トップリーグ2008

九州電力キューデンヴォルテクス-NECグリーンロケッツ

試合開始2008年12月14日12時00分
場所鹿児島市鴨池陸上競技場
気象条件はれ、風はメインからバックへ。強風
レフリー平林泰三

メンバー表

九電 NEC
中村嘉宏 1 1 久富雄一
佐藤孝樹 2 2 水山尚範 後半23分 交代→16
田尻亮 3 3 猪瀬佑太 後半36分 交代→17
吉上耕平 4 4 浅野良太
前半1分 交代→18 Luke Doherty 5 5 佐藤平 後半26分 交代→18
松本允 6 6 Semisi Saukawa
後半2分 交代→16 山本英児 7 7 Nili Latu
前半23分 交代→19 川嵜拓生 8 8 箕内拓郎
松尾匡祐 9 9 安承爀(Ahn Senghyuk) 後半11分 交代→20
齊藤玄樹 10 10 Jaco van der Westhuyzen
後半32分 交代→21 前田健介 11 11 山本秀文 後半27分 交代→22
Nathan Grey 12 12 森田茂希
Tim Atkinson 13 13 櫻谷勉
吉永将宏 14 14 窪田幸一郎
今村圭吾 15 15 松尾健
後半2分 交代←7 谷口大督 16 16 山本貴治 後半23分 交代←2
松尾健一 17 17 東考三 後半36分 交代←3
前半1分 交代←5 進藤猛 18 18 安田知生 後半26分 交代←5
前半23分 交代←8 Tom MacVerry 19 19 権丈太郎
松添健吉 20 20 藤戸恭平 後半11分 交代←9
後半32分 交代←11 山口雄一 21 21 Siupeli Lokotui
Peter Miller 22 22 吉廣広征 後半27分 交代←11

得点経過

前半

九電 NEC
2分 T#11山本秀文 G成功0-7
5分 T#11前田健介 G成功7-7
15分 PG成功10-7
18分 T#4浅野良太 G成功10-14
24分 T#12Nathan Grey G成功17-14
27分 T#15今村圭吾 G成功24-14
29分 T#7Nili Latu G失敗24-19

後半

21分 T#8箕内拓郎 G成功24-26
33分 PG成功27-26
36分 T#6Semisi Saukawa G失敗27-31

合計

27 (勝ち点: 1)31 (勝ち点: 5)

ゲーム抄録

前半

NECがメインから見て左を取った。九電が蹴って試合開始。

いきなりグレイがダイレクトタッチ。NECセンタースクラムを選択。30秒でファーストスクラムとなった。NECがプッシュして崩壊。左へ回し10mラインでラック、さらに左へ回す。15mライン付近から回してラック連取。フォワードを突っ込ませて左一杯へ回すもスローフォワード。九電#5Lukeがアウト。一時交代から結局交替に。

1分半、誘電自陣ハーフウェイでのスクラムはアーリーでNECにFK。NECタップから攻めて10mでラック。パントは九電とってパント返しを出すもNEC#6セミシがキャッチ。九電止めようもなく、#11山本につないでトライ。

3分半、九電キックオフ。22mラインで#6セミシがおとってラック。22mへ下げパント、これを九電自陣から深めにパント。ここに九電襲い掛かり、ラックを奪取。敵陣22m外でパントを転がすも、どちらも追いつけずインゴールへ。タッチへ転がり出たが、最後にNECが触れていたらしくスクラムとなる。

4分半、k充電敵陣残り5mでのスクラム。センターから右一杯へ。#11前田が飛び込む。練習通りのプレー。

6分、NECのキックオフ。22m手前で九電とってラック。九電パントとしたがNECがラックでオフサイド。

7分、九電敵陣ハーフウェイでのラインアウト。ラックからハーフパントはほとんど前進がなかったが宮殿が奪取。センタから左へのキックは22mを越えたためNECがとってマーク。FKからけりあいとなりNEC自陣でキャリーからパント、これが右一杯へうまく転がりタッチ。

8分半、九電自陣残り15mでのラインアウト。九電とってモール。NEC崩すが九電ハーフパント。NEC自陣ハーフウェイから攻め上がり22mラインでラック。さらに順目へ流して、ラック連取からパスをつなごうとしたが落球。

9分半、九電自陣22m外でのスクラム。22mへさげキック。NEC自陣10mでキャリーからみ儀へ展開。しかしここで落球、九電自陣からグラバー。NEC必死に戻るもプレッシャーを掛けられ、自陣でタッチへやむなくキック。

