トップリーグ2008

サントリーサンゴリアス-神戸製鋼コベルコスティーラーズ

試合開始2009年1月2日14時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件はれ。風はバックからメインへ。
レフリー相田真治

メンバー表

サントリー コベルコ
後半23分 交代→17 尾崎章 1 1 平島久照
後半23分 交代→16 青木佑輔 2 2 松原裕司 後半29分 交代→16
畠山健介 3 3 山下裕史 後半27分 交代→17
後半27分 交代→18 大久保尚哉 4 4 Adam Wallace-Harrison
篠塚公史 5 5 Royce Willis 後半10分 交代→19
Rocky Havili 6 6 林慶鎬
後半36分 交代→19 Hare T-Pole 7 7 鈴木敬弘
竹本隼太郎 8 8 Pasuka Mapakaitolo 前半30分 一時退場
後半27分 交代→18
後半6分 交代→20 田中澄憲 9 9 後藤翔太
後半27分 交代→21 曽我部佳憲 10 10 菊池和気
小野澤宏時 11 11 小笠原仁 後半10分 交代→22
前半40分 一時退場 Ryan Nicholas 12 12 山本大介 後半23分 交代→21
後半14分 交代→22 平浩二 13 13 今村雄太
山下大悟 14 14 大橋由和
北條純一 15 15 陣川真也
後半23分 交代←2 山岡俊 16 16 村上正幸 後半29分 交代←2
後半23分 交代←1 林仰 17 17 山内雅延 後半27分 交代←3
後半27分 交代←4 早野貴大 18 18 谷口到 後半27分 交代←8
後半36分 交代←7 佐合佑太 19 19 伊藤剛臣 後半10分 交代←5
後半6分 交代←9 成田秀悦 20 20 苑田右二
後半27分 交代←10 菅藤心 21 21 大石嶺 後半23分 交代←12
後半14分 交代←13 長友泰憲 22 22 Pierre Hola 後半10分 交代←11

得点経過

前半

サントリー コベルコ
8分 PG成功3-0
13分 PG失敗3-0
22分 T#10曽我部佳憲 G成功10-0
27分 PG成功10-3
34分 T#15北條純一 G成功17-3
36分 PG失敗17-3
40分 T#15北條純一 G成功24-3

後半

8分 T#15北條純一 G成功31-3
13分 PG成功34-3
16分 DG失敗34-3
21分 T#12Ryan Nicholas G成功41-3
26分 T#22長友泰憲 G成功48-3
35分 T#11小野澤宏時 G成功55-3
37分 T#5篠塚公史 G失敗60-3
39分 T#5篠塚公史 G成功67-3

合計

67 (勝ち点: 5)3 (勝ち点: 0)

ゲーム抄録

前半

神戸がメインから見て右を取った。その神戸が蹴って試合開始。

10m-22mでサントリーとってラン。10mラインでサントリーがプッシュ。右一杯へ振って敵陣へ入る。さらに中央へ返し左へ。神戸がノットロールアウェイを取られる。サントリー速いテンポで展開する。

1分、サントリー敵陣残り10mでのラインアウト。ミドルをとってモールに。つぶれるが立て直し、プッシュするが再度崩壊。ホールディングを取られる。

2分、神戸自陣22mライン外でのラインアウト。1回目のスローは少し早すぎたためやり直しに。ミドルでとってモールからハーフパント。サントリー自陣ハーフウェイで取るも神戸がはげすくプレッシャーをかける。ボールはサントリーがキープ、22m外から内へ返しキック。神戸自陣10mから展開、左一杯で#14大橋がいいランで22m手前へ。ここでつかまり中央へ。さらにラック連取から右へのキックはサントリー見逃しタッチへ。

4分、サントリー自陣残り10mでのラインアウト。少々無理してとってラック。パントは神戸が敵陣10mでとってラン。22mライン一杯でおさえラック、神戸左へ展開するも抑えられる。さらにパスでボールをつなぐもサントリーが前進。神戸右一杯のポイントからラックを取り続けるが、結局オーバー。サントリーのキックは神戸けり返すもダイレクトタッチ。

5分半、サントリー敵陣10m奥でのラインアウト。タップからセンターはキック、神戸自陣残り5mで抑えたところでラック。ボールを出せず、結局ダイビングに。

6分半、サントリー敵陣残り5mの選択はスクラムに。サントリーがドライブしようとするがなかなか合わない。エイトに持たせ中央へ。さらに順目で流すがここは神戸がうまく当たった。順目へ出してからポイントで逆目へ。さらに左へ出したところで笛、神戸のダイビングを取った。サントリー、ここでPGを選択する。これを決めてサントリーが初手を取る。

9分半、神戸のキックオフ。右への浅めのキックは10m-22mで神戸取り損ねサントリーがグラバー。神戸右一杯で押さえ左へ展開、敵陣へ入り込む。敵陣10mでのラックから中央へ回し、まっすぐ当たるがノッコン。

