トップリーグ2008

クボタスピアーズ-東芝ブレイブルーパス

試合開始2008年12月21日13時00分
場所フクダ電子アリーナ(千葉)
気象条件晴れ。海風が強く、巻いてくる
レフリー戸田京介

メンバー表

クボタ 東芝
後半22分 交代→16 佐川聡 1 1 久保知大 後半16分 交代→17
荻原要 2 2 猪口拓 後半9分 交代→16
後半0分 交代→17 中島貴司 3 3 櫻井寿貴
鈴木康太 4 4 望月雄太
清野輝俊 5 5 大野均 後半29分 交代→19
後半9分 一時退場
後半18分 交代→19
Drew Hickey 6 6 Steven Bates
鈴木力 7 7 渡邉泰憲 後半28分 交代→18
Toutai Kefu 8 8 豊田真人
後半29分 交代→20 笠倉みちる 9 9 吉田朋生 後半24分 交代→20
Shane Drahm 10 10 David Hill 後半29分 交代→22
河津健太郎 11 11 Christian Loamanu
Katoni Otukoro 12 12 仙波智裕
高野彬夫 13 13 冨岡鉄平
後半9分 交代→22 阿部博典 14 14 廣瀬俊朗
後半32分 交代→21 柴原英孝 15 15 吉田大樹
後半22分 交代←1 手塚洋成 16 16 塚越賢 後半9分 交代←2
後半0分 交代←3 伊藤邦行 17 17 笠井建志 後半16分 交代←1
大鰐健 18 18 雨宮俊介 後半28分 交代←7
後半18分 交代←6 Shioape Horani 19 19 Vivili Iongi 後半29分 交代←5
後半29分 交代←9 茂木隼人 20 20 藤井淳 後半24分 交代←9
後半32分 交代←15 高橋銀太郎 21 21 オト・ナタニエラ
後半9分 交代←14 小堀弘朝 22 22 藤谷淳 後半29分 交代←10

得点経過

前半

クボタ 東芝
1分 DG失敗0-0
15分 T#10David Hill G成功0-7
17分 PG失敗0-7
22分 T#14廣瀬俊朗 G成功0-14
23分 PG成功3-14
30分 T#1久保知大 G成功3-21
39分 T#11Christian Loamanu G失敗3-26

後半

6分 T#9吉田朋生 G成功3-33
28分 T#20藤井淳 G成功3-40
31分 T#11河津健太郎 G成功10-40

合計

10 (勝ち点: 0)40 (勝ち点: 5)

ゲーム抄録

前半

クボタがメインから見て左をとった。そのクボタが蹴って試合開始。

左へけりこんで22m手前で東芝落としノッコン。クボタリカバーするもラックを動かせずアドバンテージ。

1分、クボタ敵22m手前でのスクラム。センターを入れたが押し返されラック。左へ展開して22m手前まで持ち込むが、中央へ戻すと押し返される。#10ドゥラームがDGを試みるも、ここは失敗。

2分、東芝ドロップアウト。左への展開からハーフウェイへ持ち出すもパスを見出しキック、クボタ蹴り返しは東芝自陣ハーフウェイで押さえ右へグラバー。これがロングタッチとなる。

2分半、クボタ自陣残り8mでのラインアウト。ミドルでとってパントとするが浅めのタッチ。

3分、東芝敵陣22m外でのラインアウト。ロングラインアウトを#5大野が取って外へ。22m内へ入ってラックとなる。ラックから左へ出してから右へ展開。縦から右へ回したパスをクボタがインターセプト、自陣からタッチへ蹴ってピンチを脱出。