11分、九電敵陣残15mでのラインアウト。ラックのパスにNECインターセプト。右タッチ一杯を走り抜けるが九電が自陣で追いつき、プレッシャーを掛けてなんとか外へ押し出す。

12分、九電自陣10mラインでのラインアウト。九電ボールを取るもラックでノッコン。

12分半、NEC敵陣10mラインでのスクラム。左一杯への展開で前進したが、NEC#11山本がラックでボールを離せず。

13分、九電自陣ハーフウェイでのラインアウト。NECがタップしてボールを奪い取る。中ほどにいた#6セミシが突破を図るが、またもラックでNECがオフサイド。

14分、九電敵陣10mラインでのラインアウト。こんどはなんとか九電とってラック。近場で作り直してからセンターへ。#12グレイが突破して22mを割る。さらに右への展開から九電#10斉藤が走ったがNECが首へのハイで止める。九電、ここでPGを選択。これを決めて九電がリードを取る。

15分、NECキックオフ。22mライン奥で九電とってタッチへ直接蹴り出す。

16分半、NEC敵陣10m奥でのラインアウト。曇ってきた。NECミドルでとってパスで展開するが九電下げさせた上にボールを奪い取る。九電縦を突いて敵陣へ入るが10mラインでダイブ。PKは風に乗った。

18分、NEC敵陣残り15mでのラインアウト。NECタップから中へ攻める。残り1mで九電タックルするも止まらずトライとなる。

19分半、九電キックオフ。10m-22mへ飛んでNECが取りモール。22mへ下げ蹴ったボールは九電自陣でとってセンターへ。ラックから縦を突くがラック、ここでNECがノット。九電キックパスを試みるがこの時点で平林さんが笛。

21分、九電敵陣22m奥でのラインアウト。ラックから九電がオーバーするもNECまたも反則。九電右サイド一杯へ展開から順目へ。左一杯へ回すがこれはかなり下げられる。右へ展開して若干前進。センターでブレイクからさらに左へ。ステップを踏んで敵陣15mまで迫るもノッコン。

23分、NEC自陣残り15mでのスクラム。九電#8川崎がアウト。スタンドが蹴って九電自陣からパント。これを九電敵陣で奪いにかっかるもラックはNEC。自陣からのキックを九電チャージ、NEC自陣で#11山本がなんとか拾ってスワーブしようとするもゴールラインでつかまりラック。こぼれたボールを九電がグラウンディングした。

25分、NECキックオフ。22m奥へ飛んだボールは九電あっさりタッチへ。

25分半、NEC敵陣22m外でのラインアウト。NECのタップしそこねを九電とってラック。22mへさげパント。これまた九電が奪取。早い展開からオープンへキック、#10ヤコがおいつき自陣でなんとか交わそうとするも、これまた九電が追いつきタックル。ラックでボールが離せず反則となる。

27分、九電敵陣残り7mでのラインアウト。NEC手を出したがボールは九電がnラックからオーバー。左へ展開、縦を突いてNECをひきずりながらトライを奪い取る。

28分半、NECキックオフ。22mで九電とってラック。パントは自陣10mへあがったが今度は九電が反則。

29分半、NEC敵陣残り5mでのラインアウト。NECとってナローを突いた。あっさりとトライ。

31分、九電キックオフ。10m-22mでNECとってラック、パントを九電自陣10m-22mでとってパントにするがダイレクトタッチ。

31分半、NEC敵陣10m-22mでのラインアウト。ロングをNECとって外へ。九電押さえラック、ボールはNECが右ひっぱいへ展開するも九電が押し返しNECノッコン。

32分半、九電自陣10mでのスクラム。スクラムでNEC足を出してアドバンテージとなるが結局けりあいに。NEC自陣22mからタッチへ。

34分、九電敵陣ハーフウェイでのラインアウトはノットストレート。NECの15mスクラムとなる。NECセンターへ攻めた手を突いて前進。さらに右への展開で10m-22mでラックを作る。右半面を使ってパスでボールをつなぐがゲインがなかなか取れない。10m-22mでの攻防となったが、結局タッチライン一杯でボールをつなげずタッチとなるが、ここは九電が手を出しておりノッコン。

36分、NEC敵陣10m-22mでのスクラム。近場から縦を2本突いて前進。さらに右サイドを攻めてラック、右一杯のラックから縦をつくが九電耐える。#9安が右へのキックパスを試みるが誰も追いつけずタッチ。