10分半、サントリー自陣10m外でのスクラム。これがなかなかうまく合わず、13分にいたってサントリーのコラプシングとなる。神戸ここでPGを選択。右へ外れる。

14分半、サントリーのドロップアウト。深く蹴って神戸自陣22m外でバウンド。お見合いとなるがボールはカバー、中央へ走ってサントリーの裏へ出るも敵陣へ入ったところでつかまりノッコン。

15分、サントリー自陣ハーフウェイでのスクラム。左へ出してキック。これがうまく転がり22mラインでタッチを割る。

16分、神戸自陣22mラインでのラインアウト。サントリーがタップして展開。中央から右へ#12ニコラスが流れてゲイン。なおもサントリー、右のラックからボールキープ、右反面を右へ左へとパスでつなぐ。残り5mでラックを形成。ラック右へ出してプッシュ、人数をかけてドライブするも17分半ヘルドの笛。ここは神戸が粘った。

18分、サントリー敵陣残り5mでのスクラム。中央へ出して#14山下が飛び込むも、そのまえにサントリーの選手。アクシデンタルオフサイド。

18分半、神戸自陣残り5mでのスクラム。近場へ出してのもみあいからタッチへ蹴り出す。

19分、サントリー敵陣22m奥でのラインアウト。サントリーとって早く展開。中央からグラバーに対し神戸こぼす。これにサントリーも追いつくがやっぱりノッコン。

20分、サントリー敵陣残り5mでのスクラム。エイトが持ち出すがこぼしてしまい、神戸このボールを奪い取り自陣から左へキック。これにチャージしたところで笛。

20分半、神戸自陣残り7mでのスクラム。サントリー#7ティーポレが出血。神戸エイトに持たせ左へロール、インゴールでパントするもチャージ。これがデッドボールを割った。

21分半、サントリー敵陣残り5mでのスクラム。ほぼ中央でのスクラムからエイトはセンターへパス。#10曽我部が神戸ディフェンスの裏を突いてブレイク。トライとなる。

24分、神戸のキックオフ。10mラインへのキックは神戸が確保するが、ポイントでノッコンを取られる。

24分半、サントリー自陣10m奥でのスクラムは回ってしまいスクラムホイール。

25分、神戸敵陣10m奥でのスクラム。右へのラインで攻撃、さらに右へ回しポイント形成。さらに逆目へ返すもポイントでサントリーがオーバー。サントリーのパントは神戸けり返すも伸びすぎ22mラインを超える。サントリーがフェアキャッチ。

26分半、サントリーFKは神戸自陣でとってハーフウェイでパント。これがワンバウンドしたところでサントリーがキャッチ、逆サイドへ回してグラバー。神戸自陣からキャリー、右へ左へと回す。ハーフウェイでの攻防となり、中央で縦を突いて前進。さらに左へ出して敵陣22mへ。ラックから中央へ出すがここはつかまる。ここでサントリーがノットロールアウェイ。クイックスタートは認められず。神戸ここでPGを選択。22mライン外、中央での蹴りごろなゴールがきまる。

29分、サントリーのキックオフはダイレクトタッチ。

29分半、神戸の選択はセンタースクラム。右へ回すがサントリーが10mほどで抑える。ポイントで神戸#8マパカイトロがスタンピング、イエローを食らう。

30分半、サントリー敵陣10m-22mでのラインアウト。サントリーとって当たり、ポイントで前進。22mラインを割る。ラックからナローサイドへ投げてさらに前進、ラックを押して残り7mへ。ここで近場を攻撃、内へとずれてラックを再形成。スローダウンからまたも右へ出したが残り1m、ボールが離せず反則。さらに何か言ってしまったか10m下げられる。

32分、神戸自陣10m奥でのラインアウト。ミドルで取ってモールを形成。ハーフパントをサントリー自陣22m付近で取り損ねノッコン。

33分、神戸敵陣22m外でのスクラム。左へのラインで#13今村がブレイク。さらに順目でラックを作る。左一杯から右へ出してポイントを形成するが、サントリー#9田中がボールを奪取。神戸の裏へ出る。残り10mでボールを受けた#15北條が内へ切れ込みトライとする。

35分半、神戸キックオフ。10m奥へのキックを神戸ノッコンするも、これはサントリーが低い位置に入り込んでしまっていてオブストラクションとの判定。神戸PGを選択。これもはずれてしまう。

37分半、サントリーのドロップアウト。ここもサントリーはけりこむ。神戸自陣22m外から中央へ回しキックするがチャージ。右へ出して22mを割り、ラックを形成したところでサントリーがハンド。

