トップリーグ2008

東芝ブレイブルーパス-三洋電機ワイルドナイツ

試合開始2009年1月18日14時00分
場所秩父宮ラグビー場
気象条件くもり。風はバックからメインへと変わった。
レフリーブレント・マリー(NZL)

メンバー表

東芝 サンヨー
後半28分 交代→17 久保知大 1 1 木川隼吾
後半40分 交代→16 猪口拓 2 2 山本貢
櫻井寿貴 3 3 川俣直樹 後半26分 交代←17 後半0分 交代→17
後半24分 交代→19 渡邉泰憲 4 4 劉永男(Yu Young Nam) 後半20分 交代→18
後半33分 交代→18 大野均 5 5 Justin Ives
後半40分 交代→22 Steven Bates 6 6 Keiran Anthony Arterea Black
中居智昭 7 7 若松大志 後半0分 交代→16
豊田真人 8 8 Sione Vatuvei 後半20分 交代→19
後半36分 交代→20 吉田朋生 9 9 田中史朗
David Hill 10 10 入江順和
後半26分 一時退場 Christian Loamanu 11 11 吉田尚史 後半13分 交代→22
後半24分 交代→21 仙波智裕 12 12 榎本淳平 後半0分 交代→21
冨岡鉄平 13 13 霜村誠一
廣瀬俊朗 14 14 北川智規
吉田大樹 15 15 三宅敬
後半40分 交代←2 湯原祐希 16 16 堀江翔太 後半0分 交代←7 後半37分 一時退場
後半28分 交代←1 笠井建志 17 17 河野悠輝 後半0分 交代←3 後半26分 交代→3
後半33分 交代←5 雨宮俊介 18 18 飯島陽一 後半20分 交代←4
後半24分 交代←4 望月雄太 19 19 川口大 後半20分 交代←8
後半36分 交代←9 藤井淳 20 20 高安厚史
後半24分 交代←12 オト・ナタニエラ 21 21 山内智一 後半0分 交代←12
後半40分 交代←6 松田努 22 22 山下祐史 後半13分 交代←11

得点経過

前半

東芝 サンヨー
3分 PG成功0-3
10分 T#14廣瀬俊朗 G成功7-3
15分 T#11Christian Loamanu G成功14-3
26分 T#12仙波智裕 G成功21-3
34分 T#10David Hill G成功28-3
37分 T#14北川智規 G失敗28-8
40分 T#6Steven Bates G失敗33-8

後半

9分 T#13冨岡鉄平 G成功40-8
11分 PG成功43-8
18分 T#11Christian Loamanu G失敗48-8
23分 T#12仙波智裕 G成功55-8
33分 T#22山下祐史 G失敗55-13
39分 T#8豊田真人 G成功62-13

合計

62 (勝ち点: 5)13 (勝ち点: 0)

ゲーム抄録

前半

東芝がメインから見て左を取った。サンヨーが蹴って試合開始。

22m手前で東芝キャッチしてラック。その横を前進してからキック。サンヨーがパントをけり返し、東芝自陣22mからけり返しタッチ。

41秒、サンヨー自陣22m手前でのラインアウト。サンヨーとってモールを形成。若干プッシュするが押し返される。つぶれたあとのラックからボールが出ずアンプレアブル。

1分半、サンヨー自陣22m外でのスクラム。下げてパント。東芝足で処理、ハーフウェイからピックアップするも蹴った位置から少し前で#11ロアマヌが拾っていてオフサイド。

2分半、サンヨー敵陣22mライン手前でのラインアウト。サイドを突いてラック、すぐラインへ回してたてを突くがラックで東芝がオーバー。東芝ここで反則。サンヨー、さっそくPGを選択。

4分、東芝キックオフ。22m奥でサンヨーとってラック。下げてパントとするが距離が伸びず東芝敵陣でキャッチ。たてを突いて10mラインでラックを連取。右へじりじりと回すがゲインが取れない。左へ振りなおし#11ロアマヌが小パントで裏を突く。22mラインでラック、左一杯から右へ出して前進。しかし右いっぱいのラックでサンヨーとってキック。東芝敵陣10mでキャッチしてラック、右のポイントから左へ回し前進。東芝キャリーでじりじり前進。右で22mラインを突破。なおもボールを持った東芝、中央でブレイク。さらにその近くでたて突進したが残り5mでラック。東芝横から入ってしまいオフサイド。

