トップイースト11 2008

サントリーフーズサンデルフィス-リコーブラックラムズ

試合開始2008年10月25日12時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件くもり、風はメインから見て左から右へ
レフリー下井真介

メンバー表

フーズ リコー
大久保雅孝 1 1 高橋英明
後半29分 交代→16 藤本和宏 2 2 瀧澤佳之 後半12分 交代→16
後半17分 交代→17 児玉典隆 3 3 長江有祐 後半0分 交代→17
後半29分 交代→18 木原浩輔 4 4 相 亮太
今中泰生 5 5 田沼広之 後半29分 交代→18
武田武 6 6 伊藤鐘史
図師淑隆 7 7 後藤慶悟 後半38分 交代→20
アーロン・マッコイ 8 8 ピーティー・フェレラ 後半29分 交代→19
後半17分 交代→20 科埜裕二 9 9 池田渉
後半26分 交代→21 高橋真人 10 10 河野好光
高山敏郎 11 11 池上真介 後半29分 交代→21
百村彰二郎 12 12 ジョエル・ウイルソン 後半0分 交代→22
前半36分 交代→22 タタフ・ナアニモウツ 13 13 小松大祐
加藤郁己 14 14 金澤 良
高田大典 15 15 小吹祐介
後半29分 交代←2 山下桂樹 16 16 森雄基 後半12分 交代←2
後半17分 交代←3 長崎陽 17 17 片岡俊介 後半0分 交代←3
後半29分 交代←4 姉崎亮太 18 18 エモシ・カウヘンガ 後半29分 交代←5
テウ・ムリ・カウフシ 19 19 末永敬一朗 後半29分 交代←8
後半17分 交代←9 沢木智之 20 20 川上力也 後半38分 交代←7
後半26分 交代←10 村本和昌 21 21 横山伸一 後半29分 交代←11
前半36分 交代←13 岩切達樹 22 22 スティーブン・ラーカム 後半0分 交代←12

得点経過

前半

フーズ リコー
1分 PG失敗0-0
4分 PG失敗0-0
7分 T#4相 亮太 G成功0-7
17分 T#14金澤 良 G失敗0-12
28分 PG成功0-15
34分 T#7後藤慶悟 G成功0-22
44分 T#12ジョエル・ウイルソン G失敗0-27

後半

4分 T#13小松大祐 G成功0-34
8分 T#12百村彰二郎 G失敗5-34
13分 DG失敗5-34
16分 T#14金澤 良 G失敗5-39
24分 T#8ピーティー・フェレラ G失敗5-44
27分 T#22スティーブン・ラーカム G成功5-51
31分 T#21横山伸一 G成功5-58
34分 T#15高田大典 G成功12-58
37分 T#4相 亮太 G失敗12-63
42分 T#21横山伸一 G成功12-70

合計

12 (勝ち点: 0)70 (勝ち点: 5)

ゲーム抄録

前半

(タイムキーパー制度ではないので、時間はランニングタイム)

リコーが風下である右をとって、蹴って試合開始。

10m-22mへ落ちたボールをフーズが落としてノッコン。ファーストスクラムはリコー敵陣10m-22mでのスクラムとなった。センターで1枚食わせてから当たってラックを形成、そこでフーズがオフサイドの反則。1分、リコーPGを選択するがハズレ。

2分、フーズのドロップアウト。敵陣10mでリコーがとってラック、パスを左一杯に展開するもミス。ここでフーズがとってラック、自陣10mからパント。けり返しはリコー自陣22mからフーズが10mでとってラック。フーズとリコーのけり合いになる。リコーのパントをフーズが自陣で体に当てるもとりきれず、リコーがキャリー。右一杯、22mラインまで攻め込みラック。ここで左に出したところでフーズがオフサイド。リコーまたもPGを選択。

4分半、ゴールはポールに当たってプレー再開。しかしフーズが自陣でノッコン。

5分、リコー敵陣22mラインでのスクラム。右へ出してラック、ここでフーズがハイタックル。ラックから左に出すもパスミス。アドバンテージ適用となる。5分半、こんどのリコーの選択はタッチキックであった。

6分、リコー敵陣残り7mでのラインアウト。ミドルをしっかりとってモールをつくるもフーズが押し返す。内側へ攻めたところでフーズまたもオフサイド、クイックスタートからリコーが押し込み#4相がグラウンディング。

7分半、フーズのキックオフ。22mラインでリコーがとってラック。22mへさげパントするもダイレクトタッチ。

8分半、フーズ敵陣残り15mでのラインアウト。センターで一度クラッシュしてラック、順目へ流すがパスを乱す。リコーに蹴られそうになるところをなんとか蹴り出してタッチ。