38分半、神戸ハーフウェイラインでのラインアウト。神戸とってモール。ハーフパントを神戸とって前進。敵陣22m手前のラックから右へのラインへ。ここはロスするが、逆目で若干前進。10m-22mでのラックから右へ展開するもここもサントリーにつかまりラック。右でサントリーディフェンスをブレイク、敵陣22mへ入り込む。22mでの攻防は、しかしここからのゲインが取れない。ホーンが鳴って右でのポイントから右へ出し左へ出しするもサントリーがプッシュ。ボールは神戸がキープ。左一杯から中央でのラック、さらに右で縦をついて前進。22mラインの攻防から左一杯で#3山下が縦をついてブレイク。そこから神戸じっくり回し右へ。じりじり前進、右で残り5mまで前進した。ラックでサントリーが反則。

40分、プレー継続の時間帯に、神戸は敵陣残り7mほどでのPKを得る。ここで#12ニコラスが故意の反則でシンビン。神戸ここでスクラムを選択。右へ回すもラックとなる。ラックから近場を連続攻撃するもサントリーが守る。左へ出し中央で当ててラック。中央から大きなパスを出すがこれが乱れ、サントリー#15北條が拾う。北條自陣からラン。神戸必死に追いすがるもインゴールまで走りきられる。トライ。ゴールが決まったところでハーフタイム。

後半

後半はサントリーが蹴って試合再開。

22mラインで神戸とってセンターへ。じりじりと前進して10mラインでつぶれる。左へのグラバーをサントリーがとってポイントから若干前進。自陣10m-22mでサントリーのポイントとなる。ここでサントリーがパント、このボールに神戸#8マパカイトロとサントリー#5篠塚が競るが篠塚がダウン。ボールは神戸が手を出していてノッコン。

1分半、サントリー自陣ハーフウェイでのスクラム。左へ出してグラバー。神戸これを自陣残り5mでとって#15陣川がランしようとしてこける。ポイントでサントリーがボールを奪い取りパント。これは神戸がなんとかとってフェアキャッチ、左へ蹴る。神戸これを取って22m外へ。左へパスするもスローフォワード。

2分半、サントリー敵陣22m外でのスクラム。ハーフが持ち出しナローへ。グラバーはインゴールへ転がるが、神戸が抑える。

3分半、神戸のドロップアウト。自陣10mへ飛ぶ。サントリーとって右へロールするが押し出される。

4分、神戸自陣10m内でのラインアウト。神戸とってモールを形成。ハーフパントは神戸が敵陣10mで取る。さらに左一杯でロングゲイン、残り7mで抑えられる。神戸中央へ持ち出しフォワードで当たっていくがサントリーが残り5mを抑えきる。5分、神戸残り5mでのラック。ここでモールを作ってもすぐつぶされる。ラックサイドを突いて一度前進するも結局動かすことができないまま時間が過ぎアンプレアブルの笛。

6分半、サントリー自陣残り5mでのスクラム。回ったスクラムからサントリーがボールを出し、インゴールからタッチへ蹴り出す。

7分半、神戸敵陣残り15mでのラインアウト。サントリーが奪取してラック。パントはあっさりタッチへ。

8分、神戸敵陣10m外でのラインアウト。ロングを神戸とって早く展開。中央であたってラックを作るがサントリーがオーバー。左へ展開、#2青木から#15北條へつながりトライ。北條のハットでサントリーが勝ち点1を確保。

10分、神戸のキックオフ。10m奥で神戸がキャッチ。ラックから早く出たボールを中央へ、さらに左へ出すがロス。ハーフウェイまで戻される。神戸さらに中央へ回すがラックをサントリーがオーバー。グラバーを神戸追って自陣でキャッチ、パントを蹴ってタッチへ出す。

11分半、サントリー自陣ハーフウェイでのラインアウト。とって中央から早く左へ。ここは神戸つかまえラックとする。スローダウンからサントリーの順目へ。パスからグラバー、これでサントリーがゲイン。残り10mとするがラックで神戸がオーバー。パントにサントリーが取りに行くが、空中で神戸がタックル。反則を取られる。サントリーここでPGを選択。

14分、神戸キックオフ。10m-22mでサントリーとってラック。22mへ下げキック、これを神戸自陣でとって左へ回す。ハーフウェイでラックを作るがここは早く展開。しかし右一杯でボールを落としてしまう。

15分半、サントリー敵陣ハーフウェイでのスクラム。ボールが出たところに神戸#9後藤がとりにかかるも失敗。サントリーがリカバー、右一杯へ展開してゲイン。22mラインでラックを形成。サントリー中央へ持ち出すも若干ロス、ここでドロップゴールを試みるもはずれ。