3分半、東芝敵陣10m外でのラインアウト。ミドルの競り合いで東芝落球。クボタがリカバーしたものの、ラックでクボタがノットロールアウェイ。

4分、東芝敵陣残り11mでのラインアウト。ショートラインアウトを使って右一杯を攻めあがるが、オフサイドの位置の選手にキャリヤが当たってしまいアクシデンタル。

4分半、クボタ自陣残り6mでのスクラム。右へ出して1発あて、自陣からタッチへ。

5分、東芝敵陣10m-22mでのラインアウト。ロングをクボタが奪取。センターで当ててラック、さらに順目で右一杯へ。10mライン際の攻防から逆目へ出しラックを押して前進。さらにセンターで作るいなおしたラックから出したボールに東芝襲撃。ここはボールがすっ飛んでしまいクボタがリカバー、クボタラックを作り直すもダイビングを取られる。

6分、東芝敵陣22m奥でのラインアウト。ミドルを取ってナローへ投げる。ラックからワイドサイドへ流してラック、ここでクボタがまたもノット。

7分、東芝敵陣22m奥でスクラムを選択。一度崩れたところで、クボタの1列に戸田レフが何か注意。エイトから外へ回してクボタを下げさせ残り1m。ここでクボタがなんとか捕まえたため東芝スライド、そのままポイントを形成。東芝左へ大きく展開するも、残り5mのところでタッチへ押し出される。

9分、クボタ自陣残り5mでのラインアウト。クボタがはじいてしまい東芝リカバー。センターでラックを作り右へ左へと展開するもロス。22mラインまで戻されるが右一杯で残り6m。ここでボールを出し損ねクボタがリカバー、キックでまたもピンチ脱出。

10分、東芝敵陣22mラインでのラインアウト。タップは東芝がリカバー、ラインアウトサイドを突いてラックを連取。しかしラックでボールを出し損ねノッコン。

11分、クボタ自陣22m外でのスクラム。センターが蹴って東芝自陣からけり返す。クボタ22mからけり返し、東芝とのけりあいに。東芝自陣からキャリー、ハーフウェイでつかまりラック。そのラックのナローをついて敵陣に入り10mラインでラック。右へ出して一杯で前進、22mラインを脅かす。さらに左へ出してラックを連取するがオフサイド。

13分、クボタ自陣でのキックは敵陣22mを越えて内側でバウンド。東芝蹴り返しは敵陣22mを越えてタッチ。クボタ一人倒れており少ない状態。#3中島がアウト。

14分、クボタ自陣22mラインでのラインアウト。東芝うまく襲撃してボールを確保、ラックを押して右ラインへ。#10ヒルがが中央を割り込んだ。クボタこれは抑えきれずトライとなる。

16分、クボタのキックオフ。22m一杯で東芝とってキャリー。右一杯でラック、22mラインからパント。クボタ自陣10mでパント、これを東芝とったが落球。ノックバックの判定からラックでクボタが襲撃。ポイントで東芝反則、ボールはクボタがリカバーして蹴った。ボールはインゴールへ。東芝デッドボールへ蹴飛ばしたがアドバンテージ適用となる。クボタPGを選択。はずれ。

17分半、東芝ドロップアウト。クボタ自陣でパント。東芝22mへさげてキック、クボタ自陣からキャリー。右へのパスはワンバウンドするがなんとかカバー、敵陣10mへ入り込む。ラックから出たボールは中央で東芝が襲撃。クボタなんとか確保するもキックで逃れる。東芝これに自陣で追いつきキック、センター付近でクボタが取る。ここでクボタがうまくキャリー、敵陣22m手前まで持ち込みラック。右へ出してラックからクボタがライン攻撃を試みるがここは下げさせられる。クボタが大きなパスから左一杯に#11河津が攻め込むも22mラインで東芝の強烈なタックルを食らい落球。東芝右一杯を蹴って前進、クボタ自陣一杯でリカバーするもプレッシャーを食らい、蹴り出すのが一杯。

21分、東芝敵陣残り15mでのラインアウト。ロングをとってセンターで当たりラック、ここでクボタが反則。東芝左へ出しラック、右へ振って#14廣瀬がクボタのディフェンスラインをうまく交わしてトライ。

22分半、クボタのキックオフ。右への早いキックをクボタうまくリカバー。22mラインでのラックから中央で抜け22mラインを割ってラック、ここで東芝が反則。入れごろの位置での選択はやはりPG。

