トップリーグ2008

日本IBMビッグブルー-トヨタ自動車ヴェルブリッツ

試合開始2009年1月2日12時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件はれ。風はバックからメインへ。
レフリー戸田京介

メンバー表

IBM トヨタ
田辺篤 1 1 中村嘉樹
安江祥光 2 2 高山勝行 後半28分 交代→16
山口泰生 3 3 山本正人
後半34分 交代→18 伊藤太進 4 4 Daniel Quate
後半17分 交代→17 Tevita Tanginoa 5 5 北川俊澄
高聡伸 6 6 Angus MacDonald 後半12分 交代→18
Jake Paringatai 7 7 中山義孝 後半36分 交代→19
Lotu Filipine 8 8 菊谷崇
後半21分 交代→20 山中俊幸 9 9 麻田一平
後半21分 交代→21 加瀬隆之 10 10 黒宮裕介
櫻井崇将 11 11 岩本健一郎 前半12分 交代→21
大松真 12 12 難波英樹 後半36分 交代→20
後半36分 交代→22 重見彰洋 13 13 赤沼源太
勝俣啓太 14 14 Sekove Leawere 後半21分 交代→22
高忠伸 15 15 正面健司
佐藤大作 16 16 上野隆太 後半28分 交代←2
後半17分 交代←5 野田敬司 17 17 中野真二
後半34分 交代←4 石田雅人 18 18 谷口智昭 後半12分 交代←6
覺來弦 19 19 槇原航太 後半36分 交代←7
後半21分 交代←9 塩谷純司 20 20 有田啓介 後半36分 交代←12
後半21分 交代←10 Mike Hercus 21 21 久住辰也 前半12分 交代←11
後半36分 交代←13 阪元弘幸 22 22 William Ryder 後半21分 交代←14

得点経過

前半

IBM トヨタ
5分 T#15高忠伸 G成功7-0
15分 PG成功10-0
24分 T#21久住辰也 G失敗10-5
32分 T#14勝俣啓太 G成功17-5
37分 PG失敗17-5

後半

8分 T#8菊谷崇 G成功17-12
12分 PG成功20-12
18分 T#15正面健司 G成功20-19
20分 T#14Sekove Leawere G成功20-26
27分 T#22William Ryder G成功20-33
31分 T#22William Ryder G成功20-40
39分 T#20有田啓介 G成功20-47

合計

20 (勝ち点: 0)47 (勝ち点: 5)

ゲーム抄録

前半

IBMがメインから見て左を取った。そのIBMが蹴って試合開始。

右へのキックは22mを越え、トヨタとって22mラインでラック。回したがセンターでIBMが押さえラック。左へ回して22mを越えてラック再形成。ここでトヨタキック、IBM自陣でとってパントするもダイレクトタッチ。 IBM#6高の弟が脳震盪を起こしフラフラに。

1分、トヨタ敵陣ハーフウェイでのラインアウト。トヨタとってセンターへ回しラック。さらに順目から右へのグラバーを蹴るがここはタッチへ。

2分、IBM自陣22m内側でのラインアウト。トヨタ手を出すがIBMがキープ。内からパント、これをトヨタ#14セコヴェが取りに行くがノッコン。

2分半、IBM自陣ハーフウェイでのスクラム。スタンドがパント、これがぎりぎり一杯でタッチを割る。

3分、トヨタ自陣残り5mでのラインアウト。ショートを使ってすぐにラックを形成。パントは22m外でIBMキャッチ。キャッチがつかまりモールになるがそのまま動けず。アンプレアブルの扱いに。

4分、IBM敵陣22m外でのスクラム。ナローサイドをエイトが突いて前進、さらに内側へのパスでセンターを伺うもノッコン。

4分半、トヨタ自陣22m奥でのスクラム。左へ出してパント、IBMハーフウェイでとってパント。トヨタ自陣22mでとってナローサイドを前進するがノッコン、さらに左一杯でタッチを踏んでしまう。IBMクイックスローから速いテンポで突進、#15高兄貴がまっすぐ縦を突いた。トヨタこれに反応できず、高のトライを許す。

7分、トヨタのキックオフ。10m一杯でIBMタップ。転がったボールはなんとかIBMが押さえラックを形成。自陣10m奥から22mへ返し、逆サイドへパント。これをトヨタとって敵陣で前進、10mラインでラックを形成する。さらにラックを連取して内へ、さらに左一杯へ展開して10mほど前進するもラックでIBMが奪い返しパント。トヨタ内へ入って自陣からパント。けりあいはトヨタ自陣ハーフウェイからまっすぐ縦を突いて前進、22mラインでラックを形成。左一杯で残り5mまで持ち込んだがラックでトヨタがボールを落としてしまい、このルースボールをIBMがボールを奪取。タッチラインへけりだした。