7分、サンヨー自陣22mでのラインアウト。東芝これを奪取。ラックから左へ展開。中央で当たって左へ回し前進。ラックをプッシュオーバーするが反則。7分半、サンヨータップキック。これは東芝自陣22mで抑えるがラック。なんとかボールキープからけり返すがサンヨー自陣から左へ展開して攻め込む。22mライン手前のラックから縦をついて前進、さらに右へ持っていって前へ出るが今度はサンヨーがノットを取られる。

8分半、東芝の自陣でのペナルティキックはノータッチ。サンヨー自陣10m-22mからパントするもダイレクトタッチ。

9分、東芝敵陣10mライン外でのラインアウト。東芝外へ展開。中央でラックをつくり早く出すがパスを乱す。右一杯で立って前進。10mラインをわってポイント形成。中央で縦を突いてゲイン、22mラインを割る。右へ展開するがここはつかまる。左へ戻すが中央でラック。左へ展開したところで#11ロアマヌがまたも縦、その横を#14廣瀬が突いたところでサンヨーディフェンスに穴。トライラインを割る。

12分、サンヨーのキックオフ。10m-22mで東芝とってラック。22mへ下げキック、サンヨー自陣10m-22mでワンバウンドキャッチ。キックで返すがダイレクトになってしまう。

13分、東芝敵陣10mライン内でのラインアウト。ショートを使って回すがハーフが迷ってつかまる。ラックになるが、ラインアウト付近のラックでサンヨーにオフサイドがあり笛。

13分半、東芝敵陣残り15mでのラインアウト。ミドルでとってモールを形成。ドライブして残り5mへ。さらに一気につっこんだ東芝、残り1mから押し返される。ここでボールを出した東芝、左一杯へ回したところでサンヨーがインターセプト。東芝裏に誰もおらず独走、かと思いきや笛。サンヨーが残り1mのラックでオフサイドを犯していた。

14分半、東芝敵陣残り5mでスクラムを選択。すみっこのスクラムから、東芝中央へ回しラック。その左を#11ロアマヌが突いた。サンヨーディフェンスを押し返し、長いからだを伸ばしポスト下にトライ。

16分半、サンヨーのキックオフ。東芝自陣10m奥でとってラック、パントはサンヨーが自陣からハイパント。東芝自陣ハーフウェイでキャッチするも押し出される。

17分、サンヨー敵陣ハーフウェイでのラインアウト。ミドルをとってナローを突くがつかまりラック。スタンドがパントするが東芝自陣22mでフェアキャッチ。

17分半、東芝FKはサンヨーが前に出てキック。これも東芝フェアキャッチ。

18分、東芝FKをサンヨー自陣でとってけり返す。東芝逆サイドへけり返し、サンヨー右一杯からけり返そうとするがここは東芝かなり詰めていた。

18分半、東芝敵陣10m-22mでのラインアウト。東芝とってラック、中央をついて22mラインを突破。さらに前へ出るが東芝オブストラクション。19分、サンヨーすばやくタップしてからキック。これがタッチとなるが、「サンヨーがプレーしてからキックした」との判定により東芝ボールとなる。

19分半、東芝自陣10mライン奥でのラインアウト。東芝とって中央をブレイク。パントはサンヨー自陣22mでけり返す。東芝自陣10mでパント、これをサンヨーが処理を誤り東芝が奪取するもキックオフサイドとの判定。

21分、サンヨー自陣ハーフウェイでのラインアウト。ロングスローをとって早く出す。ラインを作って左へ攻撃、ラックから逆目へ出す。ハーフウェイをわってラック。右一杯のポイントから左へ回すが若干下がる。右ナローへ出し前進、ここでパント。東芝クロスしながらも自陣01m-22mでキャッチ、ラックからけり返す。サンヨー自陣から左へスワーブ、さらにポイントを作って前進を試みるも22mライン手前でつかまったところでノッコン。

23分、東芝自陣10mライン外でのスクラム。22mへ下げパント。サンヨーハーフウェイへ持ち出しパント。サンヨー手を出すもノッコン、東芝とってキック。サンヨーはここでタッチへ蹴り出す。

23分半、東芝敵陣10mライン外でのラインアウト。ノットストレート。サンヨーすぐにFKで仕掛け敵陣10mへ。ラックから中央へ回すがここは東芝ハーフウェイで捕まえターンオーバー。東芝右へ出して10mラインでラック、さらに東芝中央へつないで前進。左へ出して22mラインへ。さらに縦を突いてはフォローの連発でじりじりと前進するも残り7mのポイントでオフサイド。

25分半、サンヨー自陣10mラインでのラインアウト。東芝#7中居が中央で奪取。22mライン手前まで前進してラック、そこから右へ出してラック。その右へ回したところで#12仙波がサンヨーディフェンスの裏へうまく出た。そのまま走りきってトライとなる。