37分、九電自陣22mラインでのラインアウト。ショートサイドを使ったがノット5m。NECの15mスクラムとなる。左への速い展開で22mを破り、さらに縦を突いたがラックで九電がボールを奪取。取り合いになった隙を九電うまくついてボールを奪取、タッチへなんとか蹴り出す。

38分半、NEC敵陣10m-22mでのラインアウト。NECとってセンターがクラッシュ。そのサイドを突くが九電抑える。NEC右へ回しラック。さらに右から左へ出すがラックは九電が抑える。NEC右へ展開、ここで九電ライン追いつけずNECゲイン。残り10mへ持ち込む。さらに右タッチライン際での激しい当たりから、NECボールをうまく出せず下げさせられ、結局タッチへ押し出される。ここでハーフタイム。

後半

後半はNECが蹴って試合再開。

10m一杯へ蹴ってNEC取りに行ったがノッコン。

15秒、九電自陣10m奥でのスクラム。九電サイドを突いて前進、しかしハーフウェイでつかまりノッコン。NEC自陣から逆サイドへスワーブ、敵陣10mへ入り込む。センターへ投げラック、さらに左へサイドラインを作り前進、#12森田がゲイン。敵陣22mへ入り込む。22mでの左ラックから右へ展開。右のラックでボールを九電はじいてしまいアドバンテージ。さらに右へ出したボールに九電オフ。

2分、NEC敵陣22mラインでの選択はスクラム。エイトにもたせてから左へ展開。左一杯からまた右へ振って#12森田がトライラインを破るもノートライ。NEC、敵陣22mライン外でのオフサイドを取られた。

3分、九電ハーフウェイラインでのラインアウト。ショートでしっかりキャッチからセンターはパント。NEC自陣10mでとってラック、左へ攻めあがる。敵陣10mでラックとなるがここのパスに九電タックル。NEC、ハーフウェイ付近へ下げられる。ここでNECが逆襲、フォワードでプッシュして7m前進。ラックから右へまわしフォワードで前進、さらにラックから左へ。#7ニリから#10ヤコへつながるものこり5mで落球。

5分、九電自陣残り5mでのスクラムは九電が崩してしまいFK。NECスクラムを選択。

6分、NEC敵陣残り5mでのスクラム。市あどぉついてラック、これを押してみるも前進がとれない、サイドを突いたところで九電がオーバー、なんとかタッチへ蹴り出す。

6分半、NEC敵陣残り10mでのラインアウト。ロングをつかんでラックで前進。さらに近場を力で押し続ける。結局インゴールへ持ち込むもグラウンディングできないままアンプレアブル。

8分、NEC敵陣残り5mでのスクラム。NEC押してしまい崩壊、アゲイン。エイトに持たせるがここは九電押し返しラック。NECラックサイドをパワーど押すが九電が押し返す。ラックの連取はN九電反則。NEC攻めきれず。

10分、NEC敵陣残り5mでまたもスクラムの選択。スクラムサイドを突こうとするがここは九電が押さえラック。さらにラックでNECがノッコン。ボールは九電が出しワイドに展開。一気に22mラインを出る。さらにつなげて敵陣へ入るがラックでオフサイド。

11分半、NEC敵陣22mラインでのラインアウト。九電タップして簿0−るを奪取、サイドを攻めるもノッコン。ボールはNECとってパント。九電抑えるもポイントでダイビング。

12分半、NEC敵陣残り6mでのラインアウト。ミドルを取ってモールを形成。九電なんとかこらえ崩壊、サイドライン一杯へ振って#7ニリが攻めるがタッチ。

14分、九電自陣残り5mでのラインアウト。ショートを使ってラック。インゴールからタッチへ蹴り出す。

14分半、NEC敵陣22mラインでのラインアウト。ミドルをタップしたがハーフがボールをこぼしてしまいノッコン、九電これを奪い取る。さらにラックから蹴飛ばしたボールはNECが取り損ねタッチ。

15分半、九電敵陣10mおくでのラインアウト。NECもタップにかかるが九電ボールを押さえラック。しかしここでダイブをかましてしまう。

16分、NEC敵陣10m-22mでのラインアウト。ミドルスローはうまく合わず九電ボールを奪取。逆サイドへ回して前進、自陣10mでNECがハンド。ちょっとあわてた。

