフ。順目へのキックは22mライン上でサントリーがキャッチ。しかしパスミスでノッコン。

36分、IBM敵陣22mでのスクラム。エイトに持たせるがこれはサントリーが逆襲。IBMボールキープからラックを連取するもIBMダイビング。

37分、サントリー、ハーフウェイでのラインアウト。タップから展開。センターでダミーからクラッシュ、樹目へ回して#15オドゥが取る。サントリーさらに逆目へ展開するもノッコン、IBMタッチへキック。サントリーこれに追いつくもタッチへ押し出される。

38分、IBM自陣ハーフウェイでのラインアウトはノットストレート。

38分半、サントリー敵陣ハーフウェイでの15mスクラム。エイトナインからセンターへ。ここでいい速度で入った#21野村がいいランを見せゲイン。#15オドゥがパスを取り損ねるも、長い手で取り直す。しかしここで#14長友がノッコン。ほんの残りわずかだったが残念賞。

39分半、IBM自陣残り5mでのスクラム。タッチへ蹴ってハーフタイム。

後半

後半はIBMが蹴って試合再開。グレーガン登場。

22mラインへ落としサントリーがキャッチ。サントリー自陣からキック、IBM敵陣ハーフウェイでとって回すも落球。

1分、サントリー自陣10mラインでのスクラム。回してきたところで#14長友がラインを破るがIBMがハーフウェイラインで抑えたところで、IBMのハイタックルを取る。

2分、サントリー敵陣22m内側でのラインアウト。ロングスローをサン取りーがとって回す。ラック連取から右一杯でブレイク。さらに逆目へ展開、ループから左一杯へ回すも、パスミスからIBMがオーバー。IBM自陣でキャリーするもサントリーがオーバー。右一杯へ回しブレイク。#22成田がトライラインを破る。

5分半、IBMキックオフ。逆目へのキックはかなり奥でサントリーがキャッチ、ラックを形成。自陣インゴールから蹴るがこれがロングタッチ。

6分、IBM敵陣ハーフウェイでのラインアウト。サントリーがタップ、ラックを形成。逆サイドでサントリーがブレイク。さらに逆目へ展開すようとするもパスを乱しIBMが押し返す。ボールはIBMがキープ。敵陣22mから奥へ進行。近場の連続攻撃で残り15mほど、我慢のラグビーを続けラックを押して前進したポイントでサントリーが反則をおかす。

7分半、IBM敵陣残り5mでのラインアウト。論m具ラインアウトをサントリーがリカバー。逆サイド一杯へ振って自陣22mでの攻防とする。右一杯でIBMが押し返す。サントリー、タッチへ逃れるがダイレクト。

9分、IBM敵陣22m奥でのラインアウト。ロングをとって近場を立って攻撃。センタ0−でtラックを作りさらに近場を攻撃。右へロールして残り数メートルでラック、ここでスローダウン。しかしここでIBMノッコン、コレをサントリー#20グレーガンがリカバー、しかしパスミスでチャンスをつぶす。

10分、サントリー自陣残り5mでのスクラム。スクランブルから#11小野澤がラン。自陣22mへキャリー。そこから逆サイドへ回してセンターでスローダウンしたところでIBMがオフサイドの反則。

11分半、サントリー敵陣10m-22mでのラインアウト。ミドルでとって速く展開。センターはダミーをいれず早くっ逆サイドへ展開。22m奥へ入ったところでラックを形成。ここでIBMオーバー、キックへ逃れるもサントリーのオフサイド。

13分、IBM敵陣10m内側でのラインアウト。IBMセンターへ出してクラッシュ、sらに近場を攻めるがラック。逆目へ出していくが前進できず崩壊。左へ回していくが、IBM麻生レフに当たってしまい笛。

14分、IBM敵陣10mライン奥でのラインアウト。サントリー反則でIBMにFK。うまく展開するも前進なく、サントリーのノット10mを取る。

15分半、10m下げてのIBMのFK、ここでIBMはスクラムを選択。残り15m程度か。16分半、スクラムでIBMがプッシュダウンの反則、IBMクイックスタートでサントリーのノット10mを叩き出す。ラックでIBMがプッシュするもボールが出し切れず。