24分、東芝のキックオフ。残り10mまで蹴りこんだボールはクボタさっさとタッチへ。

24分半、東芝敵陣10m-22mでのラインアウト。ロングを東芝がリカバー、中央でラック。ここからm儀意へロールしてさらに右へパス。#6ベイツへつながったが残り10mでクボタが捕まえた。東芝ノッコン。

26分、クボタ自陣残り10mでのスクラム。ダイレクトで出してセンターへ。ラックでプレッシャーを掛ける東芝、ボールはクボタ。東芝必死に押してクボタがタッチへ蹴るところをチャージするもタッチ。

27分、クボタ自陣残り5mでのラインアウト。東芝これに襲撃、バウンドしたボールを東芝が奪い取る。ラックから横へスライドしつつ15mラインへ。さらにここから左一杯へ展開、15mラインでラックからさらにナローへ。5mラインでラインを作り直しライン攻撃。ラックでクボタが若干押し返す。左サイドでラックができスローダウン。近場を攻めるがここはつぶれ、右へのラインでクボタが逆襲。22mラインまで押し返される。ボールは東芝。左へ出してクボタのディフェンスエラーがあり22m内へ。ここでクボタに反則、東芝連続攻撃。残り5mでつかまるも#1久保がフォロー。無理矢理押し込む。

31分、クボタのキックオフは早く出すぎでダメ。東芝のセンタースクラムとなる。左へ出して一杯でグラバー。クボタがリカバーするも東芝襲撃、22mラインでラックとなる。クボタ自陣からキャリー。つかまったところで東芝にオフサイドの判定。早く出すぎた模様。

33分、クボタ敵陣10m奥でのラインアウト。ミドルをとってライン攻撃。中央でのループパスに東芝が手を出しノッコン。

34分、クボタ敵陣10m外でのスクラム。右へのライン攻撃を試みるが、パスを出したところでクボタがうまく下がりきれずアクシデンタルオフサイド。

35分、東芝自陣ハーフウェイでのスクラム。センターで当ててラック、右へ展開するもノッコン。ボールはクボタ側に跳ねる。クボタ自陣からラックを形成、右へ出し#9笠倉がゲイン。敵陣へ入り込む。しかしラックで東芝がボールを奪取。東芝のキックは22mを越え、クボタはタッチへ蹴り出す。

36分、東芝敵陣10m-22mでのラインアウト。東芝タップからセンターで当ててラック、右にラインを作る。右へ出すがロス、逆へ回してラック横を抜けゲイン。22mライン手前まで来るがホールディング。

37分、クボタ敵陣ハーフウェイでのラインアウト。タップからラインアウトサイドをついてラック。さらに左への大きなパスで左一杯へ。ラックから右へ回すがハーフウェイでつかまり落球。

38分、東芝ハーフウェイでのスクラム。右へのパスからループで内へ。さらに東芝ラック連取からライン攻撃、#13冨岡がクボタディフェンスをブレイク。#11ロアマヌがあとをつなぎ、クボタディフェンスを1人引きずりながら左一杯へトライ。ホーンが鳴ってからのゴールキックは難しい角度、外れたところでハーフタイム。

後半

後半は東芝が蹴って試合再開。

22m一杯でクボタとってラック。22mへ下げパント、このパントを東芝ノッコン。クボタリカバーするもゲインできずにつかまり、アドバンテージ適用となる。

1分、クボタ自陣ハーフウェイでのスクラム。センターはパント。これがタッチ一杯でバウンド、そのままタッチとなる。

2分、東芝自陣10m奥でのラインアウト。ミドルでとってラック。ハーフパントはクボタ自陣10mで取る。前にでてラック、さらに右へ振って前進。ラックから縦を突いてドライブ、さらにナローへ出るがポイントで東芝ボールを奪取。左でゲインを取り右へキック。これは22mを越えるが窪田けり返しを選択。東芝蹴ってクボタは中へ回してからキック。これがインゴールへ入るが東芝の選択はキャリー。左へ回してパント。タッチを割る。