17分、神戸ドロップアウト。サントリー自陣10mでとって中央へ。ここでモールを縦に押してドライブ。自陣から敵陣10mラインを割るもそこで崩壊。アンプレアブル。

17分半、神戸自陣10m奥でのスクラム。左へ出してループ。左のポイントから大きなパスを通す。神戸ラインから逆目へのパスを使い左一杯でゲインするもハーフウェイでサントリーが取り返す。サントリーが中央へ持ち込み、10mラインを割って右へずれていくがノッコン。

19分、神戸自陣10mライン奥でのスクラムはサントリーのコラプシング。神戸縦をついて前進するも、ハーフウェイでノッコン。

20分、サントリーハーフウェイでのスクラム。センターがパント、これを#14山下がキャッチ、#7ティーポレが縦を突いてトライラインを破る。#12ニコラスが追いついてきてボールをもらいトライ。

22分、神戸キックオフ。10m-22mでサントリーが取ってモール。つぶれたところで22mへさげパント。神戸自陣ハーフウェイでとって左で縦を突く。さらに内へ切り返したところでラックをサントリーが取り返す。サントリー自陣でキャリー。#6ハビリが縦を突いてハーフウェイへ入るもここで神戸がオーバー。右一杯から左一杯へ展開するもスローフォワード。

24分、サントリー自陣10mラインでのスクラム。スタンドの選択はキック、これは良く伸びたがインゴールへ。神戸自陣へ抑える。

24分半、神戸ドロップアウト。サントリーがハーフウェイで押さえ左へ展開。左で立てをついてラック。さらに近場へ投げる。中央で#2青木がブレイク、敵陣22mへ入り込む。そこからサントリー右へ展開。神戸#14山本が足を捕まえるも、サントリー#22長友はインゴールへ転がり込んだ。

27分、神戸キックオフは10mを越えず、サントリーはセンタースクラムを選択。神戸にコラプシングの反則を取る。

28分、サントリー敵陣10m奥でのラインアウト。ラックで神戸が取り返しパント。ハーフウェイでサントリーが取ってラック。サントリーここで一度フォワードで押してから左へ展開するも、10mラインでノッコン。

29分、神戸敵陣10mラインでのスクラムはあっという間に3回転。スクラムホイールとなる。

30分、サントリー自陣10mラインでのスクラム。センターのパントを神戸自陣で押さえるがすぐラック。その近場を前に出てからラインで右へ展開。敵陣へ入り込む。さらに左へ出すがrラック、そこで神戸がディフェンスをブレイク。中央を抜けて敵陣22mへ入り込む。ここでパスがうまく取れず、サントリーが抑えてラックとなる。左でできたラックから神戸縦をついてラック、さらに左へ回すが若干ロス。左半面でシザースを試みるが判定はスローフォワード。

32分半、サントリー自陣10m-22mでのスクラム。ナローへ投げるがこれはサントリーがディフェンス。つぶしてしまい、神戸ボールを離せず。

34分、サントリー敵陣10mライン外でのラインアウト。サントリーとってセンターへ。ここで縦を突いたがノッコン。

34分半、神戸自陣ハーフウェイでのスクラム。右へ出すが敵陣へ入ったところで手に絡まれ落球。ボールはサントリーがとって敵陣でキックパス。右一杯でサントリーが取ってラック。右で縦を突いた#11小野澤が神戸ディフェンスを抜けてトライ。

37分、神戸キックオフ。22m外でサントリーとってラン。これが神戸ディフェンスを破る。さらに敵陣22mへ。お手玉気味だがサントリーがこれをつなげ、右一杯でとうとう振り切った。トライ。ゴールはポールに当たってはずれ。

39分、神戸キックオフ。10mライン奥へのキックはサントリーがとって自陣で走る。22mラインでのラインからパント、これをサントリーとって右へ。残り5mでなんとか追いついて捕まえるも、サントリーの人数が多すぎた。サントリー#5篠塚がひっくりかえされつつもグラウンディングが認められる。ゴールが決まったところでノーサイド。

評価

サントリー

まず完勝。フォワードで押して神戸の弱点を突いた格好になった。フォワードでも走れるところを見せられると、相手チームはやりにくいこと甚だしい。

イエローを各チーム1枚ずつもらっているが、ニコラスのアレはルール一杯一杯のところを突いてくるお釣りみたいなもので、ニコラスらしいといえばらしい。

コベルコ

フォワードで勝負しようにも、かなり押し込まれてしまった。ラックでもとりきれないし。バックスへの展開で前へ出るイメージを作りたかったが、ポイントでボールを取られる状況ではうまくいかない。「残り数メートル」を押しきれなかった。

BKは読まれてた気配。ポイントからボールが出るのが遅いと、ラインの形状からどこで攻めるかがある程度想定できるものなのだが、それにはまった格好。

焦りから反則が少し増えすぎた。ここもあまり良くない。

おまけ

MotM: サントリー #15北條。3Tの実績が光る。

こんどはJKが真後ろにいる。さきほどの席は取られてしまったらしい。