9分、リコー自陣22m内側でのフーズのスクラム。2回パスでクラッシュ、そこから近くを攻め外へ。リコーがオフサイドを犯してしまいフーズがクイックで攻撃。リコーノット10mを取られる。

10分、フーズ敵陣残り7mでのラインアウト。とってすぐ出す。パスを落としてしまうがリカバー、ポイントから外へロングパスを出し逆サイドへ回すもリコーがボールを奪いとる。リコーのキックはフーズ側へ。リコーここもリカバーして中央へ。ここでグラバーを蹴ったところでフーズがオフサイド。

11分半、リコー敵陣22m内側でのラインアウト。ロングをとおって内へ。エイトにもたせクラッシュ、さらに順目へ展開するもノッコン。ボールをフーズが奪うも出し切れず、アドバンテージ適用となる。

12分半、フーズ自陣残り10mでのスクラム。サイドを攻めるも前進できず、タッチへ蹴る。

13分、リコーのクイックスタートはノットストレート。(敵陣よりへ投げてしまってはNG)。リコー敵陣10mラインでのスクラムに変わる。

14分半、リコー敵陣10mでのスクラム。逆サイド一杯へ振って前進、敵陣22mでの攻防となる。リコーがパワーで少し押し出すもアンプレアブル。

15分半、リコー敵陣22m内側でのスクラムは回ってしまいフーズボールに。

16分、フーズ自陣22m内側でのスクラム。エイトにもたせ突進。22mを出ずタッチキックはタッチをきらず。リコー逆サイドへ展開、キックしたところでフーズがボール処理を誤りリコーがリカバー。残り5mでラックとなり、そこから逆サイドへ一杯に振って#14金澤がトライラインを越える。

18分半、フーズのキックオフ。22mライン内側でリコーとって外へ持ち出すがラック。内へ返しキックはフーズがけり返す。リコー自陣10mでとってキャリー、ハーフウェイラインでつかまりラック。パントをフーズ22m外でとってパント。パント返しはフーズが自陣でノッコン。リカバーするもアドバンテージ適用となる。

20分、リコー敵陣22m外でのスクラムはフーズが崩してしまいペナルティ。リコーがクイックから攻め逆サイドへ。しかし残り5mでのポイントでフーズがリカバー、前進を試みるもリコーが取り返しノッコン。

21分、フーズ自陣残り15mでのスクラム。エイトにもたせキャリー、中央でつかまりラック。下げてタッチへ蹴るも距離が出ず。

22分、リコー敵陣22m内側でのラインアウト。ミドルでとってモールを形成。またもエイトが中央へ攻め上がり、ラックから順目へ流すもフーズがいいタックル。スローフォワードとなる。

22分半、フーズ自陣22m内側でのスクラム。エイトがすぐつかまってしまい、キックへ逃げるがまたもプレッシャーを受ける。

23分、リコー敵陣22m内側でのラインアウト。こんどはtぱぷからセンターへ早く回しクラッシュ。ポイントでスローダウンしてしまい順目へ出すもラックでアンプレアブル。ここで#3長江が痛んで中断。

25分半、リコー敵陣残り15mほどでのスクラム。外へ展開するもノッコン、フーズがリカバーして攻めるがすぐつかまりアドバンテージ適用。

26分、フーズ自陣残り10mでのスクラム。エイトにもたせるもすぐつぶれる。インゴールから逆目へのタッチキックとなる。26分半、リコー敵陣ハーフウェイからクイックスローでスタート。キャリーから22mライン外でつかまりラック、さらに内へ入ったところでフーズがオフサイド。リコーここもPGを選択。

29分、フーズのキックオフ。10m-22mでリコーとるもラック。ハーフキックはリコーが自陣10m-22mでとってすばやく展開するもセンターでつかまる。フーズ右でグラバー、これをリコーが見逃してしまうも22mライン内側で押さえタッチへ。

30分、リコーハーフウェイラインでのラインアウト。ロングスローをとって前進。敵陣22mラインでようやく抑えられ、リコー右へ展開。しかしここはフーズが押し返し10mライン奥でラックとなる。リコー15mへスローして若干前進したところでアンプレアブル。

31分、リコー敵陣10m-22mでのスクラム。センターから外へ投げてクラッシュ。さらにラックをオーバーして順目へ。なおも近場狙いの攻撃で10m-22m付近で一進一退。結局オフサイドを取られる。

33分、フーズ自陣10mラインでクイックスタートするもハーフウェイでノッコン。リコーがリカバーして左で進行。右へ回しラックを形成、ここでフーズが反則。リコー左で一度ポイントを形成、右へすこし回し#12ウィルソンが突進。フォローした#7後藤がトライラインを破る。フーズ#13ナアニモウツが足を痛めアウト。