4分、クボタ敵陣10m外でのラインアウト。ラインを作って攻撃、10mラインを割ったところで東芝がノット。

4分半、クボタ敵陣残り15mでのラインアウト。タップからセンターで攻撃。ラックからサイドを突くが東芝捕まえる。さらにサイドを突いてモール、ここは崩れるがクボタがラックでボールキープを試みる。しかしクボタ、右のラックでボールをこぼしてしまい、東芝これをパント。クボタ自陣10mで押さえラックを作るが、なおもここで東芝オーバー。#9朋生がボールを奪うとクボタディフェンスついていけず。トライとなる。

7分、クボタのキックオフ。10mライン一杯でクボタがタップ。プレー継続からクボタがラックを作るも東芝がボールを奪取。右へ回して敵陣へ入り込む。ライン攻撃は大きく下げさせられ自陣10mでラック、スローダウンからボールが出ずアンプレアブルの判定。

9分、東芝自陣10mラインでのスクラム。左へのラインでラックを形成。さらにナローを突いてラック、右へ出したラインで、クボタ首へのハイ。一発シンビンとなる。東芝も#2猪口がアウト。

9分半、東芝自陣ハーフウェイでスクラムを選択。左へだし#11ロアマヌがゲイン。敵陣10m-22mで倒されるもラック、さらに東芝右一杯へ攻撃、22mを割る。ラックから中央でラックを押しつぶすがダイビングとの判定。

11分、クボタハーフウェイラインでのラインアウト。クボタタップから早く回しセンターを当ててラック。さらに順目で縦を突くがつぶされる。クボタ左一杯へ回しグラバーを試みるがこれは東芝が体にあて、さらに東芝が逆にグラバー。これはクボタのインゴールまで流れてしまう。

12分、クボタのドロップアウト。東芝自陣奥からキャリー、ハーフウェイでラックを形成、ナローへ流し前進。さらにナローでラックサイドを突いてからセンターをあて前進するもボールを落としノッコン。

13分、クボタ自陣10m奥でのスクラム。東芝押し込んでしまいFK。クボタのキックは左一杯でクボタウイングが捕まえる。東芝左一杯の10m-22mでなんとか捕まえるもここでオフサイドの反則。

14分、クボタの選択はタップキック。ラックから右へのラインをつくりループでゲインを図るが落球。東芝大きく蹴り込む。クボタ自陣でなんとかけり返す。

15分、東芝敵陣10m奥でのラインアウトは遅すぎFK、さらに10m戻される。クボタタップキックから外へ回し左一杯でゲイン。ライン攻撃で中央へ回しラック連取、さらに右一杯へ回す。10mラインでの攻防からセンターを当ててラック、ここで東芝がまたもノット。

16分、クボタここもタップスタート。左へ回すが落球。

16分半、東芝自陣10m-22mでのスクラム。ハーフのパスが乱れるもリカバー、左へのキックはクボタ蹴り返す。東芝自陣からまたもキャリー、ハーフウェイでつかまりラック。そこで内へ持ち出し、縦を突いてラック、左へ持ち出し縦を突いたがパスが落下。ノッコンを取られる。

18分、クボタ自陣10mライン奥でのスクラム。スタンドがけってタッチを狙うもダイレクトタッチ。

18分半、東芝敵陣10m-22mでのラインアウトは東芝うかつなプレーでノッコン。

19分、クボタ自陣10m-22m出のスクラムはホイール。

19分半、東芝敵陣10m-22mでのスクラムは遅すぎでFK。クボタ蹴り込むもインゴールへ飛んでしまい東芝タッチダウンを選択。

20分、東芝ドロップアウト。10mでクボタがキャッチ、ラックを形成。左へ出してライン攻撃を試みるが中央で落球。東芝リカバーから左へ出る。さらに前進するが敵陣で落球、クボタがリカバー。クボタ右サイドへ出して敵陣へ入ったがアンプレアブルとなる。