9分半、トヨタ敵陣10mでのラインアウト。トヨタとって展開するも中央付近でノッコン。

10分、IBM自陣ハーフウェイでのスクラム。右へ回しハイパント。これをIBMオフサイドにしてしまう。

10分半、トヨタ敵陣10m-22mでのラインアウト。ロングをとってセンターへ。ラックから右へ出すがここはすぐつかまる。さらに右へ出したがもう一度つかまり若干下げられる。トヨタボールキープから左へ展開、左一杯で22mラインをわったところでラック、IBMがボールを奪い返すものの笛。IBMハイタックル。IBMにペナルティ。

12分、トヨタ敵陣残り10mでのラインアウト。短いスローからモールを形成。しかしここはIBMこらえた。中央へのグラバーはIBMが取ったが、そこで笛。ラックでオフサイドがあった。

13分、トヨタ敵陣残り5mでスクラムを選択した。スクラムからボールを取ってモールを作ろうとするがここは崩壊。さらに近場を攻めてスローダウン、しかしボールがこぼれたところでIBMが奪取、若干前進してからパント。トヨタ自陣ハーフウェイからパントしたところこれが22mライン一杯。 IBMここでフェアキャッチ。FKはロングタッチとなった。

14分半、トヨタ自陣22mライン内側でのラインアウト。ラックからパント、 IBM自陣から回し10mラインでラック。ここでトヨタがダイビング。 IBMここでPGを選択。これを決めてリードを伸ばす。

16分半、トヨタのキックオフ。10mライン一杯へのキックをトヨタ確保。右へ振って22mライン一杯まで前進、さらに中央でトヨタがプッシュするもまたもボールをこぼしてしまいIBMがリカバー、パント。トヨタ敵陣で取りに行くがまたもやノッコン。

18分、IBM自陣10mラインでのスクラム。エイトに持たせて若干前進、ラックから右へ出してパント。トヨタ自陣22m外からキャリー、ラックから右へ蹴り出してワンバウンド、タッチへ。

19分、IBM自陣22mラインでのラインアウト。ロングをIBMとトヨタが競るがボールはIBM。IBMパントをトヨタ自陣でとってキック、IBMけり返しがまたもタッチライン一杯を飛び、ロングタッチとなる。

20分、トヨタ自陣残り15mでのラインアウト。トヨタとってモールを形成、出してパント。タッチを割る。

20分半、IBMt系人22m外でのラインアウトはショートスローを試みるがノット5m。FKとなる。

21分、トヨタ自陣22m外での15mスクラムを選択。近場へのスローでラック、右へキックするがIBM取ってラック。またもタッチライン一杯へキック。

21分半、トヨタ自陣22mでのラインアウト。さっくりタッチへ蹴り出す。

22分、IBM敵陣10mでのラインアウト。IBMタップしてボールを確保。ラックからパントをトヨタ自陣で確保、ラックとする。ラックから左へ出して10mラインでラック、さらに近場でラックを作りスローダウン。パントはIBM自陣ハーフウェイでとってラック。左へのパントキックは浅めだったがワンバウンドでタッチを割る。

23分半、トヨタ自陣10m-22mでのラインアウト。モールからハーフがパント。IBM自陣ハーフウェイで取ってラック。IBMのパントをトヨタ自陣10m-22mでとって左一杯へ。ここでトヨタがいい速度で展開、#21久住が左一杯を全力疾走。IBM追いつけずトライとなる。厳しい角度のキックははずれ。

25分半、IBMのキックオフ。22m一杯でトヨタとってラック。センターへ投げて22mライン内でのラックから右へ展開。ここで#14セコヴェが22m外へ。さらにいいパスから左一杯へ回すが10mラインでIBMがいいタックル。トヨタおもわず落球。

27分半、IBM敵陣10mライン奥でのスクラム。絡まれるがなんとかパスをつなぎ中央からパント。またもワンバウンドしてタッチを割る。

28分、トヨタ自陣残り5mでのラインアウト。モールを押してからタッチへキック。

29分、IBM敵陣22mラインでのラインアウト。ショートラインアウトを使いラック、できたラインから中央へ投げラック。さらにIBMラックを連取するがパスを見出しノッコン。トヨタボールを奪ってキック、IBMおいつき自陣でパント。トヨタこれを自陣で取り損ねるが判定はノックバック。トヨタ回そうとするもトヨタのオブストラクションを取られる。

30分、IBM敵陣10m-22mでのラインアウト。タップは前に転がってしまいノッコン。

30分半、トヨタ自陣10m-22mでのスクラム。パントをIBMけり返すも、トヨタがタッチラインでキャッチ。ダイレクトタッチの判定となる。

31分、トヨタ敵陣10mでのラインアウト。中央でIBMのタックルミスもあるが、ラックでIBM取り返す。右一杯で#14勝俣がトヨタディフェンスをなんとか振り切りトライ。