36分、フーズのキックオフ。10m-22mへ落ちたボールをリコーが取りそうなところでフーズがアーリーチャージ。即反則を取られる。

REPLY 37min H 6 1937分、リコー自陣ハーフウェイでのラインアウト。リコーとってセンターへ展開。密集でおして前進、左へ回してゲインライン一杯でラックを形成。さらに逆へ回していくもゲインラインがなかなか切れない。そこで左へキャリー、右へ回すもポイントでフーズがリカバー。左へ大きく展開してグラバーで自陣から出ようとするも、自陣のラックでフーズがダイビング。

39分、リコー敵陣10m-22mでのラインアウト。失敗スローはリコーがリカバー。ラックで守りつづけたリコーにフーズがおもわずポイントオフサイド。

39分半、リコー敵陣22m内側でのラインアウト。ロングを取ってモールを形成。かなり前進してからナローへ持ち出すもラック。ここでフーズがリカバー、逆サイドへ大きく回していくも22mを出ずにからまれノッコン。

41分半、リコー敵陣22m奥でのスクラムは回ってしまいフーズボール。フーズ、スクラムからナローへ投げるもノッコン。

42分、リコー敵陣22m奥でのスクラム。エイトにフーズが襲うもはずされる。ポイントをとったリコー、逆サイド一杯へ振って残り5mでラック、そのサイドをついた#12ウィルソンがトライライン上にボールをグラウンディング。ボールはここで跳ねてしまうが、トライは認められた。ゴールが外れたところでハーフタイム。

後半

フーズが蹴って試合再開。

リコーが10m奥でとってモール。パントはリコーが敵陣ハーフウェイでキャッチ。さらにラックから中へ投げるもパスを取り損ねノッコン。

30秒、フーズハーフウェイラインでのスクラム。右へのパスで敵陣10mへ。逆目へ回しセンターでクラッシュ、さらに順目へ回すがラック。右への展開からグラバー。タッチライン一杯でリコーが捕まえるもタッチ。

2分、フーズ敵陣22m外でのラインアウト。展開するもリコーがリカバー、けり合いとなりリコーが自陣でキャリー。フーズ、ラックでオブストラクションの反則を犯す。

3分半、リコーハーフウェイでのラインアウト。リコー取り損ね、フーズが自陣からキャリー。ラックを形成、そのナローを突くもここはリコーが押し返す。センターへ投げるもリコーがポイントでボールを奪取。拾った#13小松がうまい切り返しでフーズディフェンスの裏へ走りこみトライ。

5分半、フーズのキックオフ。10mライン一杯へキックするもリコーがとってモール。スタンドへ投げたがパスミス。ここでフーズが押してポイントをオーバー。ボールはリコーがキープしたものの離し切れず。

6分半、フーズ敵陣残り7mでのラインアウト。ミドルへほうったところでリコーがコラプシング。

7分、フーズ敵陣残り5mでのラインアウト。ロングをとって残り1mへ紛れ込みを試みるもリコーが押し返しアンプレアブル。

7分半、フーズ敵陣残り5mでのスクラム。外へ振ると見せかけ内へ返す。ここで#12百村が内へ切り返し、これにリコーついていけず。トライとなる。ゴールはチャージをかまされる。

9分、リコーのキックオフ。フーズ自陣22m外でとってラック。左一杯へ回してキック、これをリコー自陣22mで抑える。フーズ自陣でとって右へドリフト、右ラインをキャリーで進行。ハーフウェイラインでの攻防となる。センターへ投げてパント。これはリコーが自陣10mでとってポイント形成、右へ大きく回し#14金澤がゲインするも22m手前でリコーがダイブ。フーズがクイックスタートし、リコーがノット10mを取られる。

11分、フーズ敵陣10m-22mでのラインアウト。ミドルから速い展開で右へ回すもゲインなしでノッコン。

11分半、リコー自陣10mラインでのスクラム。パントはフーズが自陣でノッコン。

12分半、リコー敵陣10m-22mでのスクラム。右へ出して若干ゲインしたところでラック。逆へ出してラック連取で展開、#22ラーカムがドロップゴールを狙うも左へはずれ。

13分半、フーズのドロップアウト。リコー敵陣10m22mでとってラック。ポイントで持ち上げモール、順目へ出してセンターでポイントを形成するがここでリコーがオフサイド。14分半、フーズがクイックスタート。自陣10mラインでのラックの攻防となるが右へ出したところでリコーがナイスタックル。ノッコンとなる。ボールはリコーが取ってナローへほうったがつかまりアドバンテージ。