17分、IBM敵陣残り10m以下でのタップキックスタート。トライライン上で包まれてしまいアンプレアブル。

17分半、IBM敵陣残りでのスクラム。右へ何度も展開・前進するも、結局トライライン上で包まれグラウンディング不能。

18分半、IBM敵陣残り5mでのスクラム。中央へ出してラックとなるが、そこから速く出したIBM、#5伊藤がトライラインを破る。

20分、サントリーのキックオフ。10m-22mへおとしタップ。そのボールをサントリーがラッシュするもノッコン。

21分、IBM自陣22mラインでのスクラム。回ったスクラムからこぼれたボールにサントリーがラッシュ、ボールを確保。#8ソンゲタがつかまれつつもトライラインを破る。

22分半、IBMキックオフ。逆目へのキックはサントリーが22mラインでキャッチ。ラックを形成する。下げてパント、これは中央でバウンド。ここでサントリーがボールをリカバー。左ラインを破り前進、残り10mでつかまるがボールがつながる。またも#8ソンゲタがつかまりつつもトライライン上にボールをプレース。

24分半、IBMキックオフ。22m外へ蹴ったキックはサントリーがカバー。パントをIBMが自陣ハーフウェイで取りキャリー。10m奥でラックを作る。さらにIBMボールキープするもラックでIBMがボールをこぼしノッコン。サントリーがリカバーしてキャリー、ハーフウェイまで返してキックするもダイレクト。

26分、IBM敵陣10mラインでのラインアウト。サントリー入り込むもボールはIBM。、モールを形成する。モールは崩れず前進したが千切れアンプレアブル。

27分、サントリー自陣10mライン奥でのスクラム。ワイドにパスを通すがちょっとミス。強引に#7竹本が前進、パントを上げたところでサントリーが取り損ねノッコン。

28分半、IBM敵陣ハーフウェイでのスクラムはホイール。サントリーボールとなる。

29分、サントリー自陣ハーフウェイでのスクラム。サイドをついて前進、右一杯でさらに前進。10m-22mでラックを作りセンターでもういちどクラッシュ。サントリー、ナローに人が多く、それを生かしてサントリーが前進するもスローフォワード。

31分、IBM自陣22m奥でのスクラム。サイドを突くもラック。さらに近場を狙って立てるも崩壊。IBMのハンドとなる。31分半、サントリークイックスタート、逆サイド一杯へ展開するもタッチ。IBMのオフサイドを取る。

33分、サントリー敵陣残り5mでのスクラム。かなり押してスクラムトライを狙うも、#9グレーガンをIBMがとっつかまえる。ボールが離せずペナルティ。

34分、IBM自陣10mライン奥でのラインアウト。サントリーがこれを奪取、うまく前進してラック。逆サイドで#14長友がとってらん、22mライン上でラック。さらに横へ回しラックを形成、#7竹本が前進。センターで#19ティーポレが入ったがラック。右へ展開したところでノッコン、IBMのオフサイドを取る。

35分半、サントリーの選択はスクラム。残り10mほどでのスクラムとなる。

36分、サントリー敵陣残り10mほどでのスクラム。スタンドが中央へキックしたがIBMがマーク。37分、IBm自陣でのフリーキックから外へ展開するも中央へ回したところでノッコン。

38分、サントリー敵陣22mラインでのスクラム。バックに持たせるがIBMがリカバー。これを#13キニキニラウが受け、サントリーディフェンスをおいてきぼりに。

39分半、サントリーのキックオフ。22m外でIBMとってパスするもミスパス。ラックをつくるもIBMがボールキープ。自陣でキャリーせざるを得ないIBMが必死に展開。ハーフウェイ付近でサントリーがハイタックルの反則。

IBMペナルティキックはタップから展開。10mラインを割ってラック、左へずらして前進。立ってプレーを続けたIBM、最後にトライラインを破ったのは#4小嶋。ゴールが決まってノーサイド。

評価

IBM

フォワードで押し負けてしまい、ボールを奪われるのが敗因といえそう。しかし、ちゃんとバックスに回せれば面白いプレーが出せるのもIBM。

攻撃での積極性はもっとあっても良いかな、と思うが、まだまだトップレベルの上のほうにはおいついてないか。

サントリー

後半3本取られている。そこはディフェンスでの課題として、今後に生かせるとよい。オフェンスはもう言うことないし。

早い展開からの厚い攻撃はさすがだが、ターンオーバー直後のディフェンスが浅いのは仕方ないかなあ。

おまけ

MotM: #3 畠山。面白いところをちゃんと見ているなあ。

サントリー#11うなぎがトップリーグ50トライだそうで。おめでとさん。