33分、トヨタのキックオフ。10m若干奥へのキックはトヨタが確保。ラックから中央で押してゲイン。さらにセンターを飛び込ませラック、右一杯へ出して22mラインまで前進。ラックサイドを突いて22mへ入り込むとラック連取からループ、左一杯へ回しあまらせるがラックでボールを離せず反則。

35分、IBM敵陣10mラインでのラインアウト。タップから早く中央へ回しラック、ここでキックするがチャージ。ボールはIBMが確保するが、乱れたボールをおもわずノッコン。

36分、トヨタハーフウェイでのスクラム。右へ出してセンターを当ててラック、さらに近場を狙うがトヨタまたもボールを離せず。ハーフウェイ付近でのポイントだがIBMこれもPGを選択。風はフォロー。これはわずかに短かった。トヨタがグラウンディング。

38分、トヨタのドロップアウト。短いキックはトヨタまたも自陣へタップ。右サイドへ展開してタッチライン一杯へ持ち込まれるがトヨタなんとか確保。しかし左への大きなパスはIBMが奪取、22mラインを割る。さらにIBMがボールを確保、22mラインをじりじりと内へ入るが、ラックでダイビング。トヨタ、PKをタッチへ蹴り出すが、時間がなくここでハーフタイム。

後半

後半はトヨタが蹴って試合再開。

22mライン外でIBMがキャッチ、ラックからパント。これをトヨタ押さえ損ねるがなんとかリカバー、しかしIBMがラッシュしてポイントは10mくらいトヨタよりに。トヨタポイントから右へ大きく展開、ハーフウェイまで持ち込むがポイントでIBMがボールを奪取。パント。トヨタ自陣22mラインでとってラック、ここはけりこんでいったがIBM自陣で回して中央へ。IBMのパントはトヨタ自陣でとって前進、ハーフウェイでラック、さらにラックを連取する。センターでIBMのタックルがすこし甘く、トヨタが前進。さらに右へ回して前進を試みたがノッコン。

2分、IBM自陣10mラインでのスクラム。スタンドが蹴ってトヨタが22m外でキャッチ、パント、IBMハーフウェイでとってラック、そのラックを攻めてハーフウェイへ。ここでパントはトヨタがとって早く展開。22mでトヨタがグラバー、これはIBM必死にリカバーするがノッコンを取られる。

4分、トヨタ敵陣残り10mでのスクラム。左一杯でのスクラムは1回崩壊。スタンドへのパスをIBM奪取。さらに順目へ回してパント。トヨタ自陣でとって蹴るがダイレクトタッチ。

5分、IBM自陣ハーフウェイでのラインアウト。IBM何とかとってモール。ここは崩されるがハーフがパント。トヨタまたもタッチラインでとってクイックスロー。トヨタ右へ展開、右一杯でラックを形成。ここでIBMオフサイド。トヨタ左へ回すも左一杯でパスがタッチへ流れる。

7分、トヨタ敵陣残り7mでのラインアウト。ミドルでとってナローへ攻撃。しかしここはIBMがボールを奪い取るもタッチ。

7分半、トヨタ敵陣残り7mでのラインアウト。ショートをとってモールを作る。内へ入り込んでキープ、IBMこれをこらえきれない。トヨタ押し込んでトライ。

10分、IBMキックオフ。10m-22mでトヨタとってラック。22mから中央へ回すがラック、パントはIBM自陣から左一杯へ早いキック。ワンバウンドしてタッチへ出る。

11分、トヨタ自陣10mラインでのラインアウト。トヨタ押さえ損ねボールはIBMサイドへ。IBMラインを作って押したがラック、ここでボールがトヨタサイドに飛ぶがラックではトヨタが反則。ノットロールアウェイを取られる。IBM、PGを選択。

13分、トヨタのキックオフ。22mでバウンドがかわりトヨタにすっぽり。ラックから中央へ出すがボールを乱す。中央でラック形成、ここでIBMが反則。

14分、トヨタ敵陣残り7mでのラインアウト。ミドルでとって早く展開、センターで当ててラック、さらに順目へ振る。右一杯へ回し残り5mでラック、さらにプッシュするもIBMがターンオーバー。中央への展開からパント、ワンバウンドしてタッチを割る。

15分半、トヨタ敵陣ハーフウェイでのラインアウト。中央でブレイクして前進、さらに順目で右一杯へ。10m-22mでラックを形成、IBM反則。トヨタタップキックから再開、中央で22mラインを割るがラック。右へ展開してラック連取から逆目へ展開。22mライン中央の攻防でトヨタがパワーで前進、しかしここでトヨタまたもパスを乱す。IBMとってキック。タッチとなる。