27分半、サンヨーのキックオフ。22m手前で東芝とってラック。下げてまっすぐけり返す。サンヨー自陣10mラインからキャリー、ハーフウェイでつかまりラック。ナローサイドへ投げて若干前進、さらに中央へ出しなおして10mラインまで進める。その脇を突いて縦を前進。じわりじわり。10mラインからキックパスを通すが22mラインで東芝しっかり捕まえる。ラックは22mすこし奥。サンヨーがボールをキープ、左へ展開。すこし奥まで来たが東芝ジャッカル。大きくけり返す。サンヨー自陣残り10mでなんとか押さえたが蹴り出すのが一杯。

30分、東芝敵陣10m-22mでのラインアウト。右へ出して22mラインを突破。さらに右のポイントで押し出したところで笛、サンヨーのオフサイドを取る。サンヨー#3川俣が肩を痛める。

31分、東芝敵陣残り22mでのキックはタッチを割らないミスキック。サンヨー蹴り返す。東芝自陣ハーフウェイでとってキャリー、ハーフウェイを割ったところでラックとなる。なおも東芝ボールをとってじわじわ前進。左一杯に近いところでラックを連取。22mライン手前のラックから近場でラック、右一杯へ大きく展開するも32分半、サンヨーがボールを奪取。ゴールラインからけり返しタッチ。

33分、東芝敵陣10m-22mでのラインアウト。外へ投げて15m外でモールを形成。22mライン手前までドライブ、さらにラックサイドを突いて前進。残り7m。ここで左へパス。#10ヒルへつながった。トライ。

35分、サンヨーのキックオフ。22m手前で東芝とってモール。ハーフパントをサンヨー自陣で取るもすぐつかまりラック。10mラインで左一杯から右一杯へ展開、敵陣へ入って22mライン手前でグラバー。これを#14北川が自ら押さえトライ。

37分、東芝キックオフ。残り7mでサンヨーとってタッチへキック。

37分半、東芝ハーフウェイでのラインアウト。ミドルで取ってモールを形成。スタンドのキックはサンヨーが22m奥でフェアキャッチ。

38分半、サンヨーFKはタッチへ。

39分、東芝ハーフウェイラインでのラインアウト。ショートへ投げるがノットストレート。

39分半、サンヨーハーフウェイでの15mスクラム。エイトに持たせて前進を試みるがサンヨーノッコン。東芝これを逃さずキャッチ、右へ大きく展開、右一杯でグラバーを試みるもサンヨー#14北川がトライライン手前でキャッチ。しかしそのままトライラインを割ってしまいキャリーバックとなる。

40分、ホーンとともに東芝敵陣残り5mでのスクラム。ナローを#11ロアマヌがついてラック。そこを#6ベイツが突進。サンヨーも必死にディフェンス、ボールを掻きだそうとするもベイツが体を回転。トライが認められた。

ゴールがはずれたところでハーフタイム。

後半

後半は東芝が蹴って試合再開。

22m奥でサンヨーとってキャリー。22mを越えたところでつかまりラック。そのラックで東芝反則、サンヨーすぐにタップを蹴ってスタート。キャリーでハーフウェイラインまで持ち出す。右のポイントから左へ大きく展開、22mラインを陥れるも直前にスローフォワード。

1分半、東芝自陣22mライン外でのスクラム。22mへ下げパント。サンヨー自陣10mから逆サイドへ回す。しかしゲインなくつかまってしまいラック。左へ展開して敵陣へ、10mラインでグラバー。これは東芝22mでとってけり返しタッチ。

2分半、サンヨー敵陣10m-22mでのラインアウト。東芝手を出すもサンヨー側にボールが出る。ラックはハーフウェイ。東芝子のポイントでボールを奪取、左へ展開。10m-22mでパスがつながらずラックとなるも東芝ボールキープ。右へ大きく展開、ラック近くからモールを立てて22mラインへ前進。中央へ回しさらに若干前進したがボールが離せず反則。

3分半、サンヨー敵陣ハーフウェイでのラインアウト。これも東芝ミドルでとってモールを形成。ハーフウェイ付近まで押して崩壊。東芝自陣10mでハイパント、サンヨー取るもラックに。サンヨー左へ大きく展開、10mラインからグラバーして22mラインでタッチ寸前のボールを内側へ返す。これは東芝カバーしてタッチへ蹴り出す。