15分半、リコー敵陣22mでのスクラム。センターから#22ラーカム様が右一杯へロングパス。これが通り#14金澤がトライラインを駆け抜けた。

17分半、フーズのキックオフ。22m奥でリコーがとってタッチへ。

18分、フーズ自陣10mラインでのラインアウト。タップで取るが取り損ね。ゲインライン上でラックとなる。ワイドへ回すもまたも取り損ね。リコーがポイントを作るがボールはフーズ。タッチへ蹴り出す。

18分半、リコー敵陣ハーフウェイでのラインアウト。ロングをとったリコー、パントはフーズ自陣22m上にあがりフーズとるもリコーが襲撃。ポイントからフーズがなんとか回してきて22m外を出ると、今度はリコーディフェンスが浅く、フーズ敵陣10mへ。ここからのグラバーはリコーがゴールライン目前で抑えるも体が流れインゴールへはいってしまう。

20分半、フーズ敵陣残り5mでのスクラム。センターへ投げラック、ここからパントを試みるもチャージ。リコーが取ってタッチへ逃れる。

21分、リコー自陣ハーフウェイでのラインアウト。ショートをリコーがもぎ取り若干ゲイン。っポイントからセンターがブレイク。#13小松が敵陣22m目前でステップを切るもここでボールを落としてしまう。

22分、フーズ自陣22m外でのスクラム。逆サイドへ大きく展開するもリコーが捕まえ、そこでフーズがボールを離せず。

23分、リコーの敵陣残り5mでのラインアウト。ミドルで取るふりからロング、内へ切り返すも残り1mでフーズが抑える。ボールはリコー、さらに内へ投げラックを形成。ラック連取でじりじりと内へ。スローダウン状態からリコーはさらに内へ。ポストでフォワードがじりじりと押し、そこから一気に外へ。#8フェレラがボールを受けトライライン上へなだれ込んだ。

26分、フーズのキックオフ。22m奥でリコーがとってキャリー。22mを出ないうちにつかまりラック。しかしリコーがここで押し、そとへ。パントキックはフーズが自陣ハーフウェイでとって外へ展開。逆サイドで敵陣へ入ったところでリコーが反則。

27分、フーズクイックスタート。内へ返すもフーズがボールを奪取。パントにリコーがおいつき敵陣22m、ここでフーズがタックルできず#22ラーカムがサイドライン一杯を突破。トライラインを破る。

29分、フーズのキックオフ。22mラインでリコーがとってラック。フーズが少し押すがリコーがタッチへ蹴り出す。

29分半、フーズ敵陣22mラインでのラインアウト。ラインブレイクから10mほど前進してラック。ナローをついて一度内へ返すがパスを乱したところでリコーが手を出していてノッコンを取られる。

30分半、リコー自陣22mでのスクラム。リコーがなんとかボールキープ。リコー、近場をさけ左一杯へ展開。最後は#21横山が受け、いいランを見せた。フーズのディフェンスはぎりぎり追いつけなかった。

32分半、フーズのキックオフ。22mライン上でリコーが取ってキックするもこれはダイレクトタッチ。

33分、フーズ敵陣22m外でのラインアウト。ロングを取ってモールを形成。22mライン上でつぶれる。フーズ、ループから外へ展開。これがリコーディフェンスの裏をついた格好でフーズがゲイン。#15高田がトライラインを駆け抜けた。

35分、リコーのキックオフ。10m-22mでフーズがタップ。逆サイドへ一気に展開するもリコーが押さえラック、ここでリコーが反則。フーズクイックスタートからナローを突いたところでラック、リコーまたも反則。ここでフーズのクイックスタートは認められず。

36分、フーズハーフウェイでのラインアウト。タップしたボールはフーズがポイントで押さえセンターでグラバー。リコー自陣でとって中央を切れ込む。#15こぶきが敵陣22mへゲイン。さらに外へ出したボールを#4相が受けて、右一杯でトライラインを切った。

39分、フーズのキックオフ。22mでリコーとってキャリー。フーズ抑えきれず10mまで押される。ここからリコーが大きく展開。左一杯でキャリーを試みる。しかしゲインがなかったところでパスミス、ノッコン。フーズがリカバーして逆へ展開するもつかまりアドバンテージ。

ロスタイム2分。

40分、フーズ敵陣ハーフウェイでのスクラム。ワイドへ一発なげそこでクラッシュ。さらに順目へ投げゲインするも10mラインでいいタックルを受けノッコン。

41分、リコー自陣10mラインでのスクラム。ワイドへ展開、左はし一杯で#15こぶき-#21横山と渡りトライ。最後はゴールが決まってノーサイド。

評価

フーズ

力の差を見せ付けられた格好。打つ手なしとはこのことか。ボールキャリーにしてもキック処理にしてもいい手なし。

リコー

ラーカムさまを出すまでもなく、トップレベルを見せ付けておしまい。参考にはなりませんでした。