22分、クボタ敵陣10mでのスクラム。左へ回し前進、左一杯で敵陣へ入るもボールを東芝が奪取。左一杯で#11ロアマヌがグラバー。これはクボタ自陣でリカバーするもラックで東芝がまたも奪取。左へのパスを東芝流してしまいタッチ。

24分、クボタ自陣22m外でのラインアウトは東芝バージング。

24分半、クボタ敵陣10m外でのラインアウト。ミドルを東芝取る。タッチ一杯から逆サイドへ展開、グラバーで敵陣へ。クボタ自陣でなんとかボールを押さえるがラック。22mへ下げキック。これを東芝自陣からキャリー、ハーフウェイでラックにして左へ。ここで縦を突いて東芝が前進。もう一度右へ展開するがここはロス。しかしそのポイントから縦をついて前進、左一杯へのキックを出す。これを#11ロアマヌがうまく捕まえる。フォローが通って前が開けたがここはクボタが帰ってきた。クボタがボールをリカバリ、さらにクボタがボールを持って攻めるが自陣でつかまりノッコン。

28分、東芝敵陣残り10m-22mでのスクラム。右へのハーフスクランブルはまったくだれも捕まえられず。何アレ。

28分半、クボタのキックオフ。10m-22mへのキックは東芝落としてしまいクボタがリカバー。右へ出してパンと、クボタ手を出すもボールは東芝がリカバー。インゴールで東芝抑えるがキャリーバックの判定。

30分、クボタ敵陣残り5mでのスクラム。ここで東芝つぶしてしまいFK、クボタ早いタップスタートから左一杯へ回す。東芝ラインは少し短く、#11河津が一杯へ飛び込みトライ。

32分、東芝のキックオフ。22m一杯へ飛び込むが東芝落球。クボタがリカバーしたゲインは取れず、がノッコンの判定を取る。

32分半、クボタ自陣22m外でのスクラム。タッチへ蹴り出す。

33分、東芝敵陣ハーフウェイでのラインアウト。右へ展開してラック、そのラックから縦を突くがボールはクボタ。パントを東芝がまたもキャリー。敵陣22mへ入り込むがパスがつながらずクボタリカバー、キックで返すがこれがまたインゴールへ入り込んでしまう。東芝とってタッチダウン。

34分、東芝ドロップアウト。東芝リカバーするがノット。クボタ敵陣10mでの PKからタップスタートするも、22mラインを目前にノッコン。

35分、東芝自陣22m外でのスクラム。22mへ下げパントするがこれがダイレクト。

36分、クボタ敵陣22m奥でのラインアウト。クボタタップしきれずノッコン。

36分半、東芝自陣22m奥での15mスクラム。右への展開で22mラインでの攻防となるがここでうまくすり抜け発生。若干のゲインから左一杯へ。パスを乱しかなりロス。

37分、クボタ敵陣10m-22mでのラインアウト。タップからセンターをあてラック、逆目へ回したが東芝うまく捕まえる。ボールはクボタがもって10mライン、左へのパスを出すがクボタもロス。ラック連取からの連続攻撃で東芝がオーバー。無理矢理縦をついて前進した東芝、敵陣10mラインを割るもダイブ。クボタすぐタップスタート、敵陣10mラインへ入り込むがパスを乱す。東芝オフサイド。クボタ敵陣10mでタップスタート、左一杯へ回すも落球。東芝がリカバーして自陣でキャリー、40分過ぎたところでホーンがなって東芝スローフォワード。ノーサイドとなる。

評価

クボタ

敵陣でプレーしたかった。後半も後半、かなり敵陣へ入りこんだがとき遅し。#10ドゥラームのキックが今ひとつ収まりが悪かったことが、リズムを崩したところだろうか。

東芝

クボタのディフェンス、オフェンスにやはりかき回された。とはいえ、あくまでプレーを敵陣で進めることを徹底した結果の勝ちであろう。

敵陣での反則が減ったことは良かったと思われる。だが、とりたいところで取れるとまではまだいかない。

おまけ

MotM: 東芝#5大野。