5分、サンヨー敵陣22m内側でのラインアウト。サンヨーとって15m外から外側へスワーブ。残り10mでつかまりラック、サンヨーここから横へ展開。右15mラインでしかし#15三宅が足を取られ転倒。モールとなる。ボールはサンヨーがでて逆サイドへキックパスは若干ロス。ラックは若干押し込んだが東芝がボールを奪取。パントとする。6分、サンヨーこれをかなり下げて処理。自陣ハーフウェイでのラックと鳴る。サンヨーここから横へ走りハーフウェイでラック。左へ出すが自陣で東芝が取り返しキック。サンヨー自陣22mでとってタッチキック。距離が出ず。

7分、東芝敵陣10m-22mでのラインアウト。ミドルでとって早く展開。中央で当たって若干前進。右へ出し22mラインを突破。ラックを連取するが前進はライン一杯のところ。左へじわりとシフト。左一杯東芝前進、ドライブを仕掛ける。右へずらしながらラックを連取、中央にいた#10ヒルへ出たパスはヒルが股抜きパス。東芝#13冨岡、後ろにそらすもリカバー。サンヨーのディフェンスはボールを見てしまい飛び出してしまっていた。#13冨岡、裏を抜けた形でトライ。

10分、サンヨーのキックオフ。東芝22mライン奥でとってけり返す。サンヨータッチライン一杯でとって中央へ返しキック、東芝蹴り返す。サンヨー自陣22mラインでけり返す。東芝自陣からキャリー。これになぜかサンヨーがうまくからめず、22mラインを突破。左のラックから右へ展開。右から中へ返し、左へグラバー。これはサンヨーがタッチへ蹴り出したところでサンヨーにキックオフサイドを取った。東芝PGを選択、これを決める。

13分、サンヨーのキックオフ。10m奥でサンヨーが取ってラック。さらにこれを若干押し込む。中へ出して左ラインを攻めるが若干押し返される。敵陣10mラインでの攻防となるがここで笛。東芝のノーボールタックルを取る。

14分半、サンヨー敵陣残り15mでのラインアウト。サンヨーこれを取り損ね、東芝がリカバー。蹴飛ばす。サンヨー自陣からキャリー。10mライン手前でつかまりラック。ナローへ投げラックを連取。中央から右へ出してラインでゲインを取りラック、さらにできたラインから左へ出して10m-22mへ出る。左でラックを作るが、またも東芝がオーバー。22mへ下げパントする。16分、サンヨー自陣から大きく逆サイドへ。右一杯でグラバー、これは東芝自陣残り5mでなんとかカバー。タッチ方面へ蹴るがノータッチ。サンヨー敵陣22mからキャリー。奥でラック、さらに左一杯へパスするがこれを取りこぼし22m外でのラックとなる。右一杯でのパスを処理し損ねたところで東芝がリカバー。ラックができたところで笛、サンヨーがノットロールアウェイを取られる。

18分、東芝敵陣ハーフウェイでのラインアウト。左一杯でゲイン。敵陣22mライン外でのラックからグラバー、これを東芝#11ロアマヌとサンヨー#14北川が追う。チェイスは#14ロアマヌがキャッチ。#11ロアマヌ足を掛けられたか、からだが空中を飛ぶも、コーナーフラッグに触れると同時にボールをグラウンディング。トライを認められる。この映像は何度見てもすごい。

20分、サンヨーのキックオフ。東芝22m手前で取りに行くもサンヨーが手を出しノッコン。

20分半、東芝自陣22m外でのスクラム。左へのグラバーはサンヨーが自陣22mで取るも足をつかまれる。タックル成立でボールを離さなかった#10入江、ホールディングを取られてしまう。なかなか厳しい。

21分半、東芝敵陣22m内でスクラムを選択。エイトは足を取られ、スタンドはつかまるがボールはキープ。中央から左へのキックパスはワンバウンドしてタッチを割る。

22分半、サンヨー自陣残り5mでのラインアウト。ロングラインアウトは東芝がいただき。#10ヒルがあとを受けてポスト下へドライブ。#12仙波が最後は押し込んだ。

24分、サンヨーのキックオフ。東芝自陣10m-22mでとってモールの形から縦突進。10mラインでつぶれ、キックはサンヨーけり返す。東芝キャッチしたところでつかまるがぼーるはリサイクル。東芝キックで返し、サンヨー自陣22mラインから左へドリフト。敵陣10mラインへ入り込む。さらにサンヨーがボールを右へつなぎ展開。右一杯で22mラインまで入り込みモールを形成するが即落下。ラックで東芝がボールを取り返しパント、これがうまくロングタッチとなる。

25分、サンヨー自陣10m-22mでのラインアウトとなったところでARからフラッグイン、東芝#11ロアマヌのノーボールタックルにイエローが出された。ロアマヌはイエロー3枚目。次の試合には出られない。サンヨーは#17河野に代え#3川俣を再投入。