17分、トヨタ敵陣10m外でのラインアウト。トヨタとってセンターでモールを形成。モールサイドを突くがラック。センターで#8菊田にが抜け、さらに左へ。敵陣残り10mほどまで入り込む。ラックから右へ出しラック、左タッチライン一杯へのパスを#15正面がキャッチ。IBMインゴールで追いつくがトライとなる。

19分、IBMキックオフはオフサイド。

20分、トヨタハーフウェイでのセンタースクラム。右で#15正面がラン。IBM捕まえられず。#14セコヴェがあとを受けてさっくりトライを奪い取る。

21分半、IBMキックオフ。22mでトヨタとってタッチへ蹴り出す。

22分、IBM敵陣10m奥でのラインアウト。中央でパスを乱すがなんとかボールを確保、ラックとする。ラックを押して近場をプッシュ、モールとする。トヨタが千切ろうとするがうまく千切れない。つぶれたところでアンプレアブル。

23分半、トヨタ自陣22m外でのスクラム。ここはトヨタプッシュから右へグラバー。IBMパントで返すがトヨタ自陣からパント。22m一杯でIBMとって逆サイドへキック。これをトヨタがとってキック、うまくワンバウンドしてタッチへ蹴り出す。

24分半、IBM自陣10m-22mでのラインアウト。トヨタ手を出しボールを確保。そのままつぶれてしまいアンプレアブル。

25分、トヨタ敵陣10m-22mでの15mスクラム。センターで当ててラックを作り、順目へ回すが右一杯でブレイク。さらに近場を前進して残り5mまで入り込む。ここで中央へ回したところでIBMがハイタックル。

26分半、トヨタ敵陣残り7mでスクラムを選択。右へ出して#22ライダーが個人技を見せる。IBMディフェンス誰も触れずトライ。

28分半、IBMのキックオフ。22mライン内でトヨタ落とすもノックバック。ラックを形成からタッチへ蹴り出す。

29分、IBM敵陣10mラインでのラインアウト。ショートから中央でブレイクを試みたところでトヨタにハイタックルの反則。IBM前進できず笛。

30分、IBM敵陣残り15mでのラインアウト。ロングスローから中央でラック。逆目に誰もいない状況からラックに人数を掛けすぎトヨタがターンオーバー。パントに#22ライダーがチェイス。もう一回蹴飛ばしたライダーがインゴールでボールを抑える。

32分、IBMキックオフ。22m奥でトヨタとってけり返す。IBM敵陣でこれを落球、ノッコンとなるがトヨタがボールを拾って前進。ハーフウェイで押し出されタッチとなるが、IBMクイックスローで再開。中央へ投げて10mラインでラックを形成する。ここでスローダウンからフォワードでキープするがトヨタがプッシュし続け、IBMのホールディングを叩き出す。

34分、トヨタ敵陣22m奥でのラインアウト。ロングスローをIBMなんとか押さえ22mの外へ持ち出す。ラックから中央で#8フィリピーネがブレイク。さらにうまくつないで敵陣10mへ入り込むが、ここでトヨタがボールを奪取。左一杯へつないで#22ライダーがキック。IBM自陣残り1mでボールを取るがトヨタにつかまりラック。ボールはIBMが確保、持ち出してパント。タッチへ逃れる。

36分、トヨタ敵陣22m奥でのラインアウト。トヨタがボールを確保するがラックがつぶれてしまいアンプレアブル。

36分半、トヨタ敵陣22m奥での15mスクラム。トヨタが押し込んでしまい反則。IBMタップキックスタートから中央へ持ち出しトヨタディフェンスをブレイク。自陣10mでの攻防となる。ラックからもう一度持ち出すがここで左一杯へ。トヨタディフェンスをまたもブレイク。敵陣22m外へ持ち込む。ここでトヨタ反則。IBMタップキックから逆サイドへ展開、ラックとなる。大きな展開は敵陣10mラインでつかまりラック、トヨタがターンオーバー。パントはIBMが滑り込んで取りラックとなるが#22ライダーがかなり入り込んでいた。ラックから出たボールをIBMがノッコン。トヨタ左へ振って#20有田がトライラインを破った。ゴールキックの間にホーンがなってノーサイド。

評価

IBM

前半は風をうまく使って前進した。トヨタの裏を突く作戦で、立ち上がりのあんまり良くないトヨタをうまく翻弄。若干のリードを取ったが、これではセーフティとはいえなかったわけで。

後半走りきれないあたりは、トヨタがうまくかき回していたようにも見える。

トヨタ

立ち上がりが今ひとつなところを突かれたものの、自力で後半はリカバー。風上であることも生かしてキックで地域を確保。IBMを突き放した。

#12セコヴェ、#22ライダーの快速はやはりすばらしいが、フォワードで押し切れない感も残る。

おまけ

MotM: トヨタ #15 正面。いいキックがいくつもあった。

John Kirwanがすぐ近くで試合観戦。