17分、九電敵陣22m奥でのラインアウト。ショートからタップを使い早く展開。ラックから順目へ流しセンター#12グレーが突破。しかし残り7mでNECがボールを取パント。九電自陣ハーフウェイでなんとか取り返しラック、スローダウンにする。ハーフウェイの攻防から逆サイドで勝負、ここはNECがオーバー。近場の処理からNECパント、九電自陣22mへ転がったボールは九電タッチへ。

19分、NEC敵陣22m外でのラインアウトはノットストレート。

19分半、九電自陣22m外でのスクラム。22mへさげキックするがチャージ、ぼーるは九電がとってキャリー。左へスワーブしたらラック、九電ここも蹴るもチャージ。NECチップキックは九電スワーブを切ってからキック、これがタッチと判定される。

21分、NEC自陣ハーフウェイでのラインアウト。ハーフパントは真上へ。ワンバウンドしてタッチとなる。

21分半、九電敵陣ハーフウェイでのラインアウト。センターでのラックでNEC#8箕内がボールを奪取。完全にたてを突いてトライ。

23分、九電キックオフ。22mラインでNECとってラック。22mへさげパント、九電ハーフウェイで取るがNECが襲撃、ラックは九電とってセンターが攻撃したところでNEC捕まえるもノットロールアウェイ。

24分、九電敵陣22m外でのラインアウト。ロングをとってセンターへ。さらに順目へ回し22mを突破。外での攻防となるがNECがラックで逆襲。九電押し返される。さらにボールはNEC、外へ振って#14気宇簿田が走る。敵陣残り10mへ入り込むがパスを九電がカット。センターへ返す。パントをNECとって展開、九電がキックオフサイドを取られる。

26分半、NEC敵陣10m-22mでのラインアウト。ミドルをとりラック、しかしここでNECがハンド。

27分半、キックはノータッチでNECがフェアキャッチ。けり返してタッチとする。

28分、九電敵陣10m-22mでのラインアウト。ショートを試みたが落球。NEC自陣からパント、さらにNECこれをとって敵陣へ。ポイントで九電がオフサイド。

29分、NEC敵陣22m奥でのラインアウト。ショートをNECとってモールとするもノッコン。

30分、九電自陣22mラインでのスクラム。センターから左へ大きくキック。タッチへ出す。

30分半、NECハーフウェイでのラインアウト。ショートを投げラック。スタンドがのパントは九電が自陣でとってラック、逆サイドへ一気に展開。パスミスが1つあるもなんとか敵陣へ入り込む。さらにラックサイドをついて10mラインでポイント形成、順目へ展開。#4吉上が前進。22mラインを割る。22mラインの攻防から九電がサイドを突く。NECパスにインターセプトを掛けるも反則。九電ここでパスを乱してしまいアドバンテージ。九電の選択はPG。角度のあるチャレンジ、風もあったが成功。

34分、NECのキックオフは10mライン一杯。ラックからパントとしてNECが自陣でおさえキャリー。しかし敵陣へ入ったところで手に絡まれる。九電ボールを奪い逆目へ回して大きく蹴飛ばす。NEC自陣深くから蹴ってタッチ。

35分、九電ハーフウェイでのラインアウト。ショートを使って宮殿がとってラック。ワイドに展開から左へ蹴るがちょっと長かった。ダイレクトタッチ。

35分半、NEC敵陣10m-22mでのラインアウト。NECロングでおって早く展開。左一杯で#11クボタ?がいい速度で入る。右へ回して#6セミシへ回したがタッチラインいっぱい。判定はトライとなった。

37分半、九電キックオフ。逆サイドへのキックは10m一杯へ。九電奪いにかかるもタッチへ転がる。

38分、NEC自陣10m外でのラインアウト。ミドルへ投げてラックを形成。フォワードで時間を使う。スタンドが蹴って九電が自陣で抑える。ラックから九電が展開するもタッチへ出てしまう。

39分、NEC敵陣10m奥でのラインアウト。ボールは九電側へスロー、九電ここでワイドに展開。ハーフウェイラインでまたもNECがハイタックル。

40分、九電のPKはインゴールへ転がってしまい終了。ホーンがなってノーサイドとなる。

評価

九電

攻め手に欠けた。ディフェンスは悪くなかったのだが、#6セミシにかなりやられていた感もある。

もうひとつ手数があれば逆転もあっただけに、最後もうひとつ突きたい。

NEC

フォワードの大きさで勝ちを奪い取った。

ディフェンスはいつものNECだったが、攻撃で#10ヤコではなく#6セミシ、#7ニリを使うあたりが作戦を変えたところか。#8箕内のオフェンスもなかなかであった。

おまけ

MotM: NEC#8箕内。