26分、サンヨー敵陣10mラインでのラインアウト。東芝これまたスティール。サンヨー敵陣ハーフウェイでのラインアウトで再奪取、右へ展開してつかまりラックとなったところで笛。ラインアウトのノットストレートを取る。

27分、東芝自陣10mラインでの15mスクラム。右へ展開してループを試みるがつかまり、東芝がオーバー。東芝左へ蹴飛ばしタッチとする。

27分半、サンヨー自陣10m-22mでのラインアウト。競りはサンヨーがとってハーフパント、東芝ハーフウェイから展開。右でゲイン、10mラインまで出るもノッコン。

28分半、サンヨー自陣10mライン奥でのスクラム。ハーフに出すが東芝に詰められる。ラックとなるが東芝ここもよこから入ってしまいオフサイド。サンヨータップキックで出すがパスがつながらない。ノッコンとなる。

29分、東芝敵陣10m-22mでのスクラム。東芝ここでエイトスクラムを組む(ラインの人数が1人少ない)。東芝中央へ出して押し込む。ラックから右へ出して前進、さらに右へのパスでじわりと前進。残り15mほどでのラックとなる。ナローへ出してラックを連取するが残り5mでサンヨーがターンオーバー。左へ展開してロングキック。東芝自陣10m奥でタッチへ蹴り出すがダイレクトタッチ。

31分半、サンヨー敵陣10m-22mでのラインアウト。東芝がまたも手を出しモールを形成。22m手前でキック、サンヨー自陣でとって逆サイドへ。左サイドで#16堀江がゲイン。東芝自陣10m-22mで捕まえるもハイタックルの笛、サンヨーすぐタップキックから回し中央でラックを形成。さらに立ってプッシュ、ラックを押し込む。左へ出してゲイン、最後は#22山下が東芝ディフェンスを破り、足にからまれつつもトライラインにボールを置いた。

34分、東芝キックオフ。22m奥でサンヨーキャッチしてラック。左へ展開するが中央でつかまりラック。中央で#16堀江が飛び出す。さらにサンヨーがボールをつなぎ、じわり前進するも22mラインでパスを取りきれず、レフリーに当たってしまう。サンヨーここは不運。

35分、サンヨー自陣22m外でのスクラム。右へ展開して若干ゲイン。さらにラックサイドを突いてから中央へ返す。ここで東芝捕まえモールの形に。これを押し込んだ東芝、ボールを奪い取る。右へ出してモールを形成。22mライン外でつぶれ、東芝内へ返す。ハーフがいったん迷うがラックを形成、#8豊田が縦。残り1mまで持ち込んだがノッコン。

36分、サンヨー自陣残り5mでのスクラム。自陣デッドボール一杯からキック、東芝敵陣10mからキャリー。22m外まで持ち込むがここでパスをうまくできず。東芝10mライン奥でボールを拾ってモールを形成。縦へ押し出して22mライン外へ。さらに左へ東芝ボールをつないで22mラインを割るが、タッチへ押し出される。TVで見ると最後にボールを持っていたのは東芝#6ベイツだが、判定は東芝ボール。

サンヨー#16堀江が危険なプレーでイエローを出され、サンヨー最後の最後で1枚。

37分半、東芝敵陣残り10mでのラインアウト。東芝ロングでとってモールを形成。サイドを#2猪口が抜け出しゲイン、残り1m。さらに右へドリフトして#8豊田が押し込んだが、サンヨー選手がうまく囲んだ。グラウンディングは認められず。

38分半、東芝敵陣残り5mでのスクラム。エイトが持ってそのまま突進。#8豊田のトライとなる。

40分、サンヨーのキックオフ。東芝10mライン奥でとってモールを形成。こぼれたボールを#17笠井がタッチへ蹴ってノーサイド。

評価

東芝

現場で見ていた限りでは、フォワードで押し込んでいたことが何よりも勝因。サンヨーのバックスへ回されると、かなり危ない場面もあったが、ここでサンヨーはキックを多用。ボールをうまくリカバーできていた東芝が逃げ切ることに成功した。

本日はバックスもよく動いていた。ライン攻撃は東芝得意というわけではないこともわかるが、フォワード並みのプッシュで押し切った。

サンヨー

押し切られ。

フォワード、バックスともにキーパーソンが欠けたメンバーでは、これだけ押し込まれることもあるというものだろうか。再戦はわからないぞ。

おまけ

MotM: 東芝 #10 ヒル。蹴飛ばし作